2013年06月29日

ハマボウには早かった田井ノ浜 明日は海開き 

田井ノ浜は由岐(美波町)の海水浴場。
季節になれば、浜に乗降できる臨時駅(田井ノ浜駅)が出現する。

DSC_2458a.jpg

砂浜とホームが一体となっている。ここはJR四国牟岐線。
DSC_2446a.jpg

ざわわ、ざわわと夏の陽射しに揺れるのは
アオイ科のハマボウ。
マングローブを形成する植物のひとつ。

今年は全体に花の開花が早い。
だから、ハマボウも咲き始めているのではないかと考えた。
そこで、6月下旬の土曜日、
約30kmのドライブがてら出かけてみた。

田井の集落には、
山間部から田井ノ浜へ田井川が流れ、
川に沿って縄文時代の遺構「田井遺跡」がある。
ほとんどが山に囲まれた田んぼであり、
静かに夏の風が吹き抜けていく。

DSCF3914.jpg

ところが、2011年7月16日、
高規格道路の日和佐道路が完成し、
国道55号線の小野I.Cから由岐I.Cがつながった。
そして、地区の上を道路が渡っている。

DSCF3911-1.jpg

ハマボウの群生地は田井川の下流にある。
田井ノ浜から歩いても数分である。

ハマボウの花は…まだ、つぼみだった。

DSCF3905-1.jpg

花を訪ねて行ったが、まだ咲いていなかったという。
またも―。
(花がいつ咲くかの情報は地域活性化の切り札のひとつと思う)

それでいい。つぼみから見守っていけるから。
ということで、小さな植物の世界を覗いてみると…。

豆科の植物が道ばたに揺れている。コマツナギという名?

D7K_9186_NX2.jpg

D7K_9188_NX2.jpg

なんだろう?
小さな桃色の花。

DSCF3930.jpg

D7K_9219_NX2.jpg

蟻が昇ってきた。

D7K_9217a_NX2.jpg

虫の生態の一こま。

D7K_9212a_NX2.jpg

マクロで眺めると意外に官能的。
もしかして、ママコノシリヌグイという山野草か。

D7K_9206a_NX2.jpg

光は水面に影を落とすが静かだ。空が映る。

D7K_9224_NX2.jpg

田井川沿いのハマボウがつくるマングローブ。
つぼみのハマボウたちも
7月の光を浴びて花を咲かせるだろう。

D7K_9227_NX2.jpg

白い柑橘系の樹木の花。
DSCF3952a.jpg

昼の時報が聞こえてきた。
ヤシは青空から遮るものなく照りつける太陽を全身で受け止める。

DSCF3959-1.jpg

海へ出てみよう。
明日は海開きなんだ。

青い海、田井ノ浜海水浴場から歩いてすぐ。
黄色いハマボウの花は7月上旬が見頃だろうか。
目に映るその景色は、真夏の対照そのものに違いない。

DSCF3960b.jpg
posted by 平井 吉信 at 20:26| Comment(0) | 徳島
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: