2018年06月24日

南予紀行 その3 大洲市


特急宇和海は松山へ向けて順調に滑り出した。
昨日停車した卯之町駅も定刻に出発。

ちらりと見たのは肱川の上流。
ここで肱川の話題を少しだけ。
肱川は全長103kmの愛媛県一の大河。
鳥坂峠に源を発するが、峠の標高からすると
肱川の源流点は標高400メートル少々ではないだろうか。
これでは、支流のほうが源流点が高い場合があるだろう。
標高差が少ないので肱川の流れは緩やかである。
その一方で肱川はほとんどが山間部を流れる。
河口を目前にしてもそうである。
四万十川と似ていなくもない。
ゆるやかな標高差と大部分が山間部という矛盾にも似た
地形をあなたはどのように読み解きますか?
(ブラタモリ愛媛県ロケは松山だったけど、もう一巡するときは肱川を取り上げるかな?)
つまり、川が存在して以後、土地が隆起した先行河川ということになるのでは?
(大歩危小歩危も先行谷でなかったか)

肱川には支流が474ある。これは全国5位だとか。
田んぼの小川と油断していたら、
いつのまにか支流を集めて大河に化けるのだ。
南流する肱川が雄大な左蛇行を続けるうちに
ついには源流点よりも北へと流れ込む。
そのため河口と源流が直線距離で18kmしか離れていない。
(釣り針を連想するとわかりやすい)
大洲盆地でいったん平野が開けるが、河口へ向けては渓谷の下流域というのも珍しい。
河口部は冬の肱川嵐で有名だし、
国の重要文化財である現存最古の開閉橋、長浜大橋がある。
(点検と観光のため毎日13時に開閉しているそう。団体客がいればサービスでそれ以外の時間に上げることもあるとか)
肱川のことをもっと勉強したい人は国土交通省が14ページの資料にまとめている。
http://www.skr.mlit.go.jp/oozu/kawa/ksk1_gaiyo.pdf

田んぼを流れるこの小川が肱川ということを覚えておこう。
DSCF5077-1.jpg

伊予石城駅の南には象が2頭いる。
わらでできたマンモスには物語があるらしい。
水のたまった水田に影が映っている。
マンモスの背後に広がる盆地こそ肱川の源流域なのだ。
DSCF5086-1.jpg

しばらくして大洲が目前となり
さきほど南へ流れていった肱川が
北へ向かうJRの車窓から雄大な流れを見せている。
肱川マジックである。
DSCF5089.jpg

大洲駅から古いまちなみと商店街が連なる肱南地区へと歩みを進める。
まちの駅あさもやが拠点だ。
きょうは晴れるかと期待したのだがあいにくの曇り。

そこからおはなはん通り、臥龍山荘、
肱川を見ながら思ひ出倉庫、ポコペン横丁、おおず赤煉瓦館、油屋、本町通りを見ながら戻る。
DSCF5107.jpg

バブル期にみんな鈴木保奈美に夢中になった「東京ラブストーリー」。
主人公が愛媛県の大洲出身という設定ではなかったかな?
ドラマのなかでリカが手紙を投函したポスト。
DSCF5112.jpg

DSCF5118.jpg

快晴の臥龍山荘はこんな感じ。
重要文化財 臥龍山荘 http://www.garyusanso.jp/index.html
DSCF1023-1.jpg

DSCF1037-1.jpg

DSCF1061-1.jpg

眼下に肱川の淵を見下ろす。
こんな部屋でかぶせ茶を味わい昼寝をしてみたい。特に初夏は。
DSCF1076-1.jpg

赤煉瓦館の中庭
DSCF5132.jpg

DSCF5146.jpg

ポコペン横丁は日曜営業だったかな
DSCF5120.jpg

DSCF5121.jpg

DSCF5128.jpg

DSCF5204.jpg

油屋は東京ラブストーリーの頃、旅館だった。
司馬遼太郎も投宿している。
いまは郷土料理を食べさせる飲食店として賑わっている。
DSCF5158.jpg

中へ入る。
DSCF5163.jpg

DSCF5165-1.jpg

今回は、「とんくりまぶし」をいただく。
http://www.city.ozu.ehime.jp/site/kanko/15788.html

大きな椀から自分でよそおって食べる。
DSCF5168-1.jpg

DSCF5181-1.jpg

DSCF5192-1.jpg

甘く味付けした豚バラと大洲特産の栗が主人公。
まずはそのまま食べるが
2杯目からはわさびを添えて出汁をかける。
大きな豚肉なのにどんどん箸が進む。
これはおいしい。

大洲駅に戻る途中で志ぐれを買って宇和海に乗り込んだ。
DSCF5209.jpg

DSCF5092-1.jpg

宇和島、卯之町、大洲、内子、伊予にかけては
ふるいまちなみや建物が落ち着いた風土に息づいている。
それは不思議と寂れている雰囲気がしない。
南予は豊かな風土である。
いざとなったらどうにでもなる―。
開き直りのような潜在力を感じるからかもしれない。
四国は広い。

タグ:大洲 南予
posted by 平井 吉信 at 17:22| Comment(0) | まちめぐり

南予紀行 その2 卯之町から宇和島へ


南予の卯之町駅から宇和島へ向かう列車でのできごと。
雨のため停車して半時間ばかり。
DSCF4987.jpg
(おそらく累計雨量が規定値を越えたのだろうな。こういうときに愚痴を言わずに笑顔で対応する。すると相手もぎすぎすいない。仕事の約束の時間が迫っているが仕方ないと諦めれば心に波風を立てることはない)

しばらくしてこの列車の全乗客(8名!)を
2台のタクシーで目的地まで運んでいただけるというJRのご好意。

仕事が終わってホテルに戻ると蛾が止まっていた。
(モスラはこの蛾がモデルではないかな)
ぼくの持っているフジX20が1センチの距離まで近づいてマクロ撮影ができるので。
DSCF5052-1.jpg

前回は、宇和島駅近くのかどやで夕食をいただいたので
今回は、ほづみ亭。
雨は小やみになっているが店横の辰野川の水位は上がっている。
DSCF5035-1.jpg

窓から川が眺められる。
DSCF4999-1.jpg

まずは、ウニから。
地元で採れるガンガゼという。
ガンガゼは海水浴の際に四国ではよく見かけるウニ。
北海道のエゾバフンウニのような美味ではないが
大量発生することがあり、生態系保全の点から食べても問題ない。
(むしろ海藻を食べ尽くすので放置するのはよくないかも)
DSCF5002-1.jpg

じゃこ天はつくりたてがおいしい。
だから、みやげに持って帰りにくい。
その場で食べるのがいい。
DSCF5012.jpg

宇和島には全国有数の名産品が揃っている。
四国の東の横綱は鳴門とすれば西は宇和島だ。
鯛飯の原料は養殖物だが、味は天然と遜色ないというのが地元の評価。
DSCF5029-1.jpg

グルメでないのにおいしい夕食をいただけたのはよかった。
これから濡れた服や鞄を宿のエアコンで乾かす作業が待っている。
タグ:宇和島 南予
posted by 平井 吉信 at 17:09| Comment(0) | まちめぐり

南予紀行その1 八幡浜市


JR予土線から眺める川はどこも増水して濁流となっている。
初めて訪れた八幡浜は雨だった。
それも警報が出てもおかしくない。

八幡浜駅から港方面へ歩いて行くのだが
小さな折りたたみ傘で人間とカートと鞄に雨を除けながら
重い荷物で1km以上を歩かなければならない。
タクシーもあり得るかと思案していた。
ままよ、と歩き出して途中から国道の喧噪を避けようと
右に入っていくと八幡神社。
八幡浜の八幡神社ということはこの辺りの産土神ではないのだろうか。
DSCF4931.jpg

ここまで来てアーケードを見つけた。目的地のほうへと伸びているようだ。
DSCF4933.jpg

代官所の跡地がコミュニティスペースに。ここで右へ曲がると目的地にさらに近づく
DSCF4939.jpg

巨人が着るのか長さ3メートルはある制服が吊られている
DSCF4944.jpg

「黒い商店街」という幟
DSCF4947.jpg
(水曜日なので定休日の店が多かった)

さらに歩くと黒いポスト
DSCF4955.jpg

アーケードが終わると眼前が開けて市役所、さらには前年度に整備されたみなと湯。
泥炭成分が湯に溶け込んでいるため「黒湯温泉みなと湯」と名付けられたとか。
http://yawa-minatoyu.jp/index.html
DSCF4963.jpg

ここから道の駅「みなとオアシス 八幡浜みなっと」へ行こうとしたが
雨がひどくなって断念。

仕事を終えて移動しようとしたらパン店が目に入った。
DSCF4965.jpg

調べてみると、日本での塩パン発祥の地だとか。
1個77円と手頃な価格設定(一日に5千個以上販売するとも)。
(いたずらに高付加価値化していないのがいい。これが150円なら売れたかどうか)
DSCF4973-1.jpg

平日の午後の雨降りなので空いているが
週末は列ができることだろう。
DSCF4981-1.jpg

店内ではコーヒーの無料サービスがあり
出張途中であったのでコーヒーと塩パンをいただくことに。
DSCF4977-1.jpg

それにしても塩パンを先駆けて売り出したとは。
差別化が意外に難しい商品と思うけれど
アサヒスーパードライと同じで先駆者に人気が集まるのは納得。
塩パンであるから塩の選び方とそれをどのようにまぶすか、
塩だけで旨味を感じにくいので
リッチな油成分(バター)とどうつなぐかが留意点ではないかと。

市内にはちゃんぽんを食べさせる店が40店舗あるとか。
八幡浜ちゃんぽんは、
鶏がら・鰹・昆布などでだしを取った黄金色のスープで、あっさり風味が特徴。
http://www.city.yawatahama.ehime.jp/docs/2014091700617/

今回は行けなかったが、
港周辺の道の駅や温泉を拠点にちゃんぽん店、パン店、
黒い商店街などを回遊させるまちづくりのようだ。
また、晴れた日に。
タグ:南予
posted by 平井 吉信 at 15:16| Comment(0) | まちめぐり

2018年06月23日

水の都西条 うちぬき(自噴水)がまちをつくる


東予は四国でも有数の恵まれた土地である。
災害は少ない、南の背後に山を従えている、
高速道路は四国でもっとも早い時期に出現。
ワーゲンゴルフの高速安定性を試してみたくなって
開通したばかりの三島川之江I.C―土居I.C間を走ったことがある。

西条は霊峰石鎚山を仰ぎ見る水の都。
鉄道ファンには十河信二ゆかりの地。
そして加茂川が運ぶ肥沃な土砂がつくった平野部は一大農産地。
臨海部はいわずとしれた工業地帯。
DSCF0950.jpg

まちなかには水が湧き出る。この水を「うちぬき」という。
(市街地の水道料は無料となっているが、床下に湿気がこもりがちという悩みも)。
DSCF0118-1.jpg

そんな西条市の中心部には紺屋町や銀座街という商店街があり
それぞれ地元資本の百貨店があり、嶺北地域からも客が訪れたという。
商店街のアーケード内にはレストラン黒猫や喫茶ドリップのような老舗があった。

黒猫の店内に入ると
王、長嶋、松坂といったプロ野球選手のサイン色紙が壁に並べられている。
DSCF5782-1.jpg

地域の人たちの自慢の洋食店だったのだろう。
ぼくもここで何度か昼をいただいた。
DSCF0206-1.jpg

DSCF0213-1.jpg

DSCF5792-1.jpg

黒猫から北へ商店街を5分程歩いて紺屋町の北端にドリップがある。
焼きスパゲッティとでもいうべきメニューは地元のソウルフード。

メロンソーダとクリームが先に出てくる。
ここから儀式が始まっている。
DSC_8104-1.jpg

おわかりだろうか。おしぼりを右に敷いてあるのを。
油がたっぷりなので一方に寄せるためにこうする。
(みんなそうしているので意味がわかった)
DSCF5899-1.jpg

DSCF5900-1.jpg

DSC_8115-1.jpg

これで450円じゃなかったかな?
昭和ではなく8年前のこと(2010年)。

DSC_8118-1.jpg

店内は親子三代が集うユーミンのような喫茶店である。
DSCF0760-1.jpg

どちらの店もいまはない。

西条紺屋町が賑わうのは毎月五日に開催する五日市。
すでに3百回を超えて開かれている。
(写真は再開発を行う前)
DSCF0185.jpg

DSCF0197.jpg

いまは生まれ変わって明るいまちとなっている。
ここまで来るには関係者の並々ならぬ努力があったはず。
DSCF0032-1.jpg

.。'.*.'☆、。・*:'★    .。.・'☆、。・*:'★
  .。'*・☆、。・*:'★     .。・*:'☆
 ☆、。 ・*'★ .。 ・':....*.:'☆        .。・:'*・':'・★


水の都西条で市民の憩いの場となっているのがアクアトピア水系。
数年前に整備された図書館、さらには総合福祉センターがまちなみに映える。
湧き水を集めた水路が流れる。
DSCF3880-1.jpg

DSCF3890-1.jpg

DSCF3897-1.jpg

DSCF3895-1.jpg

DSCF3914.jpg

DSCF3904-1.jpg

DSCF5611a.jpg

ふと思うことがある。
商店街にうちぬきの水を流して生態系を再現できたら
アーケード内を蛍が飛び交うまちになるかもしれない。
(水路をつくるのではなく生態系を再現するのだ)
というのもこのまち、再開発で生まれ変わる前には
商店街の裏に鎮守の森があったのだ。
DSC_8092-1.jpg

水深は子どもの膝まででいい。
曲がりくねって淵を形成し、せせらぎとなって流れる。
一部の区間はコンクリートで浅い水たまりを広げるようにして
子どもたちに足を浸けて遊んでもらえばいい。
(アクアトピア水系で水遊びするのは難しいだろう)
何せここは石鎚山系の伏流水が自噴する。
飲めるような水が自然に湧き出てそのまま流れるので
塩素消毒の必要もなければ循環させる電気代も不要。
ボウフラが発生する恐れもない。
商店も蛍の飛び交う数日だけは明かりを消して行灯が揺れる夜、
…なんて絵になる。

世代を超えて集う店が何店舗かあって
生態系とひとつに溶け合うまちができれば
にぎわいの仕掛けはなくても
ここが好きな人が増え、ここへ来る人が増え
ここで商う人が増え、ここで住む人が増えると思うのだ。
目の前にあるものを磨いて魅せることが大切なんだ。
タグ:西条
posted by 平井 吉信 at 21:48| Comment(0) | まちめぐり

2018年04月07日

うだつのまちでの束の間の休息


桜週間と名付けた宴は終わりに近づいている。
寒い冬のあと、一気に暖かくなったせいか
輪唱のように受けつがれていく開花が
ひとときに集約された感がある。
温暖化は春と秋が短くなる現象を伴うのではないか。

誰を見ても浮かれた顔をしていない4月第1週。
異動や環境の変化で緊張している顔もあれば
黄砂か花粉か汚染物質かがアレンゲンの相乗効果となって
鼻水が止まらない人もいる。
(これまで花粉症とは無縁であった人もなんだか違和感を覚えているこの春)

県西部へ出かけて楽しみにしていた楽庵のそばは12時台に売り切れて
それではと、うだつのまちなみ(脇町)を歩いてみる。
DSCF2950.jpg

石仏のような自然石を祀っている
DSFT0943.jpg

うだつのまちなみを歩く
DSCF2959.jpg

家々の気配りをいただきながら
DSFT0957.jpg

DSCF2954.jpg

DSFT0954.jpg

DSCF2963.jpg

昼をどこかでと考えているうちにランチを営業中の店に遭遇
DSCF2966.jpg

古民家風の新築なのか、リノベーションなのかはわからないけれど
格子を透かして中庭が見える。
(隠すようで見せている、見せているようで隠している)
DSCF2970.jpg

健康的な地元野菜と阿波尾鶏のランチ(1,000円)
(もしかして、ねさしみそを隠し味に使っている?)
DSFT0975-1.jpg

中庭を過ぎて野原に出ると白と黄のタンポポがあった。
(珍しい、というのではなく、たたずまいが良かった)
DSCF2988.jpg

DSCF2991.jpg

DSFT0934-1.jpg
タグ:そば 脇町
posted by 平井 吉信 at 14:27| Comment(0) | まちめぐり

2018年03月10日

松山城 ロープウェイ街 大街道の朝 


宿泊先を出てモーニングをやっている店を探しているところ。
松山の大街道周辺には必ずあると思って今回は定宿の朝食付を選ばなかった。

外へ出ると快晴と気付いた。
足がロープウェイ街から松山城の上がり口へ向いてしまった。
朝のロープウェイ街のみずみずしい雰囲気を歩く。
DSCF3372.jpg

DSCF3325-1.jpg

ロープウェイを使わずに並行して上る散策路を使う。
石垣が見えてくると前を行くグループに追いついた。
台湾か香港のツアーのよう。
松山城は城として人気が高い。
DSCF3339-1.jpg

コスプレサービスかも。外国人のようにも見える。
DSCF3348-1.jpg

満開の桜を見た。
DSCF3366-1.jpg

本丸が見えるところまで来た。時間の関係でここで引き返す。
DSCF3353-1.jpg

坊っちゃん列車はそれほど多くないが
松山名物のひとつ。
DSCF3381-1.jpg

写真を撮っているのは台湾からの旅行者ではないかな?
DSCF3380-1.jpg

大街道のこのお店の醸し出す雰囲気は個性的でいい。
親しみやすくてシズル感がある。
DSCF3300-1.jpg

松山の朝、大街道に交わる道路を右に回ったところ。
DSCF3303-1.jpg
タグ:
posted by 平井 吉信 at 19:19| Comment(0) | まちめぐり

2018年02月17日

高知県 観光コンテンツのつくりこみがえいけん


JRで高知駅に着いたところで北口で高知県庁のIさんに拾っていただいて
県西部の自治体へと向かうある日。

すれちがう電車が謝っている。
「ごめん」
いえいえ、これは行き先「後免」を表す。
DSCF2883-1.jpg

オムライスで有名な日高村のラッピングが施されている。
目立たないところに文字が書いてある。
「オムライスをフーフーする顔は、キス顔に似ているらしい」
「気になるあの娘と、日高村」と書いてある。
ところが上のほうに小さく
「こんなに宣伝しゆうけんど、この電車、日高村、いかんきね」
おもしろい。
(ぼくもあの娘と行きたいな)

自治体の職員の方もおもしろい。
というか、熱心。
Iさんもそう。
そこまでやるんかいな、と感心するきに。
(変な高知弁、ごめん)

「芋けんぴは、越智と窪川と日高ではどれがおいしいですか?」
「○○」
(そうですね、ぼくも同じ答えです)
「日高村のオムライスは?」
「○○」
(なるほど、予想していました)
と話が車中で弾むうちにだいぶ西に進んできて昼に。
「食事はどこでしますか?」
Iさんと意見が一致して、あぐり窪川で。
(いつも笑顔でてきぱきとした女性のスタッフがいるのだ)

県職員のIさんは四万十ポークの丼で
ぼくは四万十ポークのトンカツで。
DSCF2886-1.jpg

食事のあと、町役場でIさんの同僚の県職員の方々と合流。
立派な四万十ヒノキの柱が印象的な真新しい庁舎。
これから町幹部の方々に説明と意見交換を行うところ。
(きょうは助っ人ということで呼ばれている)


.。'.*.'☆、。・*:'★    .。.・'☆、。・*:'★
  .。'*・☆、。・*:'★     .。・*:'☆
 ☆、。 ・*'★ .。 ・':....*.:'☆        .。・:'*・':'・★


仕事も終わって高知駅で数少ない徳島連絡の「南風」待ち。
とさてらすに寄ってみよう。

高知県のそれぞれの市町村の名物が人形で表現されている。
DSCF2910-1.jpg

22世紀になっても龍馬で引っ張るやろね
DSCF2900-1.jpg

室戸はこころのふるさとのようなところ
(ぼくにとっては奈良県の明日香村と室戸かな)
DSCF2903-1.jpg

そろそろ、ジョンマン(ジョン万次郎)を大河で取り上げてもえいのとちがう?
土佐清水のみなさま、ジョンマンをざまにえいと思うちょりますけん。
いっちきちもんちきち。
じゃっと、きょうびは西郷どんやけんおんなじ時代はちいとむずかしいぜよ。
(高知の人は使わんけど全国の人はこれが高知弁とおもうちゅう言葉。中村も宿毛もはいっちょりますけん)
DSCF2896.jpg

観光パンフレットも見慣れんのんをもろてきちゅうがよ
(変な高知弁、ごめんなはり)
DSCF1895-1.jpg

そんななかで目がとまったのは
いの町公式観光ガイドブック「ふわふわ」。
DSCF1901.jpg

表紙は人力飛行船に乗る男の子と女の子が
仁淀川下流の国道と鉄橋の上を飛びゆうところ。
これがまたえい。

俯瞰によるパステルタッチのやさしいイラストは手に取ってみたくなる。
(まず、ここでしょ。ガイドブックに何を載せるかではなく、どのように手に取ってもらえるかでしょ。そこから勝負が始まっている)
DSCF1902-1.jpg

Web上ではこちら

しかもこのガイドブック、見る人がみれば作り手の愛情と思いが見えてくる。

写真のトーンをほぼ揃えてある。
しかも観光パンフにありがちなPLフィルターでコントラストを強調、
もしくは彩度を上げたよそゆきの風景写真にしていない。
コントラスト抑えめ、彩度やや抑えめ、露出+1EV程度、
色温度4000〜4800程度で透明感のあるふわっとした絵に統一している。
(Instagramで女性が好みそうな絵づくり)
光沢紙だが純白でなく、やや生成りに近づけている。
当然だがイラストと写真のトーン(世界観)を揃えてあるのだ。

瓶ケ森林道(UFOライン)の紹介はドローンの空撮である。
これもイラストの世界観の延長線上ですっと入ってくる。
この林道は四国の林道でもっとも眺めがいいところを走っている。

驚いたのは「仁淀川さんぽ」の頁で
吉野川源流の「白猪谷」(しらいだに)が掲載されていること。
(白猪谷を紹介している観光パンフレットは見たことない)
siraidani-1.jpg

いかに安居渓谷が仁淀ブルーで売り出そうと
D7K_4563-1.jpg
三嶺南面の上韮生川が原始の森の渓流のたたずまいを持っていても
かつて一世を風靡した面河渓を持ってしても
DSC_2968-3.jpg
(つまりは四国の川の源流をくまなく見てきたぼくの目にも)
白猪谷の深い空色は別天地。
(人に教えたくないほんとうの穴場)
しかも吉野川源流をたどる散策の愉しみ。
川そのものがルビーのような光を宿している。
siraidani-1.jpg
ガイドブックでは「水は宝石のような美しい色彩を放つ」とやや常套句だが
コンテンツをつくる際に一度は足を運んだのではと思わせる。

近いうちにいの町を訪れてこのガイドブックのつくられた背景や
作り手のことを尋ねてみようと思う。

仕事ではまた数日以内に高知県西部の別の自治体へ行くけれど
あたたかくなれば、仕事でなく高知県西部をまわってみよう。
このエリアには、県外の人も県内の人も知らない穴場がたくさんあるのだ。
タグ:高知
posted by 平井 吉信 at 23:31| Comment(0) | まちめぐり