2023年07月18日

快晴の大砂海岸


ついに紫外線が地球大気を突き抜けたかと錯覚するようなここ数日の太陽。空と海はひとつづきというか相補性というか連続性のある二物というか。

とにかく大砂海岸の海が空をひっくり返して濃いインクを流し込んだようで。
DSCF3675-1.jpg

DSCF1945-1.jpg

観光ポスターにならなくてよかったのはこの渚の風情かも。人が現実に海と向かい合っているようで。
posted by 平井 吉信 at 00:25| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。