2017年07月30日

野菜を食べるなら よってね市(徳島県勝浦町)


JAの直売所の格差が広がっている。
先日は愛媛県内のある市の幹部から市内の直売所について
現地で状況を伺ったところ。
継続的に品質向上や消費者の視点からの作付を行いつつ
農業や食の啓発を行い拠点として高い志で運営されていることが伝わってきた。
なにより一人ひとりの農家の研究熱心さと良いノウハウはたちまち伝線(模倣)されるところがいい。
産地はそうあるべき。それが個々の農家の所得向上にもつながるのだから。
(でも閉鎖的な農村ではそれがうまく行かずノウハウを抱え込む)
だから、この直売所の理念を感じないまま
レイアウトや地産地消のレストランなどかたちだけ真似てもうまく行かないよ。

徳島県内ではどうだろう。
愛媛県内に匹敵する取り組みは見られないように思うけれど
よく通っているのは勝浦町のよってね市。

夏の野菜を心ゆくまで食べてみたいと思って
梅を漬けたいと思って
トマトを冷やして塩を振って食べたいと思って
これだけ買ったのに1,320円でした。
DSCF9244-1.jpg

適度に山中にあって(標高差をうまく利用できる、虫害が少ない利点を活かせる)
適度にまちに近くて(消費者の感性を汲んで商売ができる)
結果は良い作物を手頃な価格で供給いただいている。
(マーケティングとか演出という感じはしないところがいい。ただ農家の立場からはこれでいいのかとも思うけど)


posted by 平井 吉信 at 14:32| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ

2017年07月02日

地元のお菓子(勝浦町 前松堂)を仁淀川の一番茶でいただく 四国の良さって何?

それから数日後、勝浦町の「よってね市」へ出かけた。
1週間で食べきれるかどうかの野菜を買ったけれど
千円でお釣りが300円あった。
家へ帰って30本ぐらい入って90円のシシトウを炒めて食べたら
それだけでごちそうだった。

春の桜が有名な前松堂に立ち寄って
赤飯と和菓子を買って帰った。
可愛い娘さんが上品な笑顔で見送ってくれた。
(ハートマークが点灯しました)

先進のイオンモールもいいけれど、地域の小さな店もいいなと思った。
でも、イオンモールはたくさんの人が支えるのでつぶれないけれど
近所の小さな店は住民が支えることで
これからの暮らしを支えてもらえる。
義理立てて買い物するわけではなく、互恵的な関係を意識しておきたい。

前松堂といえば、店前のこの桜
春が来ると前松堂の桜を思い出す。
DSCF4729-1.jpg

スーパーに並んでいそうな気取らないお菓子
かりんとう饅頭は人気の商品
DSFT2262-1.jpg

2つに割ってみた。
DSFT2284-1.jpg

かりん、という食感と、あんこの妙。
この次は、阿波ういろ豆入りを買ってみよう。

油の多いお菓子なので
仁淀川へ出かけたときに買ってきた「池川一番茶」を飲んでみよう。
DSFT2287-1.jpg

ひとこと言ってもいいですか?
みなさん、茶はティーバッグで入れるのではなく
茶葉を適温で抽出して飲むのが最高のごちそうなんですよ。
無精しないで、茶を飲めば心地よさと健康がついてくるよ(おせっかいでごめん)。
DSFT2291-1.jpg
池川茶業組合
http://niyodogawa-store.com/?mode=grp&gid=795801

池川茶園
仁淀川支流の土居川を眺めながら池川茶や池川茶のスイーツをいただける
http://niyodogawa-store.com/?mode=grp&gid=795800

仁淀川流域は霧の出る地形。西日本でも屈指の条件ではないだろうか。
DSCF5804-1.jpg

DSCF5838-1.jpg

いまは仁淀川町だけれど、高知県内では池川町と呼ぶほうがしっくり来る。
この春には池川のひょうたん桜を見たんだ。
DSCF5917-2.jpg

2012年、NHK高知放送局はプロモーションを行った。
それは「仁淀ブルー」。
https://www.attaka.or.jp/info/dtl.php?ID=653
仁淀川でもっとも仁淀川らしいのが幹線道路から離れた鎌井田集落のあたり。
DSCF0227-1.jpg

DSCF0220-1.jpg

DSC_2147-1_2.jpg

池川地区を流れる土居川。
商店街の脇にこんな川があるなんて…。
ここは四国の郡上八幡。
(水質は吉田川よりもさらに上だけれど)
このまちはそのうちブレイクすると思うよ。
DSC_2214-1.jpg

仁淀川でもっとも仁淀ブルーの象徴が池川町を流れる支流の土居川(上流は安居渓谷)。
DSC_2968-3.jpg

茶畑は土居川に沿って見られる。
この川の水と霧が茶をつくる。
DSC_2163-1.jpg


四国を好きになるって、どんなことなんだろうね。
タグ:菓子 勝浦町
posted by 平井 吉信 at 17:39| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ

2017年06月25日

県都カフェ物語 静かな感動を味わえること 静かな感動を伝えること


鄙びた場所に立地してSNSで発信しながら
ドライブも兼ねて遠く県外からも集客するカフェ、レストラン、ピザ窯もあるけれど
まちなかのカフェは競合も多い。

特に内装に凝っていない。
外装に至ってはもちろん。
できて2年ばかりということもあって
例の飲食店の口コミサイトにも掲載されていない。
DSCF8465-1.jpg

メニューは2種類のランチのみ。
価格も手頃で850円〜900円。
車も停めることができる。

ところが店内に入ると
リピーターが思い思いに腰を下ろしている。
(さりとてお店とリピーターが会話を交わしている雰囲気はない)

高価なものかどうかはわからないけれど、
華美でない調度品の心配り、
流れている音楽、会話を妨げないその音量、
もちろん紫煙とは無縁。
(飲食店を法律で禁煙にできない国ってなんだろう?)
この店の常連は最初に入店したときから敷居の高さなど微塵も感じなかったはず。
すべてがさりげなく、素っ気なさなど微塵もない控えめな微笑に満ちている。

飲食店は大変である。
どんなに手間をかけても気配りを用いても値頃感(相場)がある。
ぼくは毎年梅酒と梅干しをつくっているけれど
梅酒3本の原材料費(梅、蜂蜜、35度の焼酎もしくは泡盛)は1万円近い。
原価と手間をもとに価格を付ければ少量の瓶で2〜3万円になる。

そして例のつまらぬグルメサイトのコメントで
客の感想がときに店主の心を痛める。

そのようなことは最初から意図していない、
お客様のことを思えばこそ、そうしているのに―。
そんな飲食店の嘆きの声が聞こえてきそうである。
(1億総評論家の時代だからインターネットの情報は信頼できないのだ。そしてまとめサイトやキュレーションサイトがさらに情報の価値を撹乱する)


満足度とは、顧客が期待する成果と
提供される価値のマッチングであるから
相互に理解しなければ(心が通わなければ)不幸だ。

ありとあらゆる人の嗜好に応えるなどできない。
そして当然だけれど、お客様は神様ではない。
(店は客を選び、客は店を選ぶという社会契約が来店である)

ここのお店に入ると
そしてお客様をお迎えする女性店長の慈愛に満ちた表情。
このままテレビドラマになりそうだ。
主演は、いまより少々若い年齢の吉永小百合か松坂慶子あたり。
華があっても品格が楚々と流れているような。
だから、お迎えを受けると
おだやかな気持ちで席に着くことができる。
奥から運ばれてきた料理は一見地味。
DSFT2198-1.jpg
こけおどしの風味や奇をてらった盛りつけの見映えはないから
Instagramに投稿する人は少ないだろう。
しかし一口いただくと、料理をされた方の心に触れる。

素材が口のなかから脳の深いところまでじんわりと広がっていく。
味わいは深くても次の瞬間、舌に残ることはなく消えている。
食事が咽を通らず、外食に気乗りしない体調不良の家人を連れていけば
一心不乱に味わいながら1粒一片として皿に残っていない。
DSFT2207-1.jpg


料理人の技もすばらしい。
旨味の足し算からこの技は生まれない。DSCF8006.jpg

和食の達人がていねいにつくる魂を込めた料理は
さりげなくも切ない。
特に塩の使い方が絶妙である。
DSCF8007-1.jpg

日々の仕事をしずしずと思いを込めてていねいに仕上げるだけ。
そんな心が透けて見える。
(口先だけの政治家を見ていると、市井の人々の至誠が身に染みる)
目標とする売上もなければ、
もっと売れたいという虚栄も感じない。
けれど、いかなるお客もあたたかく迎える覚悟で
店は灯されているように思える。
DSCF8470-1.jpg

不思議に思うのは
どのような力学、思いがあって
この店が存在するのだろう、ということ。
きっと静かで感動的なドラマがあるに違いない。
DSCF8014-1.jpg



これは徳島市内に実在するカフェの話で
何の誇張もしていない。
ただ、お店に入った瞬間から出て行くときまで
店の方もぼくも心の動きを感じあうことができる。

このようなお店なので
店名はお答えしません。
もったいぶっているのではないのです。
このお店に合う人はグルメサイトやSNSと無縁だと思うから。

posted by 平井 吉信 at 17:01| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ

2017年04月27日

立川PA 立川そば復活


徳島から高知へ向かう高知道の山中にある立川PAは小さなエリアだけど、
自然度が濃厚でレイアウトが使い勝手がよく
四国のPAのなかでも好きなところ。
ここの立川(たじかわ)そばが目当てで高知出張の際は立ち寄っていたが
数ヶ月前からメニューに乗らなくなった。
(一時、製造を取りやめていたという)
久しぶりに食券に出ているので試してみた。
http://www.kochi-syoku.com/glmet/tachikawa-soba.html

麺はつなぎなしのそば粉100%。
(祖谷そばと似ている)
実は、そば粉には雑菌が多いため、
製粉の段階から菌数管理が重要である。
(製粉まで地元で行っているかいないかは不明)
出汁は以前と違うように感じる。
濁り感のない風味では麺がなじまない。
(もしかして業務用?)。
DSCF6827.jpg


別の機会に松山へ出張に行った際、
大街道のまろに立ち寄る。
相変わらず良い出来映え。

たぶん、そばがもっとも好きな食べ物で
次いでカレーかなと思う。
カレーは自分でそのときの気分で風味を変えてつくるけれど
そばは自分で打ったことがない。
やってみたいと思いつつも、時間と道具(場所)を整える機会がなくて。

そばを無心にすすり、目を閉じて味わう昼のひととき。
仕事に向かう足取りを軽くしてくれる。
DSCF7009-1.jpg

DSCF7012-1.jpg

夜は、ロープウェイ街の入口のかどやで。DSCF7192-1.jpg

DSCF7200-1.jpg

仕事の後の親しい人との食事でなごめば、明日への活力となる。
posted by 平井 吉信 at 22:50| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ

2017年04月09日

寒い3月のあたたかいラーメン


もう4月があと数時間というのに、高速道路の池田SAは雪景色。
DSCF6731.jpg

こんなときはあたたかいラーメンをと、
魚介の出汁をていねいにつくりこんでいるお店へ駆け込む。
たまたまのれんがかかった直後の1番客となった。
DSCF6735-1.jpg
(濃厚魚介らぅ麺 純)
タグ:ラーメン
posted by 平井 吉信 at 00:23| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ