2020年04月24日

庭の花 4月中旬編


うちの庭は手入れをしない。
いつのまにか、どこからか植物がやってきて花を咲かせる。
なかにはどこかの花壇から種がとんできた園芸種もある。
人間が助けるのは飲んだあとの緑茶と紅茶の茶葉を毎日散布しているぐらい。
朝の光を浴びて食事の前に庭を見るといい感じ。

白いユリのような花はスイセンアヤメというらしい
DSCF3092-1.jpg

キキョウとノギク、キキョウは6月頃、ノギクは12月頃咲くのだが
同じ場所から競い合っている。
同時に咲くと壮観だけれどそうはいかない。
DSCF3101-1.jpg

園芸種のスミレが地上すれすれに咲いた
DSCF3089-1.jpg

園芸種にうといのでこれがビオラなのかパンジーなのか、どちらでもないのかわからないが
陽光を浴びて背伸びしているその姿を見るだけでいいじゃないか、名前なんて。
DSCF2232-1.jpg

お時間のある方は牧野富太郎博士の植物図鑑などをめくってみるのもいいかもしれない。
カフェで眺めて愉しい 牧野富太郎の植物図鑑(牧野図鑑) その特徴と選び方




posted by 平井 吉信 at 12:24| Comment(0) | 家の庭

2020年02月15日

春の気配(近所と自宅の庭編)


山野草の花は咲いていなくても
冬日のおだやかな散策は何物にも代えがたい(中津峰)
DSFT7509.jpg

まだまだ冬の気配が濃厚な2月上旬だったが
これからがしばりが緩んでくるだろう。
もっとも「緩む」の実感のない冬だが(とくしま植物園)
DSFT6881.jpg

DSCF8958.jpg

D7N_5710_1-1.jpg

D7N_5733-1.jpg

DSCF8935-1.jpg

庭をみれば
咲き終わった野菊がすでに新芽を出し
桃の花びらの隙間から
ムラサキカタバミがあちこちに顔を覗かせ
スミレのような葉が際立ってきた。
DSCF9386.jpg

DSCF9392.jpg

DSCF9388.jpg

今は冬でも来たるべき春への備えを行っている。
出口が見えず凍てついているのは虚構に墜ちた政治の世界。
名もない草ひとすじこそ手本とすべき生き方では。
posted by 平井 吉信 at 13:05| Comment(0) | 家の庭

2019年12月21日

週末の朝を野菊を見ながら迎えたなら


冬のひだまりは北西の風をしばし除けて
朝のひだまりを用意してくれる。
DSCF8640-1.jpg

DSCF8646-1.jpg

DSCF8657-1.jpg

DSCF8652-1.jpg

DSCF8660-1.jpg

DSCF8692-1.jpg

花に顔を近づけて香りを嗅ぐ。
沈黙を破って風が吹いても
ざわめきはいつか止む。
posted by 平井 吉信 at 23:40| Comment(0) | 家の庭

2019年12月09日

きょうも朝が来た


東から差し込める日の光を浴びて
きょうも庭の野菊が咲いている。
DSCF8456-1.jpg

DSCF8433-1.jpg

DSCF8441-1.jpg

DSCF8419-1.jpg

このいまが奇跡の時間。
無常(移ろいゆく世界)が常の世の中で
たったいまだけが手が届く。
過去でも未来でもない今このとき。
そこに幸福があふれだしている。
(そしてそれは誰にでも)

(フジX-T30+XF35mmF1.4 R)
posted by 平井 吉信 at 11:38| Comment(0) | 家の庭

2019年12月08日

庭の野菊が満開に


先頃つぼみがふくらんだと思ったら
朝の陽光を浴びて満開に。
DSCF8396-1.jpg

DSCF8385-1.jpg

毎年愛でているけれど飽きることがない。
それどころか朝起きるのが楽しみなのは
朝の光を受けて輝く野菊を見たいから。
それ以上の暮らしがあるとは思えない。
DSCF8401-1.jpg

(フジX-T30+XF35mmF1.4 R)
花はほとんどこれで撮る。高解像度一辺倒のレンズでは得られない立体感とやわらかさ、そのなかに解像度を偲ばせてはいるが、ぼくの脳内にはこのレンズがビルトインされていてどんなふうに写るか見えてしまうのだ。
posted by 平井 吉信 at 23:21| Comment(0) | 家の庭

2019年12月03日

庭の野菊がひらいた(2019年)


庭には植えるともなくさまざまな植物が勢力争いをしている。
そのなかには帰化植物もあれば近所から風に乗ってやってきた種から発芽したものもある。
どれが定着するかどのように勢力を広げるか広げないかを見守るため
雑草を抜くこともしない。
もちろん肥料も農薬もないから一年を通して虫たちが集まる。

数日前、野菊に一斉につぼみがふくらんでいるのを見た。
RXM01851.jpg

臨月ではないが、今日咲くか明日咲くかと見守っていた。
曇りの日はやはり開花しないようだった。
そしてきょう花開いた。
1年振りにひらいた。
DSCF8333-1.jpg

DSCF8374-1.jpg

DSCF8347-1.jpg

地球が一年をかけて太陽をまわった証し。
そして人間も一年をかけて生きてきた。
ときは刻みひとはあるがままに生きている。
幸福を感じたぼくと同じように
見るあなたにも幸福を。
DSCF8335-1.jpg

posted by 平井 吉信 at 23:52| Comment(0) | 家の庭

2019年09月14日

ウリハムシギャング団 庭のキキョウに出現


6月に開花したキキョウ(園芸種)が9月に入ってなお蕾を付けている。
盛期のような花の大きさはないが、小さくても可憐。

ある朝、キキョウの花弁に黄色と黒の見るからに悪そうな虫が寄っていた。
ウリハムシ。
D7N_4947.jpg

D7N_5020-1.jpg

D7N_5008-2.jpg

D7N_5017-1.jpg

これから開花しようとしていた花が犠牲に。
D7N_5003-1.jpg

DSCF6057-1.jpg

庭での植物間の競合には不干渉を決めているが
毛虫と害虫だけは別。
写真撮影を行ったあと、薬剤で駆除。
posted by 平井 吉信 at 13:52| Comment(0) | 家の庭

2019年06月25日

庭のキキョウが咲いて 


最初の開花は6月22日だった。
朝起きて庭を見ると
ぽっと一輪ひらいていた。
出かける間際だったけどカメラに収めた。
DSCF3315.jpg

それから数日後、
梅雨とは思えないからりとした晴れ間にさらに咲いた。
DSCF3566-1.jpg

ハチもいる
DSCF3511-1.jpg

DSCF3505-1.jpg

夢のような花とのひととき
DSCF3516-1.jpg

キキョウに覆い被さる野菊、
それぞれ初夏と初冬と咲く時期は異なれど
それぞれの存在感を全身で伝えてくる。
DSCF3554-1.jpg

庭のキキョウがこの夏も咲いている。
DSCF3566-1.jpg

タグ:キキョウ
posted by 平井 吉信 at 11:43| Comment(0) | 家の庭

2019年05月24日

猫の額ほどの庭にも生態系のせめぎあい


庭といっても広大な庭とは程遠い。
人間が通ることさえ難しい狭さ。
その庭から写真を撮ってここ数年発信を続けている。
ときにセミ、カマキリ、テントウムシがサナギから羽化したり、
昆虫だけでなくウシガエルが居座ったり。
夜には夜の表情もあるだろう(夜は興味がない)。

〇〇ガーデン、〇〇風庭園のような
秩序とデザインを重視される方はどう思われるか知らないが
ぼくはこの庭が好きだ。

タカサゴユリ(?)とネギと野菊が競い合いつつ共生している。
DSCF9553-1.jpg

こちらでは、キキョウと野菊のせめぎあい。
今年は日当たりの良い一角を大きな野菊が占拠した。
その陰で負けじとキキョウが伸びている。
前年はキキョウが占拠して野菊が間から顔を出していた。
このせめぎ合いは年によって変わるのだが
どのような変数が作用しているのだろう。
DSCF9555-1.jpg

スミレと言ったが、園芸種のヴィオラでは?
D7N_4196-1.jpg

同じ絵も小さなセンサーの富士X20で撮るとやさしい感じ。
DSCF9567-1.jpg

種子ができている。スミレの種を見るのは初めて。
D7N_4224-1.jpg

これも帰化植物のアカバナユウゲショウ。
白人女性が日本の木陰で立たずむ風情にも似て。
D7N_4215-1.jpg

ここは庭ではなくて那賀川の河川敷。
ナヨクサフジが席巻している。
数年前はこれほどの広がりはなかったと思えるのだが、
この植物は他の植物を寄せ付けないアレロパシーを持つ。
そのことが原因かもしれない。
DSFT0951-1.jpg

環境省の生態系に影響を与える外来種のリスト
https://www.env.go.jp/nature/intro/2outline/files/10_rist_a4_m.pdf

それでも朝起きて太陽の光を浴びながら
庭を見ると気持ちがなごむ。
posted by 平井 吉信 at 19:32| Comment(0) | 家の庭

2019年05月15日

庭の野草も競争を勝ち抜いて出現


おだやかな五月晴れが続いている。
東に面した小さな庭では
ネギが生えたりキキョウの芽が出たり
DSCF1177-1.jpg
野菊に孵化したテントウムシが歩いていたり。
種を蒔いたり苗を買っていないのに
自生してくるのが楽しい。
どこからやって来るのか、どこから飛ばされてくるのか。
D7N_4176-1.jpg

ムラサキカタバミの群落ができている。
DSCF1173-1.jpg
華やかなモモイロはアカバナユウゲショウという帰化植物。
D7N_4170-1.jpg

DSCF1646-1.jpg
帰化植物は必ずしも歓迎されないが
それも含めてどのような勢力が定着するのか見ている。

参考までに、室戸岬で咲いていたのはヒルザキツキミソウ。
(別に室戸岬でなくて民家の植栽から流れてきたのだろう)
こちらも北米原産の帰化植物だとか。花言葉は「無言の愛」。
DSCF9334.jpg

秋になると見かける小さな桃色はハゼラン。
D7N_1978-1.jpg

(カエルがひなたぼっこしているのを見かけるようになった)
posted by 平井 吉信 at 21:47| Comment(0) | 家の庭

2018年12月13日

野菊 いつから庭に咲くようになったか


野菊が自生するようになってから
花のない冬の庭に色彩を与えている。
DSFT0694-1.jpg

開花はもう少し早かったが
多忙にかまけて花を見る時間がなかったり
晴れ間が少なかったりと。
東からの陽光を受けて自らも光を放っているよう
DSFT0715-1.jpg

蜂が近寄ってきてレンズの前の花びらで蜜をむさぼっている
DSFT0721-1.jpg

DSFT0732-1.jpg

カメムシもやってくる
DSFT0745-1.jpg

しかし、急に飛び立ったと思ったら
別の蜂をからみあい地面に落ちて
身体を密着させた。
冬の朝、ひだまりのできごと。
DSFT0766-1.jpg
(顔を見るとレンズの前で蜜を吸っていたほうが下になっているからメスなのだろう)

今年も野菊が遠く近く光を宿して咲く
DSFT0749-1.jpg

フジX-T2+XF35mmF1.4 R(標準レンズに付け足すマクロ中間リングMCEX-11)の手持ちでこれだけ撮れる
タグ:2018
posted by 平井 吉信 at 12:49| Comment(0) | 家の庭

2018年09月25日

庭のツユクサ 秋が手をひろげて


キキョウが幻想的に咲いていた庭の一角から
少し離れてツユクサがいっせいに咲き始めた。
その一輪。
DSFT8570.jpg

濃い紫は撮影したそのままを掲載。
もう上着が必要な季節になった。
知らぬ間に秋が手をひろげている。


フジX-T2+XF35mmF1.4 R(接写リング)手持ち
タグ:2018
posted by 平井 吉信 at 20:16| Comment(0) | 家の庭

2018年09月17日

庭の桔梗 夏の名残の風が吹いた


庭の桔梗の開花日を見ると
2016年は6月13日、
2018年は6月17日と例年6月中頃に咲き始める。
D7N_1377_00001.jpg

D7N_1390.jpg

D7N_1423.jpg

DSFT4995-1.jpg

DSFT5001-1.jpg

今年は二百十日を過ぎて9月17日となっても
なお一輪咲いている。
DSFT8062-1.jpg

いつも庭の決まった一角で
初夏になると芽吹いて花が咲いて秋の声聞くころ散っていく。

空高い雲に夏の名残の風が吹き抜ける。
タグ:キキョウ 2018
posted by 平井 吉信 at 11:31| Comment(0) | 家の庭

2018年06月24日

庭のキキョウ 初開花から一週間で満開


快晴の朝、ゆっくりと起き出して
ダージリンの紅茶と大洲で買ってきた志ぐれをいただいた。

満ち足りて庭に出てみた。
自宅の庭は何の手入れもしていないけれど
キキョウが同じ場所に生えてくる。
野菊と競り合いながら(こちらはどちらの味方もしない)
背が大きくなったと思ったら
これまで付けたことがない多くの花。

撮影しようとして足元にいるバッタに気付いた。
幼生のようだが、尾がある。ヤブキリのメスだろうか?
DSFT4946-1.jpg

そこから数歩歩くとカメがいた。
(カエルはいつもいるしまれにヘビもムカデもいる。まちなかですけど)
D7N_1404-1.jpg

マツバボタンも今年初の開花
D7N_1417.jpg

今年のキキョウはみごと!
(ニコンD7200+AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR)
D7N_1429-1.jpg

D7N_1423.jpg

フジX-T2に80年代のタムロン90mm/F2.5を付けてみる
(ミノルタMDマウント用を変換アダプターでフジXマウントに装着。撮影時はf5.6〜f8)
DSFT4995-1.jpg

DSFT5001-1.jpg

艶っぽい絵画のようだ。タムロンの銘玉といわれていただけあるね。
DSFT5008.jpg

キキョウと書くより桔梗と書いてみたい。
茶室から鹿威しが見えて桔梗が揺れている庭のある家に住んでみたい。

タグ:キキョウ 2018
posted by 平井 吉信 at 12:18| Comment(0) | 家の庭

2018年01月20日

冬の短編集 庭の野菊に雪が降り積もった朝


朝起きてJRが動いていることは確認できた。

寒波の襲来で雪が初めて降り積もった朝、
庭に出ると、
野菊に降った雪が凍り付いていた。
DSFT7410-1.jpg

人間ならふるい落とすことができる。
それができない野菊は
葉脈や茎まで凍り付いてしまったのではないか。

しばらく見つめていても仕方がない。
出張に出かける。


二日後、
朝の太陽に花も目覚めていた。
DSFT7430-1.jpg
タグ:JR 2018
posted by 平井 吉信 at 23:33| Comment(0) | 家の庭

2017年12月02日

庭の野菊 三日目に陽光を浴びて


いつ頃からか自生している野菊(園芸種の種なのかもしれないが)が
11月の下旬に蕾が付いているのを見つけた。
出張があるので毎朝見ることはできないけれど
咲くだろう、咲けば、咲くとき、咲けよとを楽しみにしていた。

そして太陽の光が十分な温もりを乗せて
東の空から降りてきた、降ってきた。
この時期に、この花を見て欲しい人がいる。
特定の誰に当てたものではないけれど、
花を咲かせたい人のため。
DSFT6242.jpg

DSFT6078-1.jpg

DSFT6238.jpg

DSFT6086-1.jpg

DSFT6232.jpg

野菊だって、ひそかに見て欲しいと思っているに違いないのだ。
だから咲く。
DSFT6229-1.jpg

(フジX-T2+XF35mmF1.4 R)
タグ:2017
posted by 平井 吉信 at 12:14| Comment(0) | 家の庭

2017年10月03日

庭の花に一日を予感


昨日は大雨で牟岐線が止まったそうだが、
きょうは晴れ。
仕事で牟岐へ向かうのだ。
朝の庭は水滴を帯びた赤紫の花が薄曇りに咲いている。
きっと良い一日になる。
DSFT4796-1.jpg
(フジX-T2+XF35mmF1.4 R。手持ち)
タグ:2017
posted by 平井 吉信 at 22:23| Comment(0) | 家の庭

2017年09月23日

バッタのようだけど、見たことのない虫


自宅の壁に張りついていたのを見つけた。

バッタのようだが、背中が平板。
触覚が長い。
前足が短いのに後ろ足が長い。
目玉は複眼ではないようだが、身体からすると大きく
昆虫らしくない。
DSCF0160-1.jpg

わかる方、ご教示を。
タグ:2017
posted by 平井 吉信 at 22:37| Comment(1) | 家の庭

2017年09月17日

駆け抜けた夏の花


競争や淘汰を繰り返して成っていった生態系とは違うけれど
庭に咲いている(ふらりとやってきた)花と
いただいた花や
育てた花が共存しているっていいよね。
DSFT4012-1.jpg

DSFT4048-1.jpg

DSFT4018-1.jpg

DSFT4029-1.jpg

色彩が物体からこぼれ落ちたように見えることがある。
夢中でシャッターを押している。


四国のみなさま、西日本のみなさま、台風の備えはできましたか?

(フジX-T2+タムロン90/2.5(ミノルタMD用)、XF35mmF1.4 R)
タグ:2017
posted by 平井 吉信 at 11:07| Comment(1) | 家の庭

2017年07月07日

G面上のカマキリ


雨の滴は規則的にガラス窓に落ちる。
バッハならこういうだろう。
弦のG線の上に展開するアリアのようだ。

ミサイルは頻繁に日本海に落ちる。
○○ならこういうだろう。
アメリカ本土に到達するアイスクリームのようだ。

失言は頻繁に政治家に現れる。
そこに寄り添う官僚は出世もある。
寄り添わない人は破廉恥にされる。
火のないところに煙を立てるマッチのようだ。

核もミサイルも怖い。
怖いけれど自分のところには落ちないだろう。
それよりももっと怖いこと。
安全に食べられる食材と水を自国で確保すること。
これが真の安全保障関連法案だ。

相変わらず雨の滴はガラス窓に落ちる。
ぼくはこういう。
繊細にして大胆なガラスの上のカマキリだ。
DSCF8684-1.jpg

DSCF8685-1.jpg

奴はこのあとフジX20(撮影距離3センチ)を乗り越えて
一気に腕を上がって威嚇する。
やってくれるね、ベイビーなのに。
タグ:2017
posted by 平井 吉信 at 22:46| Comment(0) | 家の庭