2021年05月09日

小人になって庭を探検する その2回目


身体が小さくなって数日が経過。
見るものすべて新鮮だ。
見た目は小人、頭脳は大人、というキャッチフレーズで行こうかな。

庭に出て野菊をロープワークで登っていくとテントウムシのサナギを集団で見つけた。
熊のように巣ごもりしているのではないのに毎年いつもやって来るのはどういう本能だろう。
ナナホシテントウの成虫もいた。
DSCF6061-1.jpg

ヒイラギの頂上を見たくて桃の木をロープワークを使って登っていく。
新芽が美しい。自然界はどうやってこの色と造形をつくりだすのだろう。
DSCF6064-1.jpg

葉が広がる根元に近づこうとすると虫がいる。なんだろう、ゾウムシの頭のようだが。
DSCF6069-1.jpg

近くには小さな虫がいる。これもわからない。
DSCF6074-1.jpg

ヒイラギの葉にハナアブの仲間がいる。体長1センチ少々。
DSCF6082-1.jpg

DSCF6108-1.jpg

おっと、動きの速いアリがいる。これは怖い
DSCF6110-1.jpg

ハナアブ(仮)は葉の表面を舐めている
DSCF6121-1.jpg

さらに近寄ってみる。目は微少の複眼のようにも見える
DSCF6123-1.jpg

ヒイラギの新芽は抱き合うように出てくるんだね。
DSCF6145-1.jpg

DSCF6148-1.jpg

実は小人でいられるのは10分程度。身体がむずむずしてきたので元の大きさに戻ることにする。
小人の額ほどの庭にも見どころがたくさんあるんだね。

小人になった理由? また今度ね。
タグ:昆虫
posted by 平井 吉信 at 23:08| Comment(0) | 家の庭
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: