2023年07月30日

古代ハスを育てる島田島からウチノ海へ(鳴門市)


西日本を代表するリゾートといえば鳴門。エクシブ鳴門をはじめとするリゾートホテルが島嶼部に点在する。観光資源では、大塚国際美術館、鳴門海峡と渦潮(渦の道)、ドイツ館と第九初演の地、四国霊場一番札所。特産品では鳴門金時、レンコン、鳴門鯛、梨、鳴門わかめに大谷焼と目白押し。

そんな鳴門に数年前から暑い夏を彩るコンテンツが出現した。それは島田島の古代ハス。
国道11号線を北上しつつ北灘方面(瀬戸内海)へ行かずに右折して島田島へ渡る。車はどんどん標高を上げつつ、ウチノ海を見下ろす橋を渡る。
DSCF3648-1.jpg

ウチノ海と外洋をつなぐ水道は激しく急流が岸辺を洗う
DSFT3305-1.jpg

すると休耕田に古代ハスを管理する区画が見えてくる。
DSCF3630-1.jpg

DSFT3291-1.jpg

DSFT3292-1.jpg

DSFT3295-1.jpg

DSCF1846.jpg

D7N_8484-1.jpg

D7N_8492-1.jpg

D7N_8497-1.jpg

古代ハスの湿田もさることながら天然のビオトープに心を奪われる
DSCF3639-1.jpg

DSCF3646-1.jpg

そのまま島田島を北上すると車道はやがて海に突き当たって行き止まり。眼前には風車が点在する淡路島南端の地形が見えてくる。
DSCF1851-1.jpg

島の北端の海辺からは遊歩道が島田島を蒔くように伸びているように見える(確認はしていない)。
DSCF3621-1.jpg

再びウチノ海を見下ろす場所へと戻る(上がっていく)と、このところ観光資源として売り出している小島(浅瀬)が見えてきた。ドローンで空から見るとハート型に見えるそうだ。
DSCF1878-1.jpg
posted by 平井 吉信 at 00:12| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。