2020年03月21日

手を洗う 顔を洗う 自分ができる行動リスト


爆発的流行の手前でとどまっているとされる現状で
自分がやれること(やっていること)を書いてみる。

手洗いの徹底
手が顔を触れて呼吸のたびにウイルスを吸い込むという現象が起こっている。ここがボトルネックと見た。
・手を頻繁に洗う(何もなくても1時間に数回は洗う)。
・郵便物や宅配便など外からの持ちこまれたものに触れたらすぐに手を洗う。
・顔に触れないよう意識する。目を擦りたくなったら人工涙液(※)を点眼するのも方法。

※人工涙液…ソフトサンティアの名称で売られている。防腐剤などを含まないため常用できる。ドライアイに有効なのでこの際常備しておくとよいかも。長時間の運転の休憩時や寝る前に射すと潤って心地よい。薬効がないのも習慣性がなくて良い。


※鼻うがいの具体的な方法は市販の鼻うがいキット(数百円)を購入して洗浄剤を使い切ったあとは1%前後の塩水(ぬるま湯)を作成して付属の注入器で鼻に注水する。その後でのどのうがいも忘れずに。


外出から帰ったときの手順
手を洗う→ 洗った手で顔を洗う→ 再び手を洗う→ 塩水で鼻うがい(※)をする→ のどうがいをする(外食先で食後に歯を磨く時間がなかったのならうがいの前に歯を磨く)。

・手洗いがカギなので泡切れの良いハンドソープとしてサラヤを使っている。泡切れが良くないと洗うのはおっくうになる。外出から帰って室内で接触が少ないときは毎回石けんは使わなくて良いと思う。2.7リットル入りなので入れ物は花王でもライオンでもいいので市販のハンドソープを使い終わったあと洗って再利用する)
・アルコール(現在は入手しにくい)や次亜塩素酸系のスプレーを使う。靴の裏などにも注意。
・スチームクリーナーをお持ちの人は自宅の手すりや壁、衣類、カバンなどに直接噴射するのではなく適当なアタッチメントを付けて蒸気で蒸しながら汚れを布に移す(蒸気に弱い素材に注意)。

マスクについて
・エアロゾル感染の防止のためマスクの着用は有用(そうでなければ国が医療機関等に配布したりしない)。
・感染が疑わしき人、咳が出る人は人前に出るときは必須。
・ただし健康な人が近所のスーパーに買い物に行ってすぐに帰宅する程度であれば不要。無意味なマスクの消費は避ける。
・使い切りの紙マスクのみを使用する。布マスクを洗って再利用するのは一般家庭では無理。
(減菌処理して雑菌が繁殖しない時間と温度で乾燥させることが難しい。天日干しはPM2.5や花粉が付着するので論外。そもそも布マスクは目が粗くて意味がないのでは?)

アルコールで毎日拭いておくもの
・ドアの取っ手、階段の手すり
・スマートフォン、携帯電話
・パソコンのキーボード、マウス
・車のハンドル
・水栓
・リモコン
・腕時計
(アルコール減菌材には茶抽出物が含まれるものがある。白い布などには長期間使うと茶渋のようなものが付着する可能性に注意)

日常のなかで避けるもの
・密閉した空間で至近距離を避けろといわれている。部屋の換気はこまめに。
・カラオケなどマイクの共用は要注意。

食品について
 特定の食品を摂取しすぎないこと(雑食)を前提に強いて挙げればこんなところか。
・生姜やニンニク、根菜など体温を上げるものや適度な殺菌作用があるものを一日1回は食べる。
・風邪、ウイルス対策全般に有効とされるココアを飲む(少量の砂糖で溶かすか砂糖なしではちみつを少量でも良い。とにかく砂糖を採りすぎないこと)

睡眠
・疲れを感じたら早めに寝る。
・7時間は確保したいが(なかなか難しい)。

あると良いモノ
・携帯用の小さなアルコールを噴射するスプレー。減菌効果を期待するにはある程度の濃度が必要とされる。共用のボールペンやつり革など誰もが触れているものに触れたあとで手を洗う水道がなければ活用する。しかし完全ではないのでなるべく早めに手を洗う。ただし容器はポリエチレン製などアルコールが変性しない材質に入れる。そうでなければ容器が溶けるか内容物が変質する。

早めに感染して免疫をつくるという人もいるかもしれないが、
身近な人に移したりする危険性がある。
本人にとってもウイルスが体内のどこに移動するかはわからないので
罹患しないのに越したことはない。
対策を徹底的に行えば感染の危険性は大幅に減らせる。
RXM03730.jpg
posted by 平井 吉信 at 18:17| Comment(0) | 生きる

那賀川河畔の春の訪れ


キンポウゲ科の植物は個性的で華やかな顔つきをしている。
那賀川河畔にもそのような植物がある。
DSCF0564-1.jpg

DSCF0500-1.jpg

DSCF1257-1.jpg

ツツジは桃色の温もりをやわらかく宿す
DSCF0515-1.jpg

スミレの立派な株が砂地に咲いていた
(このスミレは○○スミレの○○が付かない「スミレ」)
DSCF0489-1.jpg

DSCF0519-1.jpg

さらに大水が出ると水に浸かる場所で咲いていたのは
ケイリュウタチツボスミレ。
DSFT8160-1.jpg

DSCF0555-1.jpg

人間界の喧噪をよそにいつもと変わらない春を迎えようとしている。
タグ:スミレ
posted by 平井 吉信 at 17:13| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2020年03月16日

80年代の名盤 ハニー&ビーボーイズ「Back to Frisco」が28年ぶりに再発売!


ぼくがミノルタのX700を持って南太平洋から日本各地を旅するように回っていた頃、
しっくりと来る音楽があった。

オリジナルが発売されたのは1987年、
Honey & B-Boysはこのアルバム1枚だけのユニットで
山下達郎の秘蔵っ子と言われた村田和人に山本圭右、平松愛理、西司の4人組。
強力な4人のヴォーカルと西海岸のからりとした風が吹くような雰囲気は
まさに80年代ならでは。

特に1曲目の「Morning Selection」は出色の出来映え。
村田和人がサビを、山本圭右が主パートをツインヴォーカルで
突然の風に驚いて振り返るとそこには…のような雰囲気。
身体が動き出すのを止められない。
村田和人はハイトーンが伸びてさわやか。
山本圭介は少年の夢を宿したどこか翳りのある表現が出色。

この頃はhPaではなくミリバールの時代(なつかしい)。
タンタンと雨のリズムを刻むなか、マイナーのバラード調のが曲が響く。
1000mbの雨♪、と2番まで歌って
3番は
この雨は僕からのメッセージ 1000mbの愛♪と締める。
(うまいなあ。和声がメジャーに開きかけるので曲調はすがすがしい)
滴が滴りそうな男性ヴォーカルは誰だろう?
(1000mbのサヨナラ)
→ 西司でした。「雨はてのひらにいっぱい」も西司がヴォーカルを取っている。
切なく繊細な歌い方でアルバムにひんやりとした叙情を与えている。

小休止
ミリバールといえば、ソニーの野外ラジオシリーズの名称。
山用として名を馳せた 防水耐衝撃仕様の黒のICR-3000があるが
そこからNSB受信をFMに置き換えたのが黄色のICF-S73。
暗闇でもわかりやすいよう上面に星型の蛍光シールを貼って使っている。
DSCF0614-1.jpg

アルバムジャケットも秀逸。


カントリー調のイラストの中央にはちみつの入った瓶が置かれている。
この画面はもちろん静止画だけど
きっと雲の流れは早いんだろうな、
でもその風がぴたりと止んだ一瞬が絵になったんだろうな。
このイラストで物語がひとつ書けそうな想像と創造をかきたてる。

ところが廃盤になってほとんど20数年が経過した2019年7月、
しかも「2019年最新リマスタリング/SHM-CD/紙ジャケット仕様/ボーナス・トラック10曲追加」ときた。
(それまではダウンロード音源すらなかったのだ)
初回プレス枚数を想像するとメディアとしては最後の入手の機会だろう。

平松絵里は2年後にソロデビューを果たし
5年後に「部屋とワイシャツと私」がヒットする平松愛理。
英語の歌詞など彼女に合っていない楽曲もあるけれどアルバムに可憐な花を添えている。
結局、このアルバムは4人の別々の色を持つヴォーカリストと
西海岸の音で束ねて木綿のような風合いを味わうアルバム。
(カラオケで聴くとコーラスの和声が浮かび上がる)

若いっていいよね。
守るものがない生き方が惨めでなく自由と思えた時代が後押しした。

アルバム最後を飾るのはシュガーベイブの名曲「雨はてのひらにいっぱい」。
ぼくは本家よりもこちらが好きだ。
切なくてストレートでそれでいて含みがあって。

さらにカラオケトラックが追加されて、
紙ジャケットに当時の解説資料が満載されて
レコードを取り出すようなビニール袋仕様で。
RXM03634-1.jpg

同じ1987年、村田和人のソロアルバム「ボーイズ・ライフ」も世に出ている。

同時代の山下達郎のアルバムと比べても遜色がない。
特にA面がいいよね。これもからりと陽気な音づくり。
空を駈けめぐるような気分にしてくれる。
(確か西海岸で基本トラックが録音されたのでなかったっけ?)

(私小説や引きこもりの告白のような歌は聴きたくない)

それはそうと
マスク付けるより心の免疫を上げることが大切。
それにはていねいな食生活と心の栄養。

今夜つくった豚肉と野菜煮込み。
これと五分づきのご飯だけで何も要らない。
(もちろん炊飯の直前に精米したもの。そして米の味は研ぎで決まる)

言葉をしゃべりたくないぐらいうまい。
どっさりのタマネギとあまりものの根菜類に生姜を刻んでコトコト、
それに豚バラ肉のオリーブとニンニク炒めを加えて
テルモスの保温鍋で2時間放置。
(オリーブ油はサルバーニョのEV)
ねらいは風邪気味の家人の体温を上げること。
味付けは酒と塩(小さじ半分も使っていない)とトマトパウダーが少し。
RXM03626-1.jpg

薄味だけどうまいうまいとむさぼるように食べる。
店でこんな料理はなかなかお目にかかれない。
下ごしらえは20分だけ。
仕事の合間に手を走らせたので。

posted by 平井 吉信 at 21:02| Comment(0) | 音楽

2020年03月14日

県内でもっとも桃源郷に近いのはここかもしれない


春を届けたい。
いや、届けなくても誰の身の回りにもある。
でも目の前にあるものでも見ようとしなければ見ることはできない。
目で見る風景は心の目でも観ている。
風景とは水晶体に投影された物体だけでないような気がする。

梅の盛りは過ぎているだろうと思いつつ
仕事で近隣を通りがかった際に美郷へ行ってみることにした。

美郷物産館での食事の後、近傍にある天野農園を訪ねてみた。
RXM03533-1.jpg

今回は美郷梅の花マップを参考にした。
https://www.awanavi.jp/uploaded/attachment/20425.jpg
DSCF0243-1.jpg

DSCF0252-1.jpg

DSCF0273-1.jpg

DSFT7988-1.jpg

さらに眺めが抜群と記されている照尾(てらお)八幡神社へ行ってみることにした。
途中の国道沿いに咲いていた桜(車を停められる広い場所がある)。
品種はわからないが、小彼岸か大寒桜ではないか。
DSCF0284-1.jpg

DSCF0295-1.jpg

車は国道193号の広い場所に置いてそこから歩くことにした。
(実際に行ってみてわかったのは神社には軽トラを除いて車で行くことはできない)
天空の城のような石垣のある家が美しい
DSCF0325.jpg

神社の鳥居が見えた。車で通過していたら気付かなかっただろう。
視界が開けて心地よい気分なので神社はあとにしてさらに北へ進む。
夢に出てきそうな緩やかな斜面に梅や桜が点在する理想郷
DSCF0306-1.jpg

よく見ると生協の配送車。女性の配送員と配達を受けた地区の女性が手を振り合う。
来て良かったと思えるのは絶景よりもこんな場面に遭遇するから。
美郷は県内のITサテライトなどの移住者受け入れで有名な他地区よりも住みやすい印象を受ける。
県内で桃源郷にもっとも近いのは美郷ではないか。
DSCF0306-2.jpg

DSCF0315-1.jpg

さてと、照尾八幡神社へと上がっていこう。
急な細い坂道を歩いて上がっていくと西の展望が開けた。
DSCF0340-1.jpg

巨木を従えた神社のたたずまい
DSCF0327.jpg

いつまでもひなたぼっこをしていたくなる場所だな。

路傍のスミレに目を留める。もう何も言うことはない。
タチツボスミレ
DSCF0322-1.jpg

ノジスミレ
DSCF0323-1.jpg

ヒメスミレ
DSCF0351-1.jpg

ノジスミレ
DSCF0362-1.jpg

通り過ぎていく春をとめている実感。
ここは徳島県吉野川市美郷地区、梅が咲く春の美郷。

タグ:スミレ 美郷
posted by 平井 吉信 at 23:23| Comment(0) | 山、川、海、山野草

岩脇公園 那賀川から妙見山まで春の足音探す


阿南市羽ノ浦町岩脇地区にある公園は
その昔、どんがん淵と呼ばれていた場所を整備したもの。
葦が生い茂る場所で落ちたら上がれないので近づくなと言われていた。

県立図書館の郷土図書コーナーには古地図が掲載された本がある。
ページを開いてみると、どんがん淵は江戸時代からあった。
那賀川の分流(北岸用水)のさらに分岐した流れが本流に戻る途中の湿地帯(水たまり)の地形であった。

那賀川下流の北岸の土手は南からの陽光を浴びて
堤防直下は北西の風をさえぎり
陽だまりがじんじんしみてくる。
三寒四温の肌寒い日に出かけてみるにはうってつけ。
DSFT8067.jpg

DSFT8070.jpg

そう思って来てみると
多くの人が憩いに来ている。
DSFT8091-1.jpg

DSCF0369-1.jpg

中学生の女子生徒が芝生にしゃがんでいると
友だちが合流しようと土手を自転車で下っていく。
DSFT8058-1.jpg

陽の光と戯れるような姿を見ているとほっとする。
DSFT8116-1.jpg

DSFT8122-1.jpg

DSFT8123-1.jpg

どんがん淵があった場所は公園になっているのだが
なぜか今年は水がない。
そのため草が生い茂っている。
普段ならボートを浮かべている場所なのだが
湖底を歩くのもそれはそれでおもしろいと歩いてみた。
DSFT8100.jpg
→ 2019年4月の岩脇公園
http://soratoumi2.sblo.jp/article/185799285.html

親水公園に接するように桜並木(馬場の桜)があるが
まだ蕾は堅い。
馬場を過ぎて農免農道を横切ると妙見山への上がり口がある。
近年は地区の人が花壇と展望台を整備している。
DSCF0403-1.jpg

DSCF0417-1.jpg

DSCF0435-1.jpg

DSCF0425-1.jpg

子どもの頃眺めた風景とは大きく変わっている。
徳島と阿南を結ぶ道路がつくられているからである。
DSCF0437-1.jpg
坂を上がっていくと黒い焼き杉の家があり
瓶が並べられた離れの2階から風を感じながら土手を行くオート三輪を眺めたもの。

春にはぺんぺん草やレンゲを妹と摘みながら遊んだ場所は
自動車道の敷地になってしまった。

往時と変わらないものがあるのだろうか。
いや、きっとあると思う。
DSCF0378-1.jpg

DSCF0389-1.jpg

DSCF0391-1.jpg
(どんがん淵の公園に咲くオオイヌノフグリは色が鮮やかだった。中間リング使用)

(フジX-T2+XF18-55mmF2.8-4 、フジX-T30+XF35mmF1.4 )

posted by 平井 吉信 at 22:17| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2020年03月13日

ラジオっていいな AM放送はこれからも続けてほしい


午後からの仕事に備えて事務所で内向きの仕事をしていた。
手元のラジオから流れているのはNHK第一の午前の番組「すっぴん」。
本日2020年3月13日は2012年から始まった番組の最終回。
この番組は週替わりの個性豊かなパーソナリティと
藤井彩子アナウンサー(番組内ではアンカーという)が繰り広げるトークが人気だが
リスナー参加型の番組。
ときの流れが放送側と視聴者を結わえ、いつしか番組の個性がつくられていった。

NHKとはいえ、自由な空気が流れる。
(番組Webサイトでパーソナリティの顔ぶれを見てください)
脱線しがちなパーソナリティーを藤井アナがさらりと引き戻す姉御キャラ。
ところが彼女自身もアルコールが欠かせないので逆にリスナーにいじられる。
車で移動する際にときどき聴いていた。

約一ヶ月前、この番組が3月中旬で終わると高橋源一郎さんが告げた。
そして迎えた最終回は金曜担当の高橋さん。
徳島だから945kHzにダイヤルを合わす(ICF-801)。

津田大介さんも10時台のゲストとして
あいちトリエンナーレを振り返った。
11時のニュースのあと、
人気コーナー「源ちゃんのゲンダイ国語」が始まった。
高橋さんがこの日のために前日に徹夜して書いたものをご本人が朗読するという。

それはラジオをめぐって事故に遭遇した少年と若い看護師の物語。
少年は意識が戻らないが、看護師は少年に呼びかけて毎日ラジオを聴かせている。
それはまだラジオがあった時代のこと。
少年はラジオの音楽に耳を傾けているようにも見えたがやがて他界。
ときは流れて今度は年老いた看護師がおばあちゃんとなって
孫に見舞われる。
孫に問われておばあちゃんは孫にラジオについて話している。
ラジオ放送はもはや行われておらず、孫はラジオの存在を知らない。
そこはロボットの医師と看護師だけがいる近未来の病院。
切ない対話のあとロボット医師が来て「最後のときがきました」と孫に告げる。

人肌の温もりと寂しさをファンタジーに包み込み
社会の風刺も込めて自在に朗読された。
滋味あふれる朗読だった。
朗読が終わると流れてきた曲は?
(当ててみて)

聞き逃した人はNHKの「らじるらじる」で聴くことができる。
https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=2295_17

この番組は人気番組だった。
なぜ番組がなくなるのか、どのような力学が働いたのかはわからない。
でも、この番組には自由な風が吹いていた。

ラジオでなければ伝わらないこと、ラジオでなければできないことがある。
いまの時代だからこそ、ラジオ放送は大切にされるべき。
音だけの世界からあふれる世界のなんと饒舌なことでしょう(どこかで聴いた台詞)。

法律の改正でAM放送は近い将来廃止されるという。
ぼくは2020年のいまもブラウン管テレビ(購入後20数年)や
PHS(スマートフォンは使わない)を使っている。
古くても優位性を感じるから。

もしいまのAM放送のコンテンツがFMワイドで流されても
なにかなじめない気がする。
音が良くなることを喜べないのは単なるノスタルジーと言われるかもしれないが
アナログチューニング(バリコン同調)のラジオで流れる音声は
FMやCDよりも声の現実感とやわらかさが感じられる。
おそらく周波数変調や量子化されていない音の素性が素直なのだろう。

AM放送、なくなってほしくない。



posted by 平井 吉信 at 21:19| Comment(0) | 生きる

新型コロナウイルス感染症で経営が悪化している方へ


経営危機を乗り越えるためのWebサイトを開設しました。
https://www.odayaka-keiei.com/vs-corona

経営についての出張相談を5千円/時間(税込・交通費込)で行っています。
詳しくは下記をご覧ください。
(以下のWebサイトをSNS等で拡散いただいても結構です)
https://www.odayaka-keiei.com/vs-corona
posted by 平井 吉信 at 16:54| Comment(0) | 徳島