2019年05月15日

庭の野草も競争を勝ち抜いて出現


おだやかな五月晴れが続いている。
東に面した小さな庭では
ネギが生えたりキキョウの芽が出たり
DSCF1177-1.jpg
野菊に孵化したテントウムシが歩いていたり。
種を蒔いたり苗を買っていないのに
自生してくるのが楽しい。
どこからやって来るのか、どこから飛ばされてくるのか。
D7N_4176-1.jpg

ムラサキカタバミの群落ができている。
DSCF1173-1.jpg
華やかなモモイロはアカバナユウゲショウという帰化植物。
D7N_4170-1.jpg

DSCF1646-1.jpg
帰化植物は必ずしも歓迎されないが
それも含めてどのような勢力が定着するのか見ている。

参考までに、室戸岬で咲いていたのはヒルザキツキミソウ。
(別に室戸岬でなくて民家の植栽から流れてきたのだろう)
こちらも北米原産の帰化植物だとか。花言葉は「無言の愛」。
DSCF9334.jpg

秋になると見かける小さな桃色はハゼラン。
D7N_1978-1.jpg

(カエルがひなたぼっこしているのを見かけるようになった)
posted by 平井 吉信 at 21:47| Comment(0) | 家の庭
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: