2018年04月02日

知人が今夜テレビに出るよというので見てみたら…


数日前に仕事でお会いしたとき、テレビに出ると言われていた。
「深イイ話」という。
(「頂点を極めた女性は本当に幸せなのか?SP」)

すると、瀬戸内寂聴さんと阿波おどりで飛び出してきたではないか。
95歳の寂聴さんの豪邸、まったく落ちない食欲、
(毎日肉とアルコールのてんこ盛り)
いやはや呆れるやら。

たまたまここ数日、
「多々羅川」で寂聴さんネタが続いていたのは偶然。
番組収録の裏情報も事前に聞いていたけれど
(それはちょっと書けないけど)
主人公に負けていないよ、小林陽子さんの弾け具合も。

posted by 平井 吉信 at 21:37| Comment(0) | 徳島

2018年04月01日

父母が浜(ちちぶがはま) 讃岐のウユニ塩湖は大潮の夕暮れに現れる


紫雲出山がある三豊市にはこのところ大賑わいの場所がある。
浅い湖に空が映るあのボリビアのウユニ塩湖を連想させるらしい。
西に面した浜に陽が沈む頃、
干潮となって砂浜が広がる時刻にそれは現れるという。
満月がそのときだろう。

紫雲出山への車道を歩いたため
戻りが夕方になった。
そのときひらめいた。
父母ヶ浜へ立ち寄ってみたらどうだろう。

到着したのは17時半頃。
すでに太陽は傾いてたくさんの人が来ている。
韓国語や中国語も聞こえてくる。
彼らは数人でポーズをつくる。
Instagramの落とし子ともいえる時代の観光地なんだ。

撮影のコツはたぶんこんな具合。
条件が揃ったときに出かけること。これが前提。
広角レンズを水面近くに構える。
水たまりの対岸で太陽を背景にポーズを取ってもらう。
(スマートフォンで十分ですよ。たぶん逆光で影絵となるけどそのほうがいい)

雲ひとつないこの日だったが
雲が出ていたほうが良い場合もある。
快晴なら沈む太陽が主人公となるけれど
壮麗な夕焼けが目当てならは曇りがちな天候のほうがいいかもしれない。

周囲の人たちに話しかけつつ写真を撮らせていただく。
(まるでコスプレ会場のようでもある)
D7N_9805.jpg

D7N_9815-1.jpg

ロマンティックモードのおふたり。お幸せに♪
D7N_9830-1.jpg

ウユニ塩湖もさることながら、
影絵となってなお、人が何かを伝えようとする気配を感じる。
Instagram映えの景色もいいが、人がそこにいる。

D7N_9838-2.jpg

入日迫る渚
D7N_9840.jpg

斜めの光に影絵となって
人々がなぜか初対面なのに親密になっていくような気がする。
D7N_9855-2.jpg

D7N_9881-1.jpg

D7N_9816_01.jpg

D7N_9851.jpg

振り返ると東の空に満月
D7N_9868-2.jpg

二人の距離を縮めている
D7N_9833_01.jpg

いよいよ落日が迫ってきた
D7N_9865-1.jpg

DSCF2765.jpg

DSCF2777-1.jpg

DSCF2791-1.jpg

藤澤五月に似た女性が一本足で姿勢を保つ
DSCF2801-1.jpg

DSCF2803-1.jpg

うまく行きました
D7N_9890-1.jpg

DSCF2792-1.jpg

紫雲出山と父母ヶ浜を一日で見られた。
セブンイレブンでパストラミポークと食感のよいレタスを挟んだ
ペッパーポークサンドと炭酸水を買って
高速道を使わずに三頭トンネルを越えて美馬経由で家へ戻った。
まだ21時にならない。
posted by 平井 吉信 at 19:58| Comment(0) | 山、川、海、山野草

紫雲出山 桜の絨毯ごしに見る瀬戸内海 碧く淡く横たわる色彩の海


前頁からの続き
初めて紫雲出山に来たのは2005年で
善通寺の総本山を見て観音寺の銭形を遠景と浜で眺めて
紫雲出山へ辿り着いた。
あのときは桜が終わった後であったけれど
その風光明媚な場所が印象に残っていた。
(それ以来、来たいと思いつつもこの時季は旅に出ていることが多かったので)

ここからは細長い台地上の広い山頂からの撮影。
実は桜を見ている人々も魅力的だった。
夢中で撮っている人は、スマートフォンよりもミラーレスを持った女性が多かった。
一部の人は三脚で場所を占拠していたが、一眼レフの中高年であった。
(これはいただけない)。
風景に負けず桜に集まる人々が魅力的だったが、
鮮明に撮れすぎていてWeb上では掲載は難しい。
(10年後に場所を特定せず掲載するかもしれない)

D7N_9628.jpg

D7N_9633.jpg

D7N_9651-1.jpg

D7N_9669-1.jpg

D7N_9671-1.jpg

D7N_9673-1.jpg

D7N_9678-1.jpg

椿が桜に祝福されているよう
D7N_9715-1.jpg

椿と桜の関係は互いに引き立て合うけれど、見方によっては椿が主人公かも?
D7N_9724.jpg

桜は桜で互いに引き立て合う。重なり合う輪郭と光の帯がにじむような光景。
それが歩むたびに変わっていく。魅せる桜万華鏡とでも。
D7N_9775-1.jpg

DSCF2691-1.jpg

DSCF2694-1.jpg

DSCF2707-1.jpg

逆光の西の海も美しい
DSCF2698-1.jpg

DSCF2701-1.jpg

DSCF2713-1.jpg

DSCF2743-1.jpg

山頂からは桜の絨毯ごしに夢幻の海が横たわる
紫雲出山の桜に出会えたと思えるとき
DSFT0602-1.jpg

DSFT0605-1.jpg

DSFT0620-1.jpg

DSFT0598-1.jpg

DSFT0612-1.jpg

DSFT0619-1.jpg

夕暮れが近づくと海の色が変わっていくことだろう
DSFT0614-1.jpg

紫雲出山の休日は春のかすみのなかに溶けていく。
アリスの見たCheshire Catのように。
A grin without a cat…ねこのない笑い、
人の気配が消えて桜が漂う紫雲出山。

今度はいつ来るか来られるか―。
その日を楽しみに生きている。
タグ: 香川
posted by 平井 吉信 at 19:14| Comment(0) | 山、川、海、山野草

海が見える丘から桜が見える場所があったなら それは荘内半島の紫雲出山(合言葉は「352の270」)


一期一会の桜を見るとしたら、紫雲出山(しうでやま)と思っていた。
香川県西部、荘内半島の中程、瀬戸内海国立公園内に位置する標高352メートル。
ここからは270度に渡って瀬戸内海を見渡すことができる。
D7N_9795-1.jpg

山頂には弥生時代の遺跡もあるが、
紫雲出山を有名にしているのは桜。
海が見える山から桜の絨毯ごしに瀬戸内海の蒔絵が見られる場所。

しかし山頂には限られた駐車場しかなく
桜の時季には下からシャトルバスでピストン輸送することになっている。
ぼくが訪れたこの日はシャトルバスがまだ出ていなかったため
車の上がり口に車を停めて歩いた。

後からわかったことだが
下から歩くときは大浜の集落からの登山道を使う人が多い。
ぼくのように車道歩きは車とすれちがうので落ち着かない。
それでも海を見下ろしながら沿道の幾種類の桜を愛でつつ
ゆるやかな勾配の車道の景色に浸りながら歩く気分は悪くない。
(登山に慣れた人なら歩いた気がしないぐらいの時間)
道が狭いので絶景があっても車を停めることはできないので
これはこれでひとつの方法かもしれない。

まずは車道歩き編から。
こんな道を歩いて行く。
DSCF2649.jpg

これは野生品種の大島桜。
エドヒガンなどと掛け合わせてソメイヨシノを生み出した。
D7N_9533_01.jpg

D7N_9525-1.jpg

D7N_9577.jpg

ヤマザクラ
D7N_9558.jpg

D7N_9598.jpg

D7N_9550.jpg

D7N_9620-1.jpg

→ 紫雲出山の山頂へ
タグ: 香川
posted by 平井 吉信 at 19:08| Comment(0) | 山、川、海、山野草

JR赤石駅 1両編成のローカル線を見送る桜


阿波赤石駅はJR四国牟岐線の無人駅。
特急むろとは、ひとつ手前の南小松島駅と、その次の次の羽ノ浦駅には停まるが
赤石駅には停まらない。
あいさい広場の帰りに思いついてこの無人駅に立ち寄ってみた。
DSCF2885-1.jpg

DSCF2893-1.jpg

桜を見ているとワンマン列車が滑り込んできた。

DSCF2899-1.jpg

DSCF2900-1.jpg

DSFT0913-1.jpg

春のうららの陽気と乗客を乗せて徳島駅へ向けて発進した。
季節は冬から春へとめぐり
時代は昭和から平成へ、
さらに次の元号へ遷移しようとも
人々の暮らしは息づいている。
JR四国の発展をお祈りします。

タグ:JR
posted by 平井 吉信 at 18:23| Comment(0) | 山、川、海、山野草