2019年09月01日

思わず見上げたら太陽が見下ろすのでそこにいたくなった


さあ、夏がやってきた。
太陽の日射しと水辺を見ると、
どこからどこまでが自分で
いつからいつまでが夏なのかわからない。
DSFT2973-1.jpg

DSFT2986.jpg

DSFT3003-1.jpg

DSFT3008-1.jpg

だから身を置くだけなのだけど
何もしないで海を感じる時間があればいい。
DSCF5151-1.jpg

DSCF5175-1.jpg

DSFT3047-1.jpg

暑い!と思って思わず太陽を見上げる。
上向きの視線は人間と夏の契約だから。
DSCF5132-1.jpg

DSCF5141.jpg
音楽は松岡直也で。

(このブログをご覧になっている方はこれが四国のどこなのかすぐにおわかりになるでしょう)
posted by 平井 吉信 at 00:56| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: