2015年03月31日

JR四国 快速サンポート 極楽浄土+退廃+妖艶÷3=アラーキー列車


JR四国のおもしろい列車を高松駅で見つけた。
観音寺からやってきて琴平へ向かう快速サンポート。

DSCF5642-1.jpg

DSCF5643-1.jpg
タグ:JR
posted by 平井 吉信 at 00:00| Comment(0) | まちめぐり

2014年07月20日

はりまや橋から帯筋を抜けて県庁おもてなし課へ


四国の4県都はそれぞれ個性がある。
栗林公園の史跡と
60年の定期借地権と所有と使用の分離という手法で
あざやかなまちをつくった高松。

松山城と道後温泉という観光資源を有し、
ロープウェイ街から三越を経て市駅高島屋までの商店街を持つ松山。

四方を川に囲まれたひょうたん島を舞台に
文学にうたわれた眉山を背景に持つ徳島、
でも、まちとして好きなのは高知。

底抜けの明るいまちでありながら
まとまりの良さを感じるから。
日曜市もひろめ市場もはりまや橋も
個人的には惹かれないけれど
まち全体が地元のために地元とともに生きている印象がある。
全国チェーンのありふれた店をほとんど見かけないのも美点。
やはり地元ではなにがしかの理念に基づいて活動している人たちがいるのだ。
スタジオジブリのアニメ作品「海がきこえる」でも
気取らないまちの空気感を伝えていたように思う。
→「海がきこえる」」(ウィキペディア)
→ロケ地めぐり「海がきこえるを歩く」
http://homepage3.nifty.com/akinori_naka/

はりまや橋商店街は活発にイベントをやられている。
きょうは生鮮品の市が立っている。
木造のアーケードも希少価値。
DSCF2364-1.jpg

はりまや橋から西へ向かう。
水路は空の色を映して碧。
DSCF2376-1.jpg

高知県の特産品を扱いつつ情報発信を行う「てんこす」。
思いがてんをこすようにと
運営している人たち、応援している人たちの気持ちが伝わってくる。
おみやげはここで買うことにしている。
http://www.shikoku.meti.go.jp/shikokubito/interview/08/

DSCF2380-1.jpg

高知の商店街の宝物と言えば…
エスコーターズ。
動く灯台とも呼ばれる大学生による商店街のコンシェルジュ。
まちづくりはハコものよりもそこに魂を通わせること。
外観だけでは高知のまちの良さは気付かないけれど
エスコーターズは全国に誇れる活動。
この看板ももしかしてエスコの手作り?
DSCF2381-1.jpg

「トモちゃんと魔法のおかし」という絵本を持っている。
高知商工会議所で手に入るがアマゾンでも。
トモちゃんと魔法のおかし

新しい店ができていた。
土佐佐賀の本社売店か高知大丸で
ここの冷凍タタキを買うことがあるけれど
ひろめ市場から遠くない場所に出店。
この街区に図書館や科学館など人々の夢を育む施設とともに
カフェやレストランが加わった複合施設が
お目見えするのもそう遠くないのだろう。
DSCF2383-1.jpg

高知城は晴天が似合う
DSCF2392-1.jpg

仕事で高知県庁にやってきた。
玄関入り口には「県庁おもてなし課」のパネル展示。
ほんものは庁舎の上階に地域観光課とともにある。
DSCF2400-1.jpg

今回は別の課で打ち合わせ。
ご対応いただいたKさんは熱い心を持った方で
感銘を受けた。こうでなければ!

再びまちへ。
きょうは人気のカフェの二階で。
DSCF2412-1.jpg
(フジX20にて)
もうあと少しでよさこいが始まる。
照りつける夏の太陽の下、
気のせいか、まちもそわそわしているようだ。
そうなが。


【追記】
四国各地で観光促進にパスポートを活用されている。
しくみが複雑すぎてわからないので、
おそるおそる店や施設で掲示して
「うちはやっていません」
「やっていますが、対象になりません」
と教えてくれるときの互いの気まずさ。
複雑なしくみよりも、
清潔なトイレ、笑顔と気配り、温かみなど
素のままの人間の魅力でぶつかっていったほうが
高知に限らず四国らしいと思うのだけれど。
(だからエスコーターズはいいのだ)
タグ:高知 カフェ
posted by 平井 吉信 at 23:29| Comment(0) | まちめぐり

小松島のまちは昭和に拡がる。平成の時代に「大正館なつ家」、古民家カフェの看板はちりめん丼

小松島港がかつて四国の東玄関といわれていた頃、
京阪神からの航路が港に着く度、
人や車が沸き上がる泉のように現れ、散っていった。

学校から帰った子どもらは「三条仲良し広場」に集まり
かんけり、やりこ、ろくむし、温泉、陣取り
といった遊びに夢中になった。
どれも道具は要らず、簡単なルールで遊べるもの。
小学校の高学年も低学年も集まり、小さな子どもの面倒を見るのだが、
小さな子どもにはオープン参加の特例ルールがあった。
(徳島では「あぶらご」と呼んでいたようだが、小松島では「めんめんちゃ」と言っていたような。いずれにしても小さい子も一緒に遊べるようにとの配慮)

子どもたちはさまざまな遊びを発明する。
港周辺のさまざまな土を集めてはこねて泥団子をつくる。
それを手で磨き上げていくと虹色の光沢が出ることがある。
それを「金が出た!」といって仲間に見せて回る。
みんなうらやましそうに横目で見つつ
赤土やら黄色の土やら畑の粘土やらを巧みに混ぜて
「金」を出そうとする。

近所には食料品店がたくさんあった。
家の前に八百屋、隣の隣に八百屋、すぐ近くに2軒の駄菓子屋、
手の届くところに市場、裏通りにも八百屋など
歩いて5分程度の距離に八百屋や市場がたくさんあった。
大手スーパーはなく、それだけ身近な生鮮食品の需要があったのだ。
ところがこれらの店がまっさきに姿を消していく。
気がつくとまちなかの高齢者は毎日の野菜を買いに行くことができない。
解決策として、
まちなかの小さな産直市を運営するコミュニティビジネスか
移動スーパー「とくし丸」のようなやりかたがある。
いずれにしても手法ありきではなく、精神が原点。

小松島港駅は、港の乗降客を徳島駅まで運ぶ小松島線の始発の駅。
小松島港駅を出た汽車は踏切ひとつ越えたところで
再び停車する。小松島駅である。

港の乗降客の小松島港駅に対し
小松島駅(通称本駅)はまちの人たちの駅である。
本駅前には、京阪神航路の待合室があり
鹿鳴館時代のような瀟洒なデザインから
ハイカラ館と呼ばれていた。大正時代のことである。
昭和9年には新港が完成すると発着場も移動し
昭和50年頃には幽霊屋敷と呼ばれていた。
(昭和56年の不審火で焼失)

整理すると、
神田瀬川河口の藍場の浜にあった京阪神航路の発着場を旧港、
昭和になって開港し現在も港として使われている新港という。
旧港にあったのが本駅。
新港にあったのが港駅という位置づけでもある。

本駅と港駅の間はわずか数十メートル。
駅が設けられた理由は、
航路の乗降客用の港駅と
まちの乗降客用の本駅では
まちの構造からアクセスが異なるためである。
(広大な列車基地によって遮断されている)

いまのたぬき広場の辺りに踏切があり
列車が行き交うたびに
踏切脇の詰め所にいる国鉄の職員が手動で踏切を上下させた。
そういえば、徳島バスも運転手とは別に車掌が乗り込み
札を入れていた。
そのような時代、阿波池田行きの普通列車が
哲朗とメーテルが乗り込むようなえんじ色の客車を10両以上も連結して
汽笛を鳴らして高度経済成長期の踏切を横切っていった。

→ 日本一短かった小松島線
http://niki.main.jp/komaline/index.html
http://niki.main.jp/komaline/sayo_b/sayo5b.jpeg

港にはちくわ売りの名物おばちゃんがいて
小松島名産の竹ちくわを売って歩いた。
ホタルの光が流れるなか交わされる紙テープを握りつつ、
船は港を離れ、日の峰や小神子が小さくなると
四国を離れるんだという思いがこみ上げてきた。

線路沿いには石炭の貯蔵場所があり、
せみしぐれの早朝のムラサキツユクサやイタドリに
滴が光っていたのを覚えている。
ヒマワリや朝顔とともにツユクサに郷愁を覚えるのは
おぼろげな幼少時の記憶があるからと気づいた。

夏も終わりになれば、線路沿いの草むらには
コオロギやショウジョウバッタ、トノサマバッタ、オンブバッタの天国となる。
半ズボンとランニングで皮膚をぼりぼりかきながら
虫を追いかけていた。

いまは綺麗な公園が整備されているが、
管理されていて
あの頃のようなときめきは覚えない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小松島にあるもの。

子どもの頃の朝食には
パン粉を付けてカレー風味のように揚げた
魚のすり身が定番だった。
地元では単に「カツ」と呼ぶが、
市外の人にはフィッシュカツと説明している。
(肉の揚げ物と間違われないため)
包丁で食べやすい大きさに切ってそのままつまむ。
酒の肴にもなる。

朝の2時頃から機械の回る音が聞こえてくるのは
小松島の港町方面から。
竹ちくわをつくる作業場から音の風景が響いている。

和田島で取れるシラスのチリメンも有名だ。
ハモやボウゼ、アシアカエビなどとともに
紀伊水道の幸を水揚げする漁師町であり
四国の東玄関でもあった小松島。

横須の松原には京阪神からの海水浴客で賑わったという。
わざわざ航路でやってきて海水浴を四国で楽しむというのは
リゾートだったのだろう。
近くには弁財天を祭った岩があり
遠浅の砂浜でゆったりと過ごす一日はバカンス。

やまももは県の木。
日本のヤマモモの7割は徳島産であり
その大半は小松島であるから
小松島は全国最大の産地かもしれない。
先見の明を持って果敢にやまももに取り組んだのは
祖父の兄である。
http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=15467

ジブリアニメの「平成狸合戦ぽんぽこ」の金長は
小松島の金長たぬきの6代目という設定。

ハレルヤ製菓の金長まんじゅうも金長たぬきにちなんだもの。
うちの近所にハレルヤの本店があり
トルテのケーキとともにハレルヤのアップルパイが
年に数回のハレの日のおやつであった。

ほかにもいろいろあるけれど、
全国的に知られるものがいくつもある。
ほかのまちだって同じだろう。
あるものを探せばきっと見つかる(あるのだから)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

きょうはまちなかの旧家を改造したカフェにやってきた。
小松島のまちの構造は
小松島駅(旧港)から放射状に広がっている。
一条通、二条通、三条通、四条通、五条通、六条通。
なかでも賑わったのが二条通である。
駅前には数軒の旅館があり
ハレルヤ本店、洋食堂コトブキ、映画館、書店と続く。
かつての本駅から歩いて1分ぐらいの二条通に
そのカフェはある。

以前にも有志が家屋の修理と庭の整備を行い
古民家カフェをやっていたのだけれど
新たに日替わりの料理人を配置して
大正館なつ家として生まれ変わった。
DSXE4038-1.jpg

DSXE4051.jpg

DSXE4046.jpg

DSXE4025-1.jpg

DSXE4018.jpg

DSXE4020-1.jpg

DSXE4060.jpg

DSXE4062.jpg

現在の定番メニューは
小松島名物のちりめんをふんだんに使ったしらすかま揚げ丼
和田島チリメンの網元から直送してもらっているとか。
東京方面(江ノ島か?)からやってきた人が注文された丼を見て
これで550円?と眼を丸くしたという。

DSXE4080-1.jpg

DSXE4071-1.jpg
(フジX-E2+XF14mmF2.8 R、XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS、XF35mmF1.4 R)

小松島のまちは子どもにとって天国のような場所であった。
しかし、客船航路は廃止され、小松島線もなくなり
時系列でいえば、小松島は四国でもっとも寂れたまちである。
けれど、まだ何かやれることがあるのではないか。
市民の一人ひとりにその思いと覚悟があれば。

posted by 平井 吉信 at 16:06| Comment(0) | まちめぐり

2014年07月05日

松山市から伊予市へ 郡中のまちはしっとりと

松山と伊予市に日帰りの出張の一日。
九州では大雨とのこと。
まちなかを小さな折りたたみ傘で大丈夫かな。
でも、意外に降られなかった。

大街道の入口のまろで盛りそばの大盛りを。
DSCF2279-1.jpg

大街道から銀天街へと向かう。
DSCF2287.jpg

銀天街3丁目のぎんこい市場で野菜を買う。
DSCF2291.jpg
何を買おうかと物色していたら
店長の向井京子さんが来られてこちらからごあいさつ。
いつも親身にお話をいただく。
DSCF2293.jpg

そのお気持ちがうれしいので
雨の日にたくさんの荷物を抱えて
遠距離の自宅まで野菜を買って帰る奇特な人になる。

商店街の方々との打ち合わせのあと、
松山市駅から伊予鉄で伊予市へ。

郡中(ぐんちゅう)のまちは一体感がある。
しっとりと落ち着いた雰囲気で
内子、大洲、卯之町とまちのコミュニティの空気感は似ている。
買い物や医療施設も多く便利だけど
住む人の心が通うなりわいを感じる。
(移住を希望される方には市役所が親身になって相談に乗ってくれるとか)

「町家」は地域の野菜や魚などの販売拠点。
地元の人の熱意で運営されている。
DSCF1124.jpg

まちの途中に由緒ありそうな建物(元 伊予農業銀行郡中支店)があり
見学できるとのことで立ち寄る。
地域おこし協力隊の新居田さんからご説明をいただいた。
まちのみなさんの知恵と熱意で新たに生まれ変わったとのこと。

DSCF2296.jpg

DSCF2297.jpg

DSCF2298.jpg

DSCF2299.jpg

→郡中まち元気サロン「来良夢」
http://www.machidukuri-gunchu.jp/koramu/koramu.html

仕事のあと、からき天ぷら店に立ち寄り
名物のガンスを買う。

商店街の路地の入口にあって
連ドラのロケに使われそうな立地。
地元の人がひっきりなしに訪れる
伊予のソウルフード。
DSCF2305-1.jpg

DSCF2303-1.jpg

DSCF2348-1.jpg

説明によれば、
>瀬戸内の新鮮なエソを使用した当店の『ガンス』は
>かなり厚みがあり、パン粉の香ばしさとサクサク感に加え、
>上等の蒲鉾のようなプリプリとした食感が楽しめます。
>玉ねぎの甘みとピリリと効いた七味唐辛子の絶妙な味わいは、
>一度食べるとやみつきになるほどの美味しさ!

松山市駅まで戻り、
高島屋の地下で車内でつまむものを買って高速バスに乗り込んだ。

西条を過ぎる辺りから雲が少しずつ晴れていき
DSCF2306-1.jpg
川之江ではほんのりと海がうす紅に染まった。
DSCF2329-2.jpg

早朝からの出張だったが、
きょうお会いしたみなさんの顔を思い浮かべつつ。
沖行く船を眺めながら
伊予の国を離れる頃には心地よい揺れに誘われて
しばし白河夜船のバスのなか。
・・・

DSCF2335-1.jpg

【追記】
ぎんこい市場で買ってきたキャベツが絶品。
砥部から奥へ入った旧広田村の標高は高い。
イノシシと闘いながらも
ワラなどをすき込んだやわらかい土から
根がしっかりと張り出し
しなやかで甘いキャベツができるのだろう。
(野菜の風味は育てる人の性格や雰囲気をまとっている)

友人からもらったヤマモモも絶品。
(1年でわずか半月ほどの旬)

知人からいただいたスモモを添えて
これまたいただきもののきゅうりを
内堀のワインビネガーと塩昆布、白ごま、
冷凍レモンのすり下ろしなどを使って
2種類の味に仕上げた。

トマトには北イタリアのエクストラバージンのオリーブオイルを。
キャベツは甘みとやわらかさを活かすため
ドレッシングは使わずそのままで。

DSXE3831-1.jpg

包丁は切れている。
(菜切り包丁は勝浦町の大久保鍛冶屋でつくってもらった)
小指にわずかに力を入れるほかは
指を軽く添えるだけで包丁は握らない。
肩の力を抜いて
包丁の重みを利用して「切れていく」。
(「切る」のではなく「切れていく」)
この感覚を会得すれば料理の腕は上がる。
手首でも肱でもなく
肩を持っていく感覚で
包丁がすうっと「切れていく」。
(この感覚を身に付けたので包丁を研ぐ機会が激減した)

香辛料漂うカレーまで出そろい、
これだけの野菜と果物もあっという間になくなってしまう。
四国の野菜、徳島の野菜は宝物。
(おいしい野菜は不老不死に近づくと言い切ってしまう)

おいしさは思いやりの裏返し。
ていねいに地道に育んだ人への天からのご褒美、
そしてそれを多くの人に分かち合う歓びの収穫。

伊予と阿波を結んで地産地消の宴は週末の祭り。
さあ、手づくりのレモン酒とワインを空けよう。

タグ:愛媛 松山 大洲
posted by 平井 吉信 at 23:26| Comment(0) | まちめぐり

2014年06月08日

「おもてなし(表裏なし)?の伊座利de海女さんや漁師のおばちゃんが営むイザリCafe」 そして伊座利キャニオン

おもしろい。
表題のカギ括弧内はぼくが付けたのではなく
カフェのチラシから。

さらに、漁協のWebサイトに
自虐的だが自信に満ちた問答が。
(ここから引用)

「アラメちゃん」の特徴を一応、前向きに捉えてみました。

●味がない     ⇒   調味料となじむ。味がしみ込む     
●海藻臭さがない  ⇒   食べやすい。
●スジスジ ⇒ この食感がたまらない!
●戻すのは簡単! でもアラメだけでは…
●食べ方がようわからん!  ⇒ 調理意欲が湧く。

(ここまで)

DSXE3126-1.jpg

由岐町の阿部(あぶ)・伊座利(いざり)地区は
かつて陸の孤島と形容されていた。

でも、いまのこの地区にはヒトの可能性がいっぱいある。
地元が問いかけ続けているのは集落(共同体)のあり方。

子どもがいなくなることは集落の崩壊を意味する。
そこで移住する人を増やしたいが、それを目的とすると失敗する。
(売上もそうだが結果として得られるもので目的ではない)
伊座利では留学と称して短期間の受入を行い、
集落に迎え入れるかどうかを見極める。
(相手方は溶け込めるかどうか)

なぜ、定住ではなく留学なのか。

いまの時代、「定住」をめざすことがすでに不自然。
なぜなら、ひとの生きるかたちが変わってきている。
10年ぐらいの単位でやりたいことをやりつつ
(ときに遠回りや下準備をしつつ)
10年=1クールとして人生を実践する人が増えている。
いわば循環型(ぼくもそうだけど、いまの仕事を10年後もしているとは思えない)。

まちの人が田舎に住むことの課題は3つある。
(1)生きていくための経済手段の確立
(2)住居と共同体へのなじみ
(3)教育と緊急医療の体制

移住する人にとって
短期間でこれらを見極めるのは容易ではない。
また、受け容れ側も新しい風が
よい影響をもたらすかどうかわからない。
伊座利のような小さな集落にとってはなおさら。

伊座利のような地区に移住したいと考える人は
20代前半で就職し、30代までに家庭を築いて定年まで
という直線的な人生を選ばない人だ。
だから、まっしぐらに移住することは
直線が単に折れ曲がっているだけ。
田舎暮らし=定住ではなく
人生の10年を過ごす選択肢として提示する必要があるのではないか。

ということで、
留学は来訪者の思惑と受け容れ側の事情が合致している。
短期滞在として留学を行うところから移住する人も出てくる。

過疎対策として定住促進に力を入れる自治体が増えている。
施策として議会の理解は得られやすいが、
実はIターンは敷居が高い。
上述の課題に加えて、
・体質として地域に合うかどうか、
・作業にこき使われたり活性化に駆り出されるのではないか、
・自分がやりたいことが実現できるか(自分の時間が確保できるか?)
などの懸念がある。
やりたいこと―それは人生を通してのライフワークの場合もあれば、
十年程度の課題であることもある。
だから、数ヶ月、数年住むという選択肢が必要となる。

上勝町では、(株)いろどりが窓口となって
インターンシップ事業を実施し、
事業終了後に移住したIターンが30名を越えた。
その人たちは町内で就職ないしは起業した
(上勝町は四国でもっとも人口の少ない町である)。
また、移住しなかった人たちとも縁ができたことで
県外の上勝ファンを創造できた。

コミュニティという言葉には、
教育、社会や自然との付き合い方、共助や防災まで含んでいる。
伊座利では、よその家の子どもが悪いことをしたら叱る。
まちでそんなことをしたら、
モンスター両親が血相変えてやって来る。
でも、伊座利は地区全体がひとつの大きな家族のよう。
自分の時間さえ確保できたら、大家族は悪くないと思う。

不器用だけどモノサシがぶれないから
マーケティングの匂いがしない。
小さな集落だからこそ経済価値だけで判断しない。
伊座利では齟齬を生じないよう
集落全体で子どもの教育のあり方を明確に打ち出している。
言い換えれば、来訪者に選ばれつつ、
来訪者を選ぶマッチングを行っている
(理念を発信しない地元事情だけの定住促進は選ばれない)。

伊座利の物語については末尾のリンク先を見るとして
全国から、わざわざここへ来る人がいるという
イザリCafeへ行ってみた。

★ ★ ★ ★ ☆

漁港からすぐの高台に漁協と並んで立っている。
目の前の漁港で採れたものを出すから
人気のさしみも出せる日と出せない日がある。
魚の種類も変わる。
それでいい、それがいい。
(でも、その日の魚種を黒板に書いてあるとなおいいのだが)

さしみといえば、冬が旬だけど
海が荒れたらひと月近く出漁できないこともある。
エビフライ定食などは通年あるらしい。
(もちろん地元のエビだろう。次はそれを)

伊座利のある由岐町は
イセエビ、アワビ、ナガレコ(トコブシ)、アラメなど
高級食材が水揚げされる。
タチウオ、アマダイ、イサキ、グレなども採れるはず。
ぼくもときどき由岐の網元さんから魚をいただく

そう、みんな魚を楽しみにしている。

阿南市福井町から峠を越えて海が見えた。
ぐんぐん高度を下げていく。
道路は大型バスが対向できるぐらい快適で
もはや陸の孤島は過去の形容詞。
DSXE3114.jpg

集落のなかを伊座利川が流れる。
この風情が妙。
DSXE3118-1.jpg

道ばたにはハマダイコンやムラサキカタバミなど。
これはおそらく園芸種が野生化したもの。
DSCF2023.jpg

海岸性のシシウド属のよう。ハマウドか。伊座利川沿いにて。
DSXE3211.jpg

漁港が見えると右に曲がり黒の建物が見えてきた。
DSXE3122-1.jpg

これがイザリCafe
DSXE3123-1.jpg

名前を書いてテラスで潮風に吹かれているとすぐに名前を呼ばれた。
注文したのはいざり御膳。
DSXE3148-2.jpg

今日のさしみの魚種は、イサキ、ブリ、サバ、カツオ、グレあたりか。
サバは佐賀関や土佐清水のサバに負けないものであった。
イサキは甘みがあるのでわさびなしで味わう。
カツオはまだ脂が乗っていない。
グレは歯ごたえがある。
沿岸のグレはオキアミで大きくなっているので美味。
浜から直送された素材ならでは。
(でも、もしかしたらサバを除いて一日寝かせて熟成させているかも)
DSXE3157-2.jpg

遠くから来た人たちで賑わう。相席の前のご夫婦と歓談を。
ジャズが流れる店内はカフェ。メニューは漁港食堂。
DSCF2013-2.jpg

地元(日和佐)の絵本作家梅田俊作さんの作品が壁に。
DSXE3138-1.jpg

朝顔に囲まれた東向きのイザリCafeのテラス。
朝日(アマテラス)を眺めながら
海女を眺めるテラス
DSXE3173.jpg
(実は職業としての海女さんを募集中
http://www.izarijin.jp/uploads/photos0/22.pdf

漁港内に浜がある。

DSXE3131.jpg

DSXE3192.jpg

振り返ればカフェが。
連ドラの「あまカフェ」に先だって
地元の思いが沸騰して産み落とされた。
「新しい公共」や「共助」よりも時代を先取り。
そして7年。

伊座利川のすばらしさが心に残る。
海はもちろん、伊座利地区でもっとも魅力ある地域資源かも。
DSXE3181.jpg

どこがって?
行けばわかる(感じる)はず。

たぶんこの川は水生生物の宝庫。
山から下りてきて水はほとんど
人家にまみれることなく海へ注ぐ。

河口は川がそのままたどりつく。
(生まれて一度も自然の河口を見たことがない人がいまの日本に9割以上はいると見た)
だから海と川を自由に行き来できる。
川は清浄で隠れ場所も多い。
エビやカニ、ウナギがたくさんいるはず。
(四国のあちこちの川でテナガエビ採りをした経験ですぐにわかった)

河口近くにはグランドキャニオンのような壁があり
その裾野を洗う。
この様子が漁港から手に取るようにわかる。
伊座利川は海に近づくと漁港と
伊座利キャニオン」の間を流れるのだ。
DSXE3194.jpg

DSXE3200-1.jpg

山から出てきた伊座利川は集落の間を流れる。
小さな橋がある。
その橋の上から水の流れを見るともなく眺める。
水は漁港(海)へ辿り着く。
その先で父(夫)が漁をしている。
この橋に名前を付けるとしたら
いざり想い橋」略して「いざもい橋」。

この川を見るためだけに伊座利へ行く価値がある。
なぜ、これまで気付かなかったのか。
観光案内にも伊座利川は載っていない。
伊座利の自然や風土をもっと知りたい。

ただし、伊座利地区は大人数が押しかければ地元は迷惑。
クルマを分散して停めても10台〜20台が限度。
伊座利キャニオンにしても
大多数の人は
四国でも一級の観光資源に気付かず帰っていく。
ただ、感じる人には
伊座利キャニオンは無限の驚きと感動を与えてくれる。
(地元の人たちも気付いていないけれど)

阿南バスが運営するコミュニティバスは、
伊座利、阿部、志和岐、由岐を結ぶ公共交通。
(このコースはまちでしか運転をしたことがない人は通らないこと)
由岐まで出れば、JR四国の宝と呼ばれる特急「室戸」が使える。
(室戸岬までは行けないのに「室戸」という)
(しかし、牟岐から阿佐海岸鉄道に乗り換えれば、一般道路も走れる魔法の両用車両を使えるかも)
↓ URLが泣ける。キタテツではなくアサテツなのだ。
https://ja-jp.facebook.com/asatetu.ganbaru

しかも駅長は現役のイセエビ。プロモーションビデオもある。
山や橋がないのにトンネルをくぐる場面もちらりと映し出されている。

「それいけ!伊勢えび駅長あさちゃんてっちゃん」
http://www.youtube.com/watch?v=uIXFgM7yN5g
↑ 石焼いも子さんの才能が爆発


路線ですれ違いの苦労話も含めて運転手さんと談笑した。
DSXE3218.jpg

心が折れないなら路はある。
海崖と小さな3つの集落を抜けて由岐から帰路に就いた。
DSXE3228-1.jpg

伊座利港。後方に伊座利キャニオンが見える。
河口に展開する渓谷地形から海崖への遷移、
それに漁港という人工物、
これらを集落にかかる橋からこれらを遠望する妙。
DSXE3227-1.jpg

北へ向けては蒲生田岬まで無人の海岸線。
南を見れば、集落のある入江は見えないので
海崖の連続する室戸阿南海岸国定公園の白眉。
DSXE3220-1.jpg


キャッチフレーズ 「なにもないけど、なにかある!」
伊座利
http://www.izarijin.jp/

伊座利校
http://www.izarikou.minamicho.ed.jp/

イザリCafe
http://izari.sblo.jp/

小さな漁村の奇跡の復活劇〜徳島県・伊座利地区
http://kasakoblog.exblog.jp/9913849/

※ 美波町ではわかりにくいので旧町名の由岐町で表記。
※ アラメは由岐が全国に誇れる海藻(地域資源)。水に戻すだけでサラダ感覚で食べられる。
※ 阿南市蒲生田岬から室戸岬にかけては室戸阿南海岸国定公園であり、
  平成26年6月に50周年を迎える。
→ 室戸阿南海岸 国定公園指定50周年
http://shikokunomigishita.jp/docs/2013112800022/



posted by 平井 吉信 at 00:00| Comment(0) | まちめぐり

2014年05月25日

南予に出かけた(宇和島、大洲)、そして松山、徳島へ


対角線に移動するのなら四国は広い。
時間距離ではグアムに行けてしまう。
東へ向かえば静岡辺りか。
その四国を40日かけてめぐるのが四国巡礼。
空海の遺徳を偲びつつ四国の風土と人々の思いにふれるうち
蘇生して戻っていく。

仕事で宇和島へ行くことになった。
前回は2008年11月だったので久しぶりとなる。
距離が長いので公共交通を使いたい。
車内で仕事ができるし
何も考えずに車窓の風景に浸る極上の時間がある。
物思いにふけるのも一興。
ときどきうつらうつら。
クルマではこの楽しさがないのだ。

高速バスとJRを乗り継ぐこととした。
車窓から印象的な風景を拾っていく。
茶畑と集落がミニパノラマのような里山(阿波池田)。
DSCF1450-1.jpg

重信川沿いの麦畑と豊かな木陰を小径に落とす河畔林。いつ見ても惚れ惚れする(川内付近)。
DSCF1455-1.jpg

特急宇和海に乗り込む。美人の車掌にときめきつつ、
肱川と大洲城を上手に鉄橋を渡る(伊予大洲駅通過後)。
DSCF1465-1.jpg

卯之町(山田屋の本店があったはず)を過ぎて宇和島に到着。
宇和島駅前通りの商店街
DSCF1468.jpg

歴史的建造物を活かした木屋旅館
中を見せていただこうと思ったがお留守であった。
http://kiyaryokan.com/
DSCF1477.jpg


宇和島といえば、真珠、闘牛、リアス式海岸、柑橘類、じゃこ天、鯛めしと名物揃い。
あいにく木曜日に訪問したので商店街は定休日のお店が多かった。
DSCF1483.jpg

良い雰囲気の花屋さん
DSCF1485-1.jpg

夕暮れが迫る。宇和島の賑わいは「きさいやロード」(アーケード商店街)から。
この地域の独立商圏を担う商都であり、
通常の地方都市の商店街のような最寄品ではなく
着物やアクセサリーなど買回品の店が並ぶ。
かつては南予一円から集客したという。
DSCF1521.jpg

DSCF1617.jpg

宿泊したビジネスホテルが奥に見える。
施設は古いが心配りが行き届いた宿で
もう一度泊まりたいと思える宿だった。
風情のある川沿いにあり、川を下ったところの料理屋に行くことにした。
DSCF1527-1.jpg

街なかを流れるのにこの水質。
DSCF1626-1.jpg

もちろん鯛めしを注文。
自分で醤油漬けの鯛やわかめをご飯に載せて食べる。
DSCF1502.jpg

DSCF1503-1.jpg

翌朝、市街地にある宇和島城へ登ってみた。
実は夕方訪れたところ、時間切れであった。
宇和島城は国宝のため、城はふもとの門で施錠される。
管理人の方から宇和島城の由来などを聞かせていただいた。
朝6時には門を開けるとのことで
ジョギングや散歩の市民が多数訪れるという。

DSCF1618.jpg

石段をどんどん登っていくと城壁が見え隠れする。
DSCF1545.jpg

宇和島城の井戸がある。かつては城の直下まで海であったが
いまでは海岸線が後退してまちになっている。
裏を返せば土地が低いので津波の心配はある。
ただし、宇和島は湾の奥にあるため、
津波が弱まる可能性と狭窄部で高くなる怖れの両面があると推察。
DSCF1590.jpg


ここは山野草の宝庫。
ていねいに標識をつけてある。
ドクダミは清楚な花を揺らしている。
DSCF1591.jpg


ついに天守閣が姿を現した。
DSCF1565.jpg


臨海部はバイパスが通る。
DSCF1564.jpg

国宝宇和島城
DSCF1573-1.jpg

DSCF1578.jpg

緑に染まる石垣
DSCF1605.jpg

木陰で舞う踊り子草。
DSCF1593-1.jpg


おお、ユキノシタ。
毛の生えた葉は天ぷらにすると美味。
かつてよく野山へ採りに行った。
DSCF1607-1.jpg

DSCF1611-1.jpg

宇和島駅で買ったのは
唐饅頭と浜田三島堂の善助餅。
どちらも「全国五つ星の手土産」に選ばれたとか。

DSCF1629.jpg

DSXE2932.jpg

海岸沿いの集落。かつて南予ではニホンカワウソが多数目撃されていた。
DSCF1631.jpg

おっ、この川は? 伊予の大河、肱川ではないか(卯之町駅周辺)
DSCF1635-1.jpg

小さな小川をJRの鉄橋がまたぐ。実はこれも肱川。
なんと源流は開けたまちと田んぼを縫って流れる里の川。
これから太平洋をめざして南流する。
DSCF1639-1.jpg


ところが、北上するJRと出会ったのは、またもや肱川。
(南の太平洋をめざしていたはずだが…)
さきほどの里の川の面影はない堂々とした大河。
(いったいさっきの小川がどこでこんな姿に成長したのか?)
DSCF1641.jpg
南流する小川を動機付けしてここまで来させた動機とは?
答は全国川選手権に備えてチームを編成で。


JR伊予大洲で下車。
今回は時間がなくて以下の場所は訪問できなかった。

・地域の観光案内と特産品の拠点「まちの駅あさもや」。
(観光への熱心な取り組みで知られる)
http://www.kurarinet.jp/asamoya/

・江戸時代の面影を残し、連ドラの舞台ともなったおはなはん通り、
http://www.city.ozu.ehime.jp/sightseeing/map/ohanahan.html
・昭和レトロのポコペン横丁。
http://www.city.ozu.ehime.jp/sightseeing/map/pokopen.html


架け替えが予定されている肱川の橋から大洲城と鵜飼いの舟。
橋の拡幅で歩道が整備され、
肱北(肱川の北岸をこうほくという)と肱南(こうなん)地区の回遊性が高まる。
DSCF1647-1.jpg


昔ながらの商店街

DSCF1650-1.jpg

DSCF1648-1.jpg

銘菓「しぐれ」を扱う「山栄堂」。ていねいなお菓子づくりをされていると感じる。
DSCF1653.jpg

DSXE2929.jpg

JR松山駅近くで食事 ハンバーグステーキを注文。あらゆる点で納得(時計台)
DSCF1658-1.jpg

高知県が誇るRYOMAの休日とそのラッピングバス(吉野川SAで停車中)
そのうち「高知家」のバスも出現するのでは?
DSCF1662-1.jpg


吉野川の屈曲点。印象的な川風景(吉野川SAから下流へ)。
DSCF1668-1.jpg

吉野川沿いの分厚い竹林を見ながら。
DSCF1672-1.jpg

訪問先での商店街やお店を訪問し、
車窓から見える人々の暮らしに思いを馳せる。
どんなところにも人がいる、住んでいる。
四国がまた好きになった。


追記

JR徳島駅に到着(ワシントン椰子とクレメントホテルは宇和島駅と同じ)
DSCF1674.jpg

おっとここにもラッピングバスが(徳島市のトクシィ)
DSCF1676.jpg
テレビでは「さぬきうどん融資課」を放映中。
(有志や業界がわかる人がシナリオを書いているようだ)。

四国は広い。四国はみんなちがってみんないい。



posted by 平井 吉信 at 01:32| Comment(0) | まちめぐり

2013年10月26日

四国内の産直市をめぐる 西条、そして松山へ


西条祭りが終わったばかりの西条、
石鎚山のふもとのこの都市は、
伏流水が「うちぬき」と呼ばれる自噴水となって
まちの至るところで湧き出る。
DSCF0982a.jpg

アクアトピア水系は西条市民の憩いの場
DSCF5176.jpg

西条のまちなかに紺屋町という商店街がある。
その一角に、みのりちゃん市場という直売所がこの夏にオープンした。
DSCF4620-1.jpg

何度か訪れたが、
いい野菜が多数並べられていて野菜好きにはこたえられない。
しかも価格が安い。
スーパーと比べて安いのはもちろん、
他の直売所と比べても安いように思う。
(都市部の人が並べられている野菜と値札を見ると信じられないだろう)
そして、食べるとなおびっくり。
野菜の旨味がぎっしりと詰まった
プロの生産者のしたり顔が見えてくるよう。

今回は、枝豆(150円)に驚いた。
こんなに中味がしっかりと詰まっていて
旨味が濃厚な枝豆には滅多に出会えるものではない。

西条は水がいい。
そして、野菜ソムリエがたくさんいるとも聞いた。
出品されている生産者のレベルは極めて高いようである。
(いままではずれを引いたことがない)

前回来たときにもたくさん買ったが、
価格設定が安くなかなか千円を超えない。
この品質なら、
都市部なら数倍の値付けでも売れるのではと思わせる。

みのりちゃん市場は、まちなかにありながら
駐車場を完備している。
紺屋町は急ピッチでまちづくりを進めているが、
一足早くオープンした施設である。
がんばっておられる商店街だから応援したい。

さて、紺屋町といえば、
鉄板焼きのスパゲティーで有名な喫茶ドリップがあった。
残念ながら閉店されたらしい。
このお店は、学生から高齢者まで3世代が通う
ユーミンの音楽のようなお店。

DSCF0760.jpg

カレーとスパゲティーの2酒類のメニューだったと記憶しているが、
西条の人たちの心のよりどころのようなメニューだった。
焼きスパゲティーは、ぼくも何度か注文したが、
鉄板のどちらかの端におしぼりを敷いて
大量の油を摂らないように食べるのがコツである。
(まわりを見ると、みんなそうしている)

DSC_8111.jpg

DSC_8115.jpg

メロンソーダとアイスクリームが付く
DSC_8104.jpg

DSC_8116.jpg

朝が来ると、まずドリップの門をくぐる常連さんも少なくない。
昼は、OLやサラリーマン、学生が同じメニューを頼む。
煉瓦の雰囲気と昭和の匂いのする名店だった。


少し離れたところにあるレストラン黒猫は西条を代表する名店。
DSCF5785.jpg

DSCF0211.jpg

DSCF0207.jpg

プロ野球選手の色紙がずらりと
DSCF5782.jpg

私も何度か食事にうかがったが、
残念ながら2010年末に閉店された。

武家屋敷を活用した嶢風庵は2010年夏に閉館されている。
DSCF5166.jpg

経営者の高齢化とともに、
いい店がなくなっていく。
経営者が変わっても
そのDNAを引き継ぐことはできないものだろうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

台風を気にしながら松山へ

翌日は、台風を気にしながら松山へ。
すでに、予讃線は止まっているが、
このことを見越してクルマで来ている。
松山道も通行止めだが、国道11号を桜三里経由で向かう。
途中、故障車が立ち止まって、それを除けるために
自主的な交互通行となり、桜三里を通り抜けるのに時間がかかった。
(ここも300oを越えると通行止めになるので早めに通過したかった)

松山の目抜き通りは、松山市駅・いよてつ高島屋から
三越松山店、さらにその先のロープウェイ街・松山城を結ぶ
銀天街、大街道である。
その銀天街の一角に、この4月にリニューアルオープンした
ぎんこい市場がある。
DSCF6956-1.jpg

ここは、意欲的な中予の生産者有志が出品している。
愛媛県中予地方局、松山市地域経済課もその動きを後押しして
愛媛CATVの協力を得て空き店舗で直売所を開いている。

ここには名物店長(向井京子さん)がいらっしゃる。
地元のケーブルテレビなどに出演されているらしい。

DSCF7043-1.jpg

店頭に良さそうなキャベツがあった。
なんと地元産(旧広田村)である。
DSCF7027a-1.jpg

この時期、四国ではほとんどキャベツが採れない。
一部、夏に収穫できる「藍天」などの品種もあって
栽培している生産者もいるが、一般的ではない。

ところが、これは正真正銘の地元産である。
旧広田村は合併して砥部町になったが、標高はかなり高い。
聞けば、店長自ら、今朝台風の雨に濡れながら
自分の畑から持ってきたという。
しかも1個150円。
(ここ数日はキャベツが高騰していてスーパーでは5百円近い価格になっている)
さっそく3個購入した。

さらにナラタケ(1カゴ150円)。
崩さずに持って帰るのが大変だけれど、
よし、これも買った。
愛南町の美生柑も安く売られていたが、
涙を飲んで次回に。

それにしても、
大街道〜銀天街(松山)と高松丸亀町は
四国の双璧と呼ばれる商店街で
全国からも注目されている。
そんな商店街の一角に
小さなけれどかつての八百屋のような店があるのは珍しい。
地元のおばあちゃんや子育て世代の女性がひっきりなしに訪れて
新鮮で安い地元の野菜を買っていく。
地元産のマツタケが並んで飛ぶように売れたり
まだ珍しいコールラビが並んでいたり。
イタリアンレストラン御用達のニンジンが売られていたり。
店長やスタッフとのやりとりを楽しみながら。
かつての商店街の良いところをぎんこい市場は表現しているよう。
こんな動きが商店街に拡がっていくといいな。

近所の鍋焼きうどんの店に行った。
あさひ or ことり? どちらの店もいい。
DSCF7057.jpg

来週は、四万十市(中村)のいちじょこさん市場へ出かけてみよう。

四国は、野菜が安くておいしい。
四国に住んでいるほとんどの人は気付いてなくて
スーパーの野菜を買っているけど。
(出張で数日空けると、料理をしたくてたまらない)


追記

その夜遅く、高速道路通行止めで渋滞する11号線(新居浜市)を
抜けて7時間かけて徳島まで戻ってきた。
おなかが空いている。
さっそくキャベツの千切りを食べる。

無言でむしゃむしゃ食べる。
甘い、味が濃い、しゃっきりしている。
無言。
青虫だってこんなに食べないだろう。

翌日は、豚肉とキャベツでお好み焼き。
夜には、ナラタケのみそ汁、
ナラタケのホイルバター蒸し、
ナラタケで出汁を取ったそばつゆのナラタケづくし。
これもうまい。ひたすら食べるだけ。

食欲の秋ではない。
素材がおいしくなるから
食べたくなるのだ。
posted by 平井 吉信 at 23:42| Comment(1) | まちめぐり

2013年09月07日

夕暮れのまちを歩く

自分の生まれたまちを歩いてみる。
ただし、時間軸を空想のなかで適当に巻き戻しながら。
(カメラは、富士フイルムX20

「かつて」と「いま」を重ね合わせると、
夕暮れの頼りない空気感が心地よい。

まちなかの公園では、子どもの声が響いていたかつて。
いまは草が生い茂る空間となっている。
市民の手で人が憩える場所へと蘇らせたい。
DSCF5485.jpg

オシロイバナは夕化粧とも呼ばれ、この時刻に咲く。
紅と白が夕暮れに並ぶ。
DSCF5518.jpg

X20は色の再現性をシミュレーションできる。
上から、プロビア、アスティア、ベルビア、プロネガスタンダード。

DSCF5495.jpg

DSCF5496.jpg

DSCF5497.jpg

DSCF5498.jpg

赤紫はデジカメで再現が難しい。ベルビアは飽和している。
(ベルビアは花の写真には向かない。全体に青みがかかるのと色の飽和が早い。海や川などの昼間の快晴時のみが使える場面)
プロビアはハイライトがもう少し乗ってきて欲しい。
(平均的にはプロビアが優等生)
緑の再現性はアスティアが良好だが、
見た目の自然さはプロネガスタンダード。
今回の夕暮れには、この色モードがもっと好結果であった。
(逆に言うと、フジでこの色モードを持たないデジカメは選びたくない)。
→ さらに詳しく内容は別ブログ


毎日日替わりでシェフが入れ替わるお店。
まちなかの古民家を活かして9月にオープンしたばかり。
→ 大正館なつ家
DSCF5543.jpg

四国連絡航路(南海フェリー)があった頃、
賑わった旅館も静かに佇む。
DSCF5553.jpg

川に係留された舟が人の営みを表す。
DSCF5558.jpg

橋の上から同じ場所を見る。
DSCF5576.jpg

憩う人のいないベンチはまもなく闇に包まれる。
DSCF5587.jpg

フナを大釣りしたこともある。
DSCF5540a.jpg

駅前の泉には水を汲む人の列が絶えることはない。
この時間、一瞬人影が消えた。
DSCF5600.jpg


寂れている―。
確かにそのように見えるけれど、
人の心はそうではないだろう。
そうではない証をこれからつくるのだ。



タグ:小松島
posted by 平井 吉信 at 00:00| Comment(0) | まちめぐり

2013年02月15日

地域に根ざした身の丈の特産品「霧の森大福」


高知からの出張の帰りに、新宮I.Cを降りて
霧の森」へ向かった。
この施設は、旧新宮村の命運をかけて整備されたもの。
ご存知「霧の森大福」が目当て。

飾り気のない外箱。
過剰包装にしないのが身の丈の製品開発を主張する。
D7K_4034_NX2.jpg

2004年(平成16年)に誕生した四国中央市。
川之江市、伊予三島市、土居町、新宮村が合併して誕生。
川之江栄町商店街の物産店で催事的に販売されることもあり、
その際は行列が商店街のアーケード内に続く。
合併してひとつの市となったことで
「市内」の特産品となった。
そのことを象徴するのが
箱に挿入されている水引(紙のまち川之江の特産品)をあしらった
お礼の文章。
D7K_4035_NX2.jpg

霧の森大福を手に入れるなら、新宮に出かけるか、
松山ロープウェイ街にある直営店に行くしか手に入らない。

地元で採れる新宮茶を売るためというシンプルな目的だから
地元で採れる茶葉以上につくらない。それでいい。


抹茶の苦みと甘さのせめぎ合い―。
製品の開発時、試食会では評価を二分したという。
美味かどうかは食べた人が決めれば良い。
個性が光っていることは確かだ。
D7K_4037-2.jpg

D7K_4056-1.jpg

売れても身の丈をはずれることなく
コンセプトがぶれない。
マスコミで取り上げられると
量産に走って当初のねらいが希薄となったり
品質が低下したり
新たな設備投資が経営悪化の要因となる事例が少なくないなかで
「霧の森」は地に足が付いた営業を行っている。

D7K_4009.jpg

posted by 平井 吉信 at 00:00| Comment(0) | まちめぐり