2018年04月22日

夕方だから出たくなる 歩きたい 中津峰


出張が続いた週末は用事がたまっている。
時計を見ると16時前。
このまま身体を動かさないと身が持たないと感じて山へ行く。
登山ではなく山歩き(散策)。
(山歩きは疲れを取るために温泉へ行くのと同じ。精神論ではなく科学的合理的な理由から。ただし心拍数を上げない歩き方が条件。ぼくはナンバ歩きなので息が上がることはほとんどない)

この時間は山で出会う人はほとんどいない。
だから静かな山旅が楽しめる。
行くとしたら近場の山ということで中津峰しかない。

もはや日の陰った場所が多い。
そんな場所でこの季節の風物詩はシャガの群落。

ニコン(D7200)で捉えたこの絵がいい。
幽玄を彷徨うような、しかし忠実度の高い画像。
D7N_0146-1.jpg

フジX-T2+XF35mmF1.4 Rで捉えたシャガには虫がいた。
DSFT1795-1.jpg

シャガの群落を見下ろすように葉が絡まった幹が斜めに
DSFT1802-1.jpg

登山口にはスミレが多い。
DSFT1849-1.jpg

山菜が陽光を浴びて背伸びしている
DSFT1836-1.jpg

谷筋の地形に出くわした。どこまでも追いかけていきたくなる。緑と光のなす織物のような光景だったから。
DSFT1824-1.jpg

ツツジもちらほら。すでに盛りとなっている個体も
DSFT1907-1.jpg

DSFT1915-1.jpg

D7N_0166-1.jpg

山頂を過ぎて南西のゆるやかな尾根の踏み跡をたどる
DSCF3159.jpg

いままで通っていない踏み跡を進んでみると林道に出た。
DSCF3160.jpg

きょうは中津峰なので地図を持っていない。
たぶん知っている道へ抜けるだろうと思っていたらまさにそこ。

車道を歩けばそろそろ日没。
この辺りは人工林だが、間伐が機能している(混交林)。
DSFT1924-1.jpg

見上げた空に飛行機(複数)。
D7N_0205-1.jpg

飛行機を追いかけて黄昏。
DSFT1938-1.jpg

徳島市南部の標高773メートルの中津峰を夕方歩く疑似体験をしていただけましたか?



タグ:中津峰
posted by 平井 吉信 at 22:52| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2018年04月16日

沢が流れ込む先は明丸海岸 波打ち際は哲学者の時間


休日を南阿波サンラインで過ごすことぐらい
おだやかで心が弾むことはない。
海岸性照葉樹の森と海崖が一体となった場所を
道がなぞって曲がる度に新たな発見があり
生きていく気持ちが筍のようにふくらんでいく。
(気持ちがふさいでいる人、行ってみて)

外ノ牟井浜からさらに南下する。
明丸海岸へ降りる前に第3展望台へ立ち寄ると
花が散ってしまったソメイヨシノに
たった一輪(一房)だけ残っている桜があった。
D7N_0072-1.jpg

散った花びらからさえ蜜を集めて飛び交う
(世界の片隅で営まれている生命の一コマ。この積み重ねが進化と絶滅だね)
D7N_0115-1.jpg

路傍の花、その思いがけなく空間ににじむような純白に
D7N_0120-1.jpg

沢が流れ込む先は明丸海岸。
DSCF3058-1.jpg

D7N_0084-1.jpg

D7N_0091-1.jpg

波を見ているだけでごちそう。
DSFT1296-1.jpg

DSFT1310-1.jpg

海辺に咲く山野草を探してみた。
これはキランソウで高さは1〜2センチ程度。
(何か特殊な機材を使っている? ミラーレスの標準レンズで中間リングを入れているだけ。フジX-T2+XF35mmF1.4 R)
DSFT1378-1.jpg

足元の山野草に目を留める人は少ないけど、目線を落としてやれば花は饒舌(コバノタツナミソウ)
DSFT1346-1.jpg

種類はわからないけどスミレの仲間
DSFT1379-1.jpg

かつて昭和の時代に観光開発が行われた南阿波サンラインも
いまでは道路だけが取り残された。
そこに息づく生態系とヒトとの濃密な関係は
ホモ・サピエンスが失いかけている自然への感性を覚醒させる。

「徳島には何もない」と自虐的に表現するのは
頭でっかちで感じない心。
自由で制約のない時間と空間に魂を遊ばせることができれば
もっとヒトは過去に戻れるし、そこから未来を俯瞰できるはず。

真空で鉛筆を完全な垂直に立てたとしても
いずれかの方向に倒れることから
南部陽一郎さんは自発的対称性の破れを発見した。
対称性が破れることで真空にムラを生じて(真空の相転移)
素粒子の動きにくさを生じ
質量を形成するヒッグス粒子にまで辿り着く。

ホモ・サピエンスに比べると
言語能力が劣っていても大脳のある領域が大きかったと想像される
ネアンデルタール人はもっと自由に時間や空間を認識し
それを自分が感じるままに表現していたはず。

70億人もいるヒトが地球上の独裁者のようにふるまう現代は
(政治も世界の随所で独裁政治がはびこっている)
人類滅亡への滑走路を滑っているように思える。
それは必然なのかもしれないが
そうでない生き方があるのではとも考える。
posted by 平井 吉信 at 23:08| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2018年04月15日

南阿波サンライン 外ノ牟井浜の休日


南阿波サンラインに入って
目に止まったボタンザクラに車を停めた。

花見と称して桜をほとんど見ない人もいるけれど
角度を変えつつ木から漂う花の精気を感じつつ
気がつくとほとんど1時間。
空が青いから余計なことを考えず、
桜だけに集中できる。
DSFT1181-1.jpg

DSFT1185-1.jpg

D7N_0037-1.jpg

トンネルを越えるとそこは太平洋だった。
すぐに外ノ牟井浜(とのむいのはま)へと降りていく。

波が打ち寄せる。
見ていれば時間が過ぎていく。
DSFT1231.jpg

DSFT1233.jpg

DSFT1238.jpg

DSFT1250.jpg

休みの日だというのに誰もいない。
目で波を追いかけると
波の切り口から海底が見える。
太陽はそこまで達している。

動画にしてみた。
長くない再生時間だけど海を感じてみて。






目を閉じると陽射しがいっそうしみてくる。
そして波の重なりの多重録音が低い共鳴音を奏でたり
小石を巻き上げるときに小鳥のさえずりを奏でたり
ガラスのこすれるようなきらめきを放ったり。

外ノ牟井浜だけで一日が終わりそうだ。
いや、終わるのではなく、
生きることの始まりが毎日訪れているのだ。

追記
人家がほとんどない南阿波サンライン(室戸阿南海岸国定公園内)にあって
唯一、海洋生物の研究所が外ノ牟井浜にある。
(こんないい環境で研究開発ができるなんてうらやましい。昼休みに浜まで歩いて2分!)

この浜の清澄な海水を使ってプールで生産されているのが、
美波町特産のアオノリ。
この海域は無人の海岸線で流れ込む川がないこともあって
生活雑排水の影響がない。
(山から直接降りてくる沢はたくさんあるが水質汚濁は皆無)

砂やゴミなどの介在物がない人工環境での生育でもあり
安心して食べられる。
お好み焼きやみそ汁、パスタなど応用範囲は広い。
「日和佐あおのり」(2種類ある)
http://www.pref.tokushima.jp/takarajima/docs/2014012200349/
http://www.pref.tokushima.jp/takarajima/docs/2014012200394/
道の駅日和佐では手に入るが、県内のスーパーで見かけることもあるかもしれない。
posted by 平井 吉信 at 22:49| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2018年04月10日

春なのにキリギリス?


出かけようと玄関に出た途端、
クビキリギスと目が合った。
4月3日のこと。
こんな時季にいるとしたら越冬個体?
(聞いたことがない)
DSCF3589-1.jpg
posted by 平井 吉信 at 19:19| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2018年04月07日

吉良のエドヒガン 神社と新緑が桜を後押し


つるぎ町は剣山への表玄関のまちである。
そこではどこまでも転がっていきそうな急傾斜地での農業が営まれている。
関係者のご尽力で先月(2018年3月)、世界農業遺産に認定された。
(篠原尚志さん、よかったでござる)
→ にし阿波の傾斜地農耕システム』について
http://www.town.tokushima-tsurugi.lg.jp/docs/294781.html

そのお祝いに桜を見るというのは意味不明だが、
吉良のエドヒガンを見たことがなかったので
行ってみることにした。
町の商工観光課に電話で確認すると
散り始めていますが、まだ残っています、とのこと。


貞光川沿いの細い道を右折して川を渡り
そのまま上がっていく。
標識があるので迷うことはない。
(吉良地区を一方通行となるように標識は誘導している)

ここには忌部神社がある(表示は御所神社)。
全国で徳島だけにしかない神社とされるが、
いくつか候補地がある。ここもそのひとつ。
DSFT0994-1.jpg

神社に隣接する丘に樹齢四百年を超えるエドヒガン桜がある。
神社から見た桜のある丘
DSCF3022.jpg

丘から見た神社
DSFT0997.jpg

地元の方がお接待で詰めておられた。
その方が連れて来たのだろう。決して吠えないおとなしい犬。
D7N_9895-1.jpg

エドヒガンの左手の椿
D7N_9921.jpg

D7N_9915.jpg

落ちた椿の花、命尽きる瞬間に輝きを放つ、その静かな存在感
D7N_9928-1.jpg

吉良地区は花に囲まれた集落
D7N_9896.jpg

エドヒガンにやってきた野鳥
D7N_9943.jpg

すでに花の盛りを過ぎているエドヒガンだが
DSFT1028-1.jpg

むしろ葉の輝きを付加して別の魅力をまとっている
DSFT1075-1.jpg

吉良の里の桜を愛でつつ貞光川沿いへと下る
DSFT1085-1.jpg

DSFT1091-1.jpg
タグ: つるぎ町
posted by 平井 吉信 at 18:47| Comment(0) | 山、川、海、山野草