2023年10月14日

いつも行っているとくしま植物園 尾根筋はどうなっているのか?


西の空の雲が気になる。並積雲が発達しかけたけれども太陽の熱量が足りず上昇気流がおさまり、上部は濃密巻雲となっている姿と解いた。
DSCF5417-1.jpg

樹間の階段小径を行く
DSFT4518-1.jpg

DSFT4519-1.jpg

この草木は何だろう。もしかしたら樹木かも。特徴ある造形をしている。
(戻ってからミモザ=ギンヨウアカシアと判明)
DSCF5428.jpg

DSCF5431-2.jpg

遊歩道を上がっていくと路肩に咲いているヒルガオの仲間が気になる。この時期だし日本の自生種ではなさそう(帰化植物)。イモネノホシアサガオかな?
DSCF5435-2.jpg

枯れかけて色が褪せていく花といまが盛りと謳歌する花もある。そのどちらの存在も大切に感じる
DSCF5442.jpg

DSCF5465.jpg

ススキにカモフラージュしているつもりのエダナナフシ。近づくと前足を伸ばして頭と触角と一体化して枝に見せようとしている。でもキミの目がぼくを見ているのをぼくは見ていて生き物と認識しているからムダだよ
DSCF5493-1.jpg

秋だね 実っているね わからないけどブルーベリーの仲間のようにも見える
DSCF5511.jpg

コムラサキって表示があるからわかった
DSCF5522-2.jpg

あれだけ頻繁に行っているのに植物園から尾根筋に続く小径は行ったことがない。暗い森へと足を踏み入れるわくわく感はあるが、愉悦感はなさそうと思っていたから。

丘に上がる頃には時刻は16時を回っていた。そろそろイノシシの出没時刻であるし、どうするかと考えたが、行けるところまで行ってみようと思った。

日が射すと心弾む森の散策路かもしれない。「市民の森林間コース」と標識がある。
DSFT4530-1.jpg

DSFT4547-1.jpg

230メートル峰まで来たところで引き返すこととした。周辺は派手に掘り返しているところだらけ。イノシシが突進してきたら木の陰に隠れるのが良いとしても、ときどき見ているのでいまさら見なくてもいい
DSFT4549.jpg

太陽の光はほとんど消えているが、わずかな光を照り返す。照葉樹とは光の宿主のようだね。
DSCF5530.jpg
posted by 平井 吉信 at 13:11| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。