2021年11月10日

雲早く流れ 水苔むして流る(雲早山)


林道を行く。あの日本一長い林道の一部
DSFT9013-1.jpg

楓をふもとに丘を眺める
DSFT9010 1.jpg

鳥居が雲早山の登山口
DSFT9019-1.jpg

沢を遡行する。この沢は先日行った神通の滝の上流部に当たる
DSFT9024-1.jpg

DSFT9026-1.jpg

DSFT9049-1.jpg

DSCF2133-1.jpg

DSCF2147-1.jpg

沢沿いの木陰に置かれた木のイスと机は雲早山のオアシスとして腰を下ろしてみたくなる
すぐ脇に沢が流れる。うれしくてしようがない場所
DSCF2153-1.jpg

紅葉とブナ、森の苔、キノコを散策の友として
DSFT9064-1.jpg

DSFT9068-1.jpg

DSFT9083-1.jpg

DSCF2189 1.jpg

DSCF2184 1.jpg

色彩あでやかな葉の競演も良いが、ブナの幹を中心に配された淡い色彩の妙に惹かれる
DSCF2201 1.jpg

DSCF2222 1.jpg

DSCF2241 1.jpg

曇りがちな日の一瞬のでぎごと 森に陽射しが戻るとスクリーンが降りてきて森の映画が始まる
D7N_7656_1_01.jpg

苔の森が現れて
DSFT9111-1.jpg

DSFT9130-1.jpg

かつては下草(スズタケ)に覆われた森であったが鹿の食材で林床が見えるようになってしまった
DSFT9172-1.jpg

沢は至るところから下っていき、やがて神通の滝となって鮎喰川源流の勢力となる
DSFT9197-1.jpg

雲が早く流れる山。うちに戻れば竹鶴17年を久しぶりに開けてみようかと。
DSCF2258.jpg





posted by 平井 吉信 at 23:55| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: