2018年01月20日

冬の短編集 庭の野菊に雪が降り積もった朝


朝起きてJRが動いていることは確認できた。

寒波の襲来で雪が初めて降り積もった朝、
庭に出ると、
野菊に降った雪が凍り付いていた。
DSFT7410-1.jpg

人間ならふるい落とすことができる。
それができない野菊は
葉脈や茎まで凍り付いてしまったのではないか。

しばらく見つめていても仕方がない。
出張に出かける。


二日後、
朝の太陽に花も目覚めていた。
DSFT7430-1.jpg
posted by 平井 吉信 at 23:33| Comment(0) | 家の庭

2018年01月17日

土曜の夜は羽田に来るの/ハイファイセット、せつなくて/オフコース


赤い鳥というフォークグループが解散後に
紙ふうせんとハイファイセットの2つのグループが誕生。
(リアルタイムで赤い鳥を知っている訳ではないけれど)
紙ふうせんの話題に触れて
ハイファイセット/山本潤子に触れないわけにはいかない。

ぼくが持っているのはPasadena Park というアルバムだけ。
ハイファイセットのことも知りたいと思って1枚買ってみた。

まずはこの映像と音楽から。
https://www.youtube.com/watch?v=9rYvdzVQw1Q
♪土曜の夜は羽田に来るの
たったひとりで羽田へ来るの

初めて買った車がマリンブルーのワーゲンゴルフ(それも新車で)。
(さらにいうと現金で誰からの援助もなく。エアコンは高くて買うのが半年遅れたけれど)
この車で屋久島に出かけたり、
http://www.soratoumi.com/sakuhin/yakusima/
http://www.soratoumi.com/sakuhin/yakusima/index2.htm
あちこち出かけたけれど、
心で鳴らしていたのは「中央フリーウェイ」。
(四国に中央高速はないけれど(^^;)

ユーミンの楽曲を山本潤子がうたうと
心に引っ掛からない「音楽」になってしまうと感じることがある。
(同じことは、マンハッタン・トランスファーのシェリル・ベンティーンにもいえる。でも、その声に身を任すのは心地よいしずっと浸っていたいとも思う)

思うにユーミンは歌の情景を心に描いてうたっている。
けれど、語ろうとして語りきれないところが
かえって余韻として心に残る。
聴き手はユーミンの世界を自分に投影するけれど
歌い手からみればユーミンの曲は彼女の私小説。
誰がうたっても「お客様」になってしまう。
(とはいえ、最初にユーミンを聴いたときは、誰がほかの人が歌ってくれたら…とも思っていた)

「土曜の夜は羽田に来るの」は
楽曲の世界観を見事に描いている。
歌詞、旋律、アレンジが描く情景は
心のひだを映してやまない。
(この曲からひとつのドラマ/脚本が書けそう)
山本潤子の歌い方もこの曲そのものとしかいいようがない。
絶唱しないのに、
感情を排除してうたっているのに
引き込まれてしまう。
♪空から帰らないあなたと話すため
心配しないで 新しい愛も訪れるでしょう

この世にいない恋人に向けて呼びかける。
空にもっとも近づけると信じた羽田で
「心配しないで」と話しかける女性の耳元に
天国からの伝言がこだまする。
♪♪♪♪
(ほら、天国の彼がアレンジを借りて応えている)
せつない…
美しすぎてどうにかなってしまいそうなほど。

CDをさらに聞きこんでいくと
新たな地平線が見えてきた。
(この素のままの声の良さはタイムドメインのスピーカー、それも帯域を付加しないで単独で鳴らすとき、がもっとも伝えられるかもしれない)
「冷たい雨」の楽曲との一体感、
「ファッショナブル・ラバー」「メモランダム」のキュートな変幻自在、
「幸せになるため」の悠久に思いをはせ(まるで現代の幸福感を先取りしたような)、
「少しだけまわりみち」の軽やかな輪舞曲、
「中央フリーウェイ」はユーミンと異なる価値を提示、
「遠くからみちびいて」「海辺の避暑地」で内面を見つめる。
(何度か聴いていると1枚をスキップすることなく聴き通してしまう)

フレージング、リズムを職人的に仕上げて
日本語の発声がやわらかく自然で
ノンビブラートでうたう声の質感の高さ。
(安心して浸れる。21世紀の歌い手は技術面でもこの時代に及ばないと確信している)
受け取る人がそれぞれの世界を広げられるように
うたわれているのではと。
(いま、40代が聞ける上質のポップスってある?)

音楽の世界に浸ることは
向き合って追体験することで浄化されるということだよね。
音楽がぽっかりと空けた深淵に聴き手の思いを重ねるように。




(場面変わって)
好きな女の子と
窓の外の雪を見るともなく見ていた。
「雪が降っているね」という言葉しか見つからなかった冬休み。
(・・・・・・)
切ないといえば、
オフコースの「WE ARE」がそのときの心に響いていた。

このアルバム、最初に聴いたとき音の良さに驚いた。
こんなにドラムが抜けて弾むのか、
ハイアットやキーボードが空間を凛と響かせて。
良質の機材で感性のあるエンジニアが録音、トラックダウンしたのだろう。
音楽としてもオフコースの頂点になったのではないか。

ファンはどう思うか知らないが、
オフコースの楽曲も歌い方も感傷的に過ぎる反面、
なよっとしながら辛口の歌詞や抽象的な世界観に違和感を覚える人もいるだろう。
(ぼくも全面的に受け容れてはいない)
それはそれでいい。

でも、このアルバムの楽曲は
せつないうたを紡いで最後の余韻に浸ってしまう。
(特にB面の最後4曲)試聴先→ http://amzn.to/2mBKGLu

音楽を聴いて感傷に浸ることもいい。
ぼくにとって、あの雪の日を思い起こせる唯一の音楽だから。

音楽の力は過去完了ではなく
現在進行形として人の感情が息づいていることを教えてくれる。

posted by 平井 吉信 at 00:37| Comment(0) | 音楽

2018年01月16日

今がいい


徳島でも一面雪景色になったのが数日前、
聞くところによれば、通勤に数時間かかるなどの大渋滞が市内で起こったそうだ。
ぼくはJRで県外出張だったが、東予では雪はなかった(途中の香川県でも)。
(今週だけで四国4県すべてに出張)

ところが今夜はあたたかい。
久しぶりに近所を歩いて戻ってきたところ。
数日前の寒波と大違い。
そしてこの変化を楽しむことができる。
それがすばらしい。
季節の変化、日々の変化、そのなかに妙がある。
それを感じられて満足している。

歩きながら思ったこと。
それは、去年と比べても今年がいいと思う。
たぶん今が一番いいと思う。
人生は地道に積み重ねていくと
知らぬ間に長い距離を歩んでいることに驚く。
DSFT7231-1.jpg
今が一番いいけれど
未来のほうがさらにいいだろう。

積み重ねるだけでなく
やらなくてもいいことをしないようにする。
捨てることが充実した生き方につながる。

充実しているかどうかは自分が決めること。
自分が良ければそれは最良。
DSFT7254-1.jpg

もう一度時間を戻してやり直しても
ここまで来られるかわからないから。
(やり直すとはそういうこと)
DSFT7258-1.jpg
(写真は妙見山の岩脇公園=羽ノ浦町)

自信を持って生きているけれど
(自信なんて必要かな?とも思う。人と比べることもないし)
どちらかといえば淡々と歩みたい。
今が一番いい。

(思ったとおりの人生にならなくても気にしないこと)


posted by 平井 吉信 at 22:56| Comment(0) | 生きる

2018年01月09日

料理はお客様と料理人との心の共演 気取らないみなみ食堂の和食(日和佐)


ここは日和佐の薬王寺門前、
みなみ食堂は、平成29年12月1日に開店したばかりの飲食店。
のれんには漢数字で三七三と縦に書いてある。
もちろん美波町(日和佐地区)のみなみ。
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/11/2017_15120048236585.html
(このところ食べ物の話題が続いているが、ぼくはグルメではない。ただ、食を大切に、それを届ける人のことを伝えたいと思っている)
DSCF0261-1.jpg

昼は、みなみ御膳(1,500円)と週替わりの定食(900円)の2品だけ。
夜は、予約対応で3,000円、4,000円のコース料理のほか、2,000円前後の食事メニューもある。
開店早々に盛況で12時過ぎにランチが売り切れる!という日もあったらしい(地元の目撃情報)。
DSCF1410-1.jpg

開店したのは、東京で和食の経験が豊富な児玉幸司さん、芙優子さんご夫妻。
(昨年末にご結婚されたそう。おめでとうございます)

料理は昆布を中心に出汁をしっかりと取りながら
地元の魚、鶏肉などを素材として用いる和食。
気取った店にしたくないと「食堂」と名付けている。
出される料理は手を抜かないが、
気軽に立ち寄れる場所でありたいとの願いを込めている。
デザートに胡麻のブラマンジェが用意されているのも珍しい。
(みなみ御膳に付いてくる。定食も別途200円で提供)
DSCF0309-1.jpg

ぼくはまだ定食しかいただいたことがないが
ていねいに料理され、美しく盛りつけられている。
お皿にわずかな痕跡すら残さず完食してしまう。

きょうの定食はぶり唐揚げ甘酢あんがメイン。
レモンやピーマンが乗っているのが冒険心。
子ども連れで3世代のお客様が来られたとき、
「ピーマンはだいじょうぶですか?」と声を掛けたそう。
親としては子どもが残したら自分が食べるつもりだっただろう、
「大丈夫です」と答えられたとか。
ところが、子どもは完食してしまった。
「おいしい!」
家ではピーマンを食べたことがなかったという。
これには親が驚いてお礼を言われたとのこと。
DSCF1406-1.jpg

思い起こせば、このような店は海部郡内になかったのだ。
(皿鉢料理、濃い味付けで量は満足できるという店は多いのだろうけど)。
繊細ななかに食材の豊かな海をつくりだす創作料理、
しかもメニューは絞りこんでいる。
(木曜定休だが食材の調達が難しいときは不定休で休むこともある。お電話でご確認くださいとのこと)

飲食店に来られたお客様には3つの表情がある。
来店して注文したあとの待っている顔、
食べているときの顔、
そしてお金を払うときの顔。
それがだんだんとほぐれていくのがわかる。
それが料理の力であり、お迎えする人の気持ち。

お客さま一人ひとりに目配りをしながら笑顔で声かけをするという
気配りやおもいやりが込められている。

飲食店は、神様であるお客様を店がおもてなしをする場ではない。
(ぼくはそう思っている)
料理をされる人が気持ち良く料理できるようお客として気配りをして期待する。
その気持ちを察して料理人が誠心誠意応える。
そこにうんちくも能書きもSNSも要らない。

もし、あなたがそんなお店に行ってみたいと思うのだったらおすすめです。
ただし、注文を聞いてから作り始めるので少々時間はかかります。
この写真の定食も鶏肉をオーブンに入れたのは注文後。
DSCF0306-1.jpg
そして、作りたてが音を立てて運ばれてくる。
料理とは、提供する人といただく人の共演だと思う人は
きっと何かを感じるでしょう。
(もしこれが東京なら行列ができる店になっていたでしょうに、あえて日和佐で開店されたこと。移住コーディネータの小林陽子さん、やりましたね)

おふたりの門出を心から祝福いたします。
DSFT5996.jpg

みなみ食堂
電話:0884-70-1497
所在地:海部郡美波町奥河内字寺前79-1
営業時間:11:30〜14:30(注文締め切り14時)、夜は予約対応
定休日:木曜日

みなみ食堂に限らず、町内の飲食店がともに繁盛して欲しいと願っています。
(ほかのお店様も折に触れて紹介するつもり)
posted by 平井 吉信 at 22:26| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ

2018年01月08日

howatto(伊豆田裕美さん)の焼き菓子の話題を続けて

前頁からの続き
翌日、「ココナツのサブレ」と「ビスコッティ」(チーズ)をいただいた。
今回はおろしたてのさかもとこーひーの豆で挽いた深煎りのコーヒーで。

食べ物を評価するとき、素材の風味を活かしたと表現されるけれど
素材を活かすとはどういうことだろう。
小麦粉をそのまま焼いておいしいかどうかはわからない。
ところが、素材を混ぜてそこに温度の変化を加え
水分が抜けて香ばしさがつくと(すなわち焼くということ)
元の素材のエッセンスが顔を出してくる。

ということは、
素材を選ぶこと、
そのブレンドを代えること、
熟成の度合いをはかること、
熱を加えることで無限の変化が現れる。

素材の味を活かすとは
砂糖を控えるとか、プレーンに近づけるといったことではなく、
数限りなく試行してつくりこんでいくもの。
強いていえば、素材風味をそのまま使うことではなく
雑味さえもブレンドの妙(旨味)に昇華しつつ
元の素材の個性を再構築すること。

例えば、酸味のない甘いだけのトマトはおいしくない。
酸味と甘みと旨味が高度にそそりたっていないと。
おいしいトマトはまず甘みが舌を滑り出し
口いっぱいに立ちこめて酸味が咽を通り抜け
旨味の後味が余韻を残すが、それもいつのまにか消えていく―。
(ぼくがいつも買っているK農園のトマトはそう)

ブレンドによる引き算がうまく働き、
ブレンドによる足し算でピークを動かしながらも
個性と調和が見えたとき、おいしさにつながるのではないか。
DSFT7387-1.jpg

一口運んだとき、ふいにこみ上げるものがあった。
自分が納得いくまでやってみたかったのです―。
作り手の言葉にならないメッセージが届けられた気がした。
posted by 平井 吉信 at 15:58| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ