2013年06月02日

梅雨空に伸びるスレンダーな美女 ジンリョウユリ

梅雨の頃、雨空に向かってすくっと伸びる芳しいユリがある。
それは、ジンリョウユリ。
神山町神領地区で発見されたことから名付けられた。
きょうは木沢の自生地区へ。

ヒトリシズカもあれば、フタリシズカもある。
DSCF2553.jpg

開けた森にしっとりとたたずむ。

DSCF2571-1.jpg

DSCF2572-1.jpg

背の高い美少女。開けた森に手を拡げようとしている。

D7K_8242_NX2.jpg


うつむいた鶴のようなつぼみ。これから花になるときめきは本人さえ抑えきれない。
D7K_8254_NX2.jpg


明るい森で、仲間たちとひっそりと暮らす。
その横顔はうれしそう。

D7K_8290_NX2_01.jpg

D7K_8279_NX2.jpg

美人の顔を間近で見るのはドキドキ。

D7K_8306_NX2_01.jpg

初々しさでは彼女がいい。

DSCF2629.jpg

双子の姉妹。あなたは左、私は右を向く。
D7K_8239_NX2.jpg

拡げた手のしなやかさ。
DSCF2618.jpg

清楚だが、愛らしい。理想の女性。
D7K_8204_NX2.jpg

うなじもやさしい曲線。
D7K_8274_NX2.jpg

梅雨の合間、緑に彩られた世界がこんなにも。

D7K_8295_NX2.jpg

森に点在する風景がいつまでも。
DSCF2656.jpg

森には、タコのような珍しいキノコもある。ツチグリ。

DSCF2678.jpg

帰路に付く途中、山中に出現する湖。
透明度が高く、湖に流れ込む沢にはアメゴが棲む。
水辺にはシカが水を飲みにやってくるという。

DSCF2684-1.jpg


全国でもここしかないというのに
見目麗しく香り高いその姿から盗掘を受け、
その根(イノシシ)も花(ヤマドリなど)も
増えすぎた鳥獣の恰好の好物となることから絶滅寸前。

数年前に盗掘しようとしていた人物が逮捕されている。
(品格なき訪問者は要らない)
いまやほとんどの山野草が減少している。
生態系の頂点にいるヒトだからの使命がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

那賀川をさらに下っていくと、
いつもの生態系観察の場所へ立ち寄る。
すると…辺り一面に赤紫のランが。
ときどき植木鉢などで見かけるような気がするが、
これは野生種。

DSCF2765.jpg

DSCF2728-1.jpg

DSCF2747-1.jpg

DSCF2776-1.jpg

DSCF2760-1.jpg

えっ、花の名前?
知らない。

四国、徳島は花の天国なのだ。
タグ:
posted by 平井 吉信 at 00:00| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: