2020年09月19日

夏の鮎喰川は家族連れで賑わうけれど


鮎喰川(あくいがわ)は夏の銀座である。
徳島市内もしくは隣接する神山町にあって
広い道路を半時間ばかり走って
ミニバンを止めてそこから大家族やグループが河原に繰り出すという風景。

神山町の山間部に源を発し43kmを流れて吉野川に注ぐ鮎喰川。
水質データは良好で見た目も美しいのはダムがないからである。

見た目の清涼感は川底の緑色片岩(青石)も貢献している。
エメラルドグリーンは穴吹川の特許であるが
この川も同様の地質なのだろう。
まちなかから近いことでとにかく秋頃まで大賑わいとなる。

県西部へ向かうときこのルートを通る(通りたくなる)ので
このところ鮎喰川の写真が増えている。
(でもぼくは鮎喰川で水遊びをしたことがない。いつもは海部川水系なので)

ここはまだ徳島市内。梁瀬の潜水橋が見えてくる。
DSFT8183-1.jpg

おだやかで澄んだ水面
DSCF9046-1.jpg

コンビニエンスストアから梁瀬の潜水橋を渡ると小川が見えてくる
DSCF9064-1.jpg

コンビニエンスストア(711)から歩いて43秒です。
ということは咽が渇けば炭酸水を買い、チーズケーキのようなあのイタリアンプリン自由が丘の名店にも負けないティラミスが味わえるということですか。四国だな。
DSCF9067-1.jpg

橋の上に立って下流を見る
DSCF9080-1.jpg

上流を見る
DSCF9086-1.jpg

黄昏が近づいても人の気配は絶えない。それぞれの川時間。
DSCF9044-1.jpg

黄昏が近づいても鳥の気配は絶えない。カラス、トンビ、シラサギ、それぞれの川時間。
DSFT8110-1.jpg

ここは梁瀬潜水橋
DSCF9060-1.jpg

さらに上流へ向かい神山町へと入る。鮎喰川の中流は渓谷地形となる。
ここで神山町中心部の水質負荷が浄化される(上高地の梓川を思い出す)。
DSCF9240.jpg

DSCF9242-1.jpg

DSFT8328-1.jpg

DSFT8335-1.jpg

この川はどこで泳いでも安全である。
ぼくは子どもの頃から河童であったので
川の法則を身体が覚えている。
川の蛇行が作り出す水衝部と河原の関係、突き出た地形と土砂の堆積の法則、ストッパー(上下流)からの脱出、瀬から淵へ落ち込む傍流の反転(澪筋を外れた反転流)、反転流がつくりだす複雑な水深の形成、瀬を下るときの岩のよけ方などなど。

せめて子どもの頃からプールだけではない場所で子どもを泳がせて欲しい。
(川をよくわかっている人に教えてもらいながら)
それが長い人生で命を守ることにつながる。
(ぼくはライフジャケットは着けたことがない。きらめく水底散歩など三次元で思いどおりの場所に行きたいから。でも川を知らない人は着けたほうがいいかもしれない。2次元(表層)だけでも水が魅せてくれるから)

人は川から離れては生きていけない。
命を守ること、川の生態系を尊重すること、近所に迷惑をかけないこと。
川をもっと知ることが実は暮らしを見つめることにもつながる。
川とは水とミネラルの通り道(水と物質の循環)。
そこに人の営みがあるのだから。

posted by 平井 吉信 at 20:37| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: