2018年12月23日

クリスマス特集その2 日本列島の誕生を再現するドーナツ


久しぶりにドーナツをつくってみようと思った。
材料は、薄力粉、砂糖、卵、牛乳、バター,
ベーキングパウダーはアルミ非使用といったところ。

通常は揚げるのだが
ねずてんの印象が残っていて揚げ物はしたくない。
(ねずみを揚げているように見えなくもない)

そこで電子レンジのオーブン機能を使ってみよう。
180度20分少々ぐらいか。

しばらく冷蔵庫で寝かした生地であったが
薄力粉を使い切ってしまって打ち粉がない。
(ドーナツの型に抜くとロスが大きいので棒をひねって両端をつなげる予定だった)
オーブンに薄く油を敷いてみたものの
手で触ると盛大に付着する。成形するのは難しい。

あきらめて生地をそのまま置いてみた。
するとひらめいた。
これはまさしく…
日本列島誕生のドラマではないか。
(これは断じて「ねずてん」ではない)
DSCF7882-1.jpg

天皇誕生日にもちなんで
プレートがぶつかり合って日本列島が隆起する様子を
地質学上の考証にも耐えうる精度を保持しつつ
ドーナツの生地で再現した意欲的な取り組みの菓子、
ということでご納得いただけましたでしょうか。

見た目はさることながら味は漢字8語で表現すれば
天地豪放木訥美味といったところ。
(これは断じて魑魅魍魎妖怪変化ではない)
この頃、シフォンケーキで売り出し中の菓子屋さんにも
劣るとも優らないすばらしいできばえ。
Instagramに投稿すればきっと人気が出るね、
なんせ日本列島の原始の姿に「萌える」「映える」と。
DSCF7884-1.jpg



おいしいのでジップロックで残りを冷凍してみた。
(クリスマス特集第2弾はこれにて終わります)

タグ:2018
posted by 平井 吉信 at 22:59| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: