2013年06月25日

ねむの木 合歓の木 夏至の夕刻、眠りに誘う

川沿いの田舎道を走っていると
おやっ。
ねむの木があちらこちらで花を咲かせている。
(特に、神山から小松島へ連なる鮎喰川、園瀬川、多々羅川沿い)

凛とした声で、
あの花の写真を撮ってください―。
そんな願いが漂っていたかも。

夏至の夕方とはいえ、
もう陽は落ちているけれど、
夕闇が立ちこめる寸前の名残で、
なお浮かれている花。

D7K_9166-1.jpg

D7K_9176-1.jpg

D7K_9171-1.jpg

夕刻の眠りを誘う、ふわふわと。
あなたは、見上げた空に浮かぶ笑顔。
まるで夢見心地。
明るい未来を信じた昭和のように。


(何か特殊な機材で撮影していると思われる人もいるでしょうが、1万円台の廉価な望遠レンズです)
posted by 平井 吉信 at 23:33| Comment(0) | 徳島
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: