2013年10月06日

太龍寺 空海ゆかりの「かも道」を歩く

昼食後に軽い気持ちで出かけたのは
四国八十八箇所霊場の第二十一番札所の太龍寺へ
加茂地区から上がる古い遍路路。
阿南市と地元が力を入れている。
丁石と呼ばれる標石が置かれており、
1400kmに及ぶ四国巡礼路でもっとも古い古道のひとつという。

太龍寺は、西の高野とも称される大伽藍を持ち、
広大無辺の智恵を持つ虚空蔵菩薩を本尊とする。
空海が修行を行ったゆかりの地ともされる。

空海ゆかりの古道 かも道の魅力に触れる旅
http://www.city.anan.tokushima.jp/docs/2012102400044/files/P02_09.pdf

登り始めは一宿寺。
周辺に駐車できる場所はないので、
離れた県道の邪魔にならない場所にクルマを置いておく。

加茂谷川に沿って歩く
D7K_3297_NX2.jpg

一宿寺から山道に入る
DSCF6433.jpg

竹の山を登る
DSCF6434.jpg

かつては石仏が置かれていた石室
DSCF6435.jpg

カラカラと音を立てて鬼太郎の世界となる
DSCF6437.jpg

随所に標識があって距離を教えてくれる。登り口から太龍寺までは約4km
DSCF6440.jpg

竹林を抜けると自然林に巨木が点在する森に
DSCF6448.jpg

伝説の石。何の伝説かは現地へ行ってのお楽しみ
DSCF6451.jpg

木漏れ日の路
D7K_3303_NX2.jpg

視界が開けて石灰岩質が飛び込んでくる。心弾む場所
DSCF6452.jpg

D7K_3308_NX2.jpg

路をはずれて尾根へと入り込むと石灰岩の広場のような地形がある
DSCF6461.jpg

視界が開ける。パワースポットのような気がする
D7K_3334_NX2.jpg

昼間からハクビシンを見た
D7K_3317_NX2.jpg

眼下に那賀川が見える
D7K_3323_NX2.jpg

D7K_3332_NX2.jpg

このような丁石が一定間隔で置かれている。
DSCF6462.jpg

こぶし石(いわれは現地でお楽しみに)
DSCF6463.jpg

杉林のやせ尾根をたどる頃はほとんど水平移動
DSCF6467.jpg

DSCF6472.jpg

DSCF6474.jpg

2時間ほどで太龍寺に着く。路の前半は登りが多いが、石灰岩の広場を過ぎたらほとんど水平道となる

DSCF6485.jpg

DSCF6486.jpg

DSCF6488.jpg

DSCF6490.jpg

DSCF6510.jpg

D7K_3352_NX2.jpg

D7K_3360_NX2.jpg

D7K_3361_NX2.jpg

D7K_3363_NX2.jpg

D7K_3371_NX2.jpg

D7K_3389_NX2.jpg

D7K_3393_NX2.jpg

D7K_3405_NX2.jpg

D7K_3418_NX2.jpg

D7K_3424_NX2.jpg

D7K_3427_NX2.jpg

D7K_3429_NX2.jpg

同じ道をもどらず、那賀川の水井地区へと降りる。
D7K_3430_NX2.jpg

若杉谷川に降りてきてさらに1時間。水井に降りてさらに十八女大橋を経て加茂に戻る
DSCF6517.jpg

こんなところでアケボノソウに遭遇するなんて
D7K_3468_NX2.jpg

今回は地図をクルマに忘れてきたので距離が読めなかった。
クルマに戻る頃には真っ暗となったが、
まるで知らない土地ではないので。

空と海が出会う四国、
このふたつをつなぐのは川であるが、
川を育てるのは森。
太龍寺の古道「かも道」は森を感じる遍路道。
(2013.9.29)
posted by 平井 吉信 at 14:54| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: