2020年06月14日

小雨のとくしま植物園 梅雨入りしても訪れる人は絶えない


小雨なら濡れていこう、などと若いときは強がってもみるが
カメラを持っていることもあって傘を差して上がっていく

花壇には紫色の花(園芸種はわからない)
DSCF6063-1.jpg

今度は紅白混じって咲く花
DSCF6068-1.jpg

これは植栽ではなく自生だろう、ランの仲間でネジバナ
DSCF6072-1.jpg

少し前まではナガバノタチツボスミレが咲いていた小径を
紫陽花やらねむの木やらを眺めながら動物園を見下ろすところまで上がってきた。
DSCF6102.jpg

DSCF6075-1.jpg

DSCF6081-1.jpg

DSCF6091-1.jpg

この日は湿度が高く汗ばんでしまう。
でもそれがいいのだ。
部屋に籠もっていると理屈っぽくなったり
人の感情の機微がわからなくなったり。
DSCF6094-1.jpg

DSCF6098-1.jpg

コロナ禍でやりにくくなったことがあるとすれば
意思疎通がぎくしゃくする場面に出くわすこと。
(本人は気付いていないのだろう)
心の健康は自分がつくりだせるもの。
リセットする方法も無限にある。
posted by 平井 吉信 at 22:34| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: