2020年01月01日

何もないように見えて豊かな時間 室戸岬の朝


前夜室戸市内での仕事を終えて
帰路に岬を訪れてみた。
時刻は日の出前。
DSCF7645-1.jpg

D7N_5436-1.jpg

やがて光が満ちて岬の朝。
DSCF7733-1.jpg

DSFT5984.jpg

冬の室戸岬の主役は黄色い花、シオギクとアゼトウナ。
DSCF7695-1.jpg

DSCF7708.jpg

決して華やかな花ではないかもしれないけれど
栄養に乏しい、潮風をまともに受ける岩場で
根付いた種が咲かせた花。
植物は自分で場所を選べない。
いまいる場所が天国と思って咲くしかない。
だから、いまいる場所で咲いている―。

熱い思いを感じて逍遥を続ける。
DSCF7657-1.jpg

DSCF7749-1.jpg

DSCF7779-1.jpg

DSCF7790-1.jpg

DSCF7803-1.jpg

人はいまいる場所をよくする行動を行うのが自然。
そしてできるだけのことをやってみる、やってみた。

それでも場所が合わなければどうするか?
場所を変わるか、場を変える努力を続けるだけ。
いまいる場所で咲いている花の伝言。

DSFT6801.jpg

DSFT6814-1.jpg

DSFT6808-1.jpg

DSFT6817.jpg

岬はいつも饒舌。
こんな場面を見つけるとうれしくてうずくまってしまう。
オーケストラもあればソロもある。
協奏曲もあれば弦楽四重奏もある。
DSCF8711-1.jpg

DSCF8720-1.jpg

DSCF8730-1.jpg

DSCF8735-1.jpg

DSCF8740-1.jpg

DSCF8747-1.jpg

ここ数日不覚にも寝込んでいたが、
それでも起き出しては年の瀬の支度と仕事をしていた。
報告書が一段落したと思ったら除夜の鐘が鳴っていた。
いまいる場所、いまやるべきこと、それだけで幸福が横たわっている。
DSCF8769-1.jpg

DSCF8779-1.jpg

DSCF8786.jpg

DSCF8801.jpg

岬が遠くなっていく。
それでも霞の向こうに横たわる四国東南部の背骨の半島。
DSFT6787.jpg

夫婦岩
DSCF7930.jpg

DSFT6087-1.jpg

DSFT6120-1.jpg

DSFT6102-1.jpg

白浜海岸
DSFT6131-1.jpg

やがて海の駅東洋町へ。
四国東南部の先端をめざして走り
四国東南部の先端から戻る道中は
四国東南部の風が吹いている。

タグ:室戸
posted by 平井 吉信 at 17:59| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: