2018年02月12日

雪が溶ければ水辺に行きたくなる 北の脇に空が映る(部分的ウユニ塩湖出現)


朝、起きてみると意外にも積雪。
徳島の平野部でも今年ぐらい雪が積もることは少ない。

そして積雪が10センチでもあれば
徳島では通勤に6時間かかった、などの噂話が飛び交う。
(ぼくは通勤をしないので真偽のほどはわからないが、普段より時間がかかるのは間違いない)
それを聴いて新潟出身の人が苦笑する。
この程度の雪で何でそんなにじたばたするのって。

それが南国なんですよ、新潟の方。
スキーを愉しむ人もぼくのまわりにはいない。
一度だけ信州野沢温泉へ3泊4日のスキーに出かけたことがある。
あのときは急行「しなの」だったか「ちくま」だったかの大阪発の夜行列車で
朝の5時ぐらいに松本に着いた記憶がある。
スキーは楽しんだかって?
いや特には。歩くよりは早く滑ったような気がするけど覚えてないな。
(考えてみれば生涯に一度だけかも。今後もしない、多分)

朝起きて宿のまわりが一面の雪景色だったことのほうが感動的。
とにかく南国の人間は雪が苦手。

ところがきょうの雪は午前中に溶けてしまった。
雪にとざされていた南国人間はさっそく水辺に行きたくなる。
冬の間は山も山野草も休眠で行くところがないから。

近所の勝浦川を見に行った。
これはこれでよかった。
水辺は冬が極まって春に転じる気配がした。
DSCF1865-1.jpg

次に北の脇に行った。
高校時代、学校の帰りに泳いだもの。
風がなくおだやかな海は寒くはなかった。
DSCF1884-1.jpg

波打ち際をみると空が映っていた。
DSFT8267-1.jpg

DSFT8288-1.jpg

DSFT8312-1.jpg

近づいて自分の目で確かめて肌で感じることが大切。
思い切って決断して実行することが人生を動かしていくのと同じ。

(フジX-T2+XF35mmF1.4 。ほとんどこれだけで写真を撮っているような気がする。標準レンズが好きなんだろう)
posted by 平井 吉信 at 22:52| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2018年01月31日

速報 皆既月食


現在進行中の皆既月食。
明日は出張なので皆既になったところで早めに切り上げた。

7×50の双眼鏡の視野で
月食が進むと星が浮かび上がってくるのが印象的だった。
皆既月食は双眼鏡が最適だ。

これは薄もやだが、月面のコントラストが弱められてクレーターのディティールがわかる
D7N_8584-1.jpg

もやが晴れた
D7N_8594-1.jpg

月食は進行していく
D7N_8611-1.jpg

肉眼でも赤道色の雰囲気が漂うがカメラはいち早く捉える
D7N_8629-1.jpg

あと少しで皆既
D7N_8632-1.jpg

皆既に突入。地球の影を月に投影する機会は心のごちそう。
月とともに星が写っているのがわかる?
D7N_8645-1.jpg



…危ないところだった。
わざわざ電話で報せてくれる人がいなかったら
仕事をしていてうっかり忘れるところだった。
(会議欠席で皆既月食で回避血色=意味不明)

(ニコンD7200+AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR)
posted by 平井 吉信 at 22:31| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2018年01月30日

南阿波サンライン にび色の海が遠くこだまする 牟岐の水落集落にて


日和佐から牟岐にかけての無人の海岸線を南阿波サンラインという。
四国の海岸線では、大月町と双璧をなす海と思っている。

サンラインには展望台が4つある。
そして車で海に降りられる箇所が2箇所(外ノ牟井浜、明丸海岸)。
休みの日の贅沢は、水筒にちょっといい緑茶を仕込んで
おにぎりやおやつを持って出かける。
読みたい本(Kindle)も忘れずに。

そうして4つの展望台を北からはしごしながら
読書をしていつのまにか昼寝をしつつ、
気が向いたら崖を降りて渚へと降りてみる。
ここは海岸性照葉樹の魚付林。
冬でも落葉しない森が渚へと導いてくれる。

サンラインはほぼ無人だけれど
牟岐に入ってサンラインからもう一段下の道に降りることができる。
DSFT7532-2.jpg

晴れた夏には棚田と海が広がっている(9月撮影)
DSC_0100-1.jpg

道幅は細い。
崩れそうな崖もあって通行注意である。
DSCF1633-1.jpg

だから途中の道幅の広いところに適当に車を置いて
そこから歩くことにする。

梅を見つけてひとあし早い春
DSFT7550-2.jpg

うぐいすのような鳥が多い
DSFT7662-1.jpg

渚へ降りる踏み跡をたどっていく
きょうの予定は決めていないしどこへ辿り着くかもわからない
人生と同じように
DSCF1583-1.jpg

DSCF1584-1.jpg

波打ち際まであと一息
ふと前方を見ると
滝が渚へと落ちていた。
DSCF1590-1.jpg
だから水落の集落というのか。

崖を降りると海へ出た
DSCF1609-1.jpg

DSFT7537-2.jpg

浜は歩いてたどることができそう。
DSCF1617-1.jpg
ブラタモリがロケをすれば
この岩を見て驚喜するだろうな
(独特の地形だよね)
DSFT7630-2.jpg

DSFT7633-1.jpg

元来た道を戻ると滝の上に出た
ここから落ちている
DSFT7638-1.jpg

この場所のどこがいいかって?
答えられないけれどそのとき何かを感じた
DSFT7564-2.jpg

再び車道に戻って牟岐方面へと歩く
前方の雲が割れて薄日が落ちてきた
そのとき、にび色の海が光を散乱させる
DSFT7640-1.jpg

DSFT7656-1.jpg

思いがけず訪れた最後の審判のように
DSFT7689-1.jpg

DSFT7691-1.jpg






posted by 平井 吉信 at 21:39| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2018年01月21日

土佐佐賀 海の展望台


高知県西南部への出張で必ず立ち止まる場所。
室戸岬から足摺岬の間は太平洋と一体となった土佐湾。
DSCF1546.jpg

ここで深呼吸をすると、元気をもらえる。
DSCF1552.jpg

逆に、海を元気にしてやる、などと息を吐いてみるのもいいかも。
DSFT7460.jpg
posted by 平井 吉信 at 11:15| Comment(0) | 山、川、海、山野草

冬の短編集 入野松原はいつ見てもえい 


車を降りて見た。
ここは入野松原の北端。
サーファーも見えている。
肉眼で見た視覚よりやや狭いがこんな感じ。
DSFT7453.jpg

人間の目はじっと凝視するので
左側を拡大したらこんな感じ。
DSFT7453-1.jpg

右側を拡大したらこんな感じ。
DSFT7453-2.jpg

ぼくはやっぱりこの海から
変ホ長調(E♭)を感じるんだけど。

(フジX-T2+XF35mmF1.4 R)
posted by 平井 吉信 at 00:11| Comment(0) | 山、川、海、山野草