2018年10月27日

安田純平さん 帰国!


使命感を持って動く人がいなければ
誰も知らない、伝わらない。
だからそれを報せる活動は尊い。

消費税率の引き上げでどれだけ不要の費用が発生するか?
(緩和措置による予算発動で相殺されるうえに内需がさらに低迷して税収が大幅に落ち込む)
そのうえに軽減税率でどれだけ多くの人を困らせるか。
(しくみを複雑にするコストは誰が負担するか? 現場でのトラブルはどう対応するのか)
ごく簡単なひとこと(施策と呼べない)で
この国に生産性を損なうマジック。
21世紀を通じて後の教科書に刻まれるだろう愚策。

どの国もそうだろうが
一握りの有志が命を削って行動するなか
ありえないことを堂々と政治や行政がやってしまう。

安田さんの無事は
東京五輪の開催より価値があると思う。
よかった。
posted by 平井 吉信 at 09:59| Comment(0) | 生きる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: