2017年06月03日

シャクナゲを見て思いだした 岩崎良美


いや、80年代のアイドルは日本の歴史の星座だね。
70年代の山口百恵、キャンディーズから受けつがれた
80年代の松田聖子、中森明菜、岩崎良美、菊地桃子、斉藤由貴、荻野目陽子…。
(余談だけれど、ぼくの父はデビュー直前の中森明菜を見て、この娘は売れると思ったらしい)
互いに影響しあいながら一人ひとりが輝いている。
松田聖子についてはよく触れているけれど
いまは岩崎良美が浮かんできた。

岩崎良美といえば、赤と黒、涼風の初期の頃の初々しさもいいけれど
どんな難曲もさらりと歌いこなしてしまう。
姉は気持ち良く歌い上げる。
妹は、天使の高音でさえずりながら、ささやいたり、強い地声で凄んだり。
運命を受け容れてしたたかに生きる掃きだめに咲くバラのような歌い手にもなれる。
(YouTubeで生歌唱を見ると、ぐいぐい引き込まれる。宝物の歌手だね)

愛してモナムール
https://www.youtube.com/watch?v=dmJ-0XDqEFk

愛はどこへ行ったの
https://www.youtube.com/watch?v=FzangHs9uxo

恋ほど素敵なショーはない
https://www.youtube.com/watch?v=6-UQ5dcMB5Y

月の浜辺
https://www.youtube.com/watch?v=WqoOD9hhKig

オシャレにKiss Me
https://www.youtube.com/watch?v=8wVNBk716rg

だから、作家陣が次々と実験的な楽曲を彼女で試す(といったら怒られるか)。
同世代の日本のファンの等身大の日常とは違う非日常のヨーロッパ的な情景と
素人がカラオケでは歌えない移調、転調、リズム感を備えた難曲が続々と。
これでは大衆の心は掴めない。
けれど、そこを涼しげにこなすところが岩崎良美を感じるところ。

彼女、どれだけリズムが弾んでも、日本語の発声が乱れない!
身体のなかに吸い込まれていく歌(日本語の発音)です。
(ロックは日本語のリズムと合わないので母音と子音を不自然に伸ばすというのは技術がないのだ)
ぼくのなかでは、これ。
「恋ほど素敵なショーはないでしょう」
https://www.youtube.com/watch?v=D_teQVw-gRk

日本のポップスの歴史に残る名曲と思っている。
こんな曲をいつも描けたら作家冥利だね。
作家陣が良い仕事をしている。

ギターの刻みにほだされて風に吹かれる羽毛の歌い出し、
そっと空間に置かれた言葉が立ち止まる。
「お願いよここにいてね さよならは いや」
フレーズの最後で消え入るそよ風のためいき。

サビが移調しながらパターンで循環する。
(古典的な作曲の常套手段だけど)

調性が変わるたびに気分を変える。
編曲が次の場面を、さあ、こっちよと案内する。
楽曲を活かす大陸的な抑揚の伸びやかな編曲、
楽曲から浮かび上がる軽やかに弾む声。
幾重にも切なさを編み込んだタペストリー=耳から離れない奇跡の楽曲。
こんな歌を聴かされたらデビュー前のアイドルは諦めてしまうしかない。

アルバムをすべて聴いたわけではないけれど
音を愉しむのならWeather Report、 
ヴォーカリストとしての存在感ならWardrobeかな。

不思議に思うのは1985年のプラザ合意が音楽の分岐点にもなっているのではと。
80年代のアイドルたちも80年代後半には別の領域に行ってしまった気がする。
(そしてバブルの崩壊を迎えるのだ)
アイドル以外では
松任谷由実もオフコースも80年代になって音の厚みを増しながら洗練させている。
それぞれ「SURF & SNOW」、「WE ARE」のような良い音のアルバムを完成させている。
(それはそれで頂点の音楽と思う。でも70年代のフォーク調のテイストから失った情感もある)
2010年代の音楽がこの時代の輝きに及ばないのは、
時代がアイドルやポップスを後押ししたところもあるのではないか。

というわけで、例によってCDは限定発売。
(そううたっていなくても在庫が終了後再プレスされる保証はない)

3枚組のシングル両面コレクションがもっともおすすめ。
音質もそれ以前のと違うのが試聴音源からもわかる。
(視聴もできる)


次いで2枚のオリジナルアルバムとシングルA面を組み合わせた特別企画もの。




この辺りから聴いてみたら?
DSFT1177-1.jpg
あでやかでぽっと浮かぶけれど 気がつけば存在感、妖艶なシャクナゲのようだね。
タグ:アイドル
posted by 平井 吉信 at 18:51| Comment(0) | 音楽

2017年03月26日

モーツァルト ピアノソナタと協奏曲 日本人ならではの高みに辿り着いた


田部京子を知ったのは、吉松隆の佳曲「プレイアデス組曲」の演奏で。
http://amzn.to/2np3UWg
http://amzn.to/2nBkPFp

今回、発売されたモーツァルトの2作品が1枚に入ったCDを求めた。
モーツァルト:
ピアノ・ソナタ 第11番 イ長調 K.331(トルコ行進曲付き)
ピアノ協奏曲 第23番 イ長調 K.488 
田部京子(ピアノ)
小林研一郎(指揮)
日本フィルハーモニー交響楽団 ※
オクタヴィアレコード OVCT-00125
2015年6月28日 東京・サントリーホールにてライヴ録音 (ピアノ協奏曲第23番)
2016年9月19-20日 埼玉・富士見市民文化会館(キラリふじみ)にて収録 (ピアノ・ソナタ第11番)
http://amzn.to/2nBg1A0

K331は、第3楽章がトルコ行進曲として知られる作品。
トルコ行進曲は、リリー・クラウスのモノラル盤が忘れられない。
感情の趣くままに刹那に燃え立つ生命力を持ちながらも
端正な造形の古典美を誇っている。
録音は、パリのシャンゼリゼ劇場を愛してやまなかった名手、アンドレ・シャルランの手によるもの。
ワンポイントマイクが捉えた芸術の香気はモノラルながら珠玉の音楽。
ぼくが好きなのは、変奏曲の第1楽章。
豊かな感情を解き放つ旋律の展開に
この変奏曲をいつか弾いてみたい(=人生に重ねてみたい)と思いつつも。

K488は、モーツァルトのピアノ協奏曲で華麗さと情感が散りばめられた佳品。
かつて第2楽章の旋律を薬師丸ひろ子が日本語の歌詞をつけて歌っていた記憶がある。
手持ちのなかにもK488を収録したCDは随分持っている。

往年の名盤を置いておく棚は色あせることはないとしても
いまの時代を漂わせた盤を探していた。
そこでこの盤を買ってみた。
D7K_8762-1.jpg

音が出た瞬間に違いがわかった。
再生装置を感じない自然さ。
透明度を強調するなどハイファイ調の作為がない。
それなのに音楽がベールをまとわず、スピーカーから離れて鳴り響く。
ピアノは直接音がよく聞き取れるが、ホールの間接音が心地よい。
録音は聴衆のいないホールで取り直しをすることなく一発で行われたのではと想像。

オーケストラで始めるK488は、
弦の主旋律の鮮明さ、対旋律がエコーのように寄り添い
木管がぽっと浮かび上がってそれらが協奏曲となって紡がれていく。
これは指揮者の音楽に寄せる深い愛情があってこそ。
このような伴奏ならピアノが自由に羽ばたける。
細部のパートが浮かび上がる万華鏡と
それが混じり合ってひとつの音楽のうねりとなる。
どこまでがピアノでどこまでがオーケストラなのか。

こんなK488は初めてだ。
個性的な演奏という尖り方ではなく
モーツァルトの音楽の可能性を
こぼれ落ちた花びらを池にそっと浮かべるように
細部にまで心を通わせ
木管は空高く、弦は地を漂い、ピアノは空間をコロンと駆け巡る。
流れる大河のごとく悠然として自然。
この繊細さ、自然さはもしかして日本の風土そのものではないかとさえ思えた。
第三楽章のコーダでは、この高揚感はやはりライブだと気付いた。
(K331の端正な冒頭からは想像もできない)。

この演奏なら、モーツァルトの最後の協奏曲K595が史上最高の演奏になるのでは?と思った。
天国にたどりつきたい魂が奏でる無垢なまでのK595を
田部京子と小林研一郎/日本のオーケストラで聴いてみたいもの。
ジャパニーズウィスキーが世界を魅了したように
西洋の古典音楽の典雅な高みの作品を
日本人の感性で音に編み上げ、日本人演奏家でなければなし得なかった高みに。
その晴れ晴れとした聴き心地。
桜の季節に、桜のごとく舞い降りて煌めくモーツァルト。
DSCF4779-1.jpg
SACDとなっているが、通常のCDプレーヤーで再生できる。
http://amzn.to/2nBg1A0

追記

田部京子では、ベートーヴェンのピアノソナタを聴いてみたい。
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第30番、第31番、第32番
http://amzn.to/2mE2Qip

視聴しただけだが、もっと聴きたいと思った。
音の構造が繊細だが凛としている。
作品109が心にしみ入る。
作品110はシューベルトのようにも響くが、そこに音の抑揚の張り詰めた余韻を残す。
作品111では、最後の審判のような凄みと静けさを感じる。
ベートーヴェンのピアノソナタの全集だけでも4セット持っているけれど
このCDは、往年の巨匠の演奏とは異なる価値を創造している。
芸術の香気が漂うけれど
ベートーヴェンの晩年の楽曲から人間のやさしさを感じることができるという意味で。


posted by 平井 吉信 at 19:17| Comment(0) | 音楽

2017年02月05日

山下達郎 これからも


好きな選手はイチローである。
いまも現役の大リーガーとして準レギュラーで活躍している。
そのために自分の強みである「俊足」「動体視力」「強肩」を活かしている。
でも「強みを活かす」ことは戦略の基本でありながら難しい。

例えば、もっと足が早くなれるよう筋トレを行う。
強肩をさらに堅固にするために投げ込む、といったやり方では
強みを伸ばすことにつながらない。

それよりも、わずかな動きに反応できる身体能力、
意思とそれを動かす神経、筋肉、骨格が有機的に統合されること。
だから関節の可動域の確保や体幹の均衡に留意しつつ
メンタルとの一体性からルーティンを確立するのも賢明。

こうすることで正確なバットコントロール、予測能力も含めた守備範囲の広さ、
捕球際になって伸びる制御のきいた遠投を複合的に駆使して
最多安打や高打率、盗塁王、ゴールデングラブ、捕殺などにつながっている。
しかもその選手生命が持続している。


前置きが長くなった。
イチローから連想されるミュージシャンがいる。
ミュージシャンというと、喜怒哀楽が激しい気まぐれ。
創造の泉が枯渇する不安から
酒や煙草やその他非合法の手段も含めて偏った日常に浸り、
その結果、音楽生命もまた自身のいのちも短命に終わるというイメージがある。
(魂の音楽とは幻に頼る手段でしか生み出せないものだろうか? 確かに理性が支配する脳からは感動は生まれない。でも退廃的な方法でなく理性をしばし眠らせて汲めども尽きることのない泉を内側に持つことはできるはず)


世阿弥の風姿花伝によれば、人はそのときどきに花を咲かせることができるとする。
しかし10代の花と20代の花、50代や60代の花は違っている。
そのことに気付かずに、若さゆえの花にいつまでも憧れて破滅する。
そうではないだろう。
80代のミュージシャンがいてもいい。
老害などではなく、失われた技術と引き換えに得たものがあれば。
自分と向かい合いながら、魂の高みを音楽として花を咲かせてみる―。


山下達郎は自分の健康やライフステージを意識している音楽家と感じる。
長い音楽家生命は自己管理と戦略ゆえではないかと。
戦略とは、譲るところと譲れないところを明確に、
ぶれない立ち位置でありながら時代を引き寄せるという意味で。

かつてFM雑誌であったかインタビュー記事があって、
確かこんなフレーズだったと記憶している。
「いきざま音楽なんてなくなれ!」(記憶が不確かで間違っているかもしれないが)

当時はニューミュージックの全盛期であった。
作詞に力を入れ、音楽というよりは音楽に乗せた語りのような
つまり伝道師のような音楽家にはなりたくない、とのニュアンスを感じた。

初期のアルバムは楽曲志向が突き抜けていてそれはそれで好きだ。
例えば、1979年発売の「ムーングロウ」のなかから「RAINY WALK」など。
http://amzn.to/2la4dRz

DSCF1839_HDR_1.jpg

さらに遡って1975年の「シュガー・ベイブ」での「SONGS」は時代を超越して輝いている。
どの楽曲も自由な気分があふれ、のびのびと展開していく。
http://amzn.to/2k8YZoc
ぼくは「雨は手のひらにいっぱい 」が好きで、
その後、「ハニー&ビーボーイズ」のアルバム「バック・トゥ・フリスコ」にも収録された。
アナログは持っているが、多くの人に聴いてもらうためCDで復刻されないだろうか。
(80年代半ば頃の発売だったと記憶している)
アルバムジャケットも秀逸だ。
http://amzn.to/2kFx5n4

このままできごとを綴るほどの知識と経験はないので
あとは好きなアルバムを3枚紹介するとして。
(この3枚はどれが最高というのではなく、そのときどきに無性に聴きたくなるもの)
発売順に書いてみよう。

「RIDE ON TIME」(1980年)
タイトル曲が「目を覚ませ、音楽人間」のコピーで
自身も出演したマクセルのカセットテープのCMにも使われた。
それまでの音楽と本質は変わっていなくても
時流をつかむことの機微も大切と教えてくれる。
ほんとうに実力がある人は時代や聴衆に媚びることなく、
しかし時代の空気感や聴衆を大切にしながら
時流を感じて時代を引き寄せることができる。
(生き様を語っていないが、アルバムの成功からそんな人生訓は感じる。ぼくもそうありたいと思っている)
EPOも歌っていた「いつか」のリズム隊の刻みで身体が動き出す。
DSCF5465_HDR.jpg
でも、このアルバムの白眉はB面ではないだろうか。
「夏への扉」がおだやかな午後への扉をひらいて永遠の夏をリフレインする。
「MY SUGAR BABE」で空想の空への憧れのようでもあり、
「RAINY DAY」では時代に媚びない内省的な深みがたまらない。
「雲のゆくえ」では覚醒にも似た高揚を感じ、
「おやすみ」で耽美に消えていく。
http://amzn.to/2k92XNE

DSCF5594_HDR.jpg

「FOR YOU」(1982年)
大滝詠一の「ロング・バケーション」と双璧の夏のアルバム。
楽器をやる人にはたまらない冒頭の刻みから
西海岸の乾いた風が洗練された音の洪水となって押し寄せる。
日本語がロックには向かない、なんて呪縛を解き放っている。
日出ずる国の音楽の風格と余裕を感じるのはやはり時代を背景にしている。
(いまこんな音楽は誰もつくれないよ。才能もあるけど時代がそれを阻んでいるから)
「HEY REPORTER!」が生まれた背景は理解できるけれどCDではスキップする。
ぼくの個人的な背景とはつながらないので。
http://amzn.to/2kuegkC
DSC_0036-1a_HDR.jpg

「MELODIES」(1983年)
音楽っていいなと感じるのはこんな音楽を聴いているとき。
ぼくの大好きな国道55号線を南下するとき、
「悲しみのJODY」や「高気圧ガール」は不可欠。
夏冬混合の楽曲だけれど
sky.jpg
冬に聴けば、夏への思慕、なつかしさがこみあげ、
夏に聴けば、クリスマスの頃のせつなさが蘇る。
マンハッタンズのようなテイストも感じる。
DSCF4883_HDR_1-1.jpg

山下達郎は作詞家としても秀逸。
特定の場面が現実感を持って描かれたものではなく
どちらかといえば抽象的暗示的であるけれど
そこには楽曲と一体となって感情の雲がわき上がるというもの。
場面に依存しない心象風景―。究極の叙情といってもいいと思う。

バブルに至る時代の流れで
取り残された人たちの心を捉えた「クリスマスイブ」では
イントロから賑わうクリスマスの雑踏が浮かんでくる。
歌詞にはクリスマスの幸福感はない。
人々の共感を得つつ、時代へのアンチテーゼをひそませ
普遍的な愛の場面を描いているよう。
(80年代のソーシャルマーケティング)
http://amzn.to/2l5Vzqo


もう1枚上げるなら
「Big Wave](1984年)
D7K_4329-1_HDR_1.jpg
徳島の県南部ではサーフィンをやっているから、というわけではないけれど
サーフィン映画のサントラ。
「サンデーソングブック」(東京FM)は運転中によく聞いたが
そのテーマ曲「ONLY WITH YOU」を収録。
Major7,Minor7系の解決しない和音の進行がたまらない。
ビーチボーイズのカバーが2曲「GIRLS ON THE BEACH」「PLEASE LET ME WONDER」 ある。
オリジナルも好きだが、達郎版では多重録音のコーラスを堪能できる。
http://amzn.to/2k8SqSK
DSC_00291_3.jpg

自身がバックグラウンドにしている音楽への共感と
音の仕上げの職人的な愛情と
自分のやりたいことをやりながらも
時代へのメッセージを秘めた音楽、
それがぼくにとっての山下達郎。

これからも。
posted by 平井 吉信 at 13:05| Comment(0) | 音楽

2017年01月05日

松岡直也がくれた年が明ける贈り物 Beautiful Journey -Romantic Piano Best Collection-


音楽が好きでいつも聴いている。
仕事をしていなければ音楽を聴いていたいけれど
いつも、ではないし、ながら、ではない。
(むしろ集中するときは音楽を聴かない)

だから音楽と向かい合って聴く。
聴くことが多いのはクルマを運転中のときと寝る前のひととき。
深夜であっても隣近所にまったく迷惑にならない音量だから。
(耳が良いことはいいことばかりではないのだけれど)

昨年末、松岡直也の3枚組CDが発売された。
Beautiful Journey -Romantic Piano Best Collection-
一見してベストのようだけど、romantic Piano Best と副題が付けられている。
テーマを持った選曲は一貫している。
そう、これはピアノが際立つ旋律が主役。
けれどそこには奏者(楽器)のせめぎ合いの妙があって
「ピアノ協奏曲」ではない。
ラテンとフュージョンを合せた独創的な音楽なのに
一聴して松岡直也なのに
けれど旋律はこれまでのどの楽曲とも似ていないのに
どこかで聴いたかのようななじみがあるのはなぜ?

聴いていて心が弾むのは、
作曲している人が、弾いている人が、
ただ音楽が好き、という理由だけでやっていることが伝わるから。

海岸沿いの国道55号線を時速60kmで流すとき
ミディアムテンポが軽やかに風景を後方に流していく。
けれど、ゆっくりとこの時間を身体に感じていたいから。
D7K_6565-3.jpg

ひとりの男が好きなことだけを一生かけて取り組んで
その成果を娘が拾い集めたのがこのアルバム。
(初めて松岡直也を買うのならこれだけでいい)
遺した人も遺された人も幸福感に包まれているようで。
D7K_6565_HDR.jpg

クリプトンKX-1で鳴らすと、小音量であっても
豊かな響きと抑制された音楽の弾みが心地よくて
朝でも昼でも夜中でも松岡直也を聴いていたい。
2016年が暮れるときも2017年が明けるときも
松岡直也のこのアルバムがあったから。
http://amzn.to/2iag3cj

D7K_6565-4.jpg

えっ、年賀状?
今年も1枚も出せていません。
いただいた人、今度お会いしたときにでも。

(風景は南阿波サンライン)
posted by 平井 吉信 at 00:11| Comment(0) | 音楽

2016年10月29日

眠りの前に聞いて深い安らぎに誘われる そんな音楽があります


カフェに行けなくても瞑想の時間は取りたい。
瞑想のときには音楽は要らない。
瞑想といってもいまや宗教とは無関係。
Googleなど世界的な企業が組織的に取り入れている
マインドフルネスという考え方によるもの。
瞑想の効能はもはや大脳生理学で明確に実証されている。
専門用語でいえばヴィパッサナー瞑想。

別の話題をもうひとつ。
人は成功するから幸福なのではなく
幸福感があるから成功するということ。
ハーバード大の教授が執筆したベストセラーがある。
「幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論」
(ハーバードからこのような研究が出たのはさすがだと思う)
http://amzn.to/2eFhmRL

ストレスと付き合っていくために
自分をよく知るとともに
ストレスを自分で管理する(ストレスマネジメント)。
幸福を感じる心が生きる原動力であり、そのための心構えが述べられている。
(幸福感とはかつて自己啓発セミナーで取り上げたようなポジティブシンキングとは違う。後者はむしろ他人の気持ちに気付かないふりをしているのではとさえ思うのだ)
幸福を感じる生き方が幸せな生き方、というと禅問答のようだが
この本の趣旨を理解して取り入れられたら
充実感が違ってくるだろう。


さてと、表題に背かないために情報(というか体験)のご提供を。
日本ではプレムプロモーションレーベルからいいのが出ている。
音楽を聞き込んだぼくがおすすめできる厳選した3枚。

★クワイエット・アース/カマール
http://amzn.to/2eZ48NW
試聴ができるhttp://www.relax-garden.com/products/detail.php?product_id=81

この音楽を聴くと、地球の黎明という言葉が浮かぶ。
まだ生物もいない原始地球に音の風景があるとしたら
まだ旋律は生まれていないが
ゆらぎがときおり音程のつながりに昇華するとしたら
こんな音楽ではないかと。
右脳と左脳を調えるなどとうたわれているが
頭のすみずみから淀みが押し出されてすっきりとする。
特に1曲目が白眉。
空間にしずしずと響いて細胞のなかに入り込んでくる。
そこにはこの手の音楽にありがちな作為性、
「癒やしってこんなもの」の意図が感じられない。
細胞レベルで癒やされる感じがする不思議な感覚。


★タントラ/アヌガマ
やさしい波動にあふれている。
荘厳というよりは人の気配。
淡い泡の海に漂うような。
明るいけれどもおだやか。
クワイアットアースとの共通点は潮騒を感じるところ。
http://amzn.to/2eRbhlO


最近購入したのをもう1枚だけ。
これもプレムプロモーションレーベルだが、
紹介する力学も意図もまったくない。たまたま揃っただけ。

★Moon Light Ocean-海の月光浴

波の音が基本にあってそこに音楽がかぶさっている。
一般的な波音のCDは波の音だけなので
室内に飛沫が飛び交うようで波に神経が行っていまい、
居心地が悪く感じられることがある。

制作者の中田悟さんは、BSセント・ギガで耳にしていた。
(良い放送局であったが、残念ながら経営破綻)
自然音に造詣の深い方で多数の録音を残されている。
すでにお亡くなりになっていたのだ。
http://www.bayfm.co.jp/flint/20080309.html

中田さんの波の音は適度に音楽と溶け合う。
音楽(旋律)が出しゃばらず波の音が尖らない。
瞑想中にかけて良い音楽があるとしたら
これだと思う。
瞑想に音楽が向かない理由は
呼吸に集中するのに旋律や律動が邪魔するから。
(特に知っている旋律の場合。絶対音感のある人は無意識に音符にしてしまうし、そうでない人もメロディーを追いかけてしまう)
ところが、このCDは違う。
自然音と音楽がこれほど違和感なく融合しているのは
長年の経験と感性だろう。
瞑想するときにむしろかけたくなるし
眠りに就く前にかけたままでいつのまにか意識が薄れている。
(眠りは深い)

クルマの運転中にかけながら深呼吸をすることもある。
すると、意識が調って身体の調子が改善する。
その後の運転が冴える。
(眠気をさますのに使える)
http://amzn.to/2eX2Jrz


ストレスマネジメント、幸福感、瞑想―。
同義語で捉えられる。
タグ:瞑想
posted by 平井 吉信 at 17:17| Comment(0) | 音楽