2021年02月27日

里山を歩くなら阿川梅の里(神山町)


桜と比べると地味だけど里山の春にもっともふさわしいのは梅。
神山町でも鄙びた味わいを醸し出す阿川地区を訪れてみた。
何度かご紹介している中国茶の販売店「杉香庵」もこの地区にある。
DSFT0364-1.jpg

クルマは阿川小学校の校庭に停めた。
DSFT0375.jpg
こんな学び舎で勉強したかったと思える場所。
2015年に廃校になった。
山間の小学校のたたずまいを良質の動画コンテンツにされている方がいる。
(徳島アーカイブから)
https://archive.4kforum.jp/2020/04/07/%E5%BB%83%E6%A0%A1%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%80%8C%E6%97%A7%E9%98%BF%E5%B7%9D%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E3%80%8D/

学校前から広石谷川を少し遡ると二宮八幡神社がある。
神社の東に沢を隔てて杉香庵がある。
http://soratoumi2.sblo.jp/article/187638621.html

神社前の民家に生けられたパンジー
DSFT0385-1.jpg

広石谷川の橋を渡ると民家が連なる。
DSFT0447-1.jpg

小売店の軒先を振り返りながら急坂を登りながら里山に浸るだけ。
DSFT0391.jpg

DSCF3058-1.jpg

DSCF3062-1.jpg

DSCF3047-1.jpg

DSFT0406-1.jpg

DSCF3076-1.jpg

DSCF3083.jpg

DSCF3087-1.jpg

DSCF3090-1.jpg

DSFT0431-1.jpg

代次集会所周辺にある巨木はイチョウか?
DSFT0441-1.jpg

帰りは二宮八幡神社へ立ち寄る。
DSFT0450.jpg

XF23mmF1.4 Rで撮影しているが心象どおりにやわらかく写る
DSFT0451.jpg

古株から紅梅が生えている
DSFT0459.jpg

DSFT0431-1.jpg
阿川梅の里はクルマでなく小学校から歩くのがいい。
山里の散策ではもっともおすすめの場所である。
タグ: 神山
posted by 平井 吉信 at 11:10| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: