2020年05月18日

田井ノ浜(美波町) 五月の午後のひととき


青春ドラマであるでしょう。
夕陽に向かって駆け抜けながら叫ぶ場面。
おそらくあのドラマは湘南が舞台なので江ノ島とか鎌倉とかの周辺が舞台。
徳島ではまちの近くの渚といえば、…ないのだ。
しかし鉄道の近くの渚といえば、…ひとつある。
それが田井ノ浜。
DSFT5337-1.jpg

DSC_2459-1.jpg

DSCF8679-1.jpg

夏休みだけ臨時駅が開設されて汽車が止まるというのもいい。
プラットフォームを降りたら砂浜、駅も浜の一部というのはそうざらにはない。
DSCF5847-1.jpg
なにか「バカヤロー」と叫びたいこともないのだが、
そう言って国会を解散した首相がいたことを思い出した。

宿毛市の浦田菓子舗さんで売られているバカヤローまんじゅう
DSC_1316-1.jpg

浦田さんはまちのアイデアマン。お元気でしょうか?
DSC_1318-1.jpg

DSC_1330-1.jpg

宿毛市郊外にはこんな建物がある。三密を避けて読書をするには最適の離れ
DSC_1299-1.jpg


さてと、舞台は田井ノ浜。
浜へ来たのに渚へ行かずに周辺を歩く。
周辺にはハマボウが咲く田井川や遺跡がある(夏には)。
D7N_4453-1.jpg

DSCF8662-1.jpg

D7N_4445-1.jpg

D7N_4436-1.jpg

D7N_4469-1.jpg

むしろ海に近い里山の風情がいい。
DSFT7791-1.jpg

DSFT7803-1.jpg

牟岐線の踏みきり、いいな。
DSFT9935-1.jpg

DSCF4537.jpg

楚々としたナガバノタチツボスミレ。目を留める人はいなくてもここで咲いているよ、と涼やかに。
DSCF4519-1.jpg

小さな山野草に光があたる。そのとき小宇宙だよね
DSCF4526-1.jpg

DSCF4531-1.jpg

DSCF4548-1.jpg

お、田井ノ浜臨時駅を通過していく
DSFT9938-1.jpg

お約束の渚へ出てみるけれど、やはり小宇宙に目が惹きつけられる。
DSCF4568-1.jpg

DSCF4574-1.jpg

DSCF4577-1.jpg

そこに存在するだけで「いい」と教えてくれるようで。
タグ:田井ノ浜
posted by 平井 吉信 at 23:25| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: