2022年05月08日

明るい雑木林の標高千メートルのスミレたち


県西部はスミレの種類の多い場所。
里山からブナの森への遷移が連続する生態系でそれぞれの環境に適合するスミレが自生する。
まずは林間の散策から。
DSFT2405-1.jpg

DSFT2410-1.jpg

DSFT2416-1.jpg

DSFT2421-1.jpg

DSFT2428-1.jpg

DSFT2488-1.jpg

林床にはギンリョウソウが点在する
DSCF9676-1.jpg

シハイスミレは花期を終えて次の選手へ交代しているようだが、一部で残っている。
これはシハイスミレらしからぬ淡い色。日の当たる場所ではないので日に褪せているものではなくシロバナ仕様
DSCF8857-1.jpg

DSCF8870-1.jpg

これは標準的なシハイスミレ
DSCF8853-1.jpg

かと思えば斑入り(フイリシハイスミレ)も
DSCF8878-1.jpg

陽光を感じるツツジ
DSCF8875-1.jpg

日当たりの良い道路沿いにはアカネスミレ
DSCF9800-1.jpg

DSCF9643-1.jpg

DSCF9639-1.jpg

明るい雑木林ではアケボノスミレ。淡く薄紅を浮かべた花弁は憧れの的。
DSCF9804-1.jpg

DSCF9627-1.jpg


(閑話休題)
学名とは別に日本で独自の名称を付けている(和名)。
アケボノスミレはいい名前。サクラスミレもいい。
タチツボスミレで花弁が白で炬が紫に染まる状態を「オトメスミレ」というのも妙案だが、
強いて言えば「オトメタチツボスミレ」のほうがしっくり来るのでは?
でも植物の命名はもう少し工夫して欲しいと思うことが多い。
磯に生えず砂浜に生えるのに「イソスミレ」とは?
「スナスミレ」ではダメで「ナギサスミレ」に改称しませんか?
ノジスミレの毛の生えているものを「オトコノジスミレ」(なんだこれは)。
タチツボスミレに毛が生えているものは「ケタチツボスミレ」と統一感がない。


スミレ以外にもイチリンソウやチゴユリが咲いていた
DSCF9773-1.jpg

DSCF9795-1.jpg

春の林床は明るい。

タグ:スミレ
posted by 平井 吉信 at 23:26| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。