2017年06月25日

ほのぼのと明日香村(回想) 初夏になれば吉野の葛餅 


中学の頃に訪れて以降、明日香への思いはずっと続いている。
天武持統陵、高松塚、キトラ、牽牛子塚―。
古墳の文献を読んでは思いをめぐらす。
考古学や文化人類学は大好きだから。

春の石舞台古墳辺りに明日香川沿いを散策。
夏のせみしぐれに甘樫丘(あまかしのおか)から大和三山を眺めた。
秋は明日香川上流を逍遥しながら万葉集をひもとく。
明日よりは 二上山を 弟背と吾が見む―
平城京ナンバーワンの皇子の運命は暗転する。
(大津皇子は誰が見てもプリンスでしょう)
弟を想う恋慕にも似た姉(大伯皇女)の気持ちが滲みてくる。
https://ameblo.jp/naranouchi/entry-11821258347.html
明日香はふるさとのように心に住み着いた。

駅に貼られていた観光ポスター。誘われて明日香へ行ってみた
DSC_1683s-2-1.jpg

こんな表情の石がなぜここにある? 明日香は木訥な語り掛けのオブジェばかりで好き。
DSC_1732-1.jpg

衝撃の壁画が見つかってからどれだけ時間が経っただろう。
高松塚やキトラの壁画は人類の英知をかけて復元保全する義務がある。
大君が葬られた頃を追想しながら歩く明日香路。
DSC_1826-1.jpg

飛ぶ鳥の飛鳥、明日香村。
いにしえ人の思いに触れることは身体中の細胞が共鳴する温もりを感じるはず。
いまの私たちに箴言をもたらしてくれるだろう。
DSC_1749-1.jpg

天河神社は浅見光彦シリーズでも有名になったが
芸能の神様はここにおわす感じがする。
さらに足を伸ばして室生寺や伊賀上野なども。

近所のスーパーで催事販売として売られていた吉野の葛餅。
(がんばれキョーエイすきとくは買って応援している!)
東からの太陽は簾をすり抜けて
ちゃぶ台の葛餅にこぼれた。
DSFT2101-1.jpg

かつて明日香村、吉野を訪れて天川まで足を伸ばした際に
陀羅尼助丸とともに求めたことがある。
みやげもの用と地元でその場で食べるものは違うから
やはり吉野に足を運びたい。
そんなことを思い出して、また明日香へ行きたくなった。
明日香の話はまた今度。
(語り出すと20万文字はしゃべってしまうけど誰も付き合ってくれないでしょ)


posted by 平井 吉信 at 23:04| Comment(0) | 趣味

2016年11月06日

四国と関東の空から俯瞰する西日本


Googleアースがあるじゃないかといわれるけど
飛行機に乗るときは窓際を予約して
飽きることなく外を眺めている。

徳島空港を離陸してまもなく日高川と田辺市
DSCF3343.jpg

紀伊半島の山間部を蛇行する川を見ていて飽きることがない
熊野川と熊野本宮大社が見える
DSCF3346-1.jpg

うろこ雲を見ていて飽きることがない
DSCF3352-1.jpg

今度は往路
横浜市南部の臨海部。礒子区の上空から中心部みなとみらいを臨む
DSCF3622-1.jpg

江ノ島
DSCF3628-1.jpg
(江ノ電の車窓のYouTubeではこの映像が美しい。乗ってみたい)
https://www.youtube.com/watch?v=FoA9M8Wobfg

相模川がつくりだす広大な平野。中流の相模原市全域が見えている。
DSCF3633-1.jpg

酒匂川河口
DSCF3639-1.jpg

この日の富士山は全容が見通せた。
飛行機の高度は約6,700メートル(機長説明)
DSCF3652-1.jpg

DSCF3653-1.jpg

DSCF3659-2.jpg

富士山西側の山麓。新東明高速が富士川を横切る。
その右の河川は、沼川の支流潤井川で田子の浦へ注ぐ。
潤井川右岸には富士フイルムの富士宮工場、
さらにかすんでいる辺りは白糸の滝付近。
DSCF3666-1.jpg

4つの水系が見えている。
右から、富士川と甲府盆地、
その隣が興津川、
画面左寄りが安倍川のわらびの温泉周辺、
左端が大井川の井川ダムではないだろうか。
DSCF3672-1.jpg

矢作川下流を雲が渡っていく
DSCF3691-1.jpg

松坂市の沿岸部へ流れ込む櫛田川河口の澪筋が印象的
DSCF3700-1.jpg

そろそろ徳島空港へ着陸の準備。

(フジX20)

posted by 平井 吉信 at 13:25| Comment(0) | 趣味

2015年12月20日

品川のニコンミュージアムと富士


浜松町界隈で会議を終えたあと、
懇親会に参加して翌朝帰ることになった。
そのまま空港へ行くつもりだったけど、
わずかな時間を見つけて
品川駅から10月に開設されたばかりのニコンミュージアムへ。
京急で羽田空港へ行けることがわかったから。

ニコンといえば、ニコンF。
これに標準レンズNIKKOR50oF2を付けて
星夜写真を撮影していた人がいた。

知人の新聞記者がF3をいつも持っていた。
ジウジアーロが手がけたデザインで
精悍でかっこよく、
このカメラでバリ島を写して
土門拳賞を取った人の写真集なども求めたことがあった。
(「バリ超夢幻界」)

川が好きな友人の写真家はF4を使っていた。

かくもニコンに憧れながら
ニコンの一眼レフは一度も使ったことがなかった。
ミノルタのX700の自由な風が気に入っていたから。
明るく高倍率のファインダーで光と影を見ていたから。
このカメラで縄文を求めて青森へ、
民話を求めて岩手へ、
もののけの屋久島の森へ、
西表のマングローブに、
地球の裏側の広い海を求めて南太平洋へと旅に出た。

そんなこんなでAF時代にはカメラを買うことはなく
ミノルタで約20年通していた(いまも極上の現役)。

ようやくニコンを買えたのは
デジカメ時代になってから(D50)。
600万画素のバランスの取れた機種で
いまでも姪が使っている。

次に購入したのがD7000。
次々と新型機が出て
D7000のようなAPS-C・16メガ機は見えなくなった。

このところ、ニコンは元気がない。
買いたいと思える機種が見当たらない。
用途によるが、画像処理エンジンの世代も加味すると
D810、D750、D7200の三択ではないだろうか。

このなかでD750はもっともバランスが取れた買い得機のように見えて
実はシャッターショック(ミラーショック)が大きいという致命的な欠点がある。
実物に触れたときに、三脚とミラーアップ前提のカメラと判断した。
D810には不満がないが、
データ容量が大きい、カメラも重いなど、山野を駆け巡るには不向き。
となると、消去法でDXフォーマットのD7200となるが、
高画素機を使いたくないこと、ローアングルへの対応、肩液晶の表示の少なさがネックとなっている。

ニコンは、解像度を上げるためには高画素化よりも
シャッターメカニズムの洗練を行っていくことが先決。
そして質実剛健ななかに、使用感というか官能的な感触を向上させて欲しい。
DXフォーマットの広角レンズの充実も望みたい(例えば、DX16oF2など)。

そんなことを思いつつ、ミュージアムを訪れた。
品川駅からの回廊は朝の光に包まれている。
DSCF9670-1.jpg

ニコンミュージアムは品川駅からすぐのところにあった。
著作権の関係で動画は撮影不可だが、展示物の写真は構わない。
DSCF9680.jpg

DSCF9679.jpg

DSCF9678-1.jpg

真っ先に行ったのは銀塩時代の一眼レフ。
なかでもFE2はとても実用的で良いと思ってX700と最後まで迷った。
でも、ミノルタの醸し出す自由で南洋的なテイストが優ったのだ。
(これには地元出身の「楽園」写真家の幻影もある)
DSCF9672.jpg

ニコンF
DSCF9683.jpg

ニコンF3
DSCF9684.jpg

ニコンFE2
DSCF9676-1.jpg

黒く落ちた館内で立体感を演出する光に浸る。
そろそろ京急に乗らなければと後にした。

日本の写真機をあたためつつ
羽田空港から南ウイングで徳島に向かう飛行機の機内から
大地に鎮座する富士がまぶしく見えた。
(富士フイルム X20にて)
DSCF9695-1.jpg

三原山と噴火口
DSCF9642-1.jpg

雲を見ていると飽きない
DSCF9609.jpg

DSCF9606-1.jpg

DSCF9599-1-1.jpg

高い空から地上を見ていると
日本や地球が恋しくなった。
そこで地図帳を買った。
国の名称は変わったけれど
気象や産業なども見ることができる。
買って良かった。

新詳高等地図 (Teikoku’s Atlas)





posted by 平井 吉信 at 14:38| Comment(0) | 趣味

2014年06月25日

宝くじが当たりそうで困る場所


その昔、空から寛永通宝が降臨した土地がある。
ありがたい。
善男善女がおしかける名所となった。
なんでも金運に恵まれるらしい。

ぼくは宝くじを買ったことがない。
買えば当たりそうだから。
(思い切って100円分買ってみようかな)
だって、この風景を見てしまったから。

ここは四国のとある場所。
さて、どこでしょう?

25-1.jpg

実は一億円当たってしまって(内緒だけど)
D7K_8150-1.jpg


♩ ♩ 〜 〜 〜

駅のなまえはさまざま。
豊かな感性でつけられた駅もある。

DSC_2659.jpg


☆ ☆  ★  ☆ ☆ ☆  ★  ☆

ある夜、目撃したことをぼくは誰にも話していない。
徳島県東部のまちの某市役所が
深夜に出現したイカ大王星人に侵略されていたことを。

なかの職員が
そっくり地球人に擬態した宇宙人に置き換わったことを
誰も知らない。

でも、その恰好がちょんまげなのには驚いた。
きっと参照した
地球人擬態マニュアルのバージョンが古かったのだろう。

住民票を発行する振りをして
連れ去るべきかどうか画策しているかもしれない。

DSC_0362-1.jpg

彼らがやって来た日のことを覚えている。
火星が大接近した2003年だったのだ。
3mars-1.jpg

彼らが生まれたのはM78星雲
DSC_5478.jpg

彼らの乗り物は孫悟空がかつて乗っていた
きんと雲なのだ。
おとといも飛んでいるところを見てしまった。
8.jpg

月には兎がいないことを知ってしまった
DSC_4862b.jpg


○ ◎ △  ■ ◆

子どもがこんなところでおしっこをしている。
誰か注意をしなきゃ。
DSC_3000.jpg

・・・・・・・・・・・・・・
サスペンスの撮影に欠かせないのは崖。
なら、ここはどう?

崖がありすぎてどこから飛び降りるか迷うって?
(確か浅見光彦のシリーズでも使われてような記憶が)
DSC_3122.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・
世界のどこかで愛を叫ぶのなら
こんな場所もある。
欄干がなく水面まで近い一本の橋で
いまにも落ちそうな女性を
助ける男性があなただとしたら?
28-1.jpg

これは沈下橋だけど
別の場所では潜水橋と呼ぶ。
この場所はクルマもほとんど通らないから
昼寝している青年がいた。
橋の上で寝られる場所ってそんなにないでしょ。
35.jpg

・・・・・・・・・・・・・・

誰だ?
水のない山の尾根に船を建造してしまったのは?
その名も射手座造船所?
(確かにぼくは射手座だけど)

DSC_5148.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そこからさほど遠くないところから
こんな風景が見られる。
景色も美しいが、横顔の女性も美しい。
DSC_5286-1.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんでこんなに高床式なの?
ネズミが多い地区なのか?
DSC_8471.jpg


¥・・・・・・・・・・・・・・・・

海まであとわずかという川なのにこの水質の良さ。
パラソルの大人が交替で子どもの水遊びを見守る。
忘れられた四国の一角の誰にも言いたくないこの場所で
夏を避ける。
DSC_9127_01.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
千と千尋の神隠しのあの湯屋はあるのです、たぶん。
DSC_9210.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・

まだまだ続く、四国クイズ(いつのまにクイズに?)
有名なこの方、そして砂浜。
DSC_0078-1.jpg

太平洋に負けないぐらいまぶしい。
DSC_0086-1.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・
四国一の清流のほとりで
野点をたしなむ蝉時雨の夏。
DSC_0292-1.jpg


これらは四国のどこかの光景。
全問正解の人はいないと思うけど
(いたら四国マニア)
きょうはこの辺で。
続きは気が向いたら、ね。




posted by 平井 吉信 at 23:27| Comment(0) | 趣味

2014年02月22日

スーパー軽トラ刑事にファンタジーすーちゃん。啓蟄の虫は赤紫の寝床でうたたね。

列車に揺られて退屈な時間帯?
(本は読まないし、デジタル機器の操作はしたくない)。
そんなときは眼を閉じて空想で遊ぶ。

難事件を解決する刑事は
愛用の軽トラを駆るスーパー軽トラ刑事
狭い道路や急な斜面もなんのその。
広い荷台に秘密兵器を満載。
過給器を取り付けた改造で
韋駄天のごとく駆け抜ける。
日本の道路では向かうところ敵なし。
そんな物語があったらおもしろいかな?

追いかけっこをしていると、現れた小さな女の子。
黄色いセーターを着ているその女の子は、
ファンタジーすーちゃん。
すーちゃんのすの時は「素」。
素直な心でいる人には見える。
ざしきわらしと妖精のため息から生まれた。

ある日すーちゃんが見えなくなる。
そして、すてきな女性に出会った。
女性は、無人島の入江の裏側に露天風呂があって…。
なにやら秘密の物語のよう。

この物語にスーパー軽トラ刑事がからんでいく。

雲が生まれる青空のように
断片的に物語を描いてつながっていく。

もうすぐ啓蟄の季節。
年度末で疲れが溜まっているから
一寸の虫になってみた。
風よけの赤紫の菊に抱かれて
おひさまを全身に浴びる気持ちよさ。

おや、虫なのに大滝詠一を聴くのである。
"陽光が甲羅の中を突き抜ける"

DSCF8762a.jpg

DSCF8763a.jpg


posted by 平井 吉信 at 22:48| Comment(0) | 趣味