2018年04月01日

通りがかりに見えた桜 徳島市、佐那河内村、那賀川町


◆徳島市の台地にある住宅団地の公園にて
辺りを散策しているとアトリエとか教会とか写真館とか
瀟洒な建物が多いまちなみの誰もいない公園で咲いていた。
DSCF2851.jpg

◆日本一低い山 弁天山(標高6メートル、徳島市方上町)
弁天山についてはかつてヤマケイに記事を書いたことがある。
その地形からして勝浦川の大三角州にあって
浅い海の小島だったのではないか。
DSFT0888-1.jpg

DSFT0883.jpg

中腹からの眺め
DSCF2869.jpg

◆弁天山から多々羅川を過ぎて徳島市八多町へ
DSCF2881.jpg

下の写真で左手の小高い丘が
かつて本庄城があった熊山ではないだろうか?
義経が小松島に上陸して
平家方が守るこの城を攻め落として
平家の武将28名を捕らえて近所の豪族の邸宅で討首にしたと、
瀬戸内寂聴の「多々羅川」にも書かれている。
→ 大松川か多々羅川か?

その場所がまさに寂聴さんの母の実家(祖先)であったようだ。
寂聴さんの母がかつて住んだ生家は人に譲り渡したらしいのだが、
譲渡先の家人が家の数カ所で歩くだけで首や肩に激痛が走る場所があったため、
拝み屋に見てもらって祈祷してもらったという。
祈祷後に祟りは治まったらしい。
DSCF2880-1.jpg

◆勝浦川水系の八多川沿いの八幡神社下の広場にて
八多という地名は気になる。
高知県西部を幡多と書くが、ここは八多。
八は神様を暗示すると仮定すれば神様が多い地区?
DSCF2812.jpg

DSCF2816.jpg

DSFT0766-1.jpg

DSFT0776-1.jpg

DSCF2825.jpg

DSFT0801.jpg

DSFT0804.jpg

◆佐那河内村の嵯峨峡
県内で唯一の村ながら徳島市に隣接する立地。
文化の森からはわずか10分程度ということもあって
「村」を意識しない人も多いのでは?
調べてみるとかつては徳島にあった「長」という国の中心であったとも。
http://www.library.tokushima-ec.ed.jp/digital/webkiyou/48/155-158.pdf

大川原高原や旭ヶ丸へはよく立ち寄っている。
大川原高原へは嵯峨地区の嵯峨峡を上がっていくこともできる。
実は、嵯峨には寂聴さんの祖父の妻カツの里がある。
寂聴さんが従兄弟の車で佐那河内の家を訪ねて当主と話す場面がある。
「多々羅川」では嵯峨の里を格調高く描写しているような気がする。

嵯峨の里の中心部。
潜水橋、神社、点在する民家、段々畑を縫う嵯峨川の流れ。
やんごとなき里の風情といえるのでは。
DSFT0860-2.jpg

空襲で亡くなった寂聴さんの母は防空壕のなかで
寂聴さんの祖父、和三郎さんをかばうように倒れていたという。
当時、佐那河内に疎開していた和三郎さんが
徳島市大工町に行った理由を
嵯峨の小川家で聞かされた寂聴さんは言葉を失う。
(→ 瀬戸内寂聴「場所」に収録されている「多々羅川」で)

嵯峨峡沿いの山桜を探してみた。
桜のなかでは山桜がもっとも好き。
DSFT0839-2.jpg

DSFT0816-1.jpg

DSFT0832-3.jpg

→ 嵯峨の里のしだれ桜
→ 嵯峨峡の清流

すみれもあった。
DSFT0850-2.jpg
(嵯峨峡は、フジX-T2+タムロン90mmF2.5ミノルタMDマウントで。高貴な里の風情は色鮮やかなフジではなく、どこか翳りのある90年代のタムロンが合っている)

◆那賀川町の平島公方の桜
あいさい広場で大根、イチゴ、小松菜を買う。
そして那賀川町の牧場直営の精肉店へと向かう。

平島公方とは室町幕府の足利氏の別家で
14代将軍を輩出している名家であるが、
都を追われてこの地に住むようになった。
その屋敷跡がいまも残っている。
江戸時代には徳島藩(阿波藩ではない)を治めた蜂須賀家の客将としての待遇であったが
不遇であったとの記述がある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%B3%B6%E5%85%AC%E6%96%B9

いまでは国道55号バイパスから入った田んぼの小山が邸宅跡として残るのみ。
それでも近所の農家が手入れに訪れていた。
いまも平島公方は在所の人々に慕われている。
DSCF2644.jpg

DSCF2633.jpg

DSCF2636.jpg

あとがき
近郊の歴史と桜をたどる気ままな小旅行(というよりは買い物のついでのひとこま)。
たまたま瀬戸内寂聴の「多々羅川」「京都」という単語で訪問地がつながった。
「旅と歴史」に寄稿しているルポライターのぼくとしては
仕事の依頼を受けていないことでも
真実を知りたい一心で探偵ごっこのようなことをやっているのです。
(あっ、でも刑事局長の兄には内緒にしてください)。
素敵な女性たちともいい雰囲気になるのだけれど
最後の最後でいつのまにかすれ違います。
坊っちゃんは相変わらずですね、などとすみちゃんに言われそうです。
きょうは4月1日、殺人事件は起きません。
ただ徳島近辺を走り回っているだけです。
(スケーターになったり探偵になったり年度末は忙しい)
これだけ桜の話題を展開しておきながら
何か足りない気がする。
桜にまつわる食べ物、
例えば、桜餅や桜を使った菓子を食べていないから。

posted by 平井 吉信 at 17:53| Comment(0) | 山、川、海、山野草

光が溶明してソメイヨシノに 生名の桜(勝浦川)


弁財天に触発されて夜桜を見てしまったあの夜から数日後、
今度は昼の桜を見に来た。
といっても、よってね市に立ち寄ったついで。
ここでJA東とくしまのぽん酢を買うのと
山西いちご園のイチゴでも買おうかと寄ってみた。
DSFT9487-1.jpg
(鮮度の高いさちのか。280円)
シイタケも県内でもっとも安いかもしれない。
→ とくしま安2農産物認証の生産者(おいしさで選んでもまちがいない生産者が多い)


今年の冬は風邪もインフルエンザも罹らなかった。
それはゆこうを絞ってはちみつで湯割して毎日飲んでいたから。
それもよってね市で買う。
JAの直売所でもっともよく来ている場所。

買い物を済ませると裏の生名谷川へ向かう。
まるで水郷のような景色だが
普段の水深は長靴で渡れるほど。
花見の期間だけせき止めているのだ。
D7N_9486.jpg

D7N_9506-1.jpg

D7N_9487.jpg

DSCF2626-1.jpg


ここはソメイヨシノが多い。
ぼくは色が濃い桜よりはソメイヨシノが好きだ。
D7N_9479.jpg

なぜって、花びらの先端が光に溶暗していくから。
そして光が溶明して花びらへと昇華しているようだから。
DSFT0421-1.jpg


タグ: 勝浦町
posted by 平井 吉信 at 16:16| Comment(0) | 山、川、海、山野草

その昔はどんがん淵だった岩脇公園 いまではのどけし春のひだまり


子どもの頃はここに近づかないようにと言われていた。
葦が繁る池があり、落ち込むと容易に岸に上がれないのと
底が見えないぐらい深いと言われていた。
在所の人はどんがん淵と呼んでいた。
ここは、岩脇さくらづつみ公園(阿南市羽ノ浦町)。

春になった。
田に水を入れるために(那賀川)北岸用水に水が勢いよく流れ出す。
用水といってもそこにあるのは鷲敷ラインを小さくしたような流れ。
那賀川の古毛の堰から水を引いて分流しながら下流まで水を届ける。

水深があって流れが早いため子どもが落ちると助からない。
大人が落ちてもSOS。
この北岸用水の流れを見るのが好きな少年がいて
水に落ちなかったからこそいまもブログを書いているわけだけど。
→ 北岸用水について独自に調べてみました

春が来ると那賀川の土手につくしを探しに行く。
この日もあの頃と変わらずつくしが生えていた。
土手から下へ降りたところにどんがん淵を整備した桜づつみ公園がある。

妙見山へ花見に行くのもこの頃。 
→ 鬼の宴会に遭遇

いまでは池として赤い太鼓橋がかかり、桜並木と
水辺には手こぎ船が浮かんでいる。
桟敷でほろ酔いの家族もいる。

春ののどかな一日がたまらなくいいと思えるなら
ここに来てみたら?
DSFT0460.jpg

DSFT0448-1.jpg

DSFT0454.jpg

DSFT0462-1.jpg

DSFT0489-1.jpg

DSFT0514-1.jpg

土手からかつてのどんがん淵を見ようとするも、そこにあるのはのどかな水辺の公園
DSFT0516-1.jpg

posted by 平井 吉信 at 15:53| Comment(0) | 山、川、海、山野草

とくしま植物園のチューリップやすみれ それから桜も


仕事を一段落して午後の遅い時間に足を運ぶとしたら
とくしま植物園がいいと思う。
丘を上がりながら花壇だけでなく法面の山野草も見ながら
高度を上げていくと動物園の観覧車が見えてくる。

人は生きていくうえで重力に逆らうことは大切なこと。
日焼けが気になる人もいるだろうけど
太陽光線そのものが免疫力を高める治療薬のようなものだから。
(光線療法というのさえ存在する)
実際に日の光を浴びて斜面を上がるのは究極の健康法かもしれないと思う。

さて、花はというとご覧のとおり。
(説明が必要な方、いらっしゃいますか? と言いながら手抜きの口実)
DSFT0116-1.jpg

DSFT0173.jpg

DSFT0176-1.jpg

DSFT0167.jpg

DSCF2534-1.jpg

DSCF2542-1.jpg

DSFT0087-3.jpg

DSFT0098-1.jpg

DSFT0209-1.jpg

DSFT0138-1.jpg

追記
行政が本気で取り組めばこんなこともできるのに。

ネモフィラで満たされた国営ひたち海浜公園
http://hitachikaihin.jp/hana/nemophila.html

福島の花見山公園(画像集)
https://www.google.co.jp/search?q=%E7%A6%8F%E5%B3%B6+%E8%8A%B1%E8%A6%8B%E5%B1%B1&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwielr3ItpjaAhWMS7wKHZxcB5gQ_AUICygC&biw=1182&bih=783

これは? 福島県の花見山プロモーション動画?
https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=9BFdY8rALYA

実は徳島にそんな場所をつくろうとしているのが
上勝の「彩山」構想なのだ。





タグ:
posted by 平井 吉信 at 15:27| Comment(0) | 徳島

2018年03月29日

春霞をたゆたう弁財天の微笑みと生名谷川の夜桜


夕方、仕事で面談していた女性が
学生時代にフルートを吹いていたといわれるので
「アルルの女」(第2組曲のメヌエットのこと)を吹いてください、
とお願いしたけれど、
練習していないので―
と笑顔でかわされてしまった。

その方が美しい独身女性というのもあるけれど
フルートを構えた姿が
春霞をたゆたう弁財天のほほえみ―と想像できたので。
(CDをかけるので音は出さなくても演奏する姿態だけでいいのだ、などと書いてしまったが、まさかこのブログをご覧にはならないだろうと)。

そこで春霞をたゆたう弁財天のような桜を見に行こうと
そのまま国道55号線を南下してやってきたのは
勝浦町の生名谷川の夜桜。
(写真だけ見てもらえば説明は要らんでしょ)
DSFT0233-1.jpg

DSFT0234-1.jpg

DSFT0237-1.jpg

DSFT0252-1.jpg

DSFT0286-1.jpg

DSFT0306-2.jpg

DSFT0320-1.jpg

DSFT0324-1.jpg

DSFT0330-1.jpg

DSFT0336-1.jpg

DSFT0350-1.jpg

DSFT0373-1.jpg

DSFT0380-1.jpg

DSCF2591-1.jpg

(フジX-T2+XF35mmF1.4 R、フジX-E2+XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS=すべて手持ち。水銀灯や人工光源の色がさまざまに被るので色の再現が予測が付かないところにご注意。高感度が必要なのでスマートフォンでは手に負えないと思いますよ。ところで、春霞をたゆたう弁財天のほほえみって何ですか?などと聞かないで)


タグ: 勝浦町
posted by 平井 吉信 at 17:18| Comment(0) | 山、川、海、山野草