2020年03月03日

打ち寄せる波 繰り返す歴史 還らない時間


わが家ではトイレットペーパーが切れてしまって
家人に「買ってきて」と言われて近所の店に行ったらなかった。
品切れしていると思って、よそを見に行くと同じ。
まあ、仕方ないと思って帰宅したら
トイレットペーパーの買い占めが起こっているとか。
ないならないでなんとかなる―。

店を経営している知人が入店時のアルコールが足りなくて困っているという。
それならヨドバシにあるよ、と連絡(ただし1人2個まで)。
ところが教えてあげて再度見ると在庫はなくなっていた。
(インターネット上では平時の価格の数倍から桁が違う価格設定で多数売られている。人の弱みにつけ込むすさんだ精神。通常価格より高い価格設定の売り手は通報によりアカウントを凍結して電脳空間から閉め出すことはできるのではないか。わざわざ法制化するまでもなく民間事業者の意思決定ですぐにできるはず)

おそらく郡部の店ならあるだろう、
と翌日は県南部まで出かけた。
ドラッグストア、スーパー、置いてありそうな店はことごとく当たったが
アルコールもトイレットペーパーも在庫はなかった。
(次に品切れするものも見えてくる。だけどそれを書くだけで同様のパニックを引き起こしてしまう。だけどぼくは備蓄はしない。WHOがどう判断するかはわからないが、ウイルス蔓延というよりは社会的にパニック状態に陥っている。実態はどうであれWHOはパンデミックを宣言してはならないと思う)
マスクについては頻繁に手洗いとうがいをすることで防げると思う。
(ぼくは鼻がむずむずするので人混みや公共交通に乗るときは真夏でもマスクをしているが、今年はしていない。家庭の備蓄はしない方針にしたから)

誰を責めるではないけれど
南海大地震がやって来たら
こんな危機管理と住民意識ならひとたまりもない。
(それでも日本という国が好き。ただし政府は要らない。国会答弁を聞いていたら誰でもそう思えるだろう)

ものがあるのに「ない」。
そこにあるはずのものがない。
でもほんとうになくしたものは目には見えないものかも。
DSCF0029-1.jpg

幸せの青い鳥は誰の心にも住んでいる。
しあわせの黄色いハンカチが待ってくれている。
虹の彼方に子守唄を聞きながら夢見た国がある―。

ぼくはまだそんなことを信じている。
でも、現実に目を向ければ違う社会がぽっかりと口を開けている。
社会を変える処方箋はあると思うけど
肝心のそれを受け取る人の気持ちがなければ
砂上の楼閣になってしまう。

大砂海岸でひとやすみしながら
波打ち際で貝を見ていた。
DSCF0049-1.jpg


追記
その後、トイレットペーパーを備蓄していた人から分けていただいた。
いいですよ、と断ったが、
ご好意に甘えて1袋だけいただいた。
それ以上は要らない。
posted by 平井 吉信 at 22:41| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: