2020年03月21日

那賀川河畔の春の訪れ


キンポウゲ科の植物は個性的で華やかな顔つきをしている。
那賀川河畔にもそのような植物がある。
DSCF0564-1.jpg

DSCF0500-1.jpg

DSCF1257-1.jpg

ツツジは桃色の温もりをやわらかく宿す
DSCF0515-1.jpg

スミレの立派な株が砂地に咲いていた
(このスミレは○○スミレの○○が付かない「スミレ」)
DSCF0489-1.jpg

DSCF0519-1.jpg

さらに大水が出ると水に浸かる場所で咲いていたのは
ケイリュウタチツボスミレ。
DSFT8160-1.jpg

DSCF0555-1.jpg

人間界の喧噪をよそにいつもと変わらない春を迎えようとしている。
タグ:スミレ
posted by 平井 吉信 at 17:13| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: