2014年03月26日

しののめの 上野が丘に花めぐり♪


27年振りに訪れた春。
徳島でもっとも知られているものは、
池田高校ではないだろうか。

一番セカンド 雲本君、二番センター 泉岡君、三番サード上浦君…。
さわやかイレブンのオーダーがいまも蘇る。
開会式直後の試合で、
雲本選手がホームスチールを決めた。

江上、畠山、水野の時代もなつかしい。
久しぶりの池田高校の春に、胸躍るこの頃。

池田高校の人気は蔦監督の人柄でもあった。
豪放磊落に見えて
その実、繊細でデリケートな気質、
飾らない人柄が人間味を感じさせた。

蔦監督はあけすけであった。
ホームスチールのサインもホームベースを指さすという
考えられないようなおおらかなサインであった。

蔦さんの言葉が池田高校の校門に刻まれている。

山あいの町の子供たちに
一度でいいから大海(甲子園)を見せてやりたかったんじゃ

吉野川が険しい渓谷を抜けて
池田町で東へ90度向きを変える。
東雲の上野が丘と山に囲まれた
細長い盆地に池田のまちが横たわる。
そして、吉野川。

4県都の真ん中に位置する四国のへそとして、
土讃線と徳島線の交錯する交通の要所として、
大歩危小歩危、祖谷への玄関口として。

アーケードが撤去されて明るくなったまちなみ
町内にはカタカナの町名が多いことはご存知?
サラダ、シンマチ、ウエノ、シマ、マチ…
DSCF3420.jpg

かつて葉たばこで栄えた
DSCF3854.jpg

蔦監督の生家がある街区は歴史あるまちなみ
DSC_0937.jpg

大歩危小歩危は山城町。
DSC_0893_NX2_01.jpg

陽射しが踊る、春だから
DSC_2019_NX2.jpg

桜が咲く頃、見に来てね
DSC_2138_NX2.jpg

DSC_2141_NX2_01.jpg

吉野川オアシス(吉野川SA)も萌えている
DSC_8397.jpg

秋になれば
DSC_0935_NX2.jpg

posted by 平井 吉信 at 23:05| Comment(2) | 徳島
この記事へのコメント
はじめまして。
この間池田高校見たさに、
長年の夢が叶って兵庫県北部からはるばる池田を訪れました。池田高校も見ましたし、蔦監督の生家も目の前で見ました。感動しました。あの谷間は思ったよりもスケールが大きかったです。そして池田の町はホッと落ち着く感がありました。機会があればまた来たいと思います。
Posted by チャーリー69 at 2019年06月15日 03:22
チャーリー69さま、コメントありがとうございます。
池田高校の活躍は子ども心にも胸躍るもので
いまでも母校の校歌とともに池田の校歌をフルコーラスで歌えるほどです。
山間部の静かなまちに押し寄せた感興は
地元でも語り草となっています。
地元の生徒が中心だった公立高校で戦えた時代でしたね。

池田を拠点にして祖谷や大歩危小歩危も視野に入ります。
四季折々の表情があるので
JRの催事列車なども乗ってみたいと考えています。
https://www.jr-shikoku.co.jp/sennenmonogatari/
Posted by 平井吉信 at 2019年06月16日 12:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: