2020年05月31日

新緑を吸い込みすみれに足を止める 砥石権現 その3 アケボノツツジ スミレ 総集編


登山口の森の様子から想像できたことだけれど、
アケボノツツジも開花が始まったばかりであった。
前ページの最後の答は数少ない落ちた花びらを撮影したもの。

ここでは撮影した時間軸に沿って写真を並べてみよう。
フジX-T30+XF35mmF1.4 R(標準レンズ)のみ。
前2コンテンツの情報に留意しつつ
空想を膨らませながらweb上で森を歩いてみてはという試み。
では、どうぞ(寡黙な案内人がぼそっと口を開きます)。

DSCF4106-1.jpg

倒木と苔を撮影したのかと思わないで
DSCF4124.jpg

木の葉に擬態しているチョウがわかりましたか
DSCF4125-1.jpg

透けるように美しいタチツボスミレですが、花弁の右上に妖精のような存在が見えませんか?
DSCF4135-1.jpg

森の風格というかたたずまいの静けさ
DSCF4138-1.jpg

DSCF4140-1.jpg

倒木と苔にしばし足をとめてしまう
DSCF4142-1.jpg

端正なナガバノスミレサイシン
DSCF4157-1.jpg

エイザンスミレ、タチツボスミレ、そして濃い色のタチツボスミレ
(タチツボスミレはコタチツボスミレに近い形態か)
DSCF4161-1.jpg

DSCF4170-1.jpg

DSCF4173-1.jpg

ナガバノスミレサイシン、エイザンスミレ、タチツボスミレ
DSCF4181-1.jpg

DSCF4186-1.jpg

DSCF4193-1.jpg
(この山域らしい透明感と艶のある個体群)

フジだから撮れた絵かもしれないけれど
実際に見たときに色の抜けの良さ、あでやかさに足を止めたのは事実
(特に2枚目のタチツボスミレのこの色彩感は初めてみた)
DSCF4198-1.jpg

DSCF4207-1.jpg

DSCF4208-1.jpg

DSCF4215-1.jpg

そうは言ってもシハイスミレのあでやかさはやはり目を留めるべきもの
尾根沿いにはカタクリとシハイスミレが続出する。
シハイスミレ
DSCF4242-1.jpg

DSCF4261-1.jpg

DSCF4316-1.jpg

これも透明感のあるタチツボスミレ
DSCF4238-1.jpg

DSCF4226-1.jpg

DSCF4232-1.jpg

DSCF4246-1.jpg

DSCF4256-1.jpg

DSCF4285-1.jpg

DSCF4289-1.jpg

DSCF4303-1.jpg



尾根からやや沢筋を南へ下った大岩にアケボノツツジが咲いている
DSCF4320-1.jpg

ミツバツヅジ
DSCF4348-1.jpg

エイザンスミレ
DSCF4394-1.jpg

タチツボスミレ
DSCF4405-1.jpg

DSCF4407-1.jpg

ワチガイソウ
DSCF4412-1.jpg

ネコノメソウ
DSCF4429-1.jpg

シロバナネコノメソウ
DSCF4436-1.jpg

最後はエイザンスミレで締めくくる
DSCF4414-1.jpg

2コマだけ望遠レンズ(ニコンD7200+AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G )の力を借りてみる
D7N_6116-1.jpg

D7N_6121-1.jpg

ヤマザクラ+アケボノツツジ+カタクリ+すみれとは春の山の饗宴と呼ばずしてなんとする?
(誰かが言っていました。徳島に住んでいることの良さは砥石権現へ行けばわかると)

追記
いまから山野草を撮りたい人でカメラを買う人はフジのX-T30+XF35mmF1.4 Rを奨める。
理由は上級のX-T2,T3,T4と比べてシャッターのストロークが小さいのと
X-T2比でAF速度が早いことによる。
シャッターを押すときには息を止めてじっとしているが
それは動きを止められると思ったときにシャッターが押せること。
X−T2もしくはその後継機ではストロークが深すぎてぶれてしまう。
(だからカメラの本質はX−Hシリーズが優れている)
この組み合わせでは慣れると手持ちで1/15ぐらいでぶれない写真が撮れる。
もちろんそれには何コマか押したなかから選ぶのだけれど。
シャッターはもちろん電子シャッター。ストロボを使うときは機械シャッターを使うけど。
小型軽量でチルト液晶(X-T4はバリアングルなので山野草に向かない)のX-T30は価格も手頃でねらいめ。
色もX-T2世代と比べて自然になっている(特にホワイトバランスを太陽光に設定したときの緑の葉の色)



posted by 平井 吉信 at 22:03| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: