2022年04月15日

由岐のまちなみと海を見下ろすときのゆりかご(貝谷峠のブランコ)


遍路道は峠を越えていく。阿南市福井町貝谷と由岐町田井とを結ぶひとのみち。
途中にある峠からさらに海を見下ろす台地にブランコが地元有志のみなさんが設置された。

海を見下ろすブランコといえば同じ海部郡で牟岐町の出羽島を思い出す。
→ 出羽島 アートが島の非日常が人々を結びつける

由岐I.C近くから案内板に従って峠をめざす
DSFT1295.jpg

竹林に覆われた遍路道、途中から雑木が混じるようになる
DSFT1299.jpg

DSFT1308.jpg

DSFT1313-1.jpg

ほどなく松坂峠にさしかかる。展望はない。仏像と石碑がある。
DSFT1325.jpg

DSFT1324.jpg

ここから貝谷峠まで700メートルとある。
DSFT1382-1.jpg

雑木林を抜けていくと三叉路に出る。開けたほうへ行くと海を見下ろす台地に出られる。
DSFT1355-1.jpg

ブランコは2本の木と金属ポールの補強を土台にしている
DSFT1375-1.jpg

海に向かって飛び出していけば、近くに由岐の漁師町と田井ノ浜のある集落に近づいていく。
DSCF6590-1.jpg

DSCF6608-1.jpg

DSCF6609-1.jpg

posted by 平井 吉信 at 20:20| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。