2019年10月27日

川沿いの散策路 初々しいカマキリ(徳島市飯谷地区)


まちの近くで自然度が高くて人がほとんどいない場所がある、
というのは徳島ならでは。
(多摩川の畔などは数万人ぐらいが散策しているかもしれない)

仕事の途中で車を停めて歩く。
DSCF6947.jpg

DSCF6952-1.jpg

河畔の小径には秋の草花が咲いている。
DSCF6943.jpg

DSCF6946-1.jpg

やがて小径は高台を通るようになる
道でばったりカマキリにでくわした
DSCF6964-1.jpg

レンズを近づけるとカマを振りかざすのが通例
手に乗って来る個体もこれまで何度かあったが、
これは初々しい個体のようで恥じらいを持っている
DSCF6968-1.jpg

続いてアスファルトを移動するカタツムリに遭遇
(いかに車が少ないとはいえ)
DSCF6973-1.jpg

明暗の差がなくなりつつある時間
それでも雲を通して最後のきらめきを見せて流れる勝浦川
DSCF6985-1.jpg

DSCF6979.jpg

DSCF6989-1.jpg

車に戻る途中で「いるかな?」と探したら
ガードレールにいた。
DSCF7008-1.jpg

また遭ったなと。
タグ:勝浦川
posted by 平井 吉信 at 11:35| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: