2020年05月31日

大宮八幡神社から里山の散策へ(勝浦町)


勝浦川北岸の主要道から急角度で上がる階段が目に付いたので
近くの河川敷公園に車を止めて上がったのが数年前。
そのとき神社のたたずまい、里山の桜とすみれに惹かれた。
自宅からすぐにあることもあって春になると来てしまう。
(4月中旬の訪問である)

石段を見上げる
DSCF2895-1.jpg

振り返ると急な坂道を一気に登ってきたことがわかる
DSFT9165-1.jpg

上がりきると参道があってさらに大宮八幡神社へはさらに上がっていく
桜のトンネルをくぐり抜けるように
DSCF2900-1.jpg


大宮八幡神社のご祭神は「品陀和気命」(応神天皇)
DSFT9126-1.jpg

DSFT9142-1.jpg

DSFT9155-1.jpg

神社の左手には神宮寺があり、そこから裏山へ続く散策路がある
路傍には八十八箇所にちなんだ石像と春の山野草
DSCF2916.jpg

DSCF2907.jpg

DSCF2911.jpg

DSCF2921-1.jpg

ニョイスミレ 東アジアにも広く分布しているが素朴さと端正さを持ち合わせた里山のすみれらしい姿
DSCF2931-1.jpg

DSCF2936-1.jpg

ここのすみれはスミレ。特に日当たりの良い場所には躍動している
(スミレという品名のすみれ→スミレ科スミレ属の「スミレ」)
DSCF2978-1.jpg

DSCF2983-1.jpg

DSCF2952-1.jpg

初めて訪問したときに出会った個体を探したが見つからない
DSCF0262-1.jpg
このときはフジのX-T30を購入して初めてのときだった(2019年4月上旬)。
標準レンズ(35/1.4)を付けて上がってきた画像の自然な深みに感銘を受けた。
スミレはすみれを代表するたたずまいと改めて感銘を深くした。
人も山野草も一期一会なのだ

谷筋を巻いてみかん畑を眺めつつ
もっとも標高の高い場所には勝浦川を臨む展望台もある散策路。
DSFT9089-1.jpg

DSFT9102-1.jpg

DSFT9093-1.jpg

白いイチゴと赤のツツジも現れて里山を一周して神宮寺の境内に戻る
DSCF2980-1.jpg

DSCF2992-1.jpg

近所の里山には神社を中心とする里の暮らしと春の足跡が点在している。
posted by 平井 吉信 at 13:37| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: