2018年07月05日

きょうも一日遊んでもろた 黒沢湿原の午後

北海道の釧路湿原をカヌーで下ってみたい。
でも徳島にも魅力的な湿原がある。
このブログでたびたび取り上げる黒沢湿原である。

ルートは池田町から南進するルートをおすすめしていたが
このところ工事中となっている(今回も引き返すことになった)。
そこで池田の市街地から吉野川を遡り三縄方面から向かうルートが
初めての人にも通行しやすいようだ。
(湿原への表参道ともいうべき道でなんと路線バスのバス亭までがこのルート上にある)

梅雨の合間のしばしの晴天は家庭では洗濯ものドライ&湿気追放キャンペーンの日。
ひととおりの家事をやっておいて悠々と出かけるのもよし。

湿原に着いた。これからの歩みが生きる力をくれる。
そう思える湿原の奥行きと誘い。
DSCF4579-1.jpg

DSCF4581-1.jpg

DSCF4582-1.jpg

今頃はトキソウが咲く頃だが今年は開花は早めのよう。
でもまだ見頃には早いようだ。
DSFT4720-1.jpg

DSFT4895-1.jpg

湿原の山野草を見つけてはよかったと思う。
DSFT4724-1.jpg

DSFT4872.jpg

DSFT4876.jpg

続いて生き物。これまで湿原でヘビを見かけたことは実は一度もなかったのだが
この日は数回見かけた。天候の具合なのかどうなのか?

毛虫は見かけてもあまり近づかない方がいい。
チャドクガの幼虫のように風に乗って毛を飛ばすことがある。
服にまとわりつくと家に帰ってからもやっかいなので要注意。
D7N_1111.jpg

湿原の池はトンボの楽園
D7N_1147.jpg

ヒョウモンチョウか?
D7N_1345-1.jpg

この黒いバッタ(コオロギ?)は?
D7N_1355-1.jpg

湿原の池を見つつ丘へ上がる
DSCF4603-1.jpg

どこまでも一朶の雲を追いかけて…(坂の上の雲)
この先に展望台がある
DSCF4606-1.jpg

ここから湿原を見下ろす
DSFT4757.jpg

DSFT4764.jpg

風が吹く、のどを潤す、風に吹かれてみる
DSFT4778-1.jpg

DSFT4766-1.jpg

池のほとりではスイレン、ヒツジグサ
D7N_1121.jpg

D7N_1152-1.jpg

池から流れ出す湿原の水をたどる
DSFT4826-1.jpg

D7N_1221.jpg

D7N_1264-1.jpg

DSFT4792-1.jpg

DSFT4797-1.jpg

水は南へ下っていく。やがて滝となって落ちる
D7N_1237.jpg

DSFT4816.jpg
この先にさらに落差の大きな滝があり、滝の上から写真を撮ることができる

夕方が近くなっても太陽は高い
きょうも半日、湿原に遊んでもろた。
DSFT4834-1.jpg
タグ:黒沢湿原
posted by 平井 吉信 at 00:03| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2018年07月01日

武蔵野が描く世界、空と海が描こうとする四国


キーワード:国木田独歩、渋谷、河骨川、雑木林、薪炭林

武蔵野といえば国木田独歩と出てくるけれど
実際に武蔵野へ行ったこともなければ著書も読んでいなかった。
そこでKindle(アマゾンの電子書籍のプラットフォーム)を見ると
無料でダウンロードできた。
(青空文庫にもある)

短い作品なのですぐに読めた。
まず、知りたかったのは武蔵野の描かれた場所。
次に知りたかったのは武蔵野の情景。
前者は独歩が地名を挙げて範囲を例示している。
ぼくはもっと埼玉県寄りの多摩川上流部を連想していたが
実際は渋谷あたりも含まれることがわかった。

ということは、唱歌「春の小川」の着想となった河骨川も
武蔵野にあったといえるのではないか。
(もしかしてブラタモリ「渋谷」で放映した? 現在は各都道府県の郷土紹介のような位置づけも感じるけれど、東京編は良い番組だったね)

〔参考〕昭和31年の河骨川
http://news.livedoor.com/article/image_detail/10079631/?img_id=8357336

ぼくは幼少の頃に母方の家で聞かされた小川に関心を持って調べたことがある。
川がどこから流れて暮らしと関わりながらどこへ流れていくかは
天文と並んで子どもの頃からもっとも知りたいことだった。
http://soratoumi2.sblo.jp/article/72545144.html

武蔵野は点在する農家の屋敷とその背後の林や田畑、
ゆるやかな起伏のなかに谷と丘が連続しつつ
規模の大きくない雑木林がパッチワークのように散りばめられている。
ところどころに湧き水や水路が
人と自然をつなぐ場面のような光景ではないかと想像できた。

宮ア駿さんはトトロを武蔵野に着想したと聞いている。
子どもの頃好きだった絵本「大きい1年生と小さな2年生」も
武蔵野が舞台のように思える。

開発が始まった高度経済成長の波は武蔵野にも押し寄せ
郊外にも住宅や小学校ができはじめ
ちょっとしたまちと、畑や小川や古くからの農家の屋敷や林が点在する風景でのできごと。
ホタルブクロが二人の世界を結んだある日のできごと。
(ぼくがホタルブクロが好きなのも素朴な田舎の女の子が好きなのもこの本がきっかけとなっている。でも田舎に行けば素朴な女の子がいるというのは幻影に過ぎないのだけれど)
読めばいまも胸が切ない。
http://soratoumi2.sblo.jp/article/69583506.html
それがなんとアニメ化されていたことに驚いた。
(どこに行けば見られるのだろう)

このアニメにはドボルザークの「ユーモレスク」が流れているという。
あの時代の映像とともに夢のような時間を届けてくれるのだろう。
ユーモレスクはフィリップ・アントルモンの演奏で聴いてみて。
(開始50秒からがユーモレスク)
洒落たテンポ、心地よい揺れ、まろやかな打鍵音が子どもの頃を追憶させてくれる
https://www.youtube.com/watch?v=L8TMqhWXwWQ


武蔵野は、東京の郊外にありながら薪炭林が人々と暮らしを結んだところ。
人と自然が結界をつくるのではなく一体となった里山の世界観。
水路のタニシやメダカに目を留め、
秋には落葉する楢などの雑木の林から多様な生態系が織りなす一連の場、
それは小さな小宇宙が重なり合い共鳴する場でもある。
深山幽谷のブナの森はもちろん散策する歓びを与えてくれるが
畑の向こうに林に通じる小径があり
しばらく歩くと視界が開けて農家の庭先に出るような
胸のきゅんとする里山が広がっていたに違いない。


ベートーヴェンが田園交響曲を着想したと言われる
ハイリゲンシュタット郊外だって、まちのはずれで深遠な森ではない。
https://www.wien-kanko.com/2015/03/26/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E7%AC%AC6%E7%95%AA-%E7%94%B0%E5%9C%92-%E3%81%AE%E5%B0%8F%E5%B7%9D/

子どもの頃から好きな楽曲だけれど
ベートーヴェンは「クラシック」だと思ったことはない。
いまも生きている音楽家であり
ソナタ形式というプラットフォームをつくりながらも
形式に囚われず自由に楽想を羽ばたかせた。
音楽のなかに人間の感情を押しとどめながら
融通無碍な精神のはばたきを感じる。
後期のピアノソナタや弦楽四重奏曲などは
幽玄すら感じる一筆書きの妙。
(いずれの作品も気取らないで心を吐露しているが、同時に音楽として昇華されている点に芸術家とともに職人の仕事を見る。でもどちらかというと、芸術家 > 職人。形式を自由に逸脱しているから)
第九のようにわかりやすく偉大な作品だけでなく
生涯の友としたい佳品(初期、中期、後期を問わず)を創作してくれた。
ベートーヴェンの楽曲の力は時代とともにむしろ光を増しているようにさえ思える。
だからベートーヴェンの音楽は生涯の友と思っている。
(20代の頃はベートーヴェンに捧げたような生活を送っていたので)
http://soratoumi2.sblo.jp/article/170892565.html


振り返ってみれば、
子どもの頃の川を追いかけた話や
自然と人間との関係を洞察するなど(→ 四国の川を生きる → 勝浦川流域ネットワーク)、
小さい一年生と大きな二年生」のように子どもが描く身近な自然への憧れのように伝えたいと思っている。
国木田独歩が「武蔵野」で描いたような位置づけで
四国の可能性を繙いているのがこのブログかもしれない。
自然はときに人に厳しい試練を与えるが
自然が人に寄り添うことがある。
里山は人が手を入れることで
人も自然も支え合っている。
人口減少がもたらす将来、里山がもたらす暮らしの循環は示唆を与えている。
互恵的、小規模、持続可能性、経済循環といった政策のモデルが里山にあり、
象徴的な意味で武蔵野と四国は共通点がある。
そこに未来への箴言が託されている。



追記
Kindleはいい。
なにがいいかって、文字が読みやすい。
文字を読み解く視神経の負担がない分
文章が提示する世界に浸りやすい。

しかも分厚い本を持ち歩くこともなければ
保管で困ることもないし
棚の奥で埃を被ってダニの巣となることもない。

スマートフォンやパソコンとの違いは
液晶ではなく電子インクであること。
ぼくはバックライトの設定を0としているが
例えば真夏の炎天下でも文字はくっきりしている。
(この点では紙よりもいい)

文字の大きさを自在に変えられるし
フォントも選択できる。
Amazonは頻繁にファームウェアをアップデートして
購入後3年を経過していまだに新機能の追加が続いている。

価格は紙の本よりも安いのが一般的だし
読みたいと思ったときにすぐに購入して読める。

さらに、本を持ち歩かないで多くの本が読めるということは
少し読んで、今度は別の本を開くことが簡単。
そして先の本に戻れば読んでいたところが自動的に開く。
論理的な内容を読んでいて疲れたら情緒的な内容に触れる。
そして論理の構造を追いかけるといった脳機能の有効活用につながるように思える。

スマートフォンやパソコンのブルーライトの問題について
電子インクのKindleではほぼないと言っていい。
理屈ではなく視神経が疲れないのは事実だから
目が疲れていても読む気にさせるぐらいである。

さらに指でマーカーを引けるのだが
Web上でマーカーを引いたところだけの引用が見られる。
いわば、その本を読んでどこに感銘したかのフレーズリストが連続して見られる。
このことで本の内容を思い出したり紹介したりしやすい。
(この良さは使ってみないとわからない)

Kindleを買うのなら
Kindle Paperwhite
少し無理をできるのなら
Kindle Voyage(ぼくはこれを使っている)

知的な作業にはインターネット接続を離れて気軽に没頭できる環境が必要である。
そのためにもKindle(電子インクで読む電子書籍)がいい。




posted by 平井 吉信 at 12:18| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2018年06月27日

吉野川 川島潜水橋付近の落日


地球の黄昏といいたい夕焼けと大河に出くわしたら
何も言わずにそこへ行ってたたずんでみよう。
(徳島には吉野川があるから絵になるね)
DSFT3893-1.jpg

DSFT3914.jpg

DSFT3917-1.jpg

DSFT3930.jpg

でも吉野川は写真の被写体ではなく
生きとし生けるものに恵みと災いを与える存在。
そこで息づく生命のひとつとして地球に向かい合ってみる。


(フジX-T2+XF14mmF2.8 R、XF35mmF1.4 R)

タグ:吉野川
posted by 平井 吉信 at 00:17| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2018年06月26日

美郷の梅で梅酒をつくる


例年の恒例行事となっている梅酒づくり、梅干しづくり。
ぼくの梅好きは小学校の頃から。
大きな果肉の詰まった梅干しを口に放り込むと
よく咬んでにじみ出る酸味をぐにゅぐにゅと音を立てて味わいながら
口を開いて家人に真っ赤な口内を見せて
最後に茶で締めくくる(なんという小学生!)。

ところが市販品の梅干しはなんだか口に合わない。
梅干しはあの突き抜けた酸味があってこそ。
だから自分で漬けてみたらこれが市販品よりおいしかった。
それから年月を数える梅酒、梅干しづくり。

梅といっても品種ごとに盛期が違う。
先頭を切って出てくるのは小梅。
これを梅酒にするとまろやかな感度の高い梅酒になる。

ぼくの梅酒は35度の焼酎とハチミツでつくるのが定番。
鮮度の高い梅を下処理して500〜600グラムのハチミツと
焼酎は35度の米焼酎が最善だが
このところ熊本産の入手が難しいので泡盛35度を使っている。
(銘柄は久米島の久米仙)

しかしとあるところで試飲した市販の梅酒に打ちのめされてしまった。
それは美郷の一醸造所、東野醸造所の「ホーホケキョ」という商品。
吉野川市美郷地区は梅酒の特区として小規模醸造所が軒を連ねている。
美郷の梅酒の品質の高さの理由は
産地と直結していること、このことによって鮮度を確保できる。
(梅酒は鮮度が生命線。摘果してからどれだけ短い時間でつけ込めるか)
さらに小規模ということは大きなタンクを使わず
家庭用の瓶で製造する醸造所が少なくない。
製造面からすれば、タンクごと内容を廃棄するリスクを減らすことになるが
その分、詰め替えの手間がかかるし
梅の成熟度で風味が変わるのでブレンドの技術も必要となる。
しかし4リットルの小さな梅酒の瓶は密閉度が高く
梅の品質を維持しつつ旨味を逃がさない特徴がある。
産地と小規模を活かしているのが美郷の梅酒なのだ。
さらに美郷は標高が高いので
農薬を使用せず栽培する農園もあるなど安心感が高い。

梅酒を味わうのも梅の青果を手に入れるのも美郷物産館だ。
この日仕入れたのは、大玉の鶯宿と月世界。ともに梅酒用。
(今年は小梅の時期に買いに行けなかった)
DSFT4912-1.jpg

DSFT4927-1.jpg

今年の新機軸は泡盛とホワイトリカーをブレンドしたこと、
ハチミツから氷砂糖に変えてみたこと。
このことは風味のまろやかさが後退するかもしれないが
透明度が上がるのではないかと考えた。
同じような製法、材料で東野さんの梅酒と比べてみたいと思ったこともある。

漬け終わった梅酒の瓶を眺めながら
1年物の古酒を氷で割って味わう夜更け。
(また明日の朝目覚める歓びを感じる宵)
DSFT5028-1.jpg

夏場の疲労回復や食欲増進、整腸作用などに期待しつつも
自作の梅酒の最大の醍醐味はおいしさに尽きる。
炭酸水(南アルプスの天然水がパワーアップされている)で割ると
ビールはもう一生飲まなくていいかなと思えるぐらい。

舌の上で酸味と旨味をくゆらしながら鼻を抜ける香りとのどをくぐる心地よさ。

南高梅が出回ってくると6月下旬からはそろそろ梅干しづくりの季節。
季節を感じながら梅を漬ける歓びを今年も味わえる。
収穫と健康への感謝を込めて今年は5kgつくろうかなと。

美郷物産館は晴天。こんな日はいい梅が出ているかも。
DSCF4575-1.jpg

梅の青果、あった
DSCF4562-1.jpg

梅干しも見てみよう
(ぼくもときどきは自作と味比べで買っている)
DSCF4564-1.jpg

せっかくだから昼も。目当ての限定ランチは売り切れていたけど
そばの定食ならあった。
食べログには乗っていなくても連日座る席がないぐらいの盛況。
DSCF4572-1.jpg

美郷物産館の人たちは率先して来店者に美郷の魅力を伝えながらも
素朴なお人柄の方が多く、押しつけがましくならない。
だから行くのが楽しくなる。
美郷も物産館も応援しています!

タグ: 美郷
posted by 平井 吉信 at 23:43| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2018年06月24日

南予紀行 その3 大洲市


特急宇和海は松山へ向けて順調に滑り出した。
昨日停車した卯之町駅も定刻に出発。

ちらりと見たのは肱川の上流。
ここで肱川の話題を少しだけ。
肱川は全長103kmの愛媛県一の大河。
鳥坂峠に源を発するが、峠の標高からすると
肱川の源流点は標高400メートル少々ではないだろうか。
これでは、支流のほうが源流点が高い場合があるだろう。
標高差が少ないので肱川の流れは緩やかである。
その一方で肱川はほとんどが山間部を流れる。
河口を目前にしてもそうである。
四万十川と似ていなくもない。
ゆるやかな標高差と大部分が山間部という矛盾にも似た
地形をあなたはどのように読み解きますか?
(ブラタモリ愛媛県ロケは松山だったけど、もう一巡するときは肱川を取り上げるかな?)
つまり、川が存在して以後、土地が隆起した先行河川ということになるのでは?
(大歩危小歩危も先行谷でなかったか)

肱川には支流が474ある。これは全国5位だとか。
田んぼの小川と油断していたら、
いつのまにか支流を集めて大河に化けるのだ。
南流する肱川が雄大な左蛇行を続けるうちに
ついには源流点よりも北へと流れ込む。
そのため河口と源流が直線距離で18kmしか離れていない。
(釣り針を連想するとわかりやすい)
大洲盆地でいったん平野が開けるが、河口へ向けては渓谷の下流域というのも珍しい。
河口部は冬の肱川嵐で有名だし、
国の重要文化財である現存最古の開閉橋、長浜大橋がある。
(点検と観光のため毎日13時に開閉しているそう。団体客がいればサービスでそれ以外の時間に上げることもあるとか)
肱川のことをもっと勉強したい人は国土交通省が14ページの資料にまとめている。
http://www.skr.mlit.go.jp/oozu/kawa/ksk1_gaiyo.pdf

田んぼを流れるこの小川が肱川ということを覚えておこう。
DSCF5077-1.jpg

伊予石城駅の南には象が2頭いる。
わらでできたマンモスには物語があるらしい。
水のたまった水田に影が映っている。
マンモスの背後に広がる盆地こそ肱川の源流域なのだ。
DSCF5086-1.jpg

しばらくして大洲が目前となり
さきほど南へ流れていった肱川が
北へ向かうJRの車窓から雄大な流れを見せている。
肱川マジックである。
DSCF5089.jpg

大洲駅から古いまちなみと商店街が連なる肱南地区へと歩みを進める。
まちの駅あさもやが拠点だ。
きょうは晴れるかと期待したのだがあいにくの曇り。

そこからおはなはん通り、臥龍山荘、
肱川を見ながら思ひ出倉庫、ポコペン横丁、おおず赤煉瓦館、油屋、本町通りを見ながら戻る。
DSCF5107.jpg

バブル期にみんな鈴木保奈美に夢中になった「東京ラブストーリー」。
主人公が愛媛県の大洲出身という設定ではなかったかな?
ドラマのなかでリカが手紙を投函したポスト。
DSCF5112.jpg

DSCF5118.jpg

快晴の臥龍山荘はこんな感じ。
重要文化財 臥龍山荘 http://www.garyusanso.jp/index.html
DSCF1023-1.jpg

DSCF1037-1.jpg

DSCF1061-1.jpg

眼下に肱川の淵を見下ろす。
こんな部屋でかぶせ茶を味わい昼寝をしてみたい。特に初夏は。
DSCF1076-1.jpg

赤煉瓦館の中庭
DSCF5132.jpg

DSCF5146.jpg

ポコペン横丁は日曜営業だったかな
DSCF5120.jpg

DSCF5121.jpg

DSCF5128.jpg

DSCF5204.jpg

油屋は東京ラブストーリーの頃、旅館だった。
司馬遼太郎も投宿している。
いまは郷土料理を食べさせる飲食店として賑わっている。
DSCF5158.jpg

中へ入る。
DSCF5163.jpg

DSCF5165-1.jpg

今回は、「とんくりまぶし」をいただく。
http://www.city.ozu.ehime.jp/site/kanko/15788.html

大きな椀から自分でよそおって食べる。
DSCF5168-1.jpg

DSCF5181-1.jpg

DSCF5192-1.jpg

甘く味付けした豚バラと大洲特産の栗が主人公。
まずはそのまま食べるが
2杯目からはわさびを添えて出汁をかける。
大きな豚肉なのにどんどん箸が進む。
これはおいしい。

大洲駅に戻る途中で志ぐれを買って宇和海に乗り込んだ。
DSCF5209.jpg

DSCF5092-1.jpg

宇和島、卯之町、大洲、内子、伊予にかけては
ふるいまちなみや建物が落ち着いた風土に息づいている。
それは不思議と寂れている雰囲気がしない。
南予は豊かな風土である。
いざとなったらどうにでもなる―。
開き直りのような潜在力を感じるからかもしれない。
四国は広い。

タグ:大洲 南予
posted by 平井 吉信 at 17:22| Comment(0) | まちめぐり

南予紀行 その2 卯之町から宇和島へ


南予の卯之町駅から宇和島へ向かう列車でのできごと。
雨のため停車して半時間ばかり。
DSCF4987.jpg
(おそらく累計雨量が規定値を越えたのだろうな。こういうときに愚痴を言わずに笑顔で対応する。すると相手もぎすぎすいない。仕事の約束の時間が迫っているが仕方ないと諦めれば心に波風を立てることはない)

しばらくしてこの列車の全乗客(8名!)を
2台のタクシーで目的地まで運んでいただけるというJRのご好意。

仕事が終わってホテルに戻ると蛾が止まっていた。
(モスラはこの蛾がモデルではないかな)
ぼくの持っているフジX20が1センチの距離まで近づいてマクロ撮影ができるので。
DSCF5052-1.jpg

前回は、宇和島駅近くのかどやで夕食をいただいたので
今回は、ほづみ亭。
雨は小やみになっているが店横の辰野川の水位は上がっている。
DSCF5035-1.jpg

窓から川が眺められる。
DSCF4999-1.jpg

まずは、ウニから。
地元で採れるガンガゼという。
ガンガゼは海水浴の際に四国ではよく見かけるウニ。
北海道のエゾバフンウニのような美味ではないが
大量発生することがあり、生態系保全の点から食べても問題ない。
(むしろ海藻を食べ尽くすので放置するのはよくないかも)
DSCF5002-1.jpg

じゃこ天はつくりたてがおいしい。
だから、みやげに持って帰りにくい。
その場で食べるのがいい。
DSCF5012.jpg

宇和島には全国有数の名産品が揃っている。
四国の東の横綱は鳴門とすれば西は宇和島だ。
鯛飯の原料は養殖物だが、味は天然と遜色ないというのが地元の評価。
DSCF5029-1.jpg

グルメでないのにおいしい夕食をいただけたのはよかった。
これから濡れた服や鞄を宿のエアコンで乾かす作業が待っている。
タグ:宇和島 南予
posted by 平井 吉信 at 17:09| Comment(0) | まちめぐり

南予紀行その1 八幡浜市


JR予土線から眺める川はどこも増水して濁流となっている。
初めて訪れた八幡浜は雨だった。
それも警報が出てもおかしくない。

八幡浜駅から港方面へ歩いて行くのだが
小さな折りたたみ傘で人間とカートと鞄に雨を除けながら
重い荷物で1km以上を歩かなければならない。
タクシーもあり得るかと思案していた。
ままよ、と歩き出して途中から国道の喧噪を避けようと
右に入っていくと八幡神社。
八幡浜の八幡神社ということはこの辺りの産土神ではないのだろうか。
DSCF4931.jpg

ここまで来てアーケードを見つけた。目的地のほうへと伸びているようだ。
DSCF4933.jpg

代官所の跡地がコミュニティスペースに。ここで右へ曲がると目的地にさらに近づく
DSCF4939.jpg

巨人が着るのか長さ3メートルはある制服が吊られている
DSCF4944.jpg

「黒い商店街」という幟
DSCF4947.jpg
(水曜日なので定休日の店が多かった)

さらに歩くと黒いポスト
DSCF4955.jpg

アーケードが終わると眼前が開けて市役所、さらには前年度に整備されたみなと湯。
泥炭成分が湯に溶け込んでいるため「黒湯温泉みなと湯」と名付けられたとか。
http://yawa-minatoyu.jp/index.html
DSCF4963.jpg

ここから道の駅「みなとオアシス 八幡浜みなっと」へ行こうとしたが
雨がひどくなって断念。

仕事を終えて移動しようとしたらパン店が目に入った。
DSCF4965.jpg

調べてみると、日本での塩パン発祥の地だとか。
1個77円と手頃な価格設定(一日に5千個以上販売するとも)。
(いたずらに高付加価値化していないのがいい。これが150円なら売れたかどうか)
DSCF4973-1.jpg

平日の午後の雨降りなので空いているが
週末は列ができることだろう。
DSCF4981-1.jpg

店内ではコーヒーの無料サービスがあり
出張途中であったのでコーヒーと塩パンをいただくことに。
DSCF4977-1.jpg

それにしても塩パンを先駆けて売り出したとは。
差別化が意外に難しい商品と思うけれど
アサヒスーパードライと同じで先駆者に人気が集まるのは納得。
塩パンであるから塩の選び方とそれをどのようにまぶすか、
塩だけで旨味を感じにくいので
リッチな油成分(バター)とどうつなぐかが留意点ではないかと。

市内にはちゃんぽんを食べさせる店が40店舗あるとか。
八幡浜ちゃんぽんは、
鶏がら・鰹・昆布などでだしを取った黄金色のスープで、あっさり風味が特徴。
http://www.city.yawatahama.ehime.jp/docs/2014091700617/

今回は行けなかったが、
港周辺の道の駅や温泉を拠点にちゃんぽん店、パン店、
黒い商店街などを回遊させるまちづくりのようだ。
また、晴れた日に。
タグ:南予
posted by 平井 吉信 at 15:16| Comment(0) | まちめぐり