2022年04月05日

十二柱神社の境内で桜を見ている女性(阿波市吉野町)


ふと通りがかった気になる空間に神社があり桜が咲いていた。神社の名前は十二柱神社。じゅうにはしらじんじゃとでも読むのか。右の桜の下で地元の女性がいらっしゃって写真に収めていた。
DSCF7382-1.jpg

文献を調べると、十二柱は12の神様を祀ることに由来するとか。国常立神(くにとこたちのかみ)などの神世七代(かみのよななよ)と呼ばれる以下の七神。

・国之常立神(くにのとこたちのかみ、別天津神の5代目)
・豊雲野神(とよぐもぬのかみ)
・宇比地邇神(うひぢにのかみ)・須比智邇神(すひぢにのかみ)
・角杙神(つぬぐいのかみ)・活杙神(いくぐいのかみ)
・意富斗能地神(おおとのぢのかみ)・大斗乃弁神(おおとのべのかみ)
・淤母陀琉神(おもだるのかみ)・阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)
・伊邪那岐神(いざなぎのかみ)・伊邪那美神(いざなみのかみ)

それに地神五代(ちじんごだい)として以下の神々
・天照大神
・天忍穂耳尊
・瓊瓊杵尊
・火折尊
・鸕鶿草葺不合尊

それがなぜここにあるのか、どんな事情で分祀されているのか(おそらく)。
それにしても桜と境内は心象風景だな。ここに子どもがかくれんぼをしていたらいいな。
(子どもの頃、大きな樫の木が茂る神社のある広場で毎日遊んでいたのだ)
タグ:
posted by 平井 吉信 at 11:56| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。