2018年03月28日

西条市加茂川河畔の武丈公園 そこから八堂山へ 石鎚が見えた春の桜日和


西条市での仕事の翌朝、
絶好の天気となった。
このまま山へ行きたいぐらいであるが
午後からは徳島で用事がある。
そこで西条市内の桜の名所を訪ねることにした。

加茂川沿いにありそうな気がして車を進めると
河川敷に桜が見えたのでそこに停めた。
ソメイヨシノにはまだ早く
しだれ桜は満開となっている。
土手では出店の準備をしている。
DSCF2491.jpg

石鎚山系から流れ出す加茂川流域は人口が少なく
河口近くになってもまだこの水質。
そこにあるのが武丈公園。
車は河川敷に置ける。
まちの中心から歩いていける場所にこんなところがある。
DSCF2488.jpg

春霞の今頃にしてはめずらしく空は澄んでいる。
そのため雪化粧の石鎚山がくっきりと見える。
西日本最高峰を従えて水の都西条市は住みやすいまちである。
D7N_9140.jpg

石鎚と桜を同時に納めようとしたがうまく入らない。
公園の桜はまだ部分的に咲いている程度
D7N_9149.jpg

D7N_9153.jpg

河原のしだれ桜が人気を集めている
DSFT9739-2.jpg

D7N_9177.jpg

白いタンポポとしだれ桜
DSFT9750-2.jpg

DSFT9758.jpg

人が増えてきたので加茂川沿いを上流に散策していると
登山口があった。さらに行くと鳥居。
DSFT9786.jpg

標高197メートルの八堂山という。
どのぐらい距離があるかわからないが
登ってみよう。
DSFT9787.jpg

DSFT9792.jpg

高度を上げるにつれて加茂川の下流がパノラマとなって横たわる。
D7N_9244.jpg

スミレが群生している。花の群生は今年初めてかも。
DSFT9789.jpg

山頂には集落跡がある。弥生時代後期の高地集落のようだ。
DSFT9815.jpg

落葉しない照葉樹の葉に生命を感じて立ち止まる
D7N_9268.jpg

下りも行きと同じ道だが、視線が違えば別の風景に見えるかも
D7N_9250.jpg

登山道では数え切れない人々とすれちがう。
多くは高齢の方。
こちらからあいさつがてら、会話を切りだして話をうかがう。
加茂川を臨みつつ下っていく二人の男性。
人生の過ごし方として充実を感じているのでは?
D7N_9256.jpg

D7N_9277-1.jpg

再び河原へ降りてくると人がしだれ桜に集まっている
DSFT9755-2.jpg

DSFT9823-1.jpg

DSCF2453-1.jpg

アウトドアを楽しむ人のたたずまい
D7N_9338-1.jpg

麗しい女子が水面に映る自分たちを眺めているよう。
D7N_9304-2.jpg

D7N_9312-2.jpg

加茂川に映える菜の花
D7N_9349-1.jpg

DSFT9830-1.jpg

桜が見せる光と翳り 春のうららの加茂川
D7N_9178-3.jpg

久しぶりに西条そば甲(きのえ)でざるそばをいただいた
DSCF2493-1.jpg



タグ:そば
posted by 平井 吉信 at 21:32| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2018年03月21日

雨に打たれる金長神社 春を迎える日はいつまでか


かつてここには無料の動物園があった(無料だったと記憶している)。
孔雀、狸、猿がいたように思う。
動物はコンクリートの箱形の建物で飼われていて
その建物に上がることができた。
(猿の檻は金網なので上がれない)

小学校の頃には写生大会があり
学校から歩いてきたことがあった。
遠足のおやつは、カバヤのジューシーとか明治のハイレモンとか。
森永ミルクキャラメルやチョコボールだった。
(それとバナナも忘れてはならないだろう)

金長公園にはいつも動物の鳴き声が聞こえていて
見上げると小松島の象徴、日の峰が背後にそびえていた。

金長神社は動物園の片隅にあった。
動物園の敷地には桜が植えられ、花見もできた。
妹を連れて来たことを思い出した。

小松島市では、来たるべき南海地震に備えるべく
この場所を防災機能を持つ都市公園に整備するということで
金長神社は撤去されるかもしれないとのことである。

ぼくはときどき金長神社を訪れているけれど
いまの金長神社が観光資源と呼べるかどうかはわからない。
低未利用地で数少ない種地でもあるこの場所を
市民生活に活かすために都市公園へ整備することは間違っていない。

ただし、金長神社のあり方については
都市公園と切り放して考えることもできると思う。
歴史や文化は未来へと続くまちづくりの資源(拠り所)であり
いまのかたちでなくても方策(リノベーションや再創造)はあるように思う。

公共の場所に宗教施設は御法度というのは理解できる。
しかし金長神社は宗教施設といえるかどうか。
昔からの由緒ある神社というよりは
映画のヒットへの感謝を込めて
昭和31年に映画関係者が建立したもの。
いわば神社というよりは顕彰施設。
(宗教法人ではなく自治会のような組織が運営しているのでは?)
だから市が宗教施設でない由来や経緯を付して
国土交通省に説明すればそれで済むような気もする。
(このようなローカルマターで国が市を指導する時代ではないだろう)
土地と建物を運営組織に管理してもらい、
地代家賃と相殺することもできるのでは?

いまの世の中、
権力を持った中枢に近い面々は
親族や知人の企業などが(まるで優遇されるように)
例外扱いやうまく大義名分を役所が忖度してつくることで
補助金を受けたり大きな事業を受託している。
(世間を騒がせているあの事件だけではないと思うよ)

その一方で
下々では法令を遵守することが目的となって
(法治国家である以上それは大切なこと)
法令を字義どおりに解釈して地元の事情とそぐわなくなってしまう。
(中央集権ではなく四国が判断すれば動かしていける自治が必要。そこがこの問題の本質だよね)

そして行政や議会に任せないで自分たちが考え動かしていくことが大切。
議員報酬など無償で良いから(議員報酬が低いから議員のなり手がいないのではないよ。誰でも議員ができるしくみを取り入れることが本質)。
どんどん市民が議決権を持って参加できる議会でありたいね。

父もぼくも狸に化かされたことがあることは以前にこのブログにも書いたけど
魑魅魍魎はどんどん消えていく。
小山助学館からかつて発刊されていた三田華子の「阿波狸列伝」はほんとうにおもしろいよ。
(スターウォーズやハリーポッターはこれと比べると人情の機微がない大味に見えてしまう)
関係者が電子書籍にしてくれたらもっと広まるのにと思いつつ。

だから雨がしょぼしょぶ降る夕方に金長神社に来てみた。
誰もいない。

DSCF2406.jpg

DSFT9679-1.jpg

D7N_9099-1.jpg

DSFT9691-1.jpg

DSCF2420-1.jpg

DSCF2422-1.jpg

DSFT9671-1.jpg

DSFT9701.jpg

タグ: 小松島 金長
posted by 平井 吉信 at 22:20| Comment(0) | 徳島

雨が続く春の彼岸前

雨が続く春の彼岸前、
早咲きの桜も雨に打たれて散っていく。
D7N_9054-1.jpg

D7N_9075-1.jpg
残っている花から滴る水滴が
早咲きの桜も雨に打たれて散っていく。

D7N_9034.jpg

D7N_9024.jpg

D7N_9046-1.jpg

うちの庭でも緑の勢力が入れ替わりつつ。
D7N_9082.jpg

D7N_9097.jpg

D7N_9084-1.jpg

D7N_9095.jpg

雨が止んだ夕方、
日の峰に上がってみた。
そこから見える小松島の市街地がどのように見えるかと。
D7N_9126-1.jpg

D7N_9111-1.jpg

D7N_9115-1.jpg

DSFT9715-1.jpg

遠き山に光が落ちて港の水面がさざめく黄昏。
雨が続く春の彼岸前。

(ニコンD7200+AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED、フジX-T2+XF35mmF1.4 R)
タグ:
posted by 平井 吉信 at 21:00| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2018年03月18日

高校生に戻って電子辞書 生産性も上がる


今頃になって電子辞書を買ってみた、というのは理由がある。
受験に挑戦するから…ではなく、実は愉しいこと。

なぜ電子辞書がいいのか、どのような理由で何を選択するのかなど
興味がある人は別ブログにてどうぞ。

「ホワイトカラーの生産性を上げる〜電子辞書の活用〜シャープPW-SH5を選んだ〜」
http://soratoumi.sblo.jp/article/182729264.html
posted by 平井 吉信 at 22:32| Comment(0) | くらしとともにあるモノ

川はおもしろい 鷲敷ラインにて


春の山野草を求めてやってきたけれど
すみれをわずかに見ただけで
まだ冬眠中のよう。

本流は数日前の雨で増水して春らしからぬ勢い。
DSFT9516.jpg

DSFT9527.jpg

でも、おもしろいのは沢の湧き水が河原を流れる生態系。
DSFT9501.jpg

DSFT9506.jpg

クレソンが自生している
DSFT9505.jpg

河岸段丘もあれば、三角州もある。
DSCF2351.jpg

DSFT9509.jpg

DSFT9510.jpg

見ていて飽きない。

プロジェクション・マッピングでは
生態系の複雑なつながりは再現することも連想させることもできない。
(人類はいまだに閉鎖的な生態系すら再現できていない=>バイオスフィア2の実験)
ほんものを見ないとね。
DSCF2363.jpg
posted by 平井 吉信 at 12:58| Comment(0) | 山、川、海、山野草