2012年08月17日

避暑地の川 涼風


徳島県南部を流れる川には
高校の頃から通っている。

釣りをするではなく(実際はすることもある)、
カヌーをするでもなく(実際に鮎釣りの時期を避けてツーリングをしたことはある)、
テナガエビを取ることでもなく(実際にやってみるとおもしろい)。

その支流に入ってみた。
奥深い森を洗う渓流(おそらく飲める)
河畔林、ヒグラシ。

D7K_7768-1.jpg

クルマを停めてテーブルを並べた。
(クルマとテーブルと渓流は半径3メートルの正三角形の位置関係)
簡単な料理をつくって食べる。

DSC_3103.jpg

テーブルのすぐ下には小さな沢が流れ込んでいる。
その沢には滝があるから
吹き下ろす風は天然の涼風。

D7K_7772_NX2.jpg

支流でしばし過ごした後、
本流へと展開した。
63-2-1.jpg

海部川中流域。
普段より水かさが高い。
足元の砂利がどんどん流されていくのが見える。
腰まで入ると水圧が増し、立つことは難しい。
それでも、流れに身を任せてみる。
ライフジャケットや水中眼鏡、足ひれはかえって邪魔。
「地球の水辺をゴーグルひとつであそぶ」を信条としている。
(この言葉を名刺に書いている。)
南太平洋の珊瑚礁でもそうだった。

この日は水かさが増していて写真の水深でも立っているのがやっと。
流れの早いこの淵を上流から流れながら何度も潜る。
DSC_3119-1.jpg

支流を遡行した源流の森には、巨大な杉もある。
これは別の機会に地元の人の案内で行ったもの(2010年5月)。

DSC_6623_01.jpg

DSC_6696.JPG


ここには、山姥伝説もある。
(いつか、四国でもっとも深い森の話もしてみよう)
まちに住んでいても
思い立ったら午後からでも出かけられる。
それが四国の暮らし。
タグ:海部川
posted by 平井 吉信 at 00:00| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: