2013年04月14日

ユキワリイチゲ 短い春を駆け抜ける一期一会の花びら

プロローグ

揺れようとしているぶらんこ──。
いつも何かにときめいている人はときめきに出会える。
それはときめいているから。

わくわくする心、わき上がる泉、
円舞曲に乗って現れた春の妖精、
うっすらと笑みを隠した視線をふりまく。
でも曲の節目にリタルランドを忘れない。

雪折れ竹の傍らから人知れず角ぐんだ芽、
日増しに強まる陽光に羽を伸ばし、
野辺の宴を日数かぞえて待っている。
その楽しさ極まるとき春は訪れる。

春の宴、探しに行きませんか。
行こうと心に決めた日から、ぶらんこは揺れている。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

こんなに楽しい山行は滅多にない。
場所は、阿讃国境の山。
その渓相はなだらかで、陽の光が差し込むやわらかい時間。
誰にも出会うことなく、この渓谷の花の息吹を五感で受けとめる。
例によって、朝起きてから思い立って家を出て2時間。
DSCF0570.jpg

ところで、香川県は雨が少なく、大きな川がない。
高い山もない。
けれど、里山がある。
瀬戸内の島々や里山が好きでたまらない。

今回は、阿讃山脈の北から開けた谷を遡行する。
目的は、ユキワリイチゲの花を見たいから。

おそらく観光ガイドに載っていない場所。
世界でたったひとりに伝えたい―。
それが「観光」の原点ではないかと。


雪を割るようにいち早く芽を出して
他の植物が生い茂るまでに
花を咲かせるスプリングエフェメラル。
ユキワリイチゲもその一種。

ユキワリイチゲ―。
素朴な白もしくは薄紫の花。
山に咲く花には、園芸種にはない生命のきらめきがある。
ときにたくましく
ときに弱々しく
葉は薄汚れてしまったとしても
凛とたたずんでいる。

3月に那賀町木沢に見に行った
咲きかけを一輪見つけただけだった。
(花びらは白だった)

それから、上勝町の殿川内渓谷に出かけた。
ユキワリイチゲはあったが、
花は十分に開いていなかった。
なにより近づくことができない高ノあった。

D7K_5149a_NX2.jpg

事前のリサーチでユキワリイチゲがあると判断したものの、
登り始めが12時半といつものように遅い山行。
前日の夜遅くまで仕事をやっているんだから仕方がない。

開けた地形で谷間は明るい。
沢を何度か渡渉しながら遡行する。
地形図を見ながら、左右から合流する沢を数えつつ
現在地を同定する。
(GPSは使わない。紙の地図は雄弁だから)。
腕時計の高度計の値も参考に。


至るところに白い花たち。
イチリンソウ、ニリンソウ。
ユキワリイチゲも同じキンポウゲ科。

D7K_5914-1.jpg

D7K_5920_NX2.jpg

山猫のタンゴ♪
猫の目のように気まぐれ?
ネコノメソウ。
D7K_5902a_NX2.jpg

なんと粋な舞姿。
溌剌としてまっすぐに伸びる姿勢に
静御前を連想した人がいた。
(彼女は運命を信じて達観していたのだろう)。
彼女はヒトリシズカ。
D7K_5906a_NX2.jpg

あっ、ユキワリイチゲの葉。
三つ葉のような特徴的な葉が目に付いた。
けれど、花はない。
そうだろう。雪を割って出てくるような植物が
4月の陽気に盛りでいるとは思えないから。
年度末に紛れて
日程の都合で来られなかった。仕方がない。

DSCF0632b.jpg

ユキワリイチゲの葉は随所にあった。
けれど、花はなかなか見つからない。
開花のバロメーターとなる陽射しが弱い。

そう。
ユキワリイチゲは
燦々と降り注ぐ太陽を受けて花開く。
曇りの日は開かないし、朝や夕方は閉じているらしい。

しかも、すでに地面に横たえているイチゲは
花の重みに耐えかねている。

そんななかで、沢沿いで一株見つけた。
目があった途端、
「私はここにいるよ」と手招きをするかのように。

D7K_5860a_NX2.jpg

DSCF0638.jpg

D7K_5878_NX2.jpg

D7K_5892a_NX2.jpg

高度が上がるにつれて、
全盛期を過ぎた花を見つけた。
人が近寄ることが難しい壁にも咲いていた。
三脚は立てられないので、3点支持で手持ちで撮影。
斜面にへばりつき、他の植物にも影響を与えないよう細心の注意を払い
自分の身体を微妙なバランスで保持しつつ。
(こんなときにX20は威力を発揮した。広角端でのマクロがぶれないで決まる)。

DSCF0612a.jpg

山野草は一期一会。
今年咲く花は
来年も咲いているかどうかはわからない。
その時季に、その場所に行けるかどうかもわからない。
「儚い」という言葉は、
いのちの輝きを感じた心に繰り返しつぶやかれる言葉。
それゆえに、「儚い」はまっすぐに生命を見つめる決心。

DSCF0602a.jpg

されど、山野草。
わざわざ会いに(探しに)行くから
季節が待ち遠しくなる。

DSCF0623a.jpg

野に咲く花には園芸種のような「完璧」な姿はない。
風雨にさらされて、動物たちにおびやかされて
ときに人間も悪さをする(盗掘)。
それでも生きている。

DSCF0629.jpg

DSCF0645.jpg

春の沢の花たちと遡行を楽しんだので
地形を愛でつつ降りる。

地面に張りついた根が印象的。
明るい渓谷の急な斜面で根を張った落葉樹林にしばし足を止めた。
D7K_5923-1.jpg

滝と露出した地層が大峡谷のミニチュアのよう。
D7K_5937_NX2.jpg

この沢は紀伊水道(徳島)をめざさない。
北をめざして瀬戸内海(香川)に流れ着くのだ。

DSCF0685.jpg

ユキワリイチゲ、一期一会。
もしかして来年は会えないかもしれない。
短い春を精一杯駆け抜けて
地面に横たわる生命。

そんなふうに
目立たない場所で
自分の使命を果たしながら生きている人たちがいる。
日本はそんな国。

DSCF0554a.jpg

ユキワリイチゲに捧げる音楽は
河畔林から森に向けて夜に吹く風のような曲。
Nightnoiseの「Night in that land」。
(YouTubeで聴いてみては?)
http://www.youtube.com/watch?v=AvHvwjkSMNQ

この曲も含めて
とてもおすすめのアルバムがある。

全編から森があふれ出るようだ。


posted by 平井 吉信 at 00:00| Comment(0) | 生きる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: