2021年04月01日

ソメイヨシノ開花 いやもう満開 花見には行けなくても花を見た


今年は桜の開花が早かったようだ。
ほとんど見に行く時間は取れなかったが仕事で近くに寄ったときに駆け足で見たのがせいぜい。
年度末の事務処理をようやく終えて今度は自分の事務処理。
桜をつれづれに。

南からは城満寺。
全国の寺のなかでも抹香の香りがしない明るい風土。
ご存知のように海部町は全国でもっとも自殺者が少ないまちとして知られている。
よそ者を迎え入れながら干渉はしないが、おかしいと思ったらお節介をする。

城満寺は禅宗の寺である。
寺といっても商業主義とは無縁の精神的なよすがとしたい場所。
ご住職やお弟子さんのすがすがしくも凛と(自分には厳しい)お姿を見ると
只管打坐という言葉が生きていると観じる。

実は春の城満寺には来たことがなかった。
桜の木は見かけたのでもしやと思ってきたら満開。
DSCF3896-1.jpg

DSFT1022-1.jpg

D7N_6999-1.jpg

DSCF3918-1.jpg

この明るいたたずまいはどうだろう。
生きている人がここに来て何かを得て還っていく場所のように思える。
(座禅を啓発されている)
抹香臭くないのに、どの寺よりも本質を求めておられる。


鴨島の人たちの花見の場所はここ、向麻山(こうのやま)。
家族連れが来て思い思いに花をめで遊具と戯れる。
DSFT1056-1.jpg

DSCF3985-1.jpg

DSCF3977-1.jpg


羽ノ浦町岩脇の桜づつみ公園(どんがんぶち公園)。
DSFT1090-1.jpg

DSFT1098-1.jpg

DSCF4049-1.jpg

DSCF4052-1.jpg

DSCF4053-1.jpg

D7N_7020-1.jpg

D7N_7025-1.jpg

D7N_7044-1.jpg

小松島市立江町の夫婦桜
DSCF4034-1.jpg

DSCF4034-2.jpg

D7N_7007-2.jpg

南小松島駅前ののぞみの泉と桜
DSCF4088-1.jpg

DSCF4096-1.jpg

小松島市役所は数年前に耐震補強を行った。
ハイカラな阿南市役所と比べるとローカル色が強いが
それでも桜咲く市役所前ののどかな景色はほかの役所役場にはないもの。
桜の枝が飛行機雲と(見かけ上)絡んでいくのがおもしろい。
DSFT1060-1.jpg

DSFT1063-1.jpg

DSFT1066-1.jpg

DSFT1073-1.jpg

DSCF4019-1.jpg

DSCF4026-1.jpg

DSCF4031-1.jpg

春の昼間の箸休めのような場となった。
タグ:
posted by 平井 吉信 at 21:25| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: