2019年07月15日

由岐駅のポッポマリンと田井ノ浜 田井川とハマボウ


JR由岐駅の二階には漁村の集落の暮らしを常設展示として見せている(無料)。
由岐といえば、いただきさんと呼ばれる魚の行商が思い出される。
DSFT2151.jpg

駅のホームに上り列車が滑り込んでいた。一両のワンマン列車。
(徳島には電車はないので汽車と呼ぶ)
DSFT2170-1.jpg

すると下りの列車もやってきた。
DSCF3942-1.jpg
2019年3月のダイヤ改正で阿南駅以南は便数が減少したと聞いている。
この先には海水浴の季節だけ停車する田井ノ浜臨時駅が浜に面してある。
駅を降りるとそこは砂浜というめずらしい立地で一見の価値がある。

田井ノ浜の南側は海水浴客が少ない。浜が狭くなるからと駐車場から遠いからである。
DSCF3957-1.jpg

田井ノ浜には田井川が流れ込む。田井川の畔を散策する。
D7N_4445-1.jpg

D7N_4444-1.jpg

D7N_4436-1.jpg
ハマボウの咲く季節
D7N_4453-1.jpg

D7N_4462-1.jpg

生態系のたたずまいが好きだ。
D7N_4469-1.jpg

由岐のひとつ北の集落、志和岐(しわぎ)へ立ち寄る。
海辺に咲くのはナミキソウ。
DSCF3967-1.jpg

それぞれの場所で関連しあって生物や植物は生きている。
人間は、お金を目的としないで(手段としては重要)生きていくべきときが来ている。

posted by 平井 吉信 at 22:41| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: