2019年11月17日

紅葉の仁淀川と安居渓谷〜仁淀ブルーとかわの駅おち〜


仁淀ブルーのプロモーションをNHK高知放送局が仕掛けたのは2012年だったか。
仁淀ブルーの青には緑色は含まれないと思う。
(エメラルドグリーンではないのだ)
そのためには条件がある。
それは川底の色、ひいては珪藻の状態。

このところ四国は雨がなく渇水気味である。
このような条件下では
水は澄んでいても仁淀ブルーは現れない。
ぼくもこれまで二桁は訪問しているが
仁淀ブルーと言い得る状況だったのは1〜2回ぐらいだ。

おそらくはある程度の大水が出て4〜5日が経過した頃
川底が清掃されたとき。
そのうえで光を沈み込ませる深さが不可欠。
だから渇水期には出現しない。
(誰かが「仁淀ブルー指数」を定点で毎日発表して欲しいと思う)

率直に書かなければならない。
仁淀川上流のダム群が水質を悪化させている。
(水質というよりも底質かもしれないが)
本流で数カ所泳いで川底を観察したが
川は死んでいる、と感じた。
そのため本流では仁淀ブルーはまず見られない。
(奇跡的に条件が整ったら見られるかもしれない。ぼくは一度しか見たことがない)

けれども川と風土に目を向ければ仁淀川はいまも憧憬の川だ。
高知県佐川町出身の作家、森下雨村の珠玉の名随筆集「猿猴川に死す」では
鎌井田地区の佇まいが桃源郷のように描かれている。
浅尾沈下橋から上流を俯瞰して屈曲部のあたりが描かれている場所ではないのだろうか。
(仁淀川のポスターでいつも出てくるのは浅尾沈下橋である)
鎌井田地区の仁淀川には置き忘れた四国の風土が息づいている。
DSCF7981(1).jpg

そして仁淀川の水は千変万化を見せる。
太陽が射す川底は明るく
太陽が射さない川底は碧色の階調に沈む。

窪川の仕事で美馬旅館に投宿後、
須崎から佐川へ、土居川を遡って池川の商店街を抜けて
安居渓谷に入る。

佐川町から越智町に入ると国道33号線沿いに「かわの駅おち」ができていた。
DSFT6166-1.jpg

DSFT6170-1.jpg

DSFT6173-1.jpg

町がスノーピークに運営を委託しているのだろう。
地元の物産とアウトドア用品を置いてある。
でももっとスノーピーク色を出したほうが良くはないかな?
その一方で、町内との連携がやや希薄な感じはする。
なぜここにこの施設があるのか、
どのように地元とつながっているのか。

「人生に、川遊びを」と訴える。
― 子どもの頃からそうしていますよ(そしていまも)。
RXM01453-1.jpg

この日の浅尾沈下橋
(水量が少ないうえに川底の状態が良くないので冴えない)
DSFT6184-1.jpg

DSFT6188.jpg

むしろ河畔の野菊に惹かれた
DSCF7989(1)-1.jpg
タグ:仁淀川
posted by 平井 吉信 at 18:39| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: