2020年01月23日

外で食べる 内でつくる


おにぎりカフェはいまの時代に求められる事業と考えている。
四国での先鞭はゆういんぐ四万十。
売れる日は一日800個も販売することがあるという。
ぼくも店前を通る際に地元の仁井田米を使ったおにぎりを買い求めている。
良い景色のところでゆっくりと噛みしめるのが楽しみ。

今回四万十町(窪川)での仕事の前に立ち寄ったら
セリにぎりというのが販売されていた。
売り切れていたが、セットであったのでそちらを求めた。
5分ほど場所を移して四万十川の畔のひだまりでいただいた。
DSFT6956.jpg

DSFT6965.jpg

悪くないけど、出汁に含まれる化学調味料が惜しい。
(米の旨味を覆い隠しているように思えるのだ)
仁井田米は塩だけで食べるとおいしいと思うが
塩にぎりは販売されていない。
芹の香りを活かすためにも余分な味の足し算はしないほうがいいと思う。
(いつも買っている人間の意見として書いています)


ところ変わって徳島県南部の大砂海岸。
DSFT6950.jpg

行きつけのお店が臨時休業だったので
牟岐のコンビニで買った弁当をここで広げてみる。
RXM02582.jpg
(セブンイレブン 三元豚のねぎ塩豚カルビ弁当 麦飯)

おだやかな波間に浮かぶ筏はなんと有料の釣り場のようだ。
ひねもすのたりのたりかな…のいい天気。
RXM02573.jpg


追記
年末から年始にかけて体調を崩していたが
かかりつけ医で検査してもらった結果を先日いただいた。
鶏肉に由来する食中毒であった。

その二日前に阿波尾鶏を自分で調理している。
どんなに多忙でも家にいるときはなるべく台所に立って
買い出しから後片付けまですべてやる。
いま流行のハイテク家電はなくてガスと電子レンジ中心だけど
大概は半時間以内にやってしまう(洗い物も)。

うちはシンクが一つしかないので
洗い物は机の上から持っていってそのまま洗って食器置き場に置いている。
(残飯トレーのあるシンクに置いておくのは不衛生)

先般の鶏肉も50分はじっくり火を通している。
(実際に家の者は誰も当たっていない)

思い当たるとしたら発症するほぼ一日前に
人口1万人ぐらいのまちの弁当チェーンで買った鶏肉の弁当。
遅い時間だったのでコンビニで弁当を買うつもりで
宿からまちの中心へ向かっていると弁当チェーンがあったので
予定を変更してそこで鶏肉の弁当を買った。
(でも入店したときちょっと躊躇した。暗い照明の厨房で生気なく料理されている雰囲気を感じたから)

鶏肉はそれしか考えられないし時期からしても間違いないと思うけれど
実際に検査を行っていないので風評被害にならないよう地名と店名は書かない。

うちではまな板は3種類。
包丁は4種類で、肉魚専用、野菜専用、果物専用、小物用と使い分けている。
カレーは食べ終わると熱いままタッパーに入れて急速冷凍。
調理中に何かに触れればすぐ手洗いをする。
食中毒には気を付けている。

かかりつけ医がおっしゃった。
運がなかっただけ。年末は厨房が忙しいので多いのですよと。

実際に包丁やまな板、菜箸を分けているか
肉の保管時の温度管理はどうか?
調理時の中心部の温度はどうか?
手洗いの状況はどうか?などわからない。
マニュアルがあったとしてもわからない。

これでほぼ一週間体調を崩したので
(管理の様子が)目には見えない外食や惣菜の怖さを改めて知った。

仕事で食べる時間がなかったら
スーパーで山崎パンを買っている。
生産管理がしっかりしているメーカーで
震災時の活躍など企業の姿勢を評価しているので。
(アップルパイとかランチパックとか)

自宅で短時間で調理をするのは旬の食材を使えること、
手間を掛けず安く仕上げること、
健康への配慮や料理を楽しむことも目的だが
安心して食べられることが大きい。

餃子とウィンナーのポトフ(調理時間20分)
RXM02662.jpg

トマト缶詰でつくった煮物(調理時間20分)
(減塩でほとんど塩は使っていない)
RXM02446.jpg

カレー風味の野菜煮込み(調理時間20分)
(電子レンジとハリオのガラス容器で調理時間を短縮する。煮こみすぎないのがおいしい)
RXM02455.jpg

四万十ポークの豚しゃぶサラダ(自家製たれ、調理時間15分)
DSCF1192-1.jpg

豚肉ともやしの焼きそば
DSCF6169.jpg

ナスのみそ炒め
DSCF9284.jpg

いずれも減塩で塩はほとんど使っていない。
化学調味料や出汁も使っていない。
それでも素材からにじみ出る旨味を堪能できるようにしてある。
どんどん食べられるのは風味の不要な足し算を行っていないから。
posted by 平井 吉信 at 12:53| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ

2020年01月13日

古座川の春


南紀古座川の春はこんなふうにやってくる
DSC_5591-1.jpg

DSC_5659-1.jpg

DSC_5624-1.jpg

DSC_5586-1.jpg

DSC_5605-7.jpg

posted by 平井 吉信 at 01:01| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2020年01月11日

フルトヴェングラーの第9 バイロイト盤 2019年DSDリマスタリング仕様(WPCS-28425)


ベートーヴェンの第九で欠くことのできない名盤が
JVCスタジオのエンジニアの手でリマスターされたので
年末に発注して新年に入手できたのでさっそく聴いてみた。
(夜は大きな音が出せないので休日の午後を待っていた)
販売店の記述は以下のとおり。

オリジナル・マスターテープより、アビイ・ロード・スタジオにて、DSD11.2MHzへデジタル変換。そのDSDマスターより、JVCマスタリングセンター 杉本一家氏により、UHQCDでそのマスターを再現すべくマスタリングが施されています。


かつてLPをヤマハGT-2000にデンオンDL-103系列で聴いていたときより
音の抜けが良くデジタル特有の高域の寸詰まり感がない。
オリジナルマスターテープ(もしくはコピーテープ)の状態が良好なのか
最新録音とも遜色がない。
これが1951年のライブ録音とはわからないほどの再生音であった。
初めてフルトヴェングラーの第九を買う人は
価格も手頃なこのアルバムが標準となるのではないだろうか。
DSCF8924-1.jpg

聴いているうちに理性がどんどん薄れて感情がわき起こる演奏だから
最後には立ち上がっていたのだ。
https://www.yodobashi.com/product/100000009003195554/

再生装置
プリメインアンプ:オンキョー A-1VL
CDプレーヤー:C-1VL
スピーカー:クリプトンKX-1
スピーカーケーブル:江川式1メートル×2本
視聴空間:12畳相当洋室

追記
リマスタリングを行われた杉本一家さんが2019年10月にお亡くなりになられたとのこと。
ご冥福をお祈りいたします。
https://tower.jp/article/campaign/2019/12/04/01
posted by 平井 吉信 at 16:05| Comment(0) | 音楽

2020年01月05日

山犬嶽は苔の名山(上勝町) 山犬嶽ツアーは月ヶ谷温泉発がおすすめ


山犬嶽(やまいぬだけ)は上勝町にある標高997メートルの山で
近年は苔の名山として知られ、訪れたいと思う人が増えている。
決して深山幽谷ではなく、ルートもそれほど険しいわけではないが
意外と難易度は高い山である。

南アルプスや北アルプスなど著名な山岳では
登山道が整備され地図とコンパスを持って地形を判断すれば道迷いは少ない。
ところが里山にある山犬嶽は踏み跡が縦横無尽にある。
自然のつくりだした展望大岩から登山口へと戻るルートが道迷い必須のコースである。
この山はほとんど携帯電話が通じない。
(従ってメールも受発信できない)
この山の魅力と注意点を見ていきたい。

登山口は民有地でありご好意で通らせていただく。
登山口直下に車を置くことはできず(当該民家の方が出入りできなくなる)
2km下の樫原の棚田の手前に車を停めることは可能である。
DSXE0750-1.jpg
しかし樫原の棚田(全国棚田百選)を見ながら車道を上っていくのは目の保養である。
(広い場所だからといって車が転回する場所に停めてはいけない)

登山口にさしかかる。
民家の方と目が合えばあいさつをしていこう。
最初は手入れの行き届いた杉林のなかである。
やがて分岐が見えてくる(周遊している)。
DSXE0770.jpg
ここでは左の苔の名所へと進む。

苔の名所にさしかかると登山道の周辺が苔に覆われた地形となる。
DSXE0780-1.jpg

大きな岩が苔むしているが、次々と現れる石像(仏像)にも足を止めてみる。
DSXE0784-1.jpg

さらに進むと苔玉のような光景が次々と現れる。
DSXE0799-1.jpg

DSXE0806-1.jpg

DSXE0808-1.jpg

谷の地形を降りていくともののけ姫の小さな花(タニギキョウ)などがひっそりと咲いている。
DSXE0826-1.jpg

DSXE0790.jpg

DSXE0828-1.jpg

山犬嶽の山頂へはトラバースしながらたどる。
山頂からは来た道を戻り、再び苔むす散策路をたどる。
DSXE0830-1.jpg

新緑の季節は目に入るすべてが碧に輝き碧に沈む。
DSXE0833-1.jpg

DSXE0843-1.jpg

DSXE0848-1.jpg

やがて大きな岩が見えてくる。
眼下の樹林を見下ろしながら風に吹かれてみる。
DSXE0852-1.jpg

ここからの下りは道を失いやすい。
一度急降下する樹林に紛れ込めばどれも踏み跡に見えてしまう。
DSXE0857-1.jpg
おかしいと思ったら引き返す(上に上がる)こと。

岩の下へ回り込んでみると神様が祀られている。
DSXE0863-1.jpg

無事戻ってこられたら山の神様にお礼を。

実は登山口の近くにある秋葉神社では旧暦の七月二十六日の夜更けに「三体の月」が見られるという。
(二十六夜の月は夜半すぎて上がってくる三日月である)
橘湾方面から上る月が三体に分かれてみることがある。
ぼくも深夜見に行ったことがある。
地区の女性が綾姫さまになって芝居をされていたのを思い出す。

秋ともなれば樫原や田野々の棚田、野尻地区は黄金色に変わる
DSC_3683.jpg

DSC_3878_1.jpg

DSC_3880_1.jpg
DSC_3885_1.jpg

DSC_3917.jpg

DSC_8533_1.jpg

DSC_3943_1.jpg

豊かな里山の魅力、上勝晩茶と棚田と苔むす山々、彩り山に温泉。
行ってみたいと思いませんか?

上勝町役場では道迷いが多い山犬嶽登山の注意を喚起している。
ご一読を。
http://www.kamikatsu.jp/docs/2011070400018/

ぼくがおすすめするのは
月ヶ谷温泉が頻繁に行っている山犬嶽ツアーに参加すること。
徳島市内から1時間少々で月ヶ谷温泉まで来られる。
そこから登山口駐車場まで10分少々であるが、
田野々集落から車で上がっていくと
山に慣れた人でも運転を躊躇するだろう。
片側はガードレールのない崖、
片側は民家の石垣と接触しそうであるが
民家は結構多いため
こんな場所ですれ違うとなると大変である。
役場の裏手の野尻地区からのほうがアプローチは長いがまだましかもしれない。
いずれにせよ車で行って車を置くのもなかなか難儀である。
だから月ヶ谷温泉の広い駐車場に車を置いてのツアーをおすすめする。

春から秋までがこの山のシーズンだが
マムシが多い山でもある。
多人数で行くと万一のときも安心できる。
歩く距離は大したことはないが
登山道という概念のない里山(登山地図もないし迷路のような地形からGPSは現在位置の把握のみにしか使えない)なので山の経験が豊富な人でも注意が必要である。

山犬嶽へ送迎してもらって
地元のガイド数人と苔の山を楽しみ
帰りは温泉でくつろぎながら食事を楽しむ。

月ヶ谷温泉は全室川を見下ろす部屋である。
一部の部屋は部屋風呂もある。
料金も手頃な価格となっているので
朝の出発が早いこともあって
泊まりをおすすめする。

温泉周辺には古民家のイタリアンもあれば
SDGsに配慮した人気のカフェもある。
棚田見物やいろどり橋を渡ったり眼下の川で遊ぶなど一日楽しめるだろう。

五月の勝浦川 彩山への道程 
http://soratoumi2.sblo.jp/article/185983267.html

連休は月ヶ谷温泉で鯉のぼりを眺めて食事と水遊び
http://soratoumi2.sblo.jp/article/183168183.html

2020年の詳細はまだ公表されていないので
2019年の概要をリンク。
https://www.e-kamikatsu.jp/asp/nwsitem.asp?nw_id=1159
posted by 平井 吉信 at 19:12| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2020年01月03日

ひと夏の自転車 地理の授業ではないけれど(生見海岸)


高校の頃、通学用自転車で室戸岬をめざした夏があった。
上からの直射と下からの照り返しで溶け出しそうな午後。
自転車ごと谷に飛び込んだことを思い出す。

ときは流れてまた来てしまった。
生見海岸の南端にはあめ色の砂浜がある。
生見川が吐き出す細かい粒子がこの地形をつくりだした。
それは足を取られそうなほどやわらかく粘り気があるので砂浜という気がしない。
それはそうと、小学生か中学生に見せれば良い。これが河岸段丘だって。
DSC_1925-1.jpg

夜の生見の浜は不気味だけれどそれを上回る魅力があった。
posted by 平井 吉信 at 00:17| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2020年01月02日

高速バス吉野川エクスプレス(徳島 → 松山)で楽しみな風景

徳島を出て1時間、バスは吉野川SAで休憩を取る。
その少し前に長いトンネルをくぐる。

そこから下り坂となって川が近づいたときに見えるのがこの景色。
桜の春に遭遇すれば新緑の緑と相まって夢のような世界。
左側に座席をとって居眠りしないようにすれば
ほんの数秒間見ることができる。
吉野川の川面と日本一の水害防備林が彩なす光と水。
DSCF6976-1.jpg
タグ:吉野川
posted by 平井 吉信 at 23:36| Comment(0) | 山、川、海、山野草

田園の真っ直中にあるJR斗賀野駅(土讃線)


JR四国の高知駅から土讃線をたどって中村方面(土佐くろしお鉄道)をめざすとき
佐川から須崎へ抜ける山越えに差し掛かる手前の田園地帯を列車が走る。
ぼくは特急南風号の車内で弁当を広げるとき
早いときはこの辺りで、遅ければ土佐久礼で食べ始める。
窪川を過ぎるとあっという間に中村に着いてしまうから。
DSFT6158.jpg

DSFT6163.jpg

佐川から斗賀野までの田園風景はここでしか見られない。
広々とのびやかな田園を南風が走るとき
例え仕事での出張であっても旅愁を感じるから。
DSCF7973-1.jpg

DSFT6162-1.jpg

昭和の時代の小川で子どもが遊ぶ光景などを映画で撮るのなら
この辺りはどうだろう?
タグ:JR
posted by 平井 吉信 at 23:32| Comment(0) | 山、川、海、山野草