2018年11月25日

グルメにはほど遠いけれど食べることはありがたくもあり

グルメにはほど遠いしおしゃれにはさらに遠いけれど
ときどきは味わうこともある(料理は毎日つくっている)。

ソースを使わずに地元産のタチウオの魚醤と酒で味付け、隠し味はケチャップ。
ソースの焼きそばよりもあっさりしているけれど味わいは豊か。
飽きにくいので量を食べられる。
DSCF7018.jpg

カツオの新鮮な柵を買ってきてたたきをつくる
果汁酢を使わず塩だけにしてある
DSFT7473.jpg

めずらしくタモリが入荷しているので塩焼き用に買った
DSCF5631.jpg

県漁連のぬら。そのまま食べられる。
マーケティング次第ではこの倍でも売れるはず
DSFT8952-1.jpg

天然ハマチの柵を刺身に
DSCF6803.jpg

野菜たっぷりですぐにできるインスタント風手づくりカレー
DSCF6370-1.jpg

有明海のよく肥えたあさりを
砂抜きをして短い火入れと余熱でつくるみそ汁
これ以上のごちそうがあるとは思えない
DSCF4421.jpg

日清ラ王のゆず塩。全粒粉仕様でこの秋から出ている
ラーメンを食べ慣れている人には受けない風味だろう。
DSCF5815.jpg

どん兵衛もある
DSCF1390.jpg

DSCF1397.jpg

らーめん工房 りょう花と牟岐55ラーメン
(コ島ラーメンは5年以上は食べていないが、年に数回は食べるラーメン)
DSCF6381.jpg

DSCF7089-1.jpg

朝のコメダでコーヒーを注文すると希望によりトーストも付いてくる
DSCF6381.jpg

丸亀製麺のカレーうどん
DSCF6018.jpg

久保田(今治)の天ぷらそば(これで並盛り)。
koredenamimoridesuka.jpg

重松飯店の焼き豚玉子飯。やや甘めの味付けだがファンは多い
DSCF7061-1.jpg

かきまぜて食べる。晩ご飯は要らないと思える量
DSCF7064-1.jpg
次回は金龍別館に行ってみたい(今治)

週に1回は食べている大地(徳島市)のランチ
DSCF7002.jpg

DSCF2016.jpg

DSCF5458.JPG

赤飯はサントノーレ川下(坂野町)
8月末に収穫した自家製(地元産)のもち米「満月餅」を
玄米のまま冷暗所に保存して使うたびに精米。
DSCF6900-1.jpg

最後の〆は蕎麦。そばは毎日でも食べたい。

乾めんなら本田麺。これはこの秋のそば(北海道産そば)
(乾めんは保存性が良く添加物を加えないので実は風味も佳い。ただしそのためには製法の段階で鮮度を保つことが必要。製麺所の努力がこの風味に結実している)
機械打ちのそばは断面が四角だが、
本田面は磨き上げた小麦粉と
国産そば粉を混ぜて手延べでつくるので断面は丸い。
DSCF7324.jpg

本田麺そばは秋冬限定だが、本田麺ではうどんやそうめん仕様が基本。
そばは風味があるので汁につけずにそのまま食べても心地よい。
DSCF7327.jpg

立川SAの立川そばセット(ユズ酢のばらずしが付いている)
祖谷そばの系統の10割そば。ぼくは蕎麦通でないので
この素朴な食感が好きで1か月に一度は食べている。
この夏の台風で高知道の上りは一部が崩落したが
下りとうまくつないで対面通行でしのいでいる(普通に通行できる)。
立川SAはこじんまりとした食堂だけど感じが良いので
同じ高知県内の道の駅633美の里とともに応援している。
DSCF6157-1.jpg

DSCF6162-1.jpg

直心庵のそば
DSCF7072-1.jpg

鳴門金時のかきあげ
DSCF6522-1.jpg

グルメでないのはご覧のとおりだけど
自分でつくるときは野菜料理をたっぷりつくっている。




タグ:2018
posted by 平井 吉信 at 22:08| Comment(0) | 食事 食材 食品 おいしさ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: