2018年06月17日

モネの庭 今年はじめての青いスイレン 一輪だけのひそかな開花 


前週に続いて室戸岬へ足を伸ばしている。
距離にして優に100kmを超えるけれど
遠出している感覚はない。
(高校の頃は自転車で来ていたのだから)。
あの頃と比べると海沿いの国道55号線は八坂八浜のあたりで道がまっすぐになり
海部川沿いの国道193号線は曲がりくねった細い道や一部未舗装の区間があったのが嘘のよう。
学校の帰りに服のままで泳いでいた女学生も見かけない。

風景は人の心に思い出に働きかけて時間を遡らせる。
あの頃聴いていた音楽がそれを後押しする。
(このブログでも取り上げている「パイナップル」や「ライド・オン・タイム」もそうなのだ)

今回は岬へ回らず室戸市街を抜けて短縮路で。
岬から北川村のモネの庭までまだ約20kmはある。
室戸を折り返して土佐湾をなぞる国道55号線は
岬の東側と異なる砂浜の多い海岸線。
ほどなくモネの庭に到着。
天気予報では晴れとのことだが、雲が多い。

説明は少なめにカメラが捉えたままを並べてみよう。
(フジX-E2+XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS)

夫婦岩で休憩していて黄色い花に気付いた
海が近い丘で背を低くしながらも太陽に向かっている
DSCF4358-1.jpg

曇りがちな空を映した睡蓮の池
DSCF4365-1.jpg

空中回廊からギャラリーショップへ入る
DSCF4447.jpg

DSCF4449.jpg

DSCF4451.jpg

DSCF4453.jpg

(ここからフジX-T2+XF35mmF1.4 R)

自宅でガーデニングをする人の気持ちがわかる
DSFT4444.jpg

曇り空を映す池の鈍色の水もいい
DSFT4451-1.jpg

紫陽花のその花弁と色彩と
DSFT4462-1-1.jpg

DSFT4464-1.jpg

しばらくはモネの模写、園内の木々、植栽を見ながら
DSFT4467-1.jpg

DSFT4473-1.jpg

DSFT4475-1.jpg

DSFT4481-1.jpg

DSFT4493.jpg

DSFT4513-1.jpg

DSFT4515-1.jpg

花と花が通じ合っているというか
DSFT4524-1.jpg

これは植栽ではなく自生 なかなか見ることが少ないカキランでは?
DSFT4527-1.jpg

DSFT4533-1.jpg

DSFT4552-1.jpg

花の庭には噴水と花の饗宴
DSFT4556-1.jpg

DSFT4557-1.jpg

DSFT4569-1.jpg

DSFT4586-1.jpg

DSFT4588-1.jpg

DSFT4590-1.jpg

DSFT4592.jpg

DSFT4594.jpg

何度か園内を回ってエアポケットのようなこの場所にたどりつく
DSFT4610.jpg

ショップで並べられている傘がいい(1,944円〜)
雨降りが楽しくなりそうで。買えばよかった。
DSFT4629-1.jpg


(ここからはニコンD7200+AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR)
青いスイレンは1輪だけ咲いていたが曇り空で午後からなのでしぼみかけている。
(ほとんどの人はその存在に気付いていないが)
D7N_0969-1.jpg

D7N_0982-1.jpg

水の庭はモネの庭の花形
D7N_0981-1.jpg

D7N_0985-1.jpg

D7N_0987.jpg

鶏が放されていた
D7N_0996.jpg

D7N_1003.jpg

D7N_1007.jpg

網に掛かった小さな花弁を獲物と勘違いして尻から糸でまきつけるジョロウグモ
モネの庭にはチョウやトンボが多い。農薬の使用を極力控えているからである。
D7N_1018.jpg

綿のような花?を付けた樹木
D7N_1022.jpg

D7N_1024-1.jpg

D7N_1052-1.jpg

D7N_1063-1.jpg

D7N_1040-1.jpg

今度は青いスイレン、青い蜂の夏に来よう。

モネの庭 マルモッタン
―Jardin de Monet Marmottan au Village de Kitagawa
クロードモネ財団からその名称の使用を許可されている。
工業団地になるはずだった村の土地が、
フランスとの交流も実現しつつモネが夢見た庭をつくりあげた。
モネの庭ははるかジャポンの四国の東南部で
人々に幸福をもたらそうと花を咲かせ続けている。

タグ:モネの庭
posted by 平井 吉信 at 17:35| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2018年06月14日

梅雨の晴れ間の広々とした青 南阿波サンラインにて


入梅しても本格的な雨とは言えない日々、
それでも快晴となると、洗濯物やら乾かしものやらで。

県南方面での充実した仕事が終わって
夕方、徳島市内での打ち合わせに向かう途中のこと。

透明な青のインクを無造作に流し込んだというか、
DSFT4703.jpg

大気圏に閉じ込められた水蒸気の張り詰めた躍動というか、
DSFT4706.jpg

牟岐大島の横たわる姿というか、
DSFT4704.jpg

車を停めずにはいられなかったのは、
この青のせい。

人もカメラも同じ色を見ていた午後。

(フジX-T2+XF35mmF1.4 R、XF14mmF2.8 R)
posted by 平井 吉信 at 23:24| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2018年06月05日

蛇紋岩の帯の紅天女 ジンリョウユリと 天上の翡翠の湖


言葉の説明が要らない景色なのにほとんど誰も行かない。
DSFT3979.jpg
ここは秘境のようだけど秘境ではない。
(まちから1時間少々だから)
観光地図にも載っていない。
(でも秘境感は確かにあるし実際に秘境かもしれない)
D7N_0812-1.jpg

DSFT4077-1.jpg

DSFT4096-1.jpg

DSFT4107-1.jpg

実物を見ないと信じてもらえない水の色、
そして蛇紋岩(この岩を見たさに来ている。岩が見たいって?)
しかもこんな場所にユリが咲く。こんな場所に?
DSFT3985.jpg

それもここだけでしか咲かない。
DSFT4011-1.jpg

DSFT4050-1.jpg

DSFT4063-1.jpg

DSFT4027-1.jpg

D7N_0768.jpg

こんな姿態でたたずむ。山深い里に。
D7N_0777-1.jpg

楚々として妖艶な花が痩せた蛇紋岩の土壌に一輪、凛と咲く。
DSCF4544-1.jpg



posted by 平井 吉信 at 23:16| Comment(0) | 山、川、海、山野草

2018年06月04日

そこには空と海だけ

雲をどこかに忘れてきた空が海と出会って それが岬
DSFT4273.jpg

岬ではムラサキカタバミすらトロピカル?
DSFT4239.jpg

半分だけ陽射しを受ける野バラの仲間。
光と陰の相補性を見せている。
明も暗も必要、善も悪も必要、それがこの世。
DSFT4256.jpg

この日もっとも多く咲いていたのはサボテンの花。
♪たえまなくふりそそぐこの陽射しのように
DSFT4261.jpg

コミカルなロボットアニメか実写のような造形
DSFT4264.jpg

数え切れない黄色が海に溶暗していく。ここで生きていくと決めている者同士で
D7N_0903.jpg

こんな場面だけでうれしくてしようがない
この世にあるすべてのものに
光は降り注いでいると伝えているから
D7N_0913.jpg

視線を遠く誘導されて気付いた
D7N_0916.jpg

ふと足元を見ればシオギクの花が開花しようとしている。
ちょっと待ってプレイバック! あなたが咲くのは真冬でしょ。
D7N_0932.jpg

ブラタモリのロケを室戸でやってはいけない
タモリさんが帰れなくなるから
(もしかしてネタバレしている?)
D7N_0946.jpg

こちらにおわすはジオパークの岩なるぞ。一同、頭が高い、控えおろう
DSCF4313.jpg

DSCF4317.jpg

空海が修行した洞窟まで出てくるのだから
地球もえらいが人もえらい。
虚空蔵菩薩さまに帰依いたしますと百万回(虚空蔵求聞持法)。
(虚空蔵菩薩さまはぼくの守護本尊でもある)
DSFT4237.jpg

灌頂ケ浜 ― ここが四国の東南端の浜だとは誰が気付くだろうか
(看板がなければ)
DSCF4314.jpg

室戸岬しか知らない室戸岬の秘密を繙こうと通うけれど
そこにはただ空と海。
タグ:室戸
posted by 平井 吉信 at 23:01| Comment(0) | 山、川、海、山野草

夏への扉


いつも注文しているコーヒー豆は千葉の小さな焙煎事業所によるもの。
注文票を見ると「夏への扉」(商品名)の文字が躍っている。

山下達郎の同名曲から付けられたという。
説明にはこう書かれている。
「ゆっくりと味わっていくと…優しい甘味から、爽やかに切れの良い後味…さらに冷めると、余韻の香りと味わいが長く華やかに続くと思います。キラキラ感が持続するのは…初夏の心地よい風と優しい日射しをイメージしました。」


音楽の「夏への扉」が収録されているのは「ライド・オン・タイム」というアルバム。
達郎がメジャーになるきっかけとなった同名曲が収録されているアルバム。
当時の音楽業界の関係者だったKさんが
「これはヒットしますよ」と興奮気味に語っていたのを思い出す。
https://amzn.to/2kKgUnc

「夏への扉」から始まるB面が遠くを見つめるようなおぼろげで
プレーンでありながら細部まで積みあげた音づくり。
リズムが確かにときを刻み、ギターが物語の先導をしながら
詩の余韻が波紋を広げて空に溶けていくような。
山下達郎のアルバムのなかではもっとも好きかもしれない。

ぼくにとっての「夏への扉」は必ずしも海ではないけれど
数日前の景色を真空パック(できないけれど)して並べてみたら
それぞれの「夏への扉」のカギを開けてくれるのではと。
D7N_0922.jpg

自宅から1時間少々にあるこの海は高校のときから自転車で通っていた。
当時の砂浜は小さかったが、真水なら飲めるといわれた水の透明度。
いまもそれほど変わっていない。
DSFT4189.jpg

静かな波間を沖の離れ小島をめざして泳いでわたる。
ときどきひっくり返って泳ぐけれど、太陽がまぶしくて目を閉じてしまう。
DSFT4191.jpg

海へと続く小径はもうそれだけで詩の世界
DSCF4270.jpg

ここは沖縄ではなく南四国だけれど、
サトウキビ畑から海へと降りていく石垣島の小径が頭から離れない。
今しかできないことってある。
DSFT4252.jpg

遠浅の海は入り江と小川がつくりだしたもの。
学校帰りに体操服のまま泳いでいた女の子たちがいたのは昭和だったっけ?
DSFT4202.jpg

小川と海が出会うと、ヨーロヤロというヤ行とラ行の音を混ぜる。
この音が若さの焦燥とやさしさが混じったほろ苦くも甘酸っぱい音風景。
D7N_0892.jpg

これらの海はすべてミネラルの聖地、海部の海。
ぼくにとっては「夏への扉」でもあり
憧憬にも似た「過去への旅」でもあり
はっきりと見ることはできない「未来への俯瞰」とでも。

このまま波間に浮きつ沈みつしながら生きて行けたらとも思うけれど。




いい色と感じますか?
撮影したそのままですよ。
フジX-T2+XF35mmF1.4 R、XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS


タグ:海部郡
posted by 平井 吉信 at 22:12| Comment(0) | 山、川、海、山野草