2023年10月07日

里海の記憶〜陸の孤島といわれた由岐町阿部(あぶ)地区、防災と自然の営み〜


かつて陸の孤島といわれた阿南市の那賀川中流域、蒲生田岬周辺、海部郡由岐町の阿部伊座利(あぶいざり)地区なども道路が整備されて行きやすくなった。それでも運転に慣れない人は見通しの悪い曲がりくねった海沿いの道を神経を使って運転すると疲れるかもしれない。

そこにある里海の暮らしを訪れてみたくなった。かつては「いただきさん」と呼ばれた頭に篭を載せて魚を売りに行く行商が隣の伊座利地区とともに営まれていた。少女の頃から習練を積んで成人する頃には数十sを頭に載せることもあったという。その頃の展示があるのは由岐駅の2階にあるポッポマリンである。
DSFT2151-1.jpg

阿部地区のような里海は地元の暮らしの場であり、静かに足を踏み入れることとした。すれ違う人へのあいさつは欠かさない。集落へ車を乗り入れるのは見合わせて集落を見下ろす県道の広い路肩に置く。そこから歩いて10分程度で集落の中心までたどり着ける。
DSFT4256-1.jpg

県道は想定される最大高さの津波に浸水しないとされていて、そこに向けて集落から上がる里道を随所に整備、県道沿いにはヘリポート、食糧など災害対策品を各家庭が備蓄するなど災害対策を万全に行っている。これは他の里海の集落の手本となること。
DSFT4255-1.jpg

県道から集落へ下りていく道筋の沢(東谷川)は海とそのままつながっている。
DSFT4266-1.jpg
エビやカニが生息しているのでは。きっと集落の子どもの遊び場、いまの大人もかつて遊んだ場所ではないかな。海部郡の川はどこにもダムがなく海に注ぐので自然度が高い。里海には小川が果たす役割が大きい。伊座利の伊座利川も同じく魅力的。海に出る前に川筋で足が止まってしまう。
DSFT4270-1.jpg

集落を縦横につなぐ道は漁村らしく狭隘。隣家の会話が聞こえてくるのではと思えるほど民家も隣接している。あけすけで濃密だけど山村ほど干渉しないという漁村の意思疎通が構造的に見える気がする。
DSFT4340-1.jpg

郵便局がある集落の中心部
DSFT4281-1.jpg

町立阿部小学校は2009年まで由岐中学の分校も併設されていたが、2011年に休校となった
http://www.abukou.minamicho.ed.jp/
DSFT4346-1.jpg

集落を抜けると地域の産土神である宮内神社がある。
DSFT4289-1.jpg

階段を上がりきると標高約7メートルで津波の際の避難場所にもなっている。
DSFT4299-1.jpg

境内に置かれただんじり。秋祭りでの出番が近いのだろう。
DSCF4524.jpg

DSCF4827.jpg

宮内神社の前には阿部の漁港が広がっている。漁港沿いに歩いていく
DSFT4304-1.jpg

DSFT4309-1.jpg

津波からの避難とは高い場所に上がること。それは墓地の裏手や集落の裏手、神社の裏手など至るところに表示されている。集落の防災意識の高さがうかがえる
DSCF4552.jpg

DSCF4511.jpg

漁港をなぞるように山裾から南の浜へ出られる小径がある。崖にはハマナデシコが群生している
DSFT4314-1.jpg

驚いたのはシオギク。四国東南部の蒲生田岬から室戸岬までの海浜崖に自生するのだが、ここのは生育が良い。室戸岬より自生の条件が良いのかもしれない。花期は冬である。
DSCF4848.jpg

このハマヒルガオも勢いがある。5月頃が花季である。
DSFT4318-1.jpg

漁港の隙間からハマナデシコがてんこ盛りの皿鉢料理のように溢れ出す。うれしいな
DSFT4331.jpg

これはツルナ。葉が食用にされているが、栽培しやすいので畑に移植されることもあるようだ。アイスプラントのような食感らしい。栽培種でなく自生種である
DSCF4874.jpg

ハマナデシコは造花や園芸種のように見えるほどあでやかで曇り空の下の集落を照らす燭台のよう
DSCF4850.jpg

DSCF4853.jpg

DSCF4891-1.jpg

DSCF4872-1.jpg

港の南端から鹿ノ首岬方面と岬の東側の浜が見える。この浜へは阿部集落から渚づたいには行けなさそうなので集落の南の尾根に上がって下りるようだが、その小径は荒れているかもしれない。
DSCF4883.jpg

由岐に戻る途中の展望台で見たおだやかな夕暮れの空と海。人々の暮らしの燭台であってほしい。
DSCF4914-1.jpg


追記
阿部地区の隣には志和岐(しわぎ)地区がある。この海浜では地元の保護活動によってナミキソウが初夏に花を咲かせる。
DSCF3967-1.jpg

2023年秋、この志和岐で県外から来られた人が地元の水産振興をねらって新たな会社を立ち上げる。年内には営業が始まると思われる。思いの込められたその企業のご発展を祈りたい。



posted by 平井 吉信 at 12:54| Comment(0) | 里海

2023年03月18日

おだやかな木岐の集落の さらにおだやかな春の日に 


春の訪れを感じる南国の漁村には、のどかな日射しが似合う。
ここは由岐町木岐の集落。いつも海沿いの散策路を満石神社まで散策するのだけれど、きょうはそこから木岐のまちを歩いてさらに四国のみちに足を伸ばすつもり。

椿がどこでも咲いている
DSCF0523.jpg

港のすぐそばにある畑。潮風を浴びて健康に育つのだろうな
DSCF0526.jpg

木岐は小さな漁港。そこに浮かぶ小舟のたゆらいはおだやかで
DSFT7559-1.jpg

DSFT7574.jpg

DSFT7580.jpg

海沿いを走る県道25号線、木岐漁港は木岐川(全長1.5km)を入り江のように活用した港、集落の奧には高規格道路の日和佐道路があり、由岐I.Cから木岐まで車で5分程度
DSCF0531-1.jpg

DSCF0521.jpg

港の堤防上も人々の通路
DSCF0532.jpg

港の最奧部
DSCF0538.jpg

木岐川の河口が港となっている どこまでが川でどこからか港(海)なのか
DSCF0542.jpg

おそらく県道25号が架かる橋ぐらいが境だろうね
DSCF0551.jpg

上流部は水が途切れた川だから
DSCF0554.jpg

木岐駅に向かう途中の山裾を上がると延命寺
DSFT7601.jpg

寺のすぐ脇をJR牟岐線が通る 
DSFT7604.jpg

木岐駅のプラットホームが見える
DSFT7607.jpg

木岐駅からみた延命寺
DSFT7610.jpg

木岐駅の時刻表。阿南駅から南の牟岐線にはきっと宝物がいっぱい。木岐駅は田井ノ浜臨時駅の次の停車駅だよ(ただし海水浴シーズン以外は田井ノ浜臨時駅には停車しない)
DSCF0563.jpg

漁港の南側を通って白浜に向かう
DSFT7625.jpg

DSFT7630.jpg

港内に磯がある。自然度は高い
DSCF0570.jpg

DSFT7640-1.jpg

対岸は満石神社
DSFT7641.jpg

DSFT7645.jpg

漁港を出るとすぐに白浜がある
DSFT7653.jpg

DSFT7664.jpg

お遍路さんのための白浜休憩所
DSFT7669.jpg

遍路道は白浜沿いに続く
DSFT7689.jpg

途中の王子神社
DSFT7680.jpg

津波の痕跡を記す
DSCF0586.jpg

王子神社の外に広がるのは湿地 生態系マニア(ぼくのことです)が好みそうな風景
DSCF0574-1.jpg

DSFT7707.jpg

白浜沿いの散策は渚を左手に見ながら
DSFT7708-1.jpg

さらに海沿いを歩くと山道にさしかかる。車は通れない
DSFT7710.jpg

四国の道をたどる山道に入る。適当なところから渚へと降りていくと白浜からひとつ南の海岸線に出る。地名はわからない。
DSCF0605-1.jpg

DSFT7753-1.jpg

DSFT7761-1.jpg

この渚にも棚田か段々畑の痕跡
DSFT7731-1.jpg

かつて農村で新鮮な魚は食べられなかったので干物や塩乾物で手に入れていた。一方漁村では魚との交換以外にわずかな作付け可能な場所で畑をつくっていた。その痕跡だろう。

四国のみちに戻り、木岐のまちへと戻る。漁港と漁船と再開するとなつかしい気持ちになる
日陰となった木岐漁港(木岐川)
DSFT7804.jpg

DSFT7809.jpg

DSFT7811.jpg

DSCF0609.jpg

木岐の漁村集落はあたたかい。海部郡という土地柄に共通する風土だろう。適度なお節介はするが干渉しない。だからかつて海部町が人口あたりもっとも自殺者が少ないまちとして全国に知られるようになったわけだ。

野田知佑さんの遊び場だった日和佐川、西日本屈指の海部川、野根川、そして渚に流れ込む里の小さな川たち。

陸の孤島、阿部伊座利の人を寄せ付けない海岸線から、志和木、由岐、木岐の渚を挟んでウミガメが上陸する大浜海岸、さらに南阿波サンラインのような無人の海崖、何度も通って熱帯魚と戯れた大砂海岸、海部川河口に広がる白砂青松大里松原、10フィートの波を持つカイフポイント、そして県境の知られざる竹ヶ島。

海も川もこの国でもっとも良き場所でありながら観光地として認知されていない静けさ。徳島は観光の魅力度が全国最下位ということがかえって誇らしい。他と比べる必要があるのだろうか?

そして木岐の集落は海部郡のなかでももっとも親密な雰囲気をたたえている。一度でも木岐駅に降りたって郵便局や漁協のあるまちなみと漁港を抜けて右へ左へと歩いてみれば、渚を見ながらのどかな道を行く地元の方々とあいさつしながら気の向くままに歩くのなら、木岐のまちなみは一生忘れられない場所になる。

車を停めたところへいったん戻り、満石神社までのいつもの散策路を行って戻る。
DSCF0625-1.jpg

DSCF0629-1.jpg

DSCF0705-1.jpg

DSCF0711-1.jpg

石の隙間から、ハマエンドウとアツバスミレ(海岸性のマンジュリカ)が花を咲かせていた。
DSCF0658-1.jpg

DSCF0641-1.jpg

この世の中はほんとうに豊かなものに満ちているね。

→ 木岐のタグ
→ 田井ノ浜のタグ
タグ:木岐
posted by 平井 吉信 at 19:58| Comment(0) | 里海

2023年02月19日

千変万化の光と海 田井ノ浜と由岐のまちにある「あしづりの丘」


徳島県東部や南部に住んでいる人なら誰でも行ったことがあるのが田井ノ浜海水浴場だろう(由岐町)。水質が良いとされる海水浴場で、いまは高規格道路の由岐I.Cを降りてすぐと行きやすくなった。夏場はJR牟岐線に田井ノ浜臨時駅が開設される。駅を降りたらそこは砂浜という立地の良さ。鉄道写真が好きな人なら絶好の撮影場所となっている。
→ 田井ノ浜のタグ
いくつかの記事
http://soratoumi2.sblo.jp/article/190183627.html
http://soratoumi2.sblo.jp/article/187504178.html
http://soratoumi2.sblo.jp/article/186278611.html

田井ノ浜 手前が田井川の河口部
DSCF0206.jpg

田井ノ浜は渚そのものだけでなく見どころがある。渚の北に流れ込む田井川に咲くハマボウや湿地などの生態系、渚から半島(丘)を超えた南は木岐の漁港、そしてとても落ち着ける渚の散策路がある(これらはこのブログで何度も紹介しているところ)。

今回は初めて渚の北の半島(丘)から田井ノ浜を眺めてみる。地名がわからないので紹介しにくいが、現地を訪れてみると「あしづり展望台」の標記があったのでこれに従う(足摺岬では「あしずり」なので「あしずり」の誤記ではないかとも思われるのだが。足摺とは摺り足で歩かないと危ないぐらいの意味だろう。「あしづり」だと足がぶら下がる?)

→ 電子国土を閲覧

国土地理院の地形図からは3方向からの散策路があることがわかる。田井ノ浜の駐車場に車を置いて南に向かって道路を歩き始めるとほどなく「あしづり展望台」の案内と登り口がある。
DSFT7267.jpg

散策路は階段で整備されていて普段着のまま来られる。この雰囲気は日和佐の四国のみちとも似ている。海岸性照葉樹の森を海を崖下に見ながら歩みを進める。
DSFT7275-1.jpg

DSFT7279-1.jpg

DSFT7328-1.jpg

振り返ると田井ノ浜の全景
DSFT7305-1.jpg

椿はこの時期ならどこでも
DSCF0211-1.jpg

DSCF0195-1.jpg

DSCF0188-1.jpg

歌碑(と思う)があるが読めない。月夜に小舟を漕ぎ出でて月がおだやかに水面に揺れるさまを歌っている?(想像&創造的意訳)
DSFT7316.jpg

地図で見ても距離がない。由岐のまちへ降りる分岐を通り過ぎてさらに南下すると展望台に着く(標高約50メートル)。ここで海を眺める。
DSCF0136-1.jpg

天候は曇り。その合間に薄日が射すことが希にあるという状況。でもこれがおもしろい。空と海が刻一刻と万華鏡のように遷移する。

シャッターを押して数秒後にはこの光はもうない。蒼にび色の遷移を空と海が微視的にも巨視的にも見せてくれる(魅せてくれる)。ただたたずむだけ。
DSCF0147-1.jpg

DSCF0151-1.jpg

DSFT7314-1.jpg

D7N_8304-1.jpg

D7N_8318-1.jpg

田井ノ浜の遠景。田井ノ浜臨時駅を降りたら渚という構造がわかる
D7N_8315-1.jpg

由岐漁港の突端
DSCF0179-1.jpg

由岐漁港の沖合4kmに浮かぶ箆野島(ぬのしま)
DSCF0159-1.jpg

追記
道中で見かけたシハイスミレ。花弁の色が濃いのが特徴。かれんな媚態でもう釘付けになってしまう。葉の裏が緑色でヒナスミレにも似ているが、ミドリシハイスミレと同定
DSFT7291-1.jpg

DSCF0133-1.jpg

DSCF0131-1.jpg


(フジX-T2+XF23mmF1.4 R、フジX-T30+XF35mmF1.4 R。準広角と標準だけで事足りる。遠景の拡大はニコンD7200+AF-S 70-200mm f/4G ED VR)



posted by 平井 吉信 at 11:51| Comment(0) | 里海

2023年02月17日

海沿いの散策 人生の黄金の時間はこんな渚に似ている(木岐)


日和佐道路(高規格道路)ができて田井ノ浜のある由岐地区はかなり行きやすくなった。由岐インターを降りて左へ曲がれば由岐のまちと由岐駅、右へ曲がれば田井ノ浜、さらに木岐の集落へと続く。

木岐には満石神社(みついしじんじゃ)というイボにきくといわれる神社がある。この神社の前の井戸の水がそうなのだというが、成分分析では有効成分は認められないというから不思議だ。

木岐の漁港から海岸沿いの小径を行く
DSFT6938.jpg

右手には渚が樹間に見え隠れする。緑に彩られたおだやかな水際。人生がこんな瞬間ならいいのにと思える景観
DSFT6939.jpg

さらに歩みを進めるとちょっとした広場に出る。満石神社はその奧にある。
DSFT6976.jpg

(ここまでフジX-T2+XF23mmF1.4 R)

でもきょうの物語は神社に行くまでのこの散策路である。フジの標準レンズ(XF35mmF1.4 R)1本で撮ってみた
DSCF9545.jpg

光が踊るというのはほんとうにそうかも
DSCF9474-1.jpg

崖と海の小径をたどる詩人になれる
DSCF9477-1.jpg

振り返れば木岐漁港
DSCF9480-1.jpg

寒い日もあるけどどこか冬と違う 三寒四温だね
DSCF9494-1.jpg

漁船が嬉嬉と漁港を出て行くのは木岐だから
DSCF9504-1.jpg

DSCF9512-1.jpg

打ち寄せる波 渚の岩に海藻が揺られてはきらめく
DSCF9525-1.jpg

DSCF9533-1.jpg

目と鼻の先にある満石神社に立ち寄るまでに小径と渚に釘付けになってしまう ここで弁当を食べた それ以上に良いことってある?
DSCF9549-1.jpg

DSCF9551-1.jpg

DSCF9563-1.jpg

そうそう 早咲きのシハイスミレが崖のひなたでくつろいでいましたよ
DSCF9570-1.jpg

春はまだかと待つ慎みもあれば 春は来たなと追いかける愉しみもある


タグ:スミレ 木岐
posted by 平井 吉信 at 23:35| Comment(0) | 里海

2023年02月07日

里海のまちなみ 阿南市椿泊 漁港から阿波水軍を源流に持つ集落をたどる 写真編


前項から続く

海沿いのみちに漁港がある
DSFT6646-1.jpg

DSFT6665-1.jpg

DSFT6667-1.jpg

DSFT6674.jpg

海が見えなくなると椿泊の集落が始まる DSFT6702-1.jpg

DSFT6705-1.jpg

DSFT6706.jpg

DSFT6710-1.jpg

DSFT6712.jpg

DSCF9367-1.jpg

ところどころに寺社がある 森家歴代を祀った道明寺にはおごそかな雰囲気がある
DSFT6718-1.jpg

DSFT6746-1.jpg

DSFT6751-1.jpg

DSFT6760-1.jpg

DSCF9383-1.jpg

墓所の高台から集落と海を見下ろす 椿泊は山と海のわずかな隙間に東西に細長く集落が形成されている
DSFT6766-1.jpg

DSFT6774-1.jpg

郵便局があるL字クランクは運転の最難関
DSFT6798-1.jpg

この細い道が手前で90度に曲がっている
DSFT6800-1.jpg

DSFT6897.jpg

ここを抜けると左手に長い階段を持つ神社が見えてくる。阿波水軍の長、森家の先祖佐田九郎兵衛を祀った佐田神社
DSCF9410-1.jpg

時計台を持つ入口
DSFT6804-1.jpg

長い階段を上がる
DSFT6819-1.jpg

DSFT6821-1.jpg

DSFT6825-1.jpg

椿泊小学校が見えてくると終点が近づく 相変わらず細い道が直角に曲がる
DSFT6830.jpg

小学校を過ぎると燧崎への道は堤防直下 石垣に植物が飾られている
DSFT6845.jpg

先端部の突堤に来てしまった
DSFT6854.jpg

燧崎への散策路 崖崩れに注意しながら灯台へと向かう
DSFT6857-1.jpg

DSFT6859-1.jpg

灯台直下の竜宮神社
DSFT6866-1.jpg

DSFT6874-1.jpg

灯台から眺める東の海 正面は舞子島 ここに壮麗な古墳をつくった豪族はやはり海を支配した氏姓だろう
DSFT6868-1.jpg

ところでなぜこの地に阿波水軍の長が拠点としたのか。ぼくは歴史書を繙いていないし水軍に詳しいわけではないが、地政学的に推察してみた。

ここは四国の東端蒲生田岬の近くである。江戸や土佐から大阪や瀬戸内海、あるいは阿波をめざす船は必ず見つけられる。晴れた日には対岸の和歌山の建物を視力の良い人なら見分けられるが、紀伊水道を横切る船団はさらに識別しやすい。夜陰に紛れて航行するには座礁の危険がある。なにより友ヶ島水道や鳴門海峡を案内人なしに夜間に通過できるとは思えない。以上は防御や見張りの観点からの利点である。

次に阿波水軍が出航することを考えてみる。徳島や大阪には黒潮に乗って出航すればたどり着きやすい。江戸に向かうにも徳島や鳴門から出るよりは距離が短くなる。背後に山を従えているので冬の季節風(北西)をさえぎることができ、時化の際には椿泊湾の奧へ待避できる。橘湾の内湾性の魚と黒潮流れる外洋性の魚が狙える。ワカメ、アラメ、アンロクといった海藻も採れる。

徳島にいる藩主からの招集には船運でただちに駆けつけられるが、陸路からは適度な距離を置くことができる。これは窮屈でない立ち位置ではなかろうか。以上が水軍を椿泊に置く利点として考えてみたのだがどうだろう。

そんなことを考えながら来た道を戻っていると夕暮れとなった。
DSFT6914-1.jpg

DSFT6923-1.jpg

DSFT6927-1.jpg

DSFT6934-1.jpg

DSCF9442-1.jpg

椿泊の海は西方浄土の光景を鎮めるように湾の奥に残照。
posted by 平井 吉信 at 22:01| Comment(2) | 里海

2023年02月05日

里海のまちなみ 阿南市椿泊 漁港から阿波水軍を源流に持つ集落をたどる 序章


阿南市の橘湾は阿波の松島にも例えられる多島海である。
橘湾の北には那賀川、桑野川が流れ込み、淡島海岸、北の脇といった海浜を形成する。
湾の最奧部には橘のまちと橘港がある。
橘港は小勝島を控えた天然の良港である。その小勝島には四国電力の石炭火力発電所が2000年7月から発電を開始。この火電が阿南市の経済を潤したのは間違いない(電源立地地域対策交付金)。

橘湾の内湾部には打樋(うてび)川、福井川、椿川が流れ込み、その下流部が海進を受けて入り江を形成。いわゆる溺れ谷、リアス式海岸(現在ではリアス海岸)である。

阿南市の人口密集地を持ち、湾の奧では停滞することから橘湾、椿泊湾はときおり赤潮が発生する。ぼくの認識では蒲生田岬を境に水質が変化すると考えている。

徳島県と和歌山県の間に広がる紀伊水道は、幅約50km、最深部で約70メートル。淡路島との境目にある鳴門海峡、友ヶ島水道では潮の流れが海底が浸食されて水深が紀伊水道より深くなる。前後1kmの川幅を持つ吉野川が岩津橋で150メートルに狭まることで水深は30メートルを超える。このように狭い場所では水を流す断面を確保するため深くなる(河床が低下)。

紀伊水道は浅い海で瀬戸内海と太平洋の接点でもあり、徳島側からも和歌山側からも川の土砂やミネラルが供給されている。紀伊水道は徳島側でやや浅く、特に吉野川、勝浦川、那賀川の吐き出す砂地とミネラルが名産のアシアカエビ(クマエビ)、アカエビ、ハモを育んでいる。

おそらくは黒潮が南南西(時計の7時の方向)から流れ込むこと、蒲生田岬が通せんぼするかたちで張り出していることなどから紀伊水道の和歌山側を黒潮が多く通過するので深くなるのだろう。黒潮の一部は紀淡海峡、鳴門海峡を通過して大阪湾、瀬戸内海へと流入するが、ほとんどは紀伊水道内で反時計回りの流れを形成するのではないか(外へ向かう流れを蒲生田岬が囲い込む)。

蒲生田岬と日御碕を結ぶ線が外洋との境目である。和歌山側はこのラインより黒潮が北上して優勢となるが、淡路島に当たって紀伊水道内で反転流が起こり蒲生田岬で居座る。従って徳島側は内湾性の水といえる。そこにあるのが橘湾、椿泊湾であるから外の水と入れ替わりにくい構造がある。

海底には産業要因によるヘドロの堆積が懸念されるし、栄養塩の供給による有害プランクトンの発生が起こりやすい。見た目にも透明度の高い海の印象はない。水質基準では、椿泊湾はA類型(CODの基準値2mg/l)の海域である。同じ基準値であっても海部郡内の湾と比べて透明度が低い。生活排水の負荷も高いことからCODも海部郡の湾岸より高いだろう。

しかしこのことが漁業にマイナスかといえばそうとばかりは言い切れない。ノリや海藻にはある程度の栄養塩が必要とされる。海に栄養が多いと海藻が増え魚の餌となるプランクトンも増え(行きすぎると赤潮になるが)その結果漁獲高も増えるという関係がある。
ところが近年の人口減少や公害対策、家庭排水対策(合併浄化槽への更新推進)などで栄養塩は少なくなった(海は浄化された)。漁業関係者によっては沖合へ糞尿を計画的に投棄するよう求める意見もあると聴く。

それはともかく、藻場の減少とヘドロの堆積は生態系(ひいては漁業)に悪影響を与える。藻場の減少には貧栄養化よりも温暖化に伴う水温の上昇が大きいのではないか。山では冬を越せなかったシカなどの個体が温暖化で生存率が上がって増加したため、草木はことごとく獣害にあって消滅している。海では水温が上がることで磯にいつく魚種や数が増えたこと、特に藻場減少の犯人としてアイゴを上げる漁師は多い。

アイゴは徳島ではアイノバリとも呼んで背びれに毒を持つ磯魚でその独特の臭みを嫌って流通しにくい魚である(店頭に並ぶアイゴは背びれを切除している。死んでも毒は消えないので注意。ただし肉には毒はない)。
父はアイゴが好きで、お前も来いと何度か同行したのがが徳島の最南端の那佐湾の波止。当時の国道55号線は蛇行しており一部は生活道として集落の間をすり抜けながらであったので那佐湾は世界の果てにあるよう。車に乗せられて車酔いするなどうんざりしたものだが、高校になると自転車で自分で来るようになったから不思議だ。海部川沿いの国道193号線も舗装されていない区間があった。

アイゴ釣りは繊細な釣りだ。小さなアミエビを針に付けて岸壁からウキ釣りで狙う。大きな型はなく20センチ未満。釣れると長靴で踏んで針をはずし、手袋をしてクーラーに入れる。食べてみて磯臭いと思ったことはなく、徳島の県南部ではウツボやヒメチ、カゴカマスなどとともに干物もよく見かける。
→ 徳島出身のぼうずコンニャクさんのアイゴの記事

海藻ではわかめが徳島の名産である。鳴門わかめの定義は以下のようになっている。

本県と香川県との県境から鳴門海峡までの播磨灘沿岸及び鳴門海峡から蒲生田岬までの紀伊水道沿岸で収穫され、県内に水揚げされたわかめ(以下「鳴門わかめ」という。)をいう。

ということで椿泊で水揚げされたわかめも鳴門わかめとして売られている。

もう一度陸地へ話を戻す。橘港を外に出ると椿泊の半島状の地形がリアス式海岸となって地形が一変する。その先端には燧崎と灯台がある。阿波水軍ゆかりの地区で漁村のまちなみで有名である。

燧崎の沖合800メートルには舞子島があり、絶壁に囲まれた無人の島に6世紀末から7世紀初頭と推察される古墳群があって注目される。なぜこんな場所に?との謎が深まるが、海にゆかりの豪族が存在したのではないか。

椿泊のまちは椿泊湾の北岸の山が迫る狭い場所にいくつかの漁港を従えて東西に伸びる集落である。目の前には椿泊湾、湾の対岸にはリゾート気分あふれるかもだ岬温泉、さらに四国の東端、蒲生田岬がある。

壮大な海の概観のあと、いよいよ人の暮らしに入っていく。今回は橘湾の奥座敷といえる椿泊(つばきどまり)の地区を見ていく。この地区の魅力を教えていただいたのは県南部にお住まいでエリアを隅々まで足跡を残している和那佐彦さんである。事前に情報をいただいて地区に入っている。

椿泊地区といえば、ほとんど足を踏み入れたことがない人が多い。その理由は狭い道路である。椿泊のまちなみを見て椿泊の漁港や椿泊小学校、さらには先端の燧崎まで足を伸ばそうとしたら逃げ道のない路地を運転する必要がある。

漁港が連なり漁協があり民間の水産会社がある椿泊は漁業のまちである。竹内水産のシラスは県内ではどこのスーパーでも入手できる。わかめも比較的良質のものを産する。

地元の人はまだいい。慣れているので車がどこにさしかかるとどれだけハンドルを切るかを身体で覚えているし、すれ違いができそうにないところですれ違うコツを知っているから。

でも地区の外からの訪問者が集落に車を入れるのは止めたほうがいい。椿泊漁協まではトラックでも入れるが、そこから先、竹内水産から奧へは軽自動車でも狭いと感じる。なにせ手を伸ばせば(伸ばさなくても)家屋や壁が車のすぐに迫るのだから。道を知り尽くし車幅感覚を1センチで見切れる人であれば、全幅1.7メートル、全長4.3メートルまでが限度だろう(数カ所あるL字のクランクでは全長もきいてくる。消防車、宅配便、引っ越しの車、救急車などはどのように入っていくのだろう?)

以上のことを知ったうえで漁協に行くまでの十分に広く地元に邪魔にならないと思われる場所に車を置いていく。すると先端の燧崎まで4〜5kmの道程でほどよい散歩コースとなる。今回はこのコースで椿泊の集落を見ながら燧崎まで行くことにする。半島の南側、椿泊湾に面したルートである。ちなみに半島の北側のリアス式海岸の地区を地元では「うしろ」と呼んでいるらしい。それでは行ってみよう。





posted by 平井 吉信 at 00:45| Comment(0) | 里海

2023年01月25日

忘れられた里海の記憶 小神子〜越ヶ浜〜大神子への小みち〜その4 越ヶ浜の集落の痕跡を想像する


その3から続く

日峰山、小神子、越ヶ浜、大神子への経路を含む山域全体を理解できる地図を作成してみた。

赤線…日峰山山頂から北東へ延びる尾根筋から大神子へ降りる踏み跡
赤線…日峰山山頂から北東へ延びる尾根筋から越ヶ浜へ降りる踏み跡
赤線…遊歩道のもっとも下がった地点から沢沿いに越ヶ浜へ向かう踏み跡
桃色……遊歩道(阿波の道・讃岐の道・伊予の道・土佐の道をつなぐ階段の道)
緑…小神子と日峰山から灯台への尾根筋からのトラバース道(遊歩道/越ヶ浜方面)
空色…日峰山山頂から灯台へ向かう尾根筋の散策路(展望所や石像あり)
オレンジ破線…小神子から大神子までのトラバース道がかつて存在した可能性(わずかな痕跡あり)
hinomine_area.jpg
(国土地理院電子国土から切り出した地図に平井吉信が書き込み)

国土地理院地形図で描かれているもう1本の遊歩道を横切るトラバース道は廃道(道の痕跡がわずかに入口にあるのみ)である。地理院の地図にも誤りはあるし、かつての地形や地勢が変化してもそのまま残されていることがある。

けれどここに何らかの人為的な痕跡(家屋、田畑など)があったなら、そこから東の山裾と沢をなぞるように海へ出るルートがあった可能性は想定できる。地形図の点線はかつての名残で現在は痕跡を見つけるのが困難となっている

それではここにあった人為的な痕跡とはなんだろうか。真ん中の沢沿いに平坦を感じる地形があり、遊歩道から外れて足を踏み入れてみると石垣が沢と直角に連続していることを確認。見た目は砂防ダム(コンクリートではなく石垣だが)である。
DSFT6611-1.jpg

DSCF9195-1.jpg

DSCF9201-1.jpg
そこでこの施設(工事)は何のためにあったかを考えていくこととする。見た目で明らかなように自然が形成したものではなく人の手によるものである。


(1)沢筋にあることから砂防の床止め工
床止め工とは砂防ダムのようなものでコンクリートを使わない時代に石積みで行ったと想定。その目的は下流や護岸を守る治水にある。
ところが下流は越ヶ浜であるが、その手前に湿地(荒れ地)がある。3つの沢を集める湿潤(家がじめじめしてカビが生えてたまらないだろう)で海風をまともに受ける場所に家屋があったとは考えにくい。よって治水の床止めではない。普段は水はわずかしか流れない沢でも大水時には一変するものだが、所詮は集水域(流域)が小さいので治水目的ではない。

(2)棚田もしくは段々畑
沢筋といってもこの場所は涸れ沢であり、棚田(段々畑)の跡ではないか。というのも「平坦を感じる場所」と書いたように、もともとはある程度の平坦な場所が崩落した土砂で埋まったのではないかと考えた。

20年以上前にはじめて小神子からのトラバース道をたどったとき、確かに廃屋(作業小屋かもしれない)があった。それがこの真ん中の沢沿い(★印付近)ではなかったかと記憶している。それが近年はまったく見かけなくなった。

その理由としてこの沢筋で崩落があったと記憶している。その崩落で廃屋が流されたが埋まったか。いずれにしてもそのときの土砂が棚田(段々畑)の痕跡を埋めてしまったのではないか。
ところがそれから年月が経ち、沢の澪筋を水が流れて堆積した土砂の一部を流したとすれば、このような痕跡となるのではないか。廃屋比定地の周辺でやはり人為的な地形と石積みがある。
DSCF9189-1.jpg

DSFT6503.jpg

ここからはさらに不確かな推論となる。小神子地区には水利が良くないためか水田がない。そこで水の得やすいこの場所で棚田をつくって集落の食糧としたのではないか。そのときの農機具の置き場所(納屋)、作業小屋、もしくは人が住んでいた可能性も捨てきれず、なんらかの建物があったのではないか。ぼくが二十数年前に見た廃屋はそれではないか。

.。'.*.'☆、。・*:'★    .。.・'☆、。・*:'★
  .。'*・☆、。・*:'★     .。・*:'☆
 ☆、。 ・*'★ .。 ・':....*.:'☆        .。・:'*・':'・★

徳島市と小松島市から近いのに無人の渚である越ヶ浜とその周辺はまったく忘れ去られていたが、21世紀になって遊歩道ができて歩きによる接近ができるようになった。

かつて徳島市から小松島市にかけての沖合には地震で沈んだ島(お亀千軒)があるといわれる。昭和の時代には、鳥居が沈んでいるといって海中の探索をする人たちがいた。父は根井鼻を通り魔と呼んでいた。

大神子は病院やテニスコート、バーベキュー場、フィールドアスレチックがある静かな保養所。かつて徳島藩蜂須賀家の保養所が勝浦川河口南岸にあったという(いまのスーパー銭湯のあたりか)。

越ヶ浜はこのブログで探索したとおりかつての人為的な痕跡はあるけれども現在では無人の渚。

小神子は静かな里海の集落で集落を見下ろす丘には、海を眺められるレストラン、やがては一部上場企業の保養所に変わり、いまではそれもなくなって廃れてしまった。

歴史がどうであれ里海の記憶はここにあったのであり、(地権者のご理解もあって)21世紀の私たちが立ち寄れる場所となっている。そのことを記しておきたい。
posted by 平井 吉信 at 22:12| Comment(0) | 里海

忘れられた里海の記憶 小神子〜越ヶ浜〜大神子への小みち〜その3 日峰山山頂〜灯台〜小神子トラバース道へ

その2からの続き

数日掛けてこのエリアの探索により、これまでわからなかった地形や踏み跡を把握することができた。まちの近くにこんな場所があると改めて良さを確認できた。

今回は日峰山山頂から灯台までの尾根をたどりながら、灯台周辺の展望を愉しんだあと、再び尾根を戻る途中で小神子へのトラバース道へと降りていく道をたどる。トラバース道は越ヶ浜へも通じる遊歩道と交わるので、越ヶ浜を見て遊歩道から尾根へ戻る道程。歩けば1時間少々かもしれないけれど、そこはゆっくり歩いてみたら?

この散策路は人とすれ違うことが多い人気のみち。山頂からは急に下るが(帰りは登り返す)ほどなくなだらかな椿の咲く尾根筋となる。
DSCF9139-1.jpg

DSFT6558-1.jpg

DSFT6555-1.jpg

ツワブキらしい葉と落ちた椿花
DSCF9142-1.jpg


休憩所を左に降りていくと菱形に一周する遊歩道(阿波の道→讃岐の道→伊予の道→土佐の道)へ。右は灯台へと伸びる尾根道。まずは灯台へ。小神子からのトラバース道は阿波の道と讃岐の道の間と、伊予の道と土佐の道の間をつないでいる短絡路ともいえる
DSCF9144-1.jpg

灯台に向かう尾根
DSFT6566-1.jpg

DSFT6568.jpg

DSFT6569.jpg

DSFT6577-1.jpg

DSFT6583-1.jpg

ゆるやかな起伏を灯台まで向かう。灯台は空に映える。このまま元根井漁港へ降りていけるのだが、きょうは小神子へのトラバース道をたどるのでここで引き返す
DSCF9147-1.jpg

DSCF9150-1.jpg

子どもの頃おいしい紅茶をいただいた喫茶店/レストランは追憶の彼方に
DSFT6587-1.jpg

引き返すとまもなく右へ降りていく道がある。これが小神子の集落上部から派生するトラバース道と合流する
DSFT6579-1.jpg

尾根から北へトラバースしながら下る途は小神子の集落の上部からのトラバース道と出会いそのまま遊歩道/越ヶ浜方面へと水平移動する
DSCF9158-1.jpg

DSFT6597.jpg

小神子の集落に近いせいか竹林が茂る。イノシシの寝床があるとしたらこんな場所だろうが、痕跡は見いだせない
DSCF9160-1.jpg

岩を切り拓いた場所
DSCF9162-1.jpg

椿の季節 落ちた花と芽を出した若木 通る人のほとんどない道に生命力のやりとり
DSCF9171-1.jpg

小神子からのトラバース道は越ヶ浜へと降りられる遊歩道(阿波の道と讃岐の道の間)に出る
DSCF9176-1.jpg

讃岐のみちをいったん降りて越ヶ浜をめざす。道ばたに東屋がある
DSCF9181.jpg
posted by 平井 吉信 at 00:00| Comment(0) | 里海

2023年01月14日

忘れられた里海の記憶 小神子〜越ヶ浜〜大神子への小みち〜その2 踏み跡をたどる〜

その1から続く

GPSを持っていないので紙とシルバコンパスを道具に、実際に歩いて地形観察を行いながら記したものである。小学生の頃から国土地理院の2.5万と5万を集めていた地図マニアなのでGPSはなくても散策の実用性には問題ないと考えている。

コース全体は低山の海岸性の明るい照葉樹の森が主役で人工林(植林)はほとんどない。傾斜の強い部分と平坦な部分、岩の露頭が現れて充実感がある。ところどころに海(紀伊水道、大神子、越ヶ浜)が眺められる場所があり、それらも地図に記しておいた。標高はカシオのプロトレックで読み取った値を日峰山山頂での実測値から補正を行って求めたもの。なお、写真は2023年1月上旬の数日間の記録をまとめたもので時刻や天気は異なる点にご留意。
kosigahama.jpg
(電子国土のデータに平井吉信が追記、加工)

日峰山山頂(191メートル)は山頂直下駐車場から徒歩5分にある。駐車場からだと汗もかかない登山
DSFT6469-1.jpg

今年初のスミレ(タチツボスミレ)
DSCF9084-1.jpg

山頂から東の灯台へ向けて尾根沿いを下っていく。道中では仏像が随所に配置されていてミニ八十八ヶ所の雰囲気
DSFT6472-1.jpg

DSFT6479-1.jpg

小松島湾と市街地を見下ろす「みなと展望台」を過ぎてほどなく展望所がある。その手前で海に降りる階段の遊歩道がある。菱形のコースは阿波の道、讃岐の道、伊予の道、土佐の道と名付けられている。
DSCF9090-1.jpg

現地の看板。水平に延びるのが日峰山の尾根の散策路。菱形が遊歩道。その真ん中を突っ切るのがトラバース道
DSCF8956-1.jpg

遊歩道の阿波の道と讃岐の道の境に小神子からのトラバース道が接続する
DSFT6482-2.jpg

小神子から遊歩道までのトラバース道は比較的歩かれている雰囲気。ただし夏場は蜘蛛の巣やら虫に悩まされそう
DSFT6486-1.jpg

小神子からのトラバース道と遊歩道の合流。このまま奧へ遊歩道を進むとほどなく遊歩道と分かれてまっすぐに進むトラバース道が現れる(次写真)
DSFT6492-1.jpg

阿波の道から讃岐の道へのつなぎ目に竹に囲まれたトラバース道がある。遊歩道は下へ下って伊予の道(越ヶ浜)方面へと向かうがトラバースはそのまま竹藪を直進する
DSFT6496-2.jpg

遊歩道(讃岐の道)へ降りずにトラバース道を行くとこんな竹藪の小径
DSFT6498.jpg

トラバース道が沢を横切るあたりで崩落の痕跡
DSFT6501.jpg

トラバース道の上手に人工的な段差。棚田か集落の痕跡か。二十数年前に廃屋を見たのはこの沢がトラバース道を横切る付近ではなかったか?
DSFT6503.jpg

トラバース道は再び西の遊歩道と出会う。上へ行けば土佐の道経由で日峰山尾根筋の散策路へと戻る。下へは伊予の道経由でもっとも高度を下げて反転して登るのが讃岐の道。さらに阿波の道をたどって日峰山尾根に戻る。遊歩道を横切るトラバース道を進んでみたが、この先で崩落したのか消滅。おそらくは大神子方面へ向かうトラバースとなっていたのではと推測
DSFT6506-2.jpg

遊歩道がもっとも下に降りた場所。ここから沢沿いに渚(越ヶ浜)へと向かう
DSFT6511-2.jpg

DSFT6514.jpg

沢を渡り左岸を行くと荒れ地に出る。沢は荒れ地(湿地)へとしみこんで海へは通じていない
DSFT6520-1.jpg

沢を再びわたって山沿いを行くと渚(越ヶ浜)に出る
DSFT6522-2.jpg

小神子から越ヶ浜まで海伝いに行くことは危険
DSFT6259-1.jpg

DSFT6261-1.jpg

越ヶ浜の真ん中あたりで西南西へ上がっていくルート。紀伊水道展望所がある尾根筋へと向かう
DSFT6256-2.jpg

越ヶ浜の夕暮れ
DSCF8825-1.jpg

DSCF8832-1.jpg

少し上がって海側が開けた場所で越ヶ浜をもっとも近くに見られる。浜の北端は見られないが、真ん中から南端が手に取るように見られる。季節の良い時期にここでおにぎりを食べたら気持ちいいだろう
DSCF9100-1.jpg

赤テープを目印に尾根沿いに高度を上げていく。照葉樹の森を快適に歩ける
DSFT6240-1.jpg

DSCF8903.jpg

DSCF8906.jpg

DSCF8914.jpg

途中で大神子方面への分岐がある(上へと上がる際は右へ)。この場所を左(小神子方面)へ探りを入れるとトラバース道の名残を発見。
DSFT6530-2.jpg

尾根筋の上のほうに紀伊水道展望所と名付けられたヤカンのある伐採地がある。
DSFT6629-1.jpg
この場所へは日峰山山頂直下の駐車場から歩いてすぐの場所である。展望所直下に越ヶ浜が見える。距離が相当ありそうだが、展望所のある尾根からの下りでは半時間程度の散策である。
DSFT6544-1.jpg

尾根をさらに下ると第二展望所がある。
DSCF9120-1.jpg

第二展望所からはやや近づいて見える。この場所は崖の上にあるので足下に注意
DSFT6183-1.jpg

大神子から張り出す大崎
DSFT6187-1.jpg

ここから北東へ大神子へ向かって降りていく。急坂なのでロープがあるが、三点支持を心がければ特にロープを掴まなくても可能
DSCF9112-2.jpg

急坂が終わると平坦な開けた地形となる。越ヶ浜から日峰山北東尾根に上がる道から右へトラバースする道と合流する。大きな岩場がある。ここが第二展望所の直下と推察する。
DSCF9110.jpg

DSCF9107-1.jpg

大神子へ向かって降りていく道で一度小さな丘を登り返す。そこに東側が開けて小神子方面が見える。天然のベンチが設けられている。
DSCF9118-1.jpg

あとは北北東へ向かって降りていくと大神子南端の岩場へと出られる。降りるところにロープがあるが、ここも特に危険な箇所ではない。万一滑り落ちても大けがをするような場所ではない。降りたところが小さな石ころの渚となっている。大神子海岸はまだ岩を超えていくことになる
DSCF8985.jpg

DSCF8992.jpg

DSCF8994-1.jpg

DSCF8996-1.jpg

紀伊水道展望所から見る大神子と大崎
DSCF8811-1.jpg

DSCF8818-1.jpg

日の峰神社の夕暮れ
DSCF8838-1.jpg

散策路を通して自然度が高い里山/里海を体感できる。公有地、民有地を問わず、自然破壊、ゴミ放置は行わないでこの土地を静かに訪れて里海の記憶を追体験することは価値がある。
なお、今年度になって小松島市内では市街地にイノシシが出没して噛まれるなどの被害が出ている。けれどこの山域ではイノシシの本通し(けもの道)、アシ(痕跡)は見られなかった。
生態系としては良好に見受けられるが、都市に囲まれた狭い山域ゆえ生息できる個体数に限りがあるのだろう。モグラの痕跡は多く見られたし、猿の目撃例はあるようだ。カラスとトンビはよく見かけるし、野鳥の好きな方は探す楽しみがあるのではと推察。
日峰山一帯は都市の近くで味わえる里山の魅力を見せてくれる山域である。
posted by 平井 吉信 at 15:27| Comment(0) | 里海

忘れられた里海の記憶 小神子〜越ヶ浜〜大神子への小みち〜その1 序章〜


県都の徳島市から小松島市にかけては大神子小神子(おおみここみこ)の名で知られる海岸がある。北から南へ徳島市の勝浦川河口から半島となった大崎地区を回り込むと大神子海岸、いくつかの渚を経て小神子海岸、小神子からは根井鼻をまわると元根井漁港と小松島港がある。
area.jpg
(国土地理院「電子国土」から引用した地図を加工)

大神子も小神子も行政区域では徳島市大原町である。大神子は徳島市からのみ、小神子は小松島市からのみアクセスできる。大神子も小神子も山を超えてたどり着く行き止まりの地区で、大神子と小神子の間には車道はなく無人の渚があるのみ。

小神子と大神子の間は徒歩でたどる人も希な場所である。ぼくはかつて小神子から山伝いに奧へと延びるトラバース道を見つけてこの方面を「奧小神子」と呼んでいる。
奧小神子は奥飛騨、奥道後と同様に地域を表すもので地名ではない。本ブログでも「越ヶ浜」が正しいとの指摘をいただいており、その名称が適切と思われる。越ヶ浜の地名は国土地理院の地図に記載はなく、大原町の住所一覧にもないが、町名の記載がないのはよくあること(ぼくの生まれた町の名も地図にも郵便住所にも載っていない)。

子どもの頃から小神子はよく遊びに行った。元根井漁港から山ひとつ超えて降りていく(自転車では行きも帰りも汗をかく。特に下りは注意)と小神子の渚に出る。この地区には別荘があり、昔からの住人のほか、閑静な住処を求める人たちが移り住んでいる。
小神子を見下ろす丘は小松島湾と港が見える丘でもあり、かつてここにはレストラン(喫茶店)が営まれていた。祖父の友人だそうで、ぼくも何度か連れて行ってもらえた。ここでいただいた紅茶がとびきりおいしかったことを鮮明に覚えている。

いつの頃からかレストランは閉鎖され、この土地を買い取った富士ゼロックス社が社員向けの福利厚生施設(社員専用の保養所)に改装して活用していた。一般公開はされていないが、勝浦川についての勉強会を社員向けにやって欲しいとのご要望をいただいて講師として訪問したことがある。居心地の良い施設だったとの記憶がある。その富士ゼロックス社も近年になって資産売却の候補となって手放された。いまは誰が所有しているのかわからないが、娯楽施設があるようである。

施設の直下には岩礁が複雑に入り込む根井鼻(ねいのはな)があり、親父からは行ってはならないと釘をさされていた。父はこの場所を「通り魔」と呼んでいた。これが一般的な名称なのかどうかは不明。子どもが行くのは危ない場所ということでは確かに頷ける。岩伝いにたどっていく途中で滑落は大いにあり得るが、子どもの冒険心をかきたてる場所でもあり、ぼくもこっそりと通り魔の岩場を訪れたことがある。小神子の沖合には松が生えた岩があり、一本松と呼んでいた。レストランのオーナーの方に誘われた祖父とともに小舟で一本松まで来たことがある。風呂屋のタイル絵になりそうな風景である。国土地理院の地図では一本松は雉子岩と記されている。

峠を越えて小神子に降りる途中から北へ向かう山道を見つけて歩いた。山の中腹をトラバースするその小径は集落を俯瞰しながら北へと続いており、それをたどっていくと廃屋があった記憶がある。その辺りで日峰山からの沢に遭遇し、沢を下っていくと湿地(荒れ地)に出たと記憶している。国土地理院の1/25000でも荒れ地の標記のある場所の先には海があるが、荒れ地には背丈より高い藪が生い茂り、潮騒は聞こえども波間を見ることはできなかった。この体験は二十年ぐらい前のことであり、その渚が越ヶ浜とわかったのは近年のことである。

その後、日峰山の192メートルの山頂から東へ向かって尾根沿いに延びる散策路から北斜面を降りる遊歩道が整備された。尾根から降りていくものの渚へは行かず、菱形のように折り返す。その四辺形には阿波、讃岐、伊予、土佐にちなんだ名前が付けられている。

〔参考〕日峯大神子広域公園(公益財団法人徳島県建設技術センター)
http://www.toku-eta.or.jp/park/h_sogo/
→ この地区の散策路は平成15年)2003年)以降に順次整備されたと記載があるので、ぼくが最初に小神子からのトラバース道をたどった時点(おそらく2000年前後)では散策路(遊歩道ミニ四国八十八ヶ所箇所と記されている)はなかったことが確認された。
http://www.toku-eta.or.jp/park/h_map/
→ この地図には小神子方面からの散策路が記されている。ここに記されている道は行政が整備したものだが、今回ぼくがたどる道は古くから(もしくは近年になって)この道を整備された民間(おそらくは地権者)によるものである。小神子の北に位置する海岸は「越ヶ浜」と記されている。
h_map_d.gif

越ヶ浜に人は住んでいない。この荒れ地は沢の水が集まる湿地になっており、もしかしてかつて田んぼがあったのではないかとも想像する。小神子から延びるトラバース道から沢へ降りるあたりで廃屋を見た記憶があるが、いまは廃屋も見当たらない。いずれにしても日峰山を南西にひかえて紀伊水道を臨むこの地区(越ヶ浜)へは小神子から入るのだ。

日峰山についても記しておこう。国土地理院では日峰山ではなく芝山と記されている。しかし小松島市民でも芝山と呼ぶ人はほとんどいない。かつて四万十川を国(建設省)は渡川と名付けていたが地元では誰もそう呼んでいなかった。官製の地名にはこのようなことはよくある。

日峰神社がある場所が日峰山の山頂と思っている人も少なくない。ここの標高は165mである。そこから東にはさらに高いピーク(191.4m)があり、ここが日峰山の山頂である。
この山頂の直下にも駐車場があり、車と徒歩で容易に山頂にたどりつける。この山頂近くに紀伊水道を見下ろす展望所が近年になって整備され(紀伊水道展望所と名付けられているが民間の有志が開かれたものと推察)、ここを拠点に越ヶ浜や大神子へ歩き始めることとする。

この一帯を整備された方は地権者もしくは地権者の了解を得た有志かもしれない。いずれにしてもこの場所に愛着を持って大切にしておられることが伝わってくる。そのお気持ちを尊重して生態系を毀損したりゴミを捨てることなく歩きたい。

この正月はコロナの猛威を受けて外出は控えた。その代わり、この山域の踏み跡をたどって地形図に落とし込んでみるのを課題に設定した。次項からはそれを具体的に記してみよう。

posted by 平井 吉信 at 15:04| Comment(0) | 里海

2022年07月13日

田井川(由岐町)にハマボウを見に行ったけどまだ咲いていなかった 雨も降ってきた いとおかし


いつもハマボウが咲く田井川沿いの河畔の道だけど、今年は一輪も咲いていない
でもここには濃密な生態系の営みがあるので傘を差して散策している
DSCF2885-1.jpg

葉の造形が趣がある 清少納言ならいとおかし
DSCF2905-1.jpg

DSCF2901-1.jpg

マングローブのような地形があって雨の波紋が浮かび上がるいとおかし
DSFT3639-1.jpg

アカテガニが木登りしている。垂直の幹で決して倒れている樹木ではない。蟹の木登りいとおかし
DSCF2927-1.jpg

マングローブの密林に雨がしとしといとおかし
DSFT3643-1.jpg

いつもの弁当変わり映えなくいとおかし
DSCF2890-1.jpg

追記
町名が違うとのご指摘をいただきました。現在は美波町ですが、地元で美波町といってもわかりにくいので旧の由岐町で表記しています。わかりやすく記述するには「美波町旧由岐町田井ノ浜」と書いたほうが良いかもしれません。よけいわかりにくいいとおかし。



タグ:田井ノ浜
posted by 平井 吉信 at 23:34| Comment(0) | 里海

2022年04月15日

由岐のまちなみと海を見下ろすときのゆりかご(貝谷峠のブランコ)


遍路道は峠を越えていく。阿南市福井町貝谷と由岐町田井とを結ぶひとのみち。
途中にある峠からさらに海を見下ろす台地にブランコが地元有志のみなさんが設置された。

海を見下ろすブランコといえば同じ海部郡で牟岐町の出羽島を思い出す。
→ 出羽島 アートが島の非日常が人々を結びつける

由岐I.C近くから案内板に従って峠をめざす
DSFT1295.jpg

竹林に覆われた遍路道、途中から雑木が混じるようになる
DSFT1299.jpg

DSFT1308.jpg

DSFT1313-1.jpg

ほどなく松坂峠にさしかかる。展望はない。仏像と石碑がある。
DSFT1325.jpg

DSFT1324.jpg

ここから貝谷峠まで700メートルとある。
DSFT1382-1.jpg

雑木林を抜けていくと三叉路に出る。開けたほうへ行くと海を見下ろす台地に出られる。
DSFT1355-1.jpg

ブランコは2本の木と金属ポールの補強を土台にしている
DSFT1375-1.jpg

海に向かって飛び出していけば、近くに由岐の漁師町と田井ノ浜のある集落に近づいていく。
DSCF6590-1.jpg

DSCF6608-1.jpg

DSCF6609-1.jpg

posted by 平井 吉信 at 20:20| Comment(0) | 里海

2022年01月17日

海が見える丘 大神子の大崎半島から日峰山と越ヶ浜を見る


日峰山から見た大神子と大崎半島であった前回と逆で、大神子の大崎半島から日峰山と越ヶ浜を見る。

徳島市と小松島市に挟まれた海域は静かな入江や砂浜と海崖が連続する海域で
勝浦川が運ぶ栄養で磯釣りも期待できる。
勝浦川の源流域はブナの森で知られる高丸山や雲早山がある。
そのミネラルが運ばれてくる。

徳島市側から見ると勝浦川河口、大崎半島、大神子海岸、越ヶ浜、雉子岩、小神子、根井鼻、小松島港と続く。
途中の根井鼻は海崖なので陸地から接近することになるが、岩の屋根筋を通る場所がある。
親父はこの一体を「通り魔」と呼んで近づくなと言っていた。
子どもには危ない場所である。足を滑らせたら終わりであるが、こっそり出かけていた。

小神子は小さな渚だが、沖に雉子岩がある。親父は「一本松」と呼んでいた。
目印となる松の木が生えていたからである。
小神子のなかほどに渚から突き出た磯があってここで波を見るのは楽しみ。
小神子は小松島港の北から峠を越えて下っていくしか道はない静かな場所。
昔ながらの漁師の集落と静かな環境を愛でる人たちが住んでいる。
「我は海の子」という唱歌のような渚である。

かつて小神子と小松島港を見下ろす丘の上に喫茶店があった。
祖父に連れられて来たこの店で飲んだ紅茶のおいしかったことを覚えている。
良い茶葉を使って適切に淹れられたお茶の風味が小学生の心を打ったのだろう。
(ぼくは決してグルメではないけれど、子どもの頃から素材のおいしさには感度があったように思う)

喫茶店の経営者は祖父の知人であったと記憶している。
いつだったか小松島港から船を出して通り魔の沖を回って小神子に抜けて一本松付近まで接近したことがある。港を出て走っているとうねりを感じて外洋と実感した。確かボウゼを釣って港へ帰った子どもの頃の記憶がかすかにある。

海が見える丘にあった喫茶店はその後、富士ゼロックスの保養所へと改修され、
どういうご縁か富士ゼロックスの社員の方に施設内にご招待いただいたことがある。
生態系だったか勝浦川流域の取り組みの勉強会の講師としてでなかったか。

一部上場企業の保養所がなぜ小松島にあったのか、
前オーナーの喫茶店はなぜなくなったのかなどの顛末は知らない。
でも小神子の地が都市近郊でありながら「我は海の子」を彷彿させる漁村であり、漁師の集落でありながら魚の匂いのしない静かなリゾートでもあり、その雰囲気に惹かれてインテリが住む地でもある。

小神子の次に奥小神子と呼んでいる越ヶ浜。どういうわけが越ヶ浜へは海からも陸からも辿り着く道(小径)がなく、十数年前に近くまで行きながら渚(越ヶ浜)には辿り着けなかった。そのときは小神子の集落の上のトラバース道を辿って越ヶ浜の流域(沢筋がある)の谷へ降りていき、海まであと十数メートルで行く手を茨に阻まれたのだ。
数年後に越ヶ浜に注ぐ沢を辿れば浜に出られることを発見しこのブログにも書いた。
それは人気コンテンツとなっていてアクセス数はもしかしたらこのブログでもっとも多い。

いまは遊歩道から沢沿いを下る場所に小さな案内板があってそれを辿れば容易に浜にたどり着けるようになっている。かつてこの渚をめざした折に人里離れた山中に廃屋を見つけて驚いた。海を見下ろす山の斜面にどんな目的でどんな人が住んでいたのか。世捨て人の庵か、はたまた炭焼き小屋のような住居だったか。いまではその廃屋跡すら見つけられなくなってしまった。小神子からのトラバース小径の近傍で見かけたが、草が生い茂り崩落が随所にある廃道となっている。

越ヶ浜を見下ろせる場所は2箇所ある。日峰山山頂から北東尾根の張り出した場所と大神子の北側の尾根沿いをたどる大崎半島の散策路からである。

越ヶ浜から大神子へも道はない。小神子から越ヶ浜へは小径が通じていたが、越ヶ浜から大神子へは小径はない。海崖と岩を越えて一部は引き潮時に磯伝いに行くかしかない。大神子は小神子と違って多少開けた場所で保養施設、テニスコート、キャンプやバーベキューができる場所がある。夏場はこのバーベキュー施設も人気である。

大崎半島は勝浦川河口と大神子の間にある突き出した半島で、大神子から遊歩道を伝って半島の尾根をたどると随所に展望台があり、いくつかの分岐で展望台へ向かう。北へ向かう分岐は勝浦川沿いの海へと降りていく散策路だろう。大崎半島の先端まで行けば、勝浦川河口やら津田海岸、大神子、越ヶ浜と連なる海岸線(小神子は入り江となっていて見えない)、そして根井鼻(通り魔)と小松島湾をはさんで和田の鼻と航空自衛隊基地が見える。

大崎半島を下って北の勝浦川筋へと降りていくと勝浦川河口に張り出した洲が見える。
この一帯は蜂須賀公が「籠の藻風呂」と呼んだ江戸時代の藩侯の保養地でもあった。

徳島市と小松島市の間の海岸の沖合、もしくは津田海岸の沖合に鳥居が沈んでいるといわれる。お亀千軒と言い伝えのある場所である。

コンビニが立ち並ぶ市街地から山を越えればこんな場所がある。徳島市、小松島市に住んでいる人は散策してみるといい。

大神子北部から大崎半島の尾根筋に出て大神子を振り返る
DSCF4719-1.jpg

DSCF4756-1.jpg

大神子から見る日峰山山頂北東の尾根(もっとも標高の高い場所)、ここから越ヶ浜(画面左下の渚)が見える。この地は対岸から越ヶ浜と日峰山の裏側が見えている。
DSCF4721-1.jpg

手前の出っ張りが越ヶ浜から小神子へと続く海崖。奧の出っ張りが小神子から小松島港へと続く根井鼻(通り魔)
DSCF4727-1.jpg

尾根は快適な散策路 多少のアップダウンと分岐がある
DSFT0268-1.jpg

DSCF4745-1.jpg

植生を見るのも楽しみ
DSCF4758-1.jpg

すみれが群生している場所があるが、この時期は開花していない。このすみれはタチツボスミレの仲間のようだが葉が厚い。もしかして園芸種のクロバスミレの野生化ではないか。
DSCF4738.jpg

分岐をたどれば数カ所に展望台がある。対岸の和歌山は晴れていればよく見える
展望台から村瀬真紀さんの小麦屋でつくられたパンをいただいた。良い素材でていねいにつくられたパンは冬のひだまりで潮風に吹かれながら噛みしめる。県内では北島さんのブーランジェリーコパンと村瀬さんの小麦屋が好き。流行のパン屋の盛った外観とは対照的に、素材の良さを愛情を持って引き出しているから。
DSFT0288-1.jpg

大神子から越ヶ浜、裏日峰山
DSFT0283-1.jpg

大崎半島の先端に近づいて来ると磯に降りる小径があるようだ。水の透明度は高い
DSFT0299-1.jpg

大崎半島の先端からさらに進むと下りになって勝浦川筋の海辺に出られる。砂はきめ細かい
DSCF4741.jpg

勝浦川筋から北に広がる津田海岸を埋め立てた造成地。津田海岸町はさらに再整備が進んでいるようだ
DSCF4760-1.jpg

この景観がいい。勝浦川河口の洲、遠景に津田の六右衛門がいた津田山、さらに向こうは紀貫之が愛でた眉山。これを見ていると金長まんじゅうが食べたくなる
DSCF4761-1.jpg
河口洲が形成された場所は本来は水衝部だが、山の岩盤に当たってそれ以上南下できず、流速が落ちたところで海の波の作用もあって右岸に堆積が進むのだろう。その一方で左岸は水を流すために掘れているはずである。

帰路の尾根筋から大神子〜越ヶ浜〜小神子北端を見る
DSCF4766-1.jpg

散策路は下っていく
DSFT0326.jpg

人々も家路へ向かう夕方
DSCF4773.jpg

ドボルザークの新世界のあの第2楽章が心で鳴っていたので車に戻って聴いてみる。USBメモリに入れたケルテス指揮ウィーンフィルのデッカ盤。若きケルテスの渾身の演奏を聴きながらたどる家路。

イシュトヴァン・ケルテス…遊泳中に不慮の事故で43歳でこの世を去ったハンガリーの指揮者。風貌からして芸術への姿勢が伺える。惜しい人を亡くした。海を見ながらの「新世界」はそんな思いが背景にある。



posted by 平井 吉信 at 23:37| Comment(0) | 里海

2021年11月29日

防潮堤に描かれた走馬灯 幼心の君は心のままに


子どもたちが防潮堤に描いた絵を見られるのが出島野鳥園(那賀川町)から海沿いの場所。
以前に描いたのが消えかけているので今年の秋に描いたものらしい。
淋しげな秋の海辺を感じたくて訪れてみて、ああ新聞に載っていたなと思い出した。
→ 初夏に訪れたのはこちら(今回の絵と重ならない)

DSCF3246.jpg

DSCF3248.jpg

DSCF3249.jpg

確かここで潮干狩りをした記憶がある
DSCF3250.jpg

那賀川の強い流量が運ぶ土砂が堆積した海岸
DSCF3252.jpg

DSCF3255.jpg

DSCF3256.jpg

DSCF3258.jpg

DSCF3260.jpg

DSCF3262.jpg

DSCF3263.jpg

DSCF3266.jpg

DSCF3267.jpg

DSCF3269.jpg

DSCF3278.jpg

防潮堤の小径から指呼の間に出島野鳥園の自然林が見える
DSCF3282.jpg

いずこも同じ秋を象徴する野ブドウの色とりどり 
DSCF3289-1.jpg

季節は何度かめぐり、人の記憶容量をあふれさせようとするけれど
ふとした拍子にあの日のできごと、逝ってしまった人たちを脳裏に呼び戻す。
いまはそんな季節なのだろう。

タグ:出島野鳥園
posted by 平井 吉信 at 22:32| Comment(0) | 里海

2021年11月28日

人けのない田井ノ浜 秋の終わりの「冬景色」


季節がどんどん進み行く晩秋だから「冬景色」を置かなくては。

さ霧消ゆる湊江(みなとえ)の
舟に白し、朝の霜。
ただ水鳥の声はして
いまだ覚めず、岸の家。

烏(からす)啼(な)きて木に高く、
人は畑(はた)に麦を踏む。
げに小春日ののどけしや。
かへり咲(ざき)の花も見ゆ。

嵐吹きて雲は落ち、
時雨(しぐれ)降りて日は暮れぬ。
若(も)し灯火(ともしび)の漏れ来(こ)ずば、
それと分かじ、野辺(のべ)の里。

(注/「冬景色」は作詞作曲不祥の文部省唱歌で著作権は消滅)

CDはNHK東京放送児童合唱団で聴いている。
ただ音楽を信じて声を合わす少年少女の澄んだ音世界。
小学校の音楽で習った唱歌だけど冬景色の歌詞は文語調で小学生には意味がわからない。
それでもなんとなく情景が思い浮かんだ。教科書に挿絵があったからかもしれない。

葦の生えた入江、川の河口なのだろう。
(歌詞には表現がないが、入江、朝霧から葦原を感じる。こんなところはエビが採れる。もしかしたらニホンカワウソもいたかもしれない)
張り詰めた朝はじーんと寒気が縛るようで空気が動かない。
そんな印象を子どもながらに持った歌。

日本の漁村周辺ならどこでも当てはまりそうな風景。
葦原が残る入江に霧が立ちこめるという情景は詩的なまでに美しい。
詩と楽曲が一体となって初冬の人々の暮らしを描いているけれど
眠りから覚めない朝、仕事に励む昼、嵐の一日のあと、夜の帳を照らす灯火。
短いようで長い人生をまっとうしようとしている人たちの賛歌とも取れる。

四国の風景は必ずしも歌の世界観と合致しないかもしれないけれど晩秋の風を感じたので置いてみた。
DSCF2931-1.jpg

DSCF2914.jpg

DSCF2920-1.jpg

DSCF2956-1.jpg

追記

もし中古でも手に入るようならぜひご入手を。
「早春賦−珠玉の唱歌名曲集」/NHK東京放送児童合唱団
(メーカー:キングレコード、発売:1988年5月5日、品番:K30X-244)
収録曲はこちらから
→ 童謡、唱歌で 夢は山野を駆けめぐる

春夏秋冬の唱歌を季節ごとに並べているので春から聞き始めて冬になって
また春に戻ってくる歓びを歌で感じる。
合唱団の実力あってのことではあるが、ソロと合唱を適宜織り交ぜている。合唱にありがちな手練手管はなく、楽曲の魅力に静かに浸ることができる。合唱だからビブラートのない透明感のある再現(=作為感がない)。一部のソロでは歌の上手な女の子などが少しビブラートをかけて歌い上げるがそれも楽曲の魅力を高めている。著名な歌手が朗々と歌い上げたり(歌い手の体臭が立ちこめて詩の世界が崩れる)、語り掛ける(歌の世界が個人体験になって固定化矮小化してしまう)のではなく演奏者の個性を離れて楽曲を聞きこみたいなら何度聴いても飽きることのない宝もののような名盤CD。



posted by 平井 吉信 at 23:53| Comment(0) | 里海

2021年07月19日

田井川のハマボウ(美波町)


土日は溜まっている用事がある。
朝から家事をしながら昼過ぎからは泥まみれのクルマの洗車。
車体を乾かすために走ってみようと気分良く田井ノ浜まで来てしまった。

予想どおりだけれど海水浴場は閉鎖されていて駐車場も鎖が貼られていた。
駐車場の閉鎖は意味がない。
見てみない振りをして危険な状況をつくりだしている。

ところが現実はグループがやって来て路上駐車。
露出の高い服装でマスクなしで大声ではしゃいでいる。
これもいただけない。
自己責任で泳ぐのは当然としてもこれでは地元は嫌がる。
(鎖を貼りたくなるのもわかる)

いつになったら静かに海を愉しめる日が来るのだろうか。
(コロナだけが原因ではない)

海を見下ろす場所でコオニユリを見ていると
小雨から曇り、やがて薄日が射してくる。
DSCF8522-1.jpg

DSCF8526-1.jpg

DSCF8530-1.jpg

DSCF8532-1.jpg

四国のこの季節、野山は橙色が点在する。
ノカンゾウ、ヒメヒオウギズイセン、そしてコオニユリ、オニユリ。

田井ノ浜から田井川沿いに広がるマングローブにやってきた。
DSFT7059.jpg

ここはハマボウの自生地。
DSCF8541-1.jpg

DSCF8542-1.jpg

途中に石仏がある
DSCF8554.jpg

感潮河川の田井川の両岸にハマボウの花が咲いている。
炎天下とは違って雨の滴を宿したハマボウの花弁は透けるようなはかなさがある。
DSCF8543-1.jpg

DSCF8546-1.jpg

DSCF8548-1.jpg

河畔の小径は草が生い茂って趣がある
DSFT7063.jpg

田井ノ浜を後にして早めに戻ることにした。
posted by 平井 吉信 at 23:53| Comment(0) | 里海

2021年05月30日

北の脇のハマヒルガオ


生態系の営みが感じられる松林を抜けて眼前が拓けると渚に出る。
DSCF7107.jpg

そこに咲いているのはハマヒルガオ。
DSCF6977-1.jpg

DSCF7027-1.jpg

DSCF7032-1.jpg

散策とともに宝物を拾うにように光と陰を
空と海、風と緑に見つけていく。

DSCF7088-1.jpg

砂に埋もれた捜しものを見つけるように。
DSCF7060-1.jpg

DSCF7127-1.jpg

DSCF7093-1.jpg

DSCF7103-1.jpg

わずかばかりの時間だけれどこれが糧となっている。
タグ:北の脇
posted by 平井 吉信 at 12:33| Comment(0) | 里海

2021年05月13日

強風の日 出島野鳥園は少年の日の夏風邪にも似て砂が舞う やがて青の渚に舞い降りる


葦が生い茂る湿原は少年の宝物をしまっておく場所。
学校の帰りに葦を踏みしめて通路を作る。入口は塞いでおく。
奥へ行くとやがて円形の陣地のような場所に出る。
秘密基地です、秘密基地。

いまならドローンで上空から容易に発見されてしまうので夢がないのだけれど。
もしくは携帯端末の位置情報から居場所が特定されるかも。

那賀川は剣山の南斜面の2つの大きな流れ、本流と坂州木頭川が合流して紀伊水道に注ぐ急流。
本流はさらに北川と南川(美那川)に分かれる。
地図を見ると那賀川の吐き出し口が海に口を尖らせたような三角州となっていることがわかる。
上流は日本有数の多雨地域(3,000〜4,000o)なので土砂を運ぶ能力もすさまじいのだろう。

その那賀川の三角州の北側に広がる広大な湿地が出島湿原。
ここにゴルフ場を造成したがゴルフ場に隣接して小さな湿地が残された。
それが出島野鳥園。
DSCF5548-1.jpg

車を置いて小径を行くと野鳥の観測場所がある。小窓から湿地を覗く
DSFT1853-1.jpg

DSFT1848-1.jpg

そこから見える風景
DSFT1866-1.jpg

DSCF5531-1.jpg

目の前で水浴びを始めたツグミ
D7N_7291-1.jpg

D7N_7293-1.jpg

湿原の木々も緑に覆い尽くされる
DSFT1855-1.jpg

4月に観測された野鳥のリスト
DSFT1857-1.jpg
キジもいる。数週間前の徳島新聞ではキツネが目撃(撮影)されたと掲載。

足元にはシロバナタツナミソウ。紫色は見かけても白は初めて見た。
DSCF5545-1.jpg

いまはゴルフをする人もいるけれど人口減少でプレーヤーがいなくなり近い将来ここは再び湿原に戻る(再自然化)。そんな気がする。

野鳥の観測場所は二箇所にあるけれど野鳥園をぐるりと見てみようと外へ出てみる
猫はここの象徴の生き物。この猫に気を取られているキツネが撮影されたのだ。
DSCF5551-1.jpg

強風でも媚態を保つ。花の名前は知らない
DSCF5554-1.jpg

DSFT1872-1.jpg

堤防道路へ上がる
DSFT1878-1.jpg

那賀川河口に向かって歩くと左手に海。自然地形なのかどうかはわからないが砂丘の自然堤防上のようにも思える
DSCF5557-1.jpg

堤防上の高い目線から出島湿原の森が広がっていることがわかる
DSFT1877-1.jpg

堤防に描かれた地元の人たちの絵
DSCF5561-1.jpg

絵の空と現実の空が続いているようで
DSFT1882-1.jpg

海に上がる花火を狸やキツネが見ているという
DSFT1915-1.jpg

なんだろう、この荒涼たるリゾート感
DSFT1908-1.jpg

砂丘上の背の低い灌木。未来少年コナンの「残され島」かと
DSFT1910-1.jpg

野鳥園の上空にはUFOのように雲が流れる
DSFT1920-1.jpg

ハマウドという植物を知っていますか
DSCF5567-1.jpg

セリの仲間で大きくなるが、強風を受けるこの場所では草丈は低い
DSCF5570-1.jpg

足元には色とりどりの花
DSCF5572-1.jpg

小さい頃、アサリを採りに来たことを思い出した
DSCF5563-1.jpg

砂浜へ降りることもできる。海に降りる小径をたどって。
DSFT1921-1.jpg

DSFT1929-1.jpg

それは湿原への回顧、過去に続く小径。
DSFT1866-1.jpg



タグ:出島野鳥園
posted by 平井 吉信 at 21:58| Comment(0) | 里海

2021年05月08日

春から初夏への北の脇


午後最初の仕事で阿南市内を訪れて昼を食べる場所に北の脇海岸を選んだ。

海岸へと続く松林を抜ける
DSFT1635-1.jpg

木陰のハマエンドウが風に揺れるので根気よく待つ
DSFT1684-1.jpg

海が見える
春と初夏の間の季節、渚もおだやか。
DSFT1656-1.jpg

浜昼顔が咲いていた
DSFT1659-1.jpg

DSFT1679-1.jpg

この後の打ち合わせも和やかに進んだ。
おだやかな一日の海と午後。
タグ:北の脇
posted by 平井 吉信 at 12:27| Comment(0) | 里海

2020年11月14日

夕暮れの北の脇 影を追いかける


高校の頃から何度も訪れているのだけれど
阿南市内の家電量販店で買い物をした後に立ち寄ってみた。

おだやかな渚
DSFT9044-1.jpg

DSCF0848.jpg

すすきが海からの風になびき
DSCF0853.jpg

長く伸びる地球と自分の影
DSFT9035-1.jpg

闇を照らす灯すようにぽうとあでやかに
DSCF0863-1.jpg

斜めの残照
DSCF0866.jpg

流木が横たわる龍のよう
DSFT9047.jpg

沖を行き交う船 それもまた秋の気配
DSFT9052-1.jpg

波打ち際のツワブキ
DSCF0883.jpg

崖の上のアゼトウナ
DSFT9059-1.jpg

黄色い勢力に負けないよう ハマアザミ
DSCF0878-1.jpg

木々が茂る自然石の神社
DSCF0900.jpg

境内のモグラのあとがストーンサークルのよう
DSFT9068.jpg

渚に戻れば日は落ちて
DSFT9070-1.jpg

おだやかな黄昏に身を染める
DSFT9071-1.jpg
posted by 平井 吉信 at 21:53| Comment(0) | 里海