2020年02月15日

不器用な料理好き


靴の紐が結べない、ネクタイがうまく結べないおとながいるとしたら
ぼくです。
魚を食べたら骨を口内で突き立ててしまう。
スマートフォンの操作をしようとしたら画面が消えてしまう。
フリップ方式で文字を入力しようとすると1行に数分はかかってしまう。
(だからいまでもPHS。サービスがこの夏で終了するとしたらどうやって生きていけばよいのか…)
ただしパソコンの文字入力で日本語に適した文字配列(NICOLA準拠)だと
分速300文字は打てるかもしれない。
(でもそのキーボードをWindows 10で使うにはソフトやドライバーの難易度が高い)

テレビは20数年を経たソニーのブラウン管テレビ(15インチ)。
これぐらいの画面の大きさが見やすいように思う(距離2メートル)。

電子書籍(AmazonのKindle)は目が疲れず(バックライトは使用しない)
文字が読みやすく(拡大も可能)
価格も安く(特売をねらえば紙本の20〜30%で売られていることもある。Amazonはダイナミックプライシングなので日々見ているとおもしろい)
数え切れない冊数をポケットに入る端末で持ち歩ける快適さ。
(充電も忘れた頃にやってくるぐらいの頻度)

そして小学生の頃から好きでやっている料理。
レシピなどない時代にアップルパイを自作したりしていた。

どんなに多忙であっても台所で料理はつくりたい。
ありあわせの材料で限られた調理器具で
洗い物も含めて半時間以内に終える程度のものだけど。
(家庭用では献立を出発点とするとロスが出やすいように思う。材料発想でそのときにあるものと家人の体調で最終形を決めればいい。脱こだわり、脱レシピでいい)

このご飯は五分づき(毎日玄米を精米している。玄米は近所で採れた特別栽培米)。
米をおかずにご飯が食べられそうなおいしさ。
(おかずが要らないぐらいの満足感)
まずは研ぎ方、浸水時間、水温、水の量にかかってくる。
(浄水器の水で研いでいる)
炊飯器の性能はそれほど重要ではない。
DSCF9381-1.jpg

そしてテルモスの保温鍋を20数年使っている。
適当に切った根菜に余り物の野菜、肉類またはウィンナーなどを入れて
煮立ったら内鍋を外鍋に入れて放置するだけ(電気代も不要)。
味付けはその日の気分でオリーブオイルやカレー粉、塩、酒やワインなどを使う。
これはカレー風味だけど、ご飯だけでご飯が食べられるご飯に
おかずだけで十杯程度は食べたくなるポトフの組み合わせ(たった2品)。
これで十分、これでごちそう。
人生はそれでいい。
posted by 平井 吉信 at 13:24| Comment(0) | 生きる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: