2021年05月30日

北の脇のハマヒルガオ


生態系の営みが感じられる松林を抜けて眼前が拓けると渚に出る。
DSCF7107.jpg

そこに咲いているのはハマヒルガオ。
DSCF6977-1.jpg

DSCF7027-1.jpg

DSCF7032-1.jpg

散策とともに宝物を拾うにように光と陰を
空と海、風と緑に見つけていく。

DSCF7088-1.jpg

砂に埋もれた捜しものを見つけるように。
DSCF7060-1.jpg

DSCF7127-1.jpg

DSCF7093-1.jpg

DSCF7103-1.jpg

わずかばかりの時間だけれどこれが糧となっている。
タグ:北の脇
posted by 平井 吉信 at 12:33| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: