2014年04月01日

太陽の日暈


2014年3月31日、
人々が消費税前の混乱に明け暮れるさなか、
日暈(にちうん、ひがさ、ハロ)と呼ばれる現象が観測された。

たまたま持っていたカメラで撮影。
時刻は、17時半を中心に前後10分程度。
撮影場所は、徳島市南部。

気象状況を反映したものだが、
地震の前触れという説もある。

いずれにしても、ここ数日注意が必要かも。

渋滞の運転中に気付いた。縦線は飛行機雲。
17時29分(35mmf13、1/400)
DSXE0428-1.jpg

開けた場所に移動すると、環になっていることに気付いた。
しかも、両端に2つめ、3つめの太陽のイメージがある。
(レンズのゴーストではない)
17時38分(27mmf10、1/420)
DSXE0429-1.jpg

左の腕は虹のように分光している。
17時39分(64mmf13、1/450)
DSXE0430-1.jpg

フジフイルムX-E2と18-55/2.8〜4で撮影。
括弧内は35mm換算の画角、絞り、露出時間。
ゴーストが出やすい状況では
レンズのコーティング(透過率)がモノを言う。
ズームながら
フジノンの逆光で散乱しないクリアな結像が確認できた。

タグ:
posted by 平井 吉信 at 12:20| Comment(2) | 気象・災害
この記事へのコメント
地震の前触れだと、怖いですよね。 
こんなの初めて知りました 知らない皆さんは・・
気も付かないでしょうね・・・ありがとうございました。
Posted by ちごゆり嘉子 at 2014年04月01日 19:44
ちごゆり嘉子さん、こんにちは。

それほど心配しなくていいと思います。
日暈=地震の前触れとは限りませんので。
それよりも
いつ地震が起こっても対応するつもりでいればいいと思います。

いまこの場所で地震が起こったら
どんな行動を取るかを想像します。
訓練は頭のなかでもできますので。
(^_^)
Posted by 空と海 at 2014年04月02日 12:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: