2012年09月02日

石鎚山東稜の岩を登る


シコクイチゲが見たい。
でも、いまは9月上旬。花は終わっているだろう。
けれど、気まぐれで一本でも花が残っていたら…。

そう考えて、石鎚山の東稜ルートを詰めていく。
一般的な登山道を外れ
スズタケをかき分けての尾根の急登から始まった。

めざす南尖峰→天狗岳→弥山へと連なる石鎚山の岩稜が見えてきた。

このコースは初めてのうえ、単独行である。
折しも愛媛県下には雷注意報が出ている。
午後から天候が悪化するだろう。
東稜へ差し掛かる前から稜線が霧に覆われていくのが見える。

笹に踏み跡はあるが、ところどころ不明瞭な箇所があってルートを読む。
探りの踏み跡もあるが、登りは尾根をたどるのでそれほど迷うところはない。

1/25000地図の拡大コピーを持っている。
同地形図にない小ピークの存在も地形から推察する。
尾根と尾根の出会いなどには地図にはないピークがあることが少なくない。

矢筈岩に差し掛かり、
笹が滝状に落ちる急斜面を笹に掴まって登っていく。
岩稜地帯に入り、地図は役に立たなくなってきた。
通常の登山に見られる鎖やハシゴの補助、ルートの表示はない。
尾根の地形や踏み跡の痕跡など
あらゆる要素を判断して岩を登るルートを探す。

7月のシコクイチゲやミヤマダイコンソウは、
この辺りに咲くのでは、と想像する。

背負う荷物が多いのは不利である。
単に重いだけでなく、
ジッツオの3型を背負っているので重量バランスが上部に偏っている。

岩を登る前にじっくりとルートを求める。
間違って上がると降りるのが大変である。
バナナと茶を飲み、一呼吸整える。
ラジオを付けて雷による雑音の有無を確かめる。
雲行きは怪しいが、雷雲は発生していないようだ。

大きな段差に遭遇するも、捲き道が見つからない。
これがルートだろうとよじ登る。
やがて、岩を掴まって横歩きをする箇所に出た。

岩の稜線はさらに険しくなってきた。
切り立ったやせ尾根の岩を重力に逆らって
身体を3点支持で引き上げる。

大きな荷物を背負っては通過が困難な岩壁に出た。
周辺は断崖しかない。
この岩を登るしかなさそうだ。
三点支持と勢いの力業で越える。
勢いを付けて登ってみたら
ナイフリッジのような尾根で
反対側の崖を滑落する場面などが浮かんだが。

そこは、南尖峰の派生尾根だった。
リンドウが咲いていた。
少し離れたピークに人の姿が見える。

そのとき、ぱらりと雨が落ちてきた。
雨はやみそうにない。
天狗岳の岩場は滑りそうなので横道で巻く。
鎖を登って弥山に着く。
ここで、一般的な登山道からの登頂者と混じり合う。

頂上の神社でお札を買ったらすぐに降りる。
天候はもはや下るしかない。
ここからの下りは登山道を辿るので不安はない。
石鎚北面の横道は意外に花が多い。
次々と岸壁に咲く花にカメラを向けてしまう。

雨のなか、カメラのレンズも曇ってしまった。
土小屋に向けての下りを黙々と歩いた。

D7K_8402.jpg

D7K_8409.jpg

D7K_8413.jpg

すでに一般的な登山道から分かれて東稜ルートに入った。
笹と灌木をかけわけての急登が続く。
やがて眼前に南尖峰とのその前衛峰が姿を現す。
D7K_8438.jpg

切り株で休んでいる。
いのちは地球上のどの場所にも存在している。
D7K_8439.jpg

笹に掴まらなければ重力に勝てない斜面
D7K_8448-1.jpg

D7K_8461.jpg

カニが横に這うように岩を伝っていく箇所
D7K_8470.jpg

ほぼ垂直の岩肌を登れば稜線に出られる
D7K_8473.jpg

振り返ると、越えてきた東稜の岩壁
D7K_8484.jpg

天狗岳の斜面は雨で滑ると判断し、南面を巻いた。
奥に見えるは弥山(石鎚神社がある)。
D7K_8507.jpg

D7K_8514.jpg

ミヤマトウヒレンは、愛媛県の絶滅危惧1B類。
生命の輝きを込めたかたちだと思う。
環境の変化や心ない人の意識でこの場所から消えてしまう。
美しいから、稀少だからではない。
ほとんどすべての野草に等しい気持ちで接したい。
D7K_8569a.jpg

D7K_8534a.jpg

D7K_8559.jpg

雨に打たれるダイモンジソウ。
読んで字のごとく。
非対称が美しい。
しばらく見とれてしまった。
D7K_8563a.jpg

ルーペで見ると
こんなにおもしろい造形はないだろう。
シラヒゲソウ。
D7K_8580a.jpg

ミソガワソウ。
四国では石鎚山に多く見られる。
D7K_8629.jpg

北面横道の登山道の脇で咲いている。
D7K_8622.jpg

雨に煙る石鎚山北面の横道。
西条市へ流れる加茂川の源流域の森。
D7K_8640.jpg

瓶ケ森林道から、瓶ケ森の南斜面。
ここに生まれたひとしずくが東に向けて194kmの水の旅を続ける。
四国三郎吉野川の生まれる場所。
いとおしい。
D7K_8644.jpg
posted by 平井 吉信 at 00:00| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: