2019年03月31日

人生のそのとき イチローを思いつつユキワリイチゲの谷へ

尊敬しているのはもちろん深いところで共感している。
イチローの真摯な野球への向き合い方は人生そのもの。

動体視力、バットコントロール、俊足という
3つの強みを磨き上げることで
首位打者、二百本安打、3割、ゴールドグラブにつながった。
盗塁、強肩、走塁技術も副産物である。

強みを磨き上げるとは
捉えた情報を身体が認識するとともに
骨格、筋肉(筋膜)、内臓、精神までもが一体となって反応できたこと。
それぞれが瞬時に情報を共有、伝達して動かす能力を
どう維持していくかが30代後半の課題ではなかったかと思う。

このことに気付かない選手(野球に限らず)は輝く時間が短い。
(20代後半で下り坂になってしまう)。
そんな選手を見ていると
若い頃と比べてマッチョな身体にはなったとしても
大切な何かを失ったとぼくは感じている。
(そこには精神に向き合わずに食生活の管理不足と特定のサプリメントの摂りすぎ、筋トレ偏重があるのでは?)

好きなことをやる、
そのためには「意思」を持って行動する。
されど本番(試合中)は無意識となって潜在的な身体能力を引き出す。
そんな選手ではなかったか。
イチローへの思いを語り出すと止まらない。

阿讃国境の谷へと向かった。
DSFT2581.jpg

この谷にはスプリングエフェメラル、ユキワリイチゲが咲く。
それも紫の色が濃いのが特徴。
おそらくは土壌の性質と
沢に沿った崖からの湧き水が多いという湿潤な条件が影響しているのではないか。
DSFT2601.jpg

DSFT2692-1.jpg

DSFT2667.jpg

DSFT2625.jpg

最初に見つけた一輪
この日は曇りだったので日射しを感じないと開かない
イチゲちゃんは眠ったままかもしれない。
DSFT2582.jpg

DSFT2585.jpg

DSFT2592-1.jpg

DSFT2594.jpg

ユキワリイチゲを探していると変わったたたずまいの植物に気付く
DSFT2605.jpg

DSFT2616.jpg

D7N_3275.jpg

D7N_3295.jpg

D7N_3294.jpg

木々や植生もおもしろい
DSFT2656.jpg

DSFT2660.jpg

DSFT2671.jpg

岩陰で開いている一輪があった
DSFT2631-1.jpg

腐葉土の豊かな土壌を持つ斜面に顔を出した一輪
DSFT2683-1.jpg

幾重にも折りたたまれた花弁は宝石(ブーケ)のよう
DSFT2703-1.jpg

開いている新たな花があった
DSFT2709-1.jpg

これは何の花だろう
DSFT2731-1.jpg

DSFT2716.jpg

DSFT2727-1.jpg

DSFT2748-1.jpg

きょうもっとも美しいユキワリイチゲかも
DSFT2740-1.jpg

DSFT2761-1.jpg

デュエット
DSFT2751.jpg

DSFT2756-1.jpg

DSFT2754-1.jpg

この谷のユキワリイチゲを今年も見られた。
けれど季節がめぐるように人生も駈けていく。
いつもと変わらぬ日々を積み重ねても
同じ日は二度とない。
だから春(いのち)はいっそう輝く。
posted by 平井 吉信 at 22:58| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2019年03月27日

冨岡西高校 よかったね

2019年3月26日、
冨西の試合があるというのに
県外出張が先に決まっていて
試合を見ることができない。

池田高校が活躍した時代からその兆候はあったが
高校野球は良い選手を集められる私立高校が優位となっている。
(甲子園で勝つことは格好の宣伝となる)
その傾向が顕著になればなるほど
公立高校の進学校で地元の生徒が通う学校が
甲子園で勝つことが難しくなっている。

21世紀枠とはいえ
初出場となったことで野球のまち阿南は盛り上がっている。
冨岡西高校(通称「冨西」)は創立122年の伝統校で著名人も多く
校風は質実剛健で卒業生は25千人を数える。

あいにく映像は見られなかったがラジオの実況で状況は伝わってきた。
2回の攻撃の前だったか校歌が流れた。
ベートーヴェンの音楽にも通じる胸弾む校歌である。
同点になった6回は球場が冨西一色となったような雰囲気すら感じられた。
http://tomiokanishi-hs.tokushima-ec.ed.jp/%E6%A0%A1%E6%AD%8C%E3%83%BB%E6%A0%A1%E7%AB%A0/

試合は1対3で敗れはしたが、見ていて悔しい気持ちはない。
むしろすがすがしいぐらい。
勝ち負け以上に大切なことを体験できたという潔さが選手には感じられた。

頭を使わず号令があれば猪突猛進するのが体育会系。
ところが冨西はノーサインで選手が考えながら野球を進めるというのだ。

一人ひとりが考えて考え抜いて(アイコンタクトすら取らずに)
一球ごとに訪れる「この状況でいますべきこと」をチームで創造していく作業。
それはスポーツを越えて芸術とか即興とか、光の速さでの以心伝心というか、
すがすがしい時間をつくりあげていた。
そのことを指摘する好記事があった。
https://number.bunshun.jp/articles/-/838795


傍観者、長いものに巻かれる、他人に不寛容、評論家のような人たちが多くなった時代に
自分のこととして捉えて(プレーヤーとして)
身の回りの人と意思疎通を図りながら
責任を持って未来をつくる意思を込めた。
いまの時代にもっとも必要なことがぎゅっとこの試合に詰まっていた。

母校に戻ったら春の日射しに桑野川の水面が輝いていたことだろう。
あの校歌のように。

琴江はきよく せゝらぎて  桜ふぶきの 風香る
DSCF4808-1.jpg
(琴江=桑野川の古称)

追記
翌日の新聞記事でわかったことだが
バッテリーは小学校から組んでいること、
3回の攻撃で右打ちの打者が左打席に入って
その後本来の右打席に戻ったが
これは仲間の緊張をほぐすためだったという。

初出場校が甲子園の舞台で大観衆(及びテレビ放映)を前に
こんなことを考えられる冷静さ、のびやかさ。
実にいいではないか。

posted by 平井 吉信 at 23:17| Comment(0) | 徳島

2019年03月24日

棚田を彩る菜の花 水の神を祀り少しずつ下流へ恵みを流す(神山町上分江田)

神山町にある棚田の美しい江田集落では
毎年春に菜の花まつりを行っている。
旧上分中学校から歩いて20分で到着する。
人が少なければ江田の集落まで車を進めることができる。
妙法寺前の広い駐車場(トイレもある)か
空いていれば棚田を見下ろす小さな駐車場に置かせてもらうといいだろう。

平成13年に県農山村整備課から発刊された「とくしまの棚田」(これは米田潤二さんによる会心の調査紀行だ)では
標高3百メートルにある約240ヘクタールの棚田を13戸が耕作しているとのこと。
さらに、水利をもたらす江田谷川の水源となっている雲早山の神社を
集落を上げて信仰しているそう。
近年になって3本の用水のうち1本が渇水してしまって耕作に影響が出ている。
針葉樹が増えて保水力が問題となったのだろう。
1994年の早明浦ダムの異常渇水の際に訪れて
お話を聞かせていただいた筒井さん(大川村の元教育長)も
同様のことを指摘されていた。
(昔は雨が降らなくても谷の水は涸れることがなかったという)
http://www.soratoumi.com/river/sameura.htm
江田地区でも水を大切にする気持ちが集落の人々に受けつがれている。

この日は棚田の真ん中で俯瞰写真を持った方が
集落の見どころと歩き方をご案内いただいた。
途中で道をお尋ねした方々も含めて
この集落に住まされている人々は柔和で仏様のような滋しみがあった。
風土が人間の形成に深く関わっていることを改めて知らされた。

そのような人々の生きている時間に比べれば
観光で押しかけて写真を撮ったところで
深みがないのは仕方ないのだけれど
それでも地元の人々の暮らしを伝える一助となればと書いている。

まずは神山のメインルートである鮎喰川に沿って東西に走る幹線から。
DSFT2918-1.jpg

ところどころで見かける民家が桃源郷のようと足を止める
DSFT2923-1.jpg

DSCF9379-1.jpg

江田の集落に入った。
Googleマップの航空写真で集落全体を俯瞰できる
https://www.google.com/maps/@33.9464523,134.2877182,651m/data=!3m1!1e3

車は妙法寺前の駐車場に停めさせていただいた。
そこから歩くと菜の花を植えた棚田が広がる。
DSFT2942-1.jpg

DSFT2933-1.jpg

DSFT2962-1.jpg

D7N_3354-1.jpg

オオイヌノフグリに近寄ってみるとネモフィラのようで愛らしい
DSFT2964-1.jpg

なおも江田谷川を上流へと歩く
水辺にも春が来ている
D7N_3373-1.jpg

D7N_3379-1.jpg

D7N_3386-1.jpg

D7N_3403-1.jpg

用水路の取水地
DSFT2984.jpg

木々の重なりが色を浮かび上がらせる
DSFT2986-1.jpg

DSFT2988-1.jpg

上に上がって見下ろすとみごとな民家のたたずまい
DSFT2993-1.jpg

D7N_3410-1.jpg

くるりと向きを変えながらさらに上がっていく
DSCF9401-1.jpg

ケイオウザクラ(啓翁桜)と教えていただいた
DSCF9404-1.jpg

4枚の棚田を管理する民家の凛としたたたずまい
DSCF9417-1.jpg

江田集落と棚田が一望できる
DSCF9421-1.jpg

DSFT3006-1.jpg

D7N_3419-1.jpg

これはわさびの花?
DSFT3009.jpg

木々の花もいいし
つくしもそれぞれにいい
DSFT3016-1.jpg

DSFT3018-1.jpg

DSFT3021-1.jpg

江田集落の魅力を集めてみた
D7N_3432-1.jpg

D7N_3436-1.jpg

D7N_3445-1.jpg

ペルシャ猫がいた
D7N_3478-1.jpg

D7N_3484-1.jpg

日本中に江田地区のような美しい農村集落(中山間地域)があるのだろう。
棚田の水守が都市部の暮らしを支えている。
その関係を意識していくことが大切。
DSFT3032-1.jpg


追記
帰りがけに明王寺のしだれ桜を見た
DSFT3052.jpg

D7N_3488-1.jpg


posted by 平井 吉信 at 23:55| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2019年03月23日

赤い目玉おやじに似た山野草

四季があるから日本を感じる。
季節があるから生きていると思える。
それが決まり切った旬の語感であっても
その人だけの風物詩であっても。

岩場に咲く赤い目玉おやじはなかなか出会えない。
下から見ているから目立つように思えるけど
人間の背丈で見下ろすと岩に同化して見つけにくい。
DSFT2887-1.jpg

DSFT2875-1.jpg

DSFT2882-1.jpg

つぼみはこんな様子
DSFT2890-1.jpg

空が入るのは下から覗くように撮っているから
(可動液晶がないと難しい)
DSFT2906-1.jpg

この山野草が個性を発揮するのは花が終わって
実がなろうとするとき、らしい。
白髪の翁のようになるのでそう呼ばれる。
posted by 平井 吉信 at 21:37| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2019年03月22日

三寒四温の里の風景 春の七草と水仙と(羽ノ浦町)

羽ノ浦町といえば秋桜だけど
思い浮かぶのは、
蛇行する那賀川の広い河原と早い流れ。
それに桜の咲く頃ぼんぼりが妖しくゆらめく妙見山、
どんがん淵公園に北岸用水。
このブログでもそれらの断片を何度も取り上げている。

→ 秋の桜 田んぼに咲いた 羽ノ浦町のコスモス 
→ 
その昔はどんがん淵だった岩脇公園 いまではのどけし春のひだまり
→ いまがいい
→ 阿南市羽ノ浦町の妙見山 里山の春が還らぬ故郷と人を呼び戻す
→ 子どもの頃に見た小川をもう一度見てみたいと思ったことはありませんか? 那賀川北岸用水と浦川、そしてかつてあった小川の物語
→ 里山に道路ができる最後の夏 南の羽ノ浦町と北の立江町

南に開けて夜空を見上げれば射手座の銀河や
全天第二の恒星、りゅうこつ座のカノープスを見ていた。

幼い頃、那賀川でトバシ(※)をして小アユを釣ったのもここ。
(※毛針をいくつかつけて錘を付けずに瀬を流す釣り方。アユ解禁の初期の釣り)
ぺんぺん草を鳴らしたのもここ。
水難事故で若くして亡くなった叔父に続いて
長い年月、その家を守ってきた妻も先般亡くなられた。

それでもここは川面に春の兆しが踊っている。
土手に春の野草が太陽にすくっと立つ。

そのときぼくは子どもに戻って虫取り網を持って
桜並木に出かける。
いた、アブラゼミと思って網を動かそうとすると
枝にシマヘビがいた、驚いた。
道ばたでひっくりかえってもがく虹色の虫、
お、玉虫だ。

ピアノの鍵盤から同じ旋律を幾度も畳みかけるように
繰り返す光景。

2019年3月、またここにも同じ季節がやってきた。
でも、あのときの胸ときめく何気ない「神秘」や「謎」は
そこにある現実。

野辺送りから四十九日、家のまわりの畦に咲いていたホトケノザ
DSCF9250-1.jpg

土手から見える景色は変わることなく
DSCF9288-1.jpg

妙見山に上がってみた
DSFT2782-1.jpg

DSFT2788-1.jpg

DSFT2807-1.jpg

DSFT2809-1.jpg

DSFT2820-1.jpg

DSFT2856-1.jpg

春は水辺。踊る水面が植物の成長を躍動させる。
DSCF9317-1.jpg
posted by 平井 吉信 at 22:10| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2019年03月21日

大方浮鞭(黒潮町)の海 風が強ければ強いほど波の頭が美しい

国道56号線がもっとも楽しいのは
土佐佐賀から大方までの海沿いを走る区間。

朝の早い時間の息を飲むような凛とした渚の表情、
朝日を浴びて遊ぶ人。
斜めの日射しと波飛沫が横溢する渚が黄金に輝く午後、
そこで人は影絵となる。
DSFT2549-1.jpg

佐賀の展望台 晴れていても曇っていても一度は立ち寄る
南に開けた土佐湾・太平洋を見下ろすと脱藩したくなる
DSCF8965-1.jpg

短い背丈の木が渚を博物館にしてくれる
DSFT2556-1.jpg

DSFT2565-1.jpg

DSFT2569-1.jpg

かつてここでTシャツ展が開催されたとき
その第1回目に居合わせた

DSFT2561-1.jpg

きょうは風は強めで波は穏やかな
だから波頭が白く崩れるのがケーキにふりかける砂糖のよう
D7N_3206-1.jpg

D7N_3224-1.jpg

D7N_3247-1.jpg

雄大な大方浮鞭の海は高知県西部の宝物。

タグ:幡多 大方
posted by 平井 吉信 at 23:33| Comment(0) | 山、川、海、山野草