2018年11月08日

栗林公園 ミシュラン三つ星の庭園 四季を映す


松山の道後温泉を訪問して高知では北川村「モネの庭」マルモッタンに足を踏み入れた。
香川は栗林公園にしよう。
徳島からの道中ではうどんを食べる。
ここでしか食べられないうどん店があるから。
DSCF6908.jpg

さぬきうどんかどうかはわからないけど
和三盆を使ったやさしく包み込む引き算の風味が
このうえない幸福感をもたらす。
何も入れないかけうどん(350円)でどうぞ。
DSCF6913-1.jpg
野菜天ぷらを追加しても150円。
店主自ら厨房から出て精算を行い
場合によっては出口の戸を開けてくれる。
一流なのはうどんの味だけでない。

高松というのは徳島からもっとも近い他県都である。
それゆえ徳島に住む人にとってハレの地である。
子どもの頃、三越から続く商店街(丸亀町商店街から瓦町駅前まで)を歩くこと、
栗林公園や屋島へ行くことは「よそ行き」(蝶ネクタイをさせられたような記憶が)であった。
(栗林公園には遊園地や動物園があった記憶がある)

栗林公園はミシュラン観光ガイドでは三つ星、
日本を代表する庭園でありながら入園料は410円と手頃。
これが近場にあったらしょっちゅう行くのにと思う。

DSCF6920-1.jpg

DSCF6927-1.jpg

入口近くの建物では英語で上映されていて見入る海外からの旅行者と日本人の子どもの好奇の視線。
DSCF6930-1.jpg

DSCF6950-1.jpg

DSCF6955-1.jpg

DSCF6960-1.jpg

D7N_2447-1.jpg

D7N_2458-1.jpg

D7N_2464-1.jpg

D7N_2469-1.jpg

D7N_2473-1.jpg

D7N_2481-1.jpg

D7N_2489-1.jpg

D7N_2501-1.jpg

D7N_2504-1.jpg

D7N_2505-1.jpg

D7N_2508_1-1.jpg

D7N_2519_1-1.jpg

D7N_2522_1.jpg

DSFT9335-1.jpg

DSFT9367-1.jpg

DSFT9380-2.jpg

DSFT9414-2.jpg

DSFT9471-1.jpg

DSFT9494(1)-2.jpg

栗林公園はじっくりみれば半日はかかる。
早足で2時間で見るにはあまりにも惜しい。
DSFT9436-1.jpg

水と木々と岩の織りなす影が刻一刻変化するとともに
人の歩みもとまるのだから。
高松の宝は四国の宝。
(どこの県が統計で何位なんて意味がない気がする。四国はひとつと改めて思う。徳島は観光で生きていく必要はないから食糧の生産に特化すればいい)


タグ:うどん
posted by 平井 吉信 at 20:53| Comment(0) | 山、川、海、山野草
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: